Service pack のインストールは、システム管理者のパスワードをファイルに保存可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 263968 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP263968
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

SQL Server 認証、標準セキュリティとも呼ばれるを使用して、「対象製品」に記載の製品をインストールする場合は、システム管理者 (sa) のパスワードは、クリア テキストでまたは、暗号化された読み取り可能な形式 SQL Server のセットアップ ファイルに格納されます。

また、構成する場合SQL Server ・ サービスは、ドメイン アカウントを使用して、アカウントのドメイン パスワード可能性があります。弱い暗号化された形式で Setup.iss ファイルに書き込めません。

メモMicrosoft SQL Server 2000 Service Pack 3 (SP3) またはそれ以降のバージョンでは、これらのファイルにパスワードが含まれる暗号化を使用します。この暗号化のセキュリティを向上させることができます。ただし、暗号化されたパスワード、または必要がなくなった場合は、パスワードが含まれるインストール ファイルを削除することをもお勧めします。

SQL Server 7.0

Saパスワードまたはドメイン アカウントのパスワードをクリア テキストで保存します。または、%windir%フォルダーの Setup.iss ファイル形式。

メモターミナル サーバー接続を通しては元のインストールが完了すると、%windir%フォルダーもさまざまです。セットアップ プログラムが完了すると、%SystemDrive%\MSSQL7\Install\or\Tools フォルダーにこのファイルのコピーが作成されます。

パスワード情報の Sqlstp.log ファイルと Sqlsp*.log ファイルに含まれていることもあります。これらのファイルは%windir%フォルダーと Temp フォルダーが存在します。ターミナル サーバー接続を通しては元のインストールが完了すると、%windir%フォルダーもさまざまです。Microsoft Windows 2000 ベースのコンピューターでは、コントロール パネルの [システム] の [詳細設定] タブで [環境変数Tempフォルダーが設定されます。

SQL Server 2000

Saパスワードまたはドメイン アカウントのパスワードが保存されるは、暗号化されました。Sqlstp.log、Sqlsp.log、Setup.iss ファイルが読み取り可能な形式、 ドライブ: \Program Files\Microsoft SQL Server\Mssql\Install フォルダーには、既定のインストールします。Mssql フォルダーは、MSSQL$ あります。インスタンス名 名前付きインスタンスにインストールする場合。Setup.iss ファイルを SQL Server2000 は、アクセス制御リストを使用します。したがって、のみ Windows NT 管理者と SQL Server の管理者がファイルにアクセスできます。

SQL Server 2000年はネイティブ Windows クラスター化されていないサーバーにインストールする機能も含まれています。リモート クラスターのセットアップ ログ ファイルを Remsetup.ini し、Setup.iss ファイルをリモートの各ノードは、リモート インストール スクリプト ファイルです。これらのリモートのインストール スクリプトのファイル名です。 RemoteComputerName_インスタンス名.iss。これらのファイルは%windir%フォルダーにも保存されます、セットアップ プログラムが終了すると通常は削除されます。クラスターのセットアップに問題が発生した場合は、ただし、これらのファイルが残ることがあります。

解決方法

この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • Microsoft Windows NT のセキュリティ認証を使用してインストールするのには元 SQL Server のバージョンまたはサービス パックを解放します。SQL サービスを構成すると、 LocalSystemアカウントを使用します。このメソッドはこれを回避できます。問題があります。
  • SQL Server システム管理者 (sa) パスワードは、SQL サービスのドメイン アカウントのパスワードを変更した後service pack をインストールします。
  • 「対象製品」に記載されている製品をインストールした後セクションは、セットアップ ファイルを消去するのには、Killpwd.exe ユーティリティを実行する必要があります。をKillpwd.exe ユーティリティ SQL Server 7.0 および 2000 の SQL Server を動作します。

    メモ以前は、マイクロソフトの更新 SQL Server 7.0 (MSDE 1.0) Service Pack 2 および SQL Server 7.0 Service Pack 3 をリリースしました。ただし、以前の更新プログラムは最新の Killpwd.exe ユーティリティを優先するため、更新プログラムを使用する必要はありません。

Killpwd ユーティリティの手順

マイクロソフトは、コマンド ユーティリティ、killpwd.exe ファイルの展開を作成しました、saログインのパスワードを Microsoft SQL Server 設定ファイルを検索します。Killpwd.exe ユーティリティを検出する場合基本モードでの操作のログ ファイルからsaのパスワードをsaのパスワードが削除されます。既定では、このツールでは%windir%\Temp と、%windir%と %一時% マイクロソフトで定義された環境変数%temp%フォルダー、Sqlsp.log、Sqlstp.log、Setup.iss ファイルを検索します。Windows。

マイクロソフトは Killpwd.exe ユーティリティを複数の場所を含める更新されては、リモート セットアップ ファイルおよびクラスターのインストールを作成するがあります。一部のシナリオでは、これらのファイル名またはパスが既定値からの変化があります。これらのバリアント型を次に示します。
  • クラスター化されたインストールのすべてのノードにセットアップ ファイルを作成します。1 つのノードからユーティリティを実行する場合は、それらのファイルを削除する場合も、ドライブへの UNC パス リモート ノード上で指定しなければなりません。代わりに、ローカルに存在するセットアップ ファイルを消去するには、各ノードからユーティリティを実行できます。
  • 作成されるリモート ファイルは、クラスターのセットアップには次の形式に従います。
    RemoteComputerName_インスタンス名.iss
    コンピューター名が変更されている場合、またはインスタンスが削除されている場合は、既定でこれらのファイル名の下にあるファイルを検索するユーティリティを認識できません。
  • Windows クラスターの名前が変更されている場合は、ログ ファイルは古いファイル名があります。このシナリオでは、ユーティリティは、既定でこれらのファイル名の下にあるファイルを検索するわからない。
  • ターミナル サーバーの接続は、異なる %temp%、%windir% フォルダーを使用します。これらのフォルダーはユーザー id および環境変数が異なる場合があります。
  • リモート セットアップは、SQL Server のインストールが発生しているコンピューター上のファイルを格納するのではなく、ローカル %temp% フォルダーの場所を使用できます。Killpwd ユーティリティには、これは、ログ ファイルを検索するリモートのパスを知ることはできないかどうかを判断できません。
ダウンロードしてこの記事内のリンクから最新の Killpwd.exe ユーティリティ。新しいバージョンにはではすべての可能なバージョンのファイルを検索する既定の場所以外の場所を指定することが含まれます。リモートの場所を指定することもできます。

これらのログ ファイルおよび無人インストールの詳細については、SQL Server のマニュアルを参照してください。無人インストールを実行するのには、*.iss ファイルを作成する場合、*.iss ファイルを検索可能なフォルダー内にない、セキュリティで保護された場所にコピーする必要があります。

メモSQL Server を削除するときにこれらのセットアップ情報ファイルも取り残されます。この動作は仕様です。この動作をロールバックする必要があるし、インスタンスまたはその他のインスタンスを再インストールするのには、ISS ファイルを使用することができる場合は、インストールが失敗した可能性があります理由のトラブルシューティングを行うことができます。この例では、SQL Server のこのインスタンスを明確になったの利点を取ることができます。まだ取り外されていない SQL Server の別のインスタンスに、同じパスワード使用が可能性があります、パスワードの種類は。

Killpwd.exe ファイルの展開を実行するには、ユーティリティを使用して、次の方法のいずれかの。
  • Killpwd.exe をダブルクリックします。
  • コマンド プロンプトから Killpwd.exe を実行します。

    とき、コマンド プロンプトから Killpwd.exe を実行、詳細情報が表示されます。

    メモコマンド プロンプトで、次のパラメーターを使用できます。

    ヘルプ情報
    Killpwd.exe ファイルの展開/しますか?
    デフォルト以外の検索パスとファイルを指定するのには
    Killpwd.exe ファイルの展開 パスファイル名
メモSQL Server 2000 での場所を指定する必要があります、Saのパスワードを削除する場合は、Setup.iss ファイルにします。SQL Server 2000年の Setup.iss ファイルにする必要があります。を ドライブ: \Program Files\Microsoft SQL Server\Mssql\Install のフォルダーを既定のインストールします。Mssql フォルダーは、MSSQL$ あります。インスタンス名.場合は、無人で実行するには、Setup.iss ファイルを後で使用します。SQL Server、killpwd.exe ファイルの展開が Setup.iss を実行しないでください。ファイルです。

次のメッセージが表示される可能性があります。
管理者の SID を初期化中にエラーが発生しました。
トークン情報を取得中にエラーがありました。
プロセス トークンを開くときにエラーがありました。
現在のプロセスのモジュール情報を取得中にエラーがありました。
プログラムのファイル情報を取得中にエラーがありました。
引数が無効です: %s
パスが無効です: %s
カスタム スキャンのパスを実行するには (/p) とファイル (または f) を指定する必要があります。
すべての生成されたファイルにアクセスできるようにするには、このツールを実行するには、管理者をする必要があります。
Software\\Microsoft\\MSSQLServer\\ClientSetup\\SqlPath のレジストリ キーを取得中にエラーがありました。
いくつかの検索文字列の他の部分であるため、/N オプションを使用してスキャンする場合一致する番号の検索は、通常のスキャンよりも大きいです。ような検索文字列が複数回、同じ文字列を一致しませんので、通常のスキャンの検索の進行に応じて、パスワードが削除されます。
メモリの割り当てに失敗しました。終了しています。
次のファイルからファイルを取得中にエラーを検索します。
クラスターのノードを列挙するにエラーが発生しました。
クラスター名は、内部のバッファーよりも長いです。
エラー ファイル %s をオープンしました。
ファイル %s 内の位置を取得するには、エラーが発生しました
ファイル %s 内での位置を設定するには、エラーが発生しました
コンピューター名を取得中にエラーがありました。
システム ディレクトリを取得中にエラーがありました。
Windows ディレクトリを取得中にエラーがありました。
Windows のシステム ディレクトリ '%s' を処理中にエラーがありました。
TEMP 環境変数でエラーが発生しましたがあります。
Software\\Microsoft\\MSSQLServer\\Setup\\SqlPath.v のレジストリ キーを取得中にエラーがありました

Killpwd.exe ユーティリティを実行する手順

Killpwd.exe ユーティリティを実行するには、次の手順を実行します。
  1. ダウンロードと抽出Killpwd.exe ファイルの展開します。

    次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :

    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    Killpwd.exe パッケージをダウンロードします。リリース日: 2005 年 6 月 14 日

    マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。
  2. 抽出する自己解凍型の実行可能ファイルの実行、パッケージです。展開処理中に、指定するように求めは、killpwd.exe ファイルの展開先フォルダー。
  3. Windows エクスプ ローラーで、手順 2 で指定したフォルダーに移動します。プログラムを実行します。または、コマンド プロンプトを開いてから Killpwd.exe を実行可能ファイルを実行するには、パスを入力してください。

コマンド ライン パラメーター

次のコマンド ライン パラメーターは、新しいバージョンの Killpwd.exe で利用できます。
元に戻す全体を表示する
パラメーターアクション
/?/H/Help Killpwd ツールのヘルプ テキストを表示します。
/F/Fileパスワードは指定されたファイルをスキャンし、削除します。
/P/Pathパスワードは、指定されたフォルダー内のファイルをスキャンし、削除します。
/Nologoロゴ情報が出力を抑制します。
/R再帰モードを有効にします。すべてのファイルと、指定したフォルダーのサブフォルダーをスキャンし、クリーニングします。
/Nスキャンのみモードを有効にします。ファイルはスキャンされますが、パスワードは削除されます。このパラメーターはユーティリティが行う変更の一覧を作成するために使用されます。実際に変更を加える前に、変更が正しいを確認するのには、この一覧を使用できます。
/V/詳細詳細モード ログを有効にします。
メモユーティリティを実行するのには、Windows の管理者権限が必要な場合。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ダウンロードして SQL Server の最新の service pack をインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには次の資料番号をクリックしてください。
301511SQL Server 7.0 の最新の service pack の入手方法
290211 SQL Server 2000年の最新の service pack の入手方法
詳細については、サポートにお問い合わせください。プロバイダーです。

詳細

Sqlsp.log ファイルのインストールを追跡するために使用されます。進行状況および service pack のインストールをトラブルシューティングするのには失敗します。

詳細については Windows のフォルダーを特定する方法インストールは、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
305792Windows のフォルダーにインストールされているを確認する方法

関連情報

詳細については、次のマイクロソフトのセキュリティを参照してください。セキュリティ情報:
http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/MS02-035.mspx

http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/MS00-035.mspx

プロパティ

文書番号: 263968 - 最終更新日: 2012年10月23日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Personal Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbproductlink kbdownload kbbug kbfix kbgraphxlinkcritical kbqfe kbmt KB263968 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:263968
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com