Autodiscover 設定を更新して BPOS-S から Office 365 への移行後に生じる Outlook 問題をトラブルシューティングする方法

文書番号: 2644437 - 対象製品
アップグレード前後、どちらの Office 365 を使用しているか確認するには、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに?

注: この資料は Office 365 Exchange Online でクラウドのみを使用する場合に適用されます。共存シナリオでオンプレミス Exchange Server ソリューションや Exchange Online を使用するハイブリッド展開については、追加の手順を実行してこの問題を解決することが必要となる場合があります。

この資料は、Microsoft Business Productivity Online Standard Suite (BPOS-S) から Microsoft Office 365 への移行後に生じる問題のトラブルシューティング方法について説明しています。また、この資料では、Office 365 への移行後に Microsoft Outlook において以下のような問題が生じる場合、Autodiscover 設定を更新して問題を対処する方法について、特に詳しく説明しています。
  • Exchange Online の他のユーザーの空き時間情報を表示できない。
  • メールボックスに不在時のアシスタントを構成できない。
  • オフライン アドレス帳をダウンロードできない。
  • Outlookで配布リストを拡張できない。
  • ユーザーアカウントで Outlook へ接続できず、資格情報を繰り返し求められる。
Microsoft により Office 365 へ移行済みではあるが、移行後にユーザーが Microsoft Online Services Sign-in Application にサインインしていない場合に、上記の問題が生じることがあります。また、Office 365 へセルフ移行を実施した場合に生じる場合もあります。

詳細情報?

重要: このセクションでは、レジストリを変更する方法のプロセスについて説明しています。レジストリを誤って変更すると、重要な問題が生じる場合がありますので、操作を行う際には、以下の手順によく従ってください。万が一のために、レジストリを変更する前にはバックアップの作成をしてください。そうすることで、問題が生じた場合、レジストリを復元することができます。レジストリのバックアップと復元に関する詳細情報は、以下のMicrosoft Knowledge Baseの資料番号をクリックして、資料を参照してください。
322756 「Windows レジストリのバックアップおよび復元方法」

手順 1: Exchange Autodiscover DNS の確認

Exchange Autodiscover DNS を確認する詳細については、以下の Microsoft TechNet Web サイトを参照してください。

「DNS のトラブルシューティング」

また、DNS ホストにある電子メール ドメインに対する Autodiscover CNAME レコードが正常に作成されたことを確認してください。Autodiscover CNAME レコードの詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。

http://help.outlook.com/ja-jp/cc950655.aspx

手順 2: Autodiscover レジストリ入力の削除

Autodiscover レジストリ入力を削除するよう設定するには、「問題を修復する」セクションを参照してください。ユーザー自身が Autodiscover レジストリ入力を削除するには、「ユーザー自身で問題を修復する」セクションを参照してください。

または、ユーザーが管理者の場合にサイレント モードで Fix it ソリューションをインストールする場合、「サイレント モードで [Fix it] ソリューションをインストールする (管理者のみ)」セクションを参照してください

問題を修復する
Lync がキャッシュしたエンドポイントを最新の情報に自動で更新するには、[Fix it] またはリンクをクリックします。[File Download] ダイアログ ボックスで [Run] をクリックしてから Fix it ウィザードの手順に従います 。


Windows 8

元に戻す画像を拡大する
assets fixit1
Fix this problem
Microsoft Fix it 20099
元に戻す画像を拡大する
assets fixit2



Windows 7、Windows Vista、Windows XP、Windows Server 2008 または Windows Server 2003

Fix this problem
Microsoft Fix it 50798


サイレント モードで Fix it ソリューションをインストールする (管理者のみ)
管理者に限り、Fix it ソリューションをサイレント モードでインストールすることができます。Fix it ソリューションをサイレント モードでインストールし、ソリューションが適用される前に復元ポイントを作成する場合は、以下のコマンドを使用してください:
msiexec /i MicrosoftFixit50798.msi /qn CREATE_RESTORE_POINT=TRUE
例:
msiexec /i "C:\users\administrator\desktop\MicrosoftFixit5079.msi" /qn CREATE_RESTORE_POINT=TRUE


:
  • このウィザードは、英語のみで表示されますが、自動修復では Windows バージョンのその他言語にも対応しています。
  • 問題が生じるコンピューターで操作をしていない場合は、この Fix it ソリューションをメモリーや CD に保存し、問題が生じるコンピューター上で実行してください 。
  • Fix it ソリューションはレジストリ入力をコンピューターより削除する前に復元ポイントを作成します。Fix it ソリューションでの変更を元に戻すには、コンピューターを Fix it ソリューションで作成された復元ポイントに設定して復元します 。
上記の操作が終わったら、「問題が修復されたか確認する」のセクションに進んでください 。

ユーザー自身で問題を修復する
  1. [スタート][ファイル名を指定して実行] をクリックし、「regedit」と入力してから [OK] をクリックします 。
  2. 以下のいずれかを実行します:
    • Microsoft Outlook 2010 を使用している場合、以下のレジストリ サブキーを探します:
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\AutoDiscover
    • Microsoft Office Outlook 2007 を使用している場合、以下のレジストリ サブキーを探します:
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\AutoDiscover
  3. 以下のレジストリ入力がある場合、削除します:
    • PreferLocalXML
    • ExcludeHttpRedirect
    • ExcludeHttpsAutodiscoverDomain
    • ExcludeHttpsRootDomain
    • ExcludeScpLookup
    • ExcludeSrvLookup
    • ExcludeSrvRecord
    • <NameOfYourDomain>.com and <NameOfYourDomain>.microsoftonline.com

FixedAlways
問題が修復されたか確認する
  • 問題が修復されたか確認をします。
    • 問題が修復されると、このセクションでの手順は終了となります 。
    • 問題が修復されていない場合、Outlook を [オフライン作業] に設定します。1 分が経過したらOutlook を [オンラインで作業] に再設定します。この操作方法の詳細については、以下の Microsoft Office Web サイトの資料を参照してください:
      「オフライン作業とオンライン作業の切り替え (英語)」

      問題が引き続き生じる場合は、 Office 365 コミュニティ Web サイト を参照するか、 サポートへ連絡 してください。
  • フィードバック等、ご意見をお寄せください。本ソリューションに対するフィードバックや問題の報告については、「Fix it for me」ブログにコメントを残すか、電子メールにてメッセージを送信してください 。

追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2644437 - 最終更新日: 2014年4月30日 - リビジョン: 13.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 365 for enterprises (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for small businesses? (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for education? (pre-upgrade)
  • Microsoft Exchange Online
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
o365 o365a o365e kbfixme kbmsifixme o365p o365062011 pre-upgrade o365022013 after upgrade o365m KB2644437
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com