Office 365 の共有メールボックスで、automappping を削除する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2646504 - 対象製品
アップグレード前後、どちらの Office 365 を使用しているか確認するには、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料は、Microsoft Office 365 において Microsoft Outlook における共有のメールボックスで automapping を削除する方法について説明します。


Microsoft Outlook 2010 および Microsoft Office Outlook 2007 では、autodiscover は自動的にフル アクセス権限を持つユーザーへ自動的にマッピングを行います。以下のシナリオの場合に、autodiscover によって、アクセス権限を持つユーザーへすべてのメールボックスが自動的にロードされます。
  • 管理者が、あるユーザーに別のユーザーのメールボックスへのフル アクセス権限を付与した場合
  • ユーザーが共有メールボックスへのフルアクセス権限を持っている場合
ユーザーが、フル アクセス権限のあるメールボックスを多く持つ場合、Outlookを起動する際に操作において問題が生じる場合があります。例えば、組織の中には管理者が組織におけるすべてのユーザーのメールボックスを持っている場合もあります。このような場合、Outlookは、組織におけるすべてのメールボックスを開こうとします。

詳細

automapping を無効にするには、Windows PowerShellを使用してメールボックスのユーザーからフル アクセス権限を削除してから、フル アクセス権限をユーザーに再度付与します。ユーザーにフル アクセス権限を追加する方法には、AutoMapping:$false パラメーターを使用します。

この操作を行うためには、以下の手順に従ってください。
  1. Windows PowerShell を使用して、Exchange Online に接続します。この方法については、以下の Microsoft ウェブサイトを参照してください。
    リモート PowerShell を使用して Exchange に接続する
  2. メールボックスから、ユーザーのフル アクセス権限を削除します。これにより、automapping が削除されます。この操作については、コマンドプロントにおいて、以下のコマンドを入力してから、[Enter] キーを押してください。
    Remove-MailboxPermission -Identity <Mailbox ID1> -User <Mailbox ID2> -AccessRights FullAccess

    注: このコマンドラインでは、 <Mailbox ID1> は、権限を付与したユーザーのメールボックスを表します。<Mailbox ID 2> は、フル アクセス権限を削除したいユーザーのメールボックスを表します。

    例えば、John Smithのメールボックスから管理者のフル アクセス権限を削除するには、以下のコマンドを使用します。Remove-MailboxPermission -Identity johnsmith@contoso.onmicrosoft.com -User admin@contoso.onmicrosoft.com -AccessRights FullAccessこのコマンドを実行した後、確認要求があります。Confirm
    Are you sure you want to perform this action?
    Removing mailbox permission "johnsmith@contoso.onmicrosoft.com" for user "admin@contoso.onmicrosoft.com" with access rights 'FullAccess'".
    [Y] Yes [A] Yes to All [N] No [L] No to All [?] Help (default is "Y"): y
  3. メールボックスのユーザーにフル アクセス権限を不要する際には、automapping を有効にしないでください。この方法については、コマンド プロンプトにて、以下のコマンドを入力してから、[Enter] キーを押します。
    Add-MailboxPermission -Identity <Mailbox ID1> -User <Mailbox ID2>-AccessRights FullAccess -AutoMapping:$false

    注: このコマンドラインでは、 <Mailbox ID 1> は権限を付与したユーザーのメールボックスを表し、 <Mailbox ID 2> はフル アクセス権限を追加しようとするユーザーのメールボックスを表します。

    例えば、John Smithのメールボックスに、フル アクセス権限を付与するには、以下のコマンドを入力してから、[Enter] キーを押します。Add-MailboxPermission -Identity johnsmith@contoso.onmicrosoft.com -User admin@contoso.onmicrosoft.com -AccessRights FullAccess -AutoMapping:$false
    このコマンドを実行すると、以下のoutput が表示されます。
    元に戻す全体を表示する
    IdentityUserAccess RightsIsInheritedDeny
    John Smith<Domain>\<UserName>Full accessFalseFalse

関連情報

詳細については、以下の Microsoft TechNet 資料を参照してください。

フル アクセス メールボックスの Outlook 自動マッピングを無効にする
追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2646504 - 最終更新日: 2013年8月14日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 365 for enterprises (pre-upgrade)
  • Microsoft Office 365 for small businesses? (pre-upgrade)
  • Microsoft Exchange Online
  • Microsoft Office 365 for education? (pre-upgrade)
キーワード:?
o365 o365a o365e o365p o365062011 pre-upgrade o365022013 after upgrade o365m KB2646504
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com