Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 が有効になります、2 を更新

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2652984
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料で Windows サーバー ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 の更新 2 を説明します。更新 2 Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 に新しいベスト ・ プラクティスを追加します。

Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 (Windows サーバー ソリューションの BPA) は、Microsoft ベースライン構成アナライザー (MBCA) テクノロジに組み込まれている診断ツールです。Windows Server ソリューションの BPA は、次のオペレーティング システムのいずれかを実行しているし、既存のサーバー設定には、定義済みの一連の推奨されるベスト プラクティスと比較するコンピューターをスキャンします。
  • Windows Small Business Server 2011 標準
  • Windows Small Business Server 2011 の基礎
  • Windows 記憶域サーバー 2008 R2 の基礎
  • Windows のマルチポイント サーバー 2011
Windows Server ソリューションの BPA は、次のタスクを実行します。
  • サーバーに関する情報を収集します。
  • サーバーの設定が、マイクロソフトが推奨するベスト ・ プラクティスのセット準拠かどうかを決定します。
  • (レポート サーバーの設定と、推奨されるベスト ・ プラクティスとの相違を識別)、スキャン結果のレポートを提供します。
  • サーバーに関する問題を引き起こす可能性のある条件を指定します。
  • 潜在的な問題にソリューションを推奨しています。

詳細

更新プログラムの情報

この更新プログラムを入手する方法

この更新プログラムを入手するには、Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 を実行します。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、以下のオペレーティング システムのいずれかの実行する必要があります。
  • Windows Small Business Server 2011 標準
  • Windows Small Business Server 2011 の基礎
  • Windows 記憶域サーバー 2008 R2 の基礎
  • Windows のマルチポイント サーバー 2011年標準
  • Windows のマルチポイント サーバー 2011年プレミアム
また、Windows サーバー ソリューション ベスト プラクティス アナライザーがインストール 1.0 が必要です。

レジストリ情報

このパッケージに更新プログラムを適用するには、レジストリに変更を加える必要はないです。

要件を再起動します。

この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは次の更新プログラムが置き換えられます。
2600333 Windows Server ソリューション ベスト プラクティス アナライザー 1.0 の更新が

Windows Server ソリューションの BPA のベスト ・ プラクティス

この更新プログラムをインストールした後、Windows Server ソリューションの BPA は、以下のチェックを実行します。
  1. DNS クライアント サービスが自動的に開始するように構成されているかどうかを確認します。
  2. 自動的に開始するのには、DHCP クライアント サービスが構成されているかどうかを確認します。
  3. 自動的に開始するのには、IIS Admin サービスが構成されているかどうかを確認します。
  4. 自動的に開始するのには、World Wide Web 発行サービスが構成されているかどうかを確認します。
  5. 自動的に開始するのには、リモート レジストリ サービスが構成されているかどうかを確認します。
  6. リモート デスクトップ ゲートウェイ サービスが自動的に開始するように構成されているかどうかを確認します。
  7. Windows タイム サービスが自動的に開始するように構成されているかどうかを確認します。
  8. Windows Update サービスが自動的に開始するように構成されているかどうかを確認します。
  9. MSDTC サービスが自動的に開始するように構成されているかどうかを確認します。
  10. Netlogon サービスが自動的に開始するように構成されているかどうかを確認します。
  11. 自動的に開始するのには、DNS サーバー サービスが構成されているかどうかを確認します。
  12. Windows SBS のマネージャー サービスが自動的に起動する構成されているかどうかを確認します。
  13. DNS クライアント サービスが開始されているかどうかを確認します。
  14. Windows Update サービスが開始されているかどうかを確認します。
  15. DHCP クライアント サービスが開始されているかどうかを確認します。
  16. IIS 管理サービスが開始されているかどうかを確認します。
  17. World Wide Web 発行サービスが開始されているかどうかを確認します。
  18. リモート レジストリ サービスが開始されているかどうかを確認します。
  19. リモート デスクトップ ゲートウェイ サービスが開始されているかどうかを確認します。
  20. Windows タイム サービスが開始されているかどうかを確認します。
  21. MSDTC サービスが開始されているかどうかを確認します。
  22. Netlogon サービスが開始されているかどうかを確認します。
  23. DNS サーバー サービスが開始されているかどうかを確認します。
  24. Windows SBS のマネージャー サービスが開始されているかどうかを確認します。
  25. DNS クライアント サービス用のログオン アカウントが NT AUTHORITY\\Network サービスかどうかをチェックします。
  26. Windows の更新サービス用のログオン アカウントがローカル システムかどうかを確認します。
  27. DHCP クライアント サービス用のログオン アカウントが NT AUTHORITY\\LocalService かどうかを確認します。
  28. IIS 管理サービスのログオン アカウントがローカル システムかどうかを確認します。
  29. World Wide Web 発行サービス用のログオン アカウントがローカル システムかどうかを確認します。
  30. リモート デスクトップ ゲートウェイ サービス用のログオン アカウントが NT AUTHORITY\\Network サービスかどうかをチェックします。
  31. Windows タイム サービスのログオン アカウントが NT AUTHORITY\\Network サービスかどうかをチェックします。
  32. MSDTC サービスのログオン アカウントが NT AUTHORITY\\Network サービスかどうかをチェックします。
  33. Netlogon サービスのログオン アカウントがローカル システムかどうかを確認します。
  34. DNS サーバー サービスのログオン アカウントがローカル システムかどうかを確認します。
  35. Windows SBS のマネージャー サービス用のログオン アカウントがローカル システムかどうかを確認します。
  36. コンピューターで実行されているオペレーティング システムのチェックします。
  37. サーバーのデフォルト ゲートウェイの IP アドレスを ping できるかどうかを確認します。
  38. 内部ネットワーク アダプターが 1 つだけの IP アドレスを割り当てるかどうかを確認します。
  39. IP フィルタ リングが無効になっているかどうかを確認します。
  40. HYPER-V の役割を Windows Small ビジネス サーバー 2011年サーバーに追加されないかどうかを確認します。
  41. IPv6 プロトコルが有効になっているかどうかを確認します。
  42. カーネル モードの認証が無効になっているかどうかを確認します。
  43. マルチポイント サーバー ホストの Windows サービスが自動的に開始するように構成されているかどうかを確認します。
  44. マルチポイント サーバー ホストの Windows サービスのログオン アカウントがローカル システムかどうかを確認します。
  45. リモート デスクトップ サービス サービスが開始されているかどうかを確認します。
  46. マルチポイント サーバー ホストの Windows サービスを開始するがかどうかを確認します。
  47. SRCShell のユーザー アカウントが存在するかどうかを確認します。
  48. 既定のアカウントをリモートの Web アクセス用のアプリケーション プールを使用するかを確認します。
  49. リモート Web アクセス用のアプリケーション プールの既定のバージョンを使用するかどうかを確認をします。NET フレームワーク
  50. [マネージ パイプライン モードの既定のアプリケーション プールをリモートの Web アクセスを使用するかを確認します。
  51. アプリケーション プールをリモートの Web アクセスが既定のビット数のレベルを使用するかどうかを確認します。
  52. 組み込みの管理者グループをバッチ ジョブとしてログオンする権限を持つかどうかを確認します。
  53. Windows ファイアウォールがオンになっているかどうかを確認します。
  54. DNS のホスト (A) リソース レコードが正しい IP アドレスにポイントかどうかを確認します。
  55. 内部ネットワーク アダプターの IP アドレスを DNS に登録しているかどうかを確認します。
  56. ForwardingTimeout のレジストリ キーの値と、RecursionTimeout のレジストリ キーの値かどうかと同じを確認します。
  57. DNS (EDNS) の拡張機構が無効になっているかどうかを確認します。
  58. 前方 DNS ゾーンは Active Directory ドメインがだけセキュリティで保護されたの動的更新を許可するかどうかを確認します。
  59. 前方 DNS ゾーン _msdcs.* ゾーンのみをセキュリティで保護されたの動的更新できるかどうかを確認します。
  60. Internet Explorer セキュリティ強化の構成を Administrators グループにできるかどうかを確認します。
  61. ユーザー グループの Internet Explorer セキュリティ強化の構成を有効にするかどうかを確認します。
  62. Windows SBS ドメイン名前付けマスターであるかどうかを確認します。
  63. Windows SBS のインフラストラクチャ マスターであるかどうかを確認します。
  64. Windows SBS のプライマリ ドメイン コント ローラーのマスターであるかどうかを確認します。
  65. Windows SBS の相対 ID (RID) マスターであるかどうかを確認します。
  66. Windows SBS スキーマ マスターであるかどうかを確認します。
  67. ソース サーバー、既定のサイト-名であるかどうかを確認します。
  68. ソース サーバー SBSComputers 組織単位内にあるかどうかを確認します。
  69. MaxCacheTTL の DNS パラメーターが構成されているかどうかを確認します。
  70. 既定のドメイン ポリシーのグループ ポリシーが存在するかどうかを確認します。
  71. 前方参照ゾーンの DNS ネーム サーバー (NS) リソース レコードがないかをチェックします。
  72. _Msdcs ゾーンの DNS ネーム サーバー (NS) リソース レコードがないかをチェックします。
  73. DNS ネーム サーバー (NS) リソース レコード代理 _msdcs の前方参照ゾーンにあるかどうかを確認します。
  74. Authenticated Users グループが Pre-Windows 2000 Compatible Access グループのメンバーかどうかを確認します。
  75. DNS クライアントは、内部 IP アドレスをサーバーに参照しているかどうかを確認します。
  76. チェックかどうか、RootVer レジストリ キーの値にします。NET Framework は正しいです。
  77. このサーバー 1 つ以上のドメイン コント ローラーに ping を実行できるかどうかを確認します。
  78. RDP ポートが既定値かどうかを確認します。
  79. SysvolReady のレジストリ キーの値が正しいかどうかを確認します。
  80. Sysvol フォルダーが共有されていないかどうかを確認します。
  81. 1 つまたは複数のボリューム十分な空き領域があるかどうかを確認します。
  82. DefaultAppPool アプリケーション プールのワーカー プロセスの最大数を既定値に構成されているかどうかを確認します。
  83. 証明機関の名前に無効な文字列が含まれているかどうかを確認します。
  84. HKEY_LOCAL_MACHINE\\SOFTWARE\\Microsoft\\Microsoft SQL Server\\90\\Machines\\OriginalMachineName のレジストリ キーの値が正しいかどうかを確認します。
  85. HKEY_LOCAL_MACHINE\\SOFTWARE\\Microsoft\\Microsoft SQL Server\\100\\Machines\\OriginalMachineName のレジストリ キーの値が正しいかどうかを確認します。
  86. Exchange Server 2010 Service Pack 1 (SP1) がインストールされているかどうかを確認します。
  87. Windows SBS がジャーナル ラップ状態にあるかどうかを確認します。
  88. Exchange Server 2010年、外部認証を使用しているかどうかを確認します。
  89. Exchange Server 2010年内部認証の既定の方法を使用するように構成されているかどうかを確認します。
  90. Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) がインストールされているかどうかを確認します。
  91. 簡易メール転送プロトコル (SMTP) サービスがインストールされているかどうかを確認します。
  92. Exchange 組織にサーバーの空のコンテナーかどうかを確認します。
  93. 既定の名前がドメインが正しいことを承諾するかどうかを確認します。
  94. SharePoint アプリケーション プールは既定のアカウントを使用するかどうかを確認します。
  95. SharePoint アプリケーション プールの既定のバージョンを使用するかどうかを確認をします。NET フレームワーク
  96. SharePoint アプリケーション プール [マネージ パイプライン モードの既定値を使用するかどうかを確認します。
  97. SharePoint アプリケーション プールが既定のビット数のレベルを使用するかどうかを確認します。
  98. PowerShell のアプリケーション プールは既定のアカウントを使用するかどうかを確認します。
  99. PowerShell のアプリケーション プールの既定のバージョンを使用するかどうかを確認をします。NET フレームワーク
  100. PowerShell のアプリケーション プールがデフォルト [マネージ パイプライン モードを使用するかどうかを確認します。
  101. PowerShell のアプリケーション プールが既定のビット数のレベルを使用するかどうかを確認します。
  102. Active Directory の Web サービスの既定の起動モードに構成されているかどうかを確認します。
  103. Active Directory の Web サービスを開始するがかどうかを確認します。
  104. 既定のログオン アカウントが Active Directory の Web サービスをローカル システムであるかどうかを確認します。
  105. Console.Log ファイルが 1 gb (ギガバイト) よりも大きいかどうかを確認します。
  106. Windows Server ソリューションの BPA の完了数のチェックを確認します。
  107. どのバージョンの Windows サーバー ソリューションの BPA が実行されているを確認します。
  108. SPSearch アカウントが既定のアカウントを SharePoint のクロールをかどうかを確認します。
  109. SharePoint サーバーの全体管理のアプリケーション プールが、spfarm アカウントを使用するかどうかを確認します。
  110. 小切手のアカウントのユーザー名とパスワードを SharePoint の管理かどうかが無効です。
  111. Psconfig.exe を使用して SharePoint データベースをアップグレードする必要があるかどうかを確認します。
  112. Psconfig.exe を使用して、SharePoint にアップグレードする必要があるかどうかを確認します。
  113. RemoteAccess.log ファイルが 1 gb を超えるかどうかを確認します。
  114. POP3service.log ファイルが 1 gb を超えるかどうかを確認します。
  115. SmtpReceive のログ ディレクトリが 1 gb を超えるかどうかを確認します。
  116. SmtpSend のログ ディレクトリが 1 gb を超えるかどうかを確認します。
  117. "既定の Web サイト] の web サイトのログ ディレクトリが 1 gb を超えるかどうかを確認します。
  118. Companyweb サイトのログ ディレクトリが 1 gb を超えるかどうかを確認します。
  119. ログ ディレクトリの SBS の SharePoint サイトが 1 gb を超えるかどうかを確認します。
  120. HomeMDB 属性が既定値に構成されているかどうかを確認します。
  121. 最新の更新プログラムがインストールされているかどうかを確認します。
  122. クライアント アクセス サーバーのポート 443 に構成されているかどうかを確認します。
  123. HTTPS スキームのクライアント アクセス サーバーが構成されているかどうかを確認します。
  124. AbsolutePath 値のクライアント アクセス サーバーが正しいかどうかを確認します。
  125. クライアント アクセス サーバーのホスト名が正しいかどうかを確認します。
  126. アドレス帳をオフライン モードでのサーバのホスト名が正しいかどうかを確認します。
  127. Exchange Web サービスのサーバーのホスト名が正しいかどうかを確認します。
  128. 自動検出サーバーのホスト名が正しいかどうかを確認します。
  129. Outlook Anywhere のホスト名が正しいかどうかを確認します。
  130. Outlook Anywhere の認証設定を既定の設定であるかどうかを確認します。
  131. Ssl バインドのすべての IP アドレスがあるかどうかを確認します。
  132. "既定の Web サイト] の web サイトで SSL をバインドするかどうかを確認します。
  133. サーバー証明書が 30 日以内切れますかどうかを確認します。
  134. 証明書のサブジェクトが正しいかどうかを確認します。
  135. /Autodiscover 仮想ディレクトリの認証設定を既定の設定であるかどうかを確認します。
  136. /Ews 仮想ディレクトリの認証設定を既定の設定であるかどうかを確認します。
  137. /OAB 仮想ディレクトリの認証設定を既定の設定であるかどうかを確認します。
  138. /Rpc 仮想ディレクトリの認証設定を既定の設定であるかどうかを確認します。
  139. /RPCWithCert 仮想ディレクトリの SSL 設定を既定の設定であるかどうかを確認します。
  140. コンテンツの最大長、/Rpc 仮想ディレクトリは、デフォルト値かどうかを確認します。
  141. コンテンツの最大長、/RpcWithCert 仮想ディレクトリが既定値かどうかを確認します。
  142. Bin ディレクトリは、Exchange サーバーで Path 環境変数が存在するかどうかを確認します。
  143. ExchangeInstallPath 環境変数が存在するかどうかを確認します。
  144. ユーザー アカウントが CN 名の重複があるかどうかを確認します。
  145. 別の web サイトの競合か、"既定の Web サイト] の web サイトをチェックします。
  146. MMS の更新がインストールされているかどうかを確認します。
  147. 技術情報の資料 2524478 に記載されている推奨の更新プログラムがインストールされているかどうかを確認します。
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2652984 - 最終更新日: 2012年2月21日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kbfix atdownload kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB2652984 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2652984
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com