時間がたつにつれてディスク パフォーマンスが低下することがある

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 263939 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP263939
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

コンピュータを起動した後で、時間がたつにつれてディスクの入出力 (I/O) スループットが低下することがあります。スループットが低下すると、コンピュータを再起動するまで元のディスク パフォーマンスは回復しません。

このパフォーマンスの低下は、ディスクが断片化された場合に発生するパフォーマンスの低下とは異なることに注意してください。ディスクの断片化により引き起こされるパフォーマンスの低下は、コンピュータの再起動では回復しません。また、このパフォーマンスの低下は、RAID (Redundant Array of Inexpensive Disks) 構成での複数のスピンドルで構成されるハイエンドなディスク サブシステムで見られます。

原因

この問題は、Classpnp ドライバが、ディスクに過剰な負荷がかかっているかどうかを監視するために発生します。この種類の負荷の内部通知には、低レベルのディスク ドライバにより返されることがあるさまざまなエラーが含まれています。これらのエラーが発生すると、Classpnp は、ディスクのパフォーマンス機能を徐々に無効にしてエラーの生成を回避します。これらのパフォーマンス機能をいつ抑制するかを決定するために使用されるアルゴリズムは、一時的なエラー状態を伴うシナリオを考慮しません。したがって、一定数のエラーが蓄積されると、パフォーマンスが意図的に抑制され、次に再起動するまで通常の状態に復元されません。パフォーマンス機能を動的に再度有効にする機能がないため、ディスク エラーはほとんど発生しないが長時間オンラインのままになっているコンピュータで問題が発生する可能性があります。

解決方法

Service Pack の情報

この問題を解決するには、Microsoft Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法

修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次の Windows 2000 Service Pack がリリースされるまで待つことを推奨します。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/
: Microsoft Support 担当者が、特定の更新プログラムを適用することにより問題が解決されると判断した場合、まれに通常サポート依頼にかかる料金が免除されることがあります。ただし、特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。

修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付           時刻    バージョン       サイズ    ファイル名
   ------------------------------------------------------
   01-07-2002  17:44  5.0.2195.4809  27,952  Cdrom.sys
   11-16-2001  10:23  5.0.2195.4643  34,416  Classpnp.sys
   04-27-2002  13:10  5.0.2195.5690  29,744  Disk.sys
   09-11-2001  17:06  5.0.2195.4326  24,336  Scsikd.dll
   09-11-2001  17:06  5.0.2195.4326  11,632  Scsiprnt.sys
   01-11-2002  15:06  5.0.2195.4826  10,384  Sfloppy.sys
   02-21-2002  11:45  5.0.2195.4956  10,768  Tape.sys
				
次のファイルはパッケージに含まれていますが、カーネル デバッグにのみ必要なファイルであるため、修正プログラムの一部としてはインストールされません。これは、修正プログラムの必要な部分ではなく、システムが正常に機能するためまたはデバッグするためにシステムにインストールする必要はありません。
   日付           時刻       バージョン        サイズ    ファイル名
   ---------------------------------------------------------
   09/11/2001  05:06 PM  5.0.2195.4326  24,336  Scsikd.dll
				

回避策

この修正プログラムをインストールしていないコンピュータでこの問題を回避するには、コンピュータを再起動します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 で最初に修正されました。

詳細

パフォーマンスが抑制される可能性のあるエラーには、次の SRB (SCSI Request Block) の状態コードがあります (これらのコードは、主にドライバ開発者にとって重要なものです)。
SRB_STATUS_COMMAND_TIMEOUT
SRB_STATUS_ABORTED
SRB_STATUS_TIMEOUT
SRB_STATUS_PHASE_SEQUENCE_FAILURE
SRB_STATUS_UNEXPECTED_BUS_FREE
SRB_STATUS_PARITY_ERROR
SRB_STATUS_ERROR
上記のエラーの合計が 4 に達すると、Classpnp により次のフラグが消去されてパフォーマンスが抑制されます。
SRB_FLAGS_NO_QUEUE_FREEZE
SRB_FLAGS_QUEUE_ACTION_ENABLE
このとき、次のフラグが設定されます。
SRB_FLAGS_DISABLE_SYNCH_TRANSFER
蓄積されたエラーの数が 8 に達すると、Classpnp により次のフラグが設定されます。
SRB_FLAGS_DISABLE_DISCONNECT
この問題の修正プログラムにより Classpnp の動作が変更され、一定量の正常な I/O の後にパフォーマンス フラグが順次、再び有効になります。1 MB の I/O が正常に完了すると、ドライバはコンピュータが元の状態に戻るまで次のより低いレベルの抑制へと緩和していきます。したがって、抑制の緩和に必要な時間は、どの程度ディスクの動作が発生しているかによって異なります。通常、移行中に I/O の成功と失敗が両方発生するため (通常、低下および低下、通常)、コンピュータでは、最適なパフォーマンス機能で安定する前に、抑制されている状態と抑制なしに実行されている状態が何度か交互に発生します。

Windows 2000 Datacenter Server 用の修正プログラムの入手方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
265173 Datacenter Program と Windows 2000 Datacenter Server
複数の修正プログラムのインストールを 1 回の再起動のみで行う方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
296861 複数の Windows Update または修正プログラムを同時にインストールし、再起動を 1 回で済ませる方法
Windows 2000 と Windows 2000 の修正プログラムを同時にインストールする方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
249149 Microsoft Windows 2000 および Windows 2000 ホットフィックスのインストール

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 263939 (最終更新日 2005-01-21) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 263939 - 最終更新日: 2006年8月2日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
キーワード:?
kbbug kbfix kbwin2000presp4fix kbqfe kbenv kboswin2000fix kbwin2ksp4fix kbhotfixserver KB263939
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com