修正: WPF アプリケーションでメモリ リークが発生の DynamicResource を使用して、brush オブジェクトを参照するとき

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2651992
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のシナリオを検討してください。
  • 対象に、Microsoft は Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションを作成します。NET Framework 3.0 または Microsoft。NET Framework 3.5。
  • アプリケーション、アプリケーションの XAML ファイルにする brush オブジェクト、color オブジェクトを定義します。
    • ブラシ オブジェクトを使用します。 DynamicResource 色のオブジェクトを参照するには。たとえば、
      <Application.Resources>
      
      <Color x:Key="color1">#ff4050ff</Color>
      
      <SolidColorBrush x:Key="brush1" Color="{DynamicResource color1}"/>
      
      </Application.Resources>
    • ブラシ オブジェクトとして参照される、 DynamicResource WPF ウィンドウまたはユーザー コントロール、または別のオブジェクトにします。たとえば、
      <Window x:Class="WpfApplication6.Window1"
      
      xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
      
      xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
      
      Title="Window1" Height="300" Width="300" Background="{DynamicResource brush1}">
      
      </Window>
  • 開いたり、ウィンドウまたはユーザー コントロールのインスタンスを閉じます。

このシナリオでは、インスタンスは、ガベージ コレクション (GC) ヒープ内のルートおよび解放されません。ウィンドウまたはユーザー コントロールの多くのインスタンスが作成されると、時間の経過と共にメモリ リークが発生します。最終的が表示されます、 System.OutOfMemoryException 例外。

メモ Microsoft アプリケーションを対象とすると、この問題は発生しません。NET Framework 4。

原因

この問題が発生するは、内部のイベント ハンドラーに、WPF の実行時のワイヤため、 ResourceReferenceExpressionウィンドウまたはユーザー コントロールを使用しているリソースに関連付けられているオブジェクト。ウィンドウまたはユーザー コントロールに設定するには、null である場合は、このイベント ハンドラーの参照は削除されません。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、この資料で説明する問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。

この問題を解決するには、Microsoft カスタマー サポート サービス、修正プログラムを入手するに問い合わせてください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ Microsoft Support 担当者が特定の更新プログラムで問題が解決されると判断した場合、まれに料金が通常のサポート免除されるキャンセル可能性があります。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、Microsoft する必要があります。NET Framework の 3.5.1 のいずれか、次のオペレーティング システムを実行しているコンピューターにインストールします。
  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows サーバー 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)


再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されている場合は、この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次の表に一覧表示します。日付と時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン で、 日付と時刻 コントロール パネルの項目。

Fまたは、すべてサポートされている Windows の x86 ベースのバージョン x 7
元に戻す全体を表示する
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Presentationframework.dll3.0.6920.57385,283,84016-12 月-201101: 49x86
3.0.6920.57381,253,37616-12 月-201101: 49x86
Presentationcore.dll3.0.6920.57384,218,88016-12 月-201101: 49x86
Presentationframework.dll3.0.6920.57385,283,84016-12 月-201101: 49x86
Presentationhostdll.dll3.0.6920.5738131,36016-12 月-201101: 49x86
Presentationhost.exe4.0.40305.0296,22416-12 月-201101: 49x86
Presentationhostproxy.dll4.0.31106.0100,13616-12 月-201101: 49x86
3.0.6920.57381,253,37616-12 月-201101: 49x86

Fx x64 ベース バージョンの Windows 7 と Windows サーバー 2008 R のサポートされているすべて、または2
元に戻す全体を表示する
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Presentationcore.dll3.0.6920.57383,998,72016-12 月-201101: 42x 64
Presentationframework.dll3.0.6920.57384,640,76816-12 月-201101: 42x86
Presentationhostdll.dll3.0.6920.5738172,32016-12 月-201101: 42x 64
Presentationhost.exe4.0.31106.0321,31216-12 月-201101: 42x 64
Presentationhostproxy.dll4.0.31106.0110,88816-12 月-201101: 42x 64
3.0.6920.57381,114,11216-12 月-201101: 42x86
Presentationframework.dll3.0.6920.57385,283,84016-12 月-201101: 49x86
3.0.6920.57381,253,37616-12 月-201101: 49x86
Presentationcore.dll3.0.6920.57384,218,88016-12 月-201101: 49x86
Presentationframework.dll3.0.6920.57385,283,84016-12 月-201101: 49x86
Presentationhostdll.dll3.0.6920.5738131,36016-12 月-201101: 49x86
Presentationhost.exe4.0.40305.0296,22416-12 月-201101: 49x86
Presentationhostproxy.dll4.0.31106.0100,13616-12 月-201101: 49x86
3.0.6920.57381,253,37616-12 月-201101: 49x86



回避策

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 使用します。StaticResource color オブジェクトでは、brush オブジェクトを参照するには。例えば、次のように、「現象」に記載されている、XAML ファイル内コード最初部分を変更します。
    <Color x:Key="color1">#ff4050ff</Color> 
    <SolidColorBrush x:Key="brush1" Color="{StaticResource color1}"></SolidColorBrush>
  • 設定、x: 共有 false の場合に、 DynamicResource 使用されます。例えば、次のように、「現象」に記載されている、XAML ファイル内コード最初部分を変更します。
    <Application.Resources>
            <Color x:Key="color1">#ff4050ff</Color>
            <SolidColorBrush x:Key="brush1" x:Shared="False" Color="{DynamicResource color1}" />
        </Application.Resources>



関連情報

詳細については、 DynamicResource マークアップ拡張機能は、次の MSDN web サイトを参照してください。
DynamicResource のマークアップ拡張機能に関する一般的な情報
WPF のブラシの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
WPF のブラシの概要について

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2651992 - 最終更新日: 2012年1月10日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB2651992 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2651992
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com