バックアップ ・ ユーティリティのオプションを公開しない場合、CHECKSUM オプションを有効にする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2656988
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Transact SQL のバックアップおよび復元コマンドは、チェックサムと NO_CHECKSUM のエラー管理オプションを提供します。バックアップ ・ アプリケーションまたはこれらのオプションを公開しないユーティリティを使用している場合は、トレース フラグ 3023 Microsoft SQL Server のインスタンスを使って、CHECKSUM オプションを有効にできます。トレース フラグ 3023 がオンになっている場合は、CHECKSUM オプションは、バックアップ コマンドを自動的に有効になります。トレース フラグ 3023 上のすべてのバックアップ、バックアップの CHECKSUM オプションを使用するかどうかを確認するを有効にすることができます。この操作を行う場合は、すべての既存のバックアップのスクリプトをリライトする必要はありません。

詳細

SQL Server などのユーティリティを使用すると、トレース フラグ 3023 を使用する必要があります SQL Server 保守プランからの送付、または、データベースのバックアップ タスクを記録します。これらのユーティリティと、保存されている TSQL 手順はバックアップ時にチェックサムを含めるオプションは使えません。

チェックサムは、バックアップ ・ オペレーションを使用すると、次の処理が有効になります。
  • 最後のチェックサム保護を使用してデータベースにチェックサムがデータベース ページに設定、PAGE_VERIFY オプションがある場合、ページ チェックサムの検証に書き込まれました。これは、バックアップされるデータは正常な状態であることを確認できます。
  • バックアップ チェックサムはバックアップ ・ ファイルに書き込まれます、バックアップ ・ ストリームの生成します。リストア ・ オペレーション中に、これはバックアップ メディア ファイルのコピーまたは転送中に破損していないことを確認してになります。

ページのチェックサム検証がバックアップ処理中に障害が発生した場合は、SQL Server のバックアップ操作を停止して、次のエラーを報告します。
3043 のメッセージ、レベル 16、状態 1、行 1
バックアップ 'database_name' ファイル 'database_file' のページ (file_id:page_number) エラーを検出します。
メッセージ 3013, レベル 16、状態 1、行 1
BACKUP DATABASE が異常終了しています。

[バックアップ] コマンドで、明示的な NO_CHECKSUM オプションを使用すると、トレース フラグ 3023 動作がオーバーライドされます。チェックサムは、バックアップ ・ セットの保護を支援して かどうかを確認するには、次のいずれかを使用します。
  • RESTORE HEADERONLY コマンドの出力は、HasBackupChecksums フラグ
  • システム ・ テーブル ・ バックアップ セットが msdb データベースで [has_backup_checksums] 列

CHECKSUM オプションを使用して、バックアップを実行すると、復元操作自動的に検証を実行し、次のようなエラー メッセージを使用して問題を報告します。
Msg 3183、レベル 16、状態 1、行 1
復元としての「データベース corruption_errors_test のバックアップ セットからの読み取り「のページ (1:243) のエラーを検出。
メッセージ 3013, レベル 16、状態 1、行 1
[データベースの復元が異常終了しています。
DBCC TRACEON ステートメントを使用して動的にトレース フラグ 3023 を使用できます。または、スタートアップ パラメーターとしてトレース フラグ 3023 を使用できます。

動的な使用法

DBCC TRACEON(3023,-1)

データベースのバックアップ

DBCC TRACEOFF(3023,-1)

DBCC TRACEON の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。
DBCC TRACEON (Transact SQL)

スタートアップ パラメーターの使用方法

トレース フラグを起動時のパラメーターとして追加する SQL Server (-T3023) を停止して、SQL Server サービスを再起動します。

スタートアップ オプションの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
SQL Server サービスのスタートアップ オプションの使用

トレース フラグの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
トレース フラグ (Transact SQL)

この情報には、SQL Server の次のバージョンに適用されます。
  • SQL Server 2005
  • SQL Server 2008
  • SQL Server2008 の R2
  • SQL Server 2012
バックアップ ・ ユーティリティの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

バックアップ データベース タスク (メンテナンス プラン)

ログ配布の配置

プロパティ

文書番号: 2656988 - 最終更新日: 2012年2月8日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbmt KB2656988 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2656988
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com