クライアント側のメッセージングの開発のサポート ガイドライン

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 266353 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここではサポートされているし、内容はできませんメッセージング製品の Microsoft ベースまたはマイクロソフトのテクノロジを統合するカスタム ソリューションを開発する場合について説明します。 この資料にはではほとんど Microsoft 製品とマイクロソフトのテクノロジを開発するときに、キー情報にはがも含まれます。 ただし、この資料ではすべてのシナリオをカバーしません。 具体的な解決策はサポートされているかどうかについてご質問はすべてがある場合マイクロソフト カスタマー サポートに連絡します。

ここでは特定のテクノロジと開発者にガイダンスを提供する特定のシナリオについても説明します。

詳細

「サポート」という用語はかどうかマイクロソフト カスタマー サポートまたはマイクロソフト サービスできます何かを特定の方法で実現しようとすると説明を使用します。 通常、という用語もかどうか、Microsoft 製品グループは特定のシナリオの問題を修正可能性のあるのコンテキストで使用されます。

製品、テクノロジ、およびテストが必要なバージョンの大規模な行列のためのすべてのシナリオを設計またはテストされたことを言いますおことはできません。 したがって、していただくカスタム ソリューションを設計するとき、次のベスト プラクティスを使用: すること
  • マイクロソフトが記載されている API を使用してのみ。 これにより、増加リスクと、新しいバージョンの製品または製品の Service Pack と共に、ソリューションは機能しませんを回避できます。 たとえば、Microsoft Win32 API を使用して Microsoft Office Outlook ウィンドウを操作できます。 ただし、Win32 API はサポートされていません。 使用する、特定の API のコンテキストでは、サポート一部のソリューションもあります。 ただし、これらのソリューションは、通常サポートされない Office のコンテキスト内でアプリケーションをそのアプリケーションを使用してカスタム ソリューションを作成するときとします。 例外で記載されているシナリオになります。
  • これを行う場合に新しいテクノロジと古いテクノロジを混在させるようにします。 新しいテクノロジと古いテクノロジを混在させると、シナリオがテストいませんありシナリオでは、サポートされていませんが、可能性が増えます。
  • Office アプリケーションを使用する場合、ソリューションの開発ソリューションを実行する Office の古いバージョンを使用します。

Outlook のプロパティとの統合

Outlook、Microsoft Exchange Server で MAPI でのデータ ストア、個人用フォルダー (.pst) ファイルなど他の Microsoft 製品ストア Exchange メールボックス ストア、または Exchange パブリック フォルダー ストア。 このデータの一部は、表示されているが、その他のさまざまなデータが表示されていないされ、他の理由で格納されます。

場合によってには、一対一の対応関係 Outlook に表示される内容と基になる MAPI データベースに格納は何があります。 電子メール メッセージの 件名 ] ボックスは、このボックスは、 PR_SUBJECT の MAPI プロパティに対応するため、この例です。 ここでは、このプロパティこのプロパティは以前の Microsoft の電子メール クライアントで使用されたので、Outlook を predates します。 その他のプロパティは一対一に対応しているもは Outlook に固有のください。 たとえば、連絡先の Web サイトのアドレスという名前のプロパティを特定の MAPI で格納されます。

メモ Outlook で名前付きプロパティの詳細については、「「MAPI 固有の名前付きプロパティの情報」。

場合によっては、Outlook で複数の MAPI プロパティを使用して特定するため、情報を格納する可能性があります。 または Outlook は 1 つのプロパティで情報の複数の部分を格納することがあります。 これらのシナリオの両方でよくはありませんのマニュアルをこれらのプロパティの実装方法またはその機能について説明します。

いくつかのリスクはプログラムによって、基になるプロパティを変更します。 メインの領域は次のとおりです。
  • Outlook は応答の一部のプロパティが変更されたときを停止したり予期しない現象が発生可能性があります。
  • 問題にはさまざまな API を使用して Outlook が実行中に Outlook プロパティの一部を動的に変更するにが発生する可能性があります。
  • 異なるバージョンの Outlook が、同じ MAPI に接続を格納します。 ためしたがってがありますが、追加する複雑さ異なるバージョンの Outlook がさまざまな方法で関連するプロパティと対話します。
したがって、Outlook で使用される多くの MAPI プロパティ MAPI レベルで記載されていません。 使われる MAPI スキーマが複雑とそれ以降のバージョンの MAPI で変更があります。

したがって、この低レベルのデータに直接アクセスしないことを使用して、高度な API 代わりに、Outlook オブジェクト ライブラリなどお勧めします。 これらの要因のため Microsoft 通常はサポートしません、基になるプロパティが実装されている方法または理由を説明します。

プロパティの読み取りとプロパティの書き込みを区別する必要もです。 プログラムによって、Microsoft Office Outlook 2007 オブジェクト モデルの拡張 MAPI、WebDAV、 PropertyAccessor オブジェクトなどの API を使用して MAPI プロパティの読み取りはサポートされていません。 ただし、これらのプロパティへの書き込みはないサポートされている可能性があるため、データの破損の問題やその他の問題の他の MAPI クライアントが変更されたデータを使用する場合があります。

名前付きプロパティに対する MAPI 固有の情報

MAPI は、特定のプロパティに名前を割り当てるため、これらの名を一意の識別子にマップおよびこのマッピングを固定するための機能を示します。 Outlook は名前付き 8000 FFFE 範囲内で識別子を使用するプロパティを次に Outlook 固有の多くのフィールドを書き込みます。 通常、Outlook オブジェクト モデルはこれら名前付きプロパティを変更する唯一のサポートされている方法です。 通常、したり、[共同作業データ オブジェクト (CDO) を使用したり MAPI を使用して、これらのプロパティを変更するとはサポートされていません。

名前付きプロパティは、プロパティ セットの GUID をして、名前によって識別されます。 名前には数値またはを指定します。 これらのプロパティは、 IMAPIProp::GetIDsFromNames 関数と、 IMAPIProp::GetNamesFromIDs 関数を使用して操作されます。 GUID と名前を取得、プロパティ ID は現在の MAPI セッションに対して有効ですが、 GetIDsFromNames 関数に渡されます。 このプロパティの ID はコンピューターからコンピューターを異なることができますのでのみ一貫した方法は、名前付きプロパティにアクセスすることですそのプロパティ セットとその名前を知っています。

通常、名前付きプロパティは、そのクライアントでのみ使用されるメッセージに補足情報を追加する方法としては [Outlook クライアントによって使用されます。 したがって、Outlook クライアントによって使用される名前付きプロパティのほとんどは説明なし。 これらのプロパティを取得するサポートされている限りでは、Outlook オブジェクト モデルを使用します。

名前付きの Outlook で使用されるプロパティの一般的な

次の表は、共通の名前付き Outlook で使用されるプロパティです。
元に戻す全体を表示する
項目の種類 (メッセージ クラス) サポートの概要
メッセージ (IPM.Note)メッセージは、MAPI にネイティブです。 Outlook では、これらのアイテムにいくつかの名前付きプロパティを保持します。
連絡先アイテム (IPM.Contact)連絡先が MAPI にネイティブされません。 連絡先アドレス帳のエントリのようなため、一部のアドレス エントリ タグは有効です。 ほとんどの連絡先のプロパティの名前のプロパティです。
タスク アイテム (IPM.Task)タスクは、MAPI にネイティブはありません。 ほとんどのタスクのプロパティの名前のプロパティです。
予定アイテム (IPM.Appointment)予定は MAPI にネイティブされませんが、ネイティブ CDO には。 ほとんどの予定のプロパティの名前プロパティです。 いくつかの予定のプロパティは、CDO の 予定アイテム オブジェクトを通じて公開されます。
仕訳帳の項目 (IPM.Activity)仕訳帳が MAPI にネイティブされません。 ほとんどの仕訳帳のプロパティの名前のプロパティです。
メモ アイテム (IPM.StickyNote)付箋は MAPI にネイティブはありません。 ほとんどの付箋のプロパティの名前プロパティです。
MAPI にネイティブいるプロパティ、に加えてカスタマイズされた Outlook フォームのユーザー定義フィールドは MAPI 経由、CDO 経由、WebDAV を経由とサポート、Outlook オブジェクト モデルを使用。 これらのフィールド、 PS_PUBLIC_STRINGS を使用するプロパティをプロパティとしてプロパティ名として識別子と、フィールドの名前を設定します。 WebDAV ベースのデータおよびデータの MAPI ベースのサポートのシナリオについてについては、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
920134Exchange 2000 Server や Exchange Server 2003 へのアクセス、WebDAV プロトコルを使用するアプリケーションの利用のサポート
特定の状況で Outlook と統合するための追加のドキュメントを Outlook 統合 API に提供します。 このドキュメントで参照するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa193231(office.11).aspx
さらに、次の情報 Outlook 2007 用に記載されてされ、後日、Outlook 統合 API に含まれる予定です。 についてには、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックしてします。
919198Outlook 2007 でストア プロバイダー用の通知ベースのインデックス作成サポート
919199IAttachmentSecurity API を使用して Outlook でブロックされる添付に備えてかどうかを確認する方法
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Outlook 2007 ドキュメント - ブロックされた添付ファイル
http://blogs.msdn.com/stephen_griffin/archive/2006/05/09/593585.aspx

Outlook 2007 ドキュメント - 通知ベース インデックス サポート
http://blogs.msdn.com/stephen_griffin/archive/2006/05/10/594641.aspx

Microsoft Office Outlook 2003 Service Pack 1 (SP1) またはそれ以降のバージョン

についてには、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックしてします。
912239dispidHeaderItem の MAPI プロパティを使用して Outlook 2003 で表示されるメッセージの状態を識別する方法
912238MAPI を使用して Outlook 2003 を使用して、IMAP サーバーからメッセージをダウンロードするときに、.pst ファイル内のメッセージを管理する方法
912237名前付きプロパティを使用して電子メール メッセージ、電子メール アドレス、および Outlook 2003 での画像の添付ファイルの連絡先アドレス帳のエントリの関連する方法
915314ユーザーがメッセージに返信ときに、メッセージが Office Outlook 2003 によって処理される方法を制御するプロパティ定義をという約 2 新しい情報
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
新しい Outlook ドキュメント パーツ 5 - One-off フォーム
http://blogs.msdn.com/stephen_griffin/archive/2005/12/29/507991.aspx

Outlook 2003 の統合 API ラップ PST ドキュメントとサンプル
http://blogs.msdn.com/stephen_griffin/archive/2005/09/28/Outlook-2003-Integration-API-Wrapped-PST-Docs-and-Sample.aspx

API はマネージ コードではサポートされてを

MAPI は当初の設計し、遅延の 1980s年で開発当初。 したがって、MAPI は、Microsoft .NET Framework のマネージ コードを predates します。 サード パーティ製のラッパーを使用できないように、MAPI のマネージ ラッパーを提供おしない. これは、ソリューション、テスト環境で作業するかもしれませんが、メモリ管理に関連した問題発生アプリケーションを運用環境に展開し、現実世界のスケーラビリティのシナリオには公開することがあります。

次の表のサポート ポリシー Outlook API の .NET Framework 環境で。
元に戻す全体を表示する
API DLL の名前 コードのサポート ポリシーの管理
Outlook オブジェクト モデル該当なしCOM 相互運用機能アセンブリを使用してサポート
コラボレーション データ オブジェクト (CDO) 1. 2 xCdo.dllサポートされていません
MAPI (拡張 MAPI またはシンプル MAPI)Mapi32.dll または Msmapi32.dllサポートされていません
Exchange Server 2007 の Web サービス該当なしサポートされていません
WebDAV (Exchange 2000 Server 番号に Exchange Server 2003 の Exchange Server 2007 で廃止と番号)該当なしサポートされていません
マネージ コードでのメッセージング API 他のサポート ポリシーの詳細についてをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
813349.NET Framework アプリケーションで Microsoft Exchange の API のポリシーをサポートします。

.NET Framework のユーザー コントロール

.NET Framework のユーザー コントロールは Outlook 2003 でサポートされていませんの旧バージョンの Outlook、または Outlook 2007 のカスタム フォーム領域。 これらのコントロールのサポートについてについては、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
897863アンマネージ アプリケーションでの制御を Winforms のサポートについての説明

カスタム フォームと Outlook 2003 および Outlook の以前のバージョンの HTTP シナリオ

Outlook では、カスタム Outlook フォームは Microsoft Hotmail などの HTTP ベースのメール サービスで使用するサポートされていません。 Outlook はしないできない、HTTP ベースのメール サービスを使用している場合は、カスタム フォームの機能を使用しています。 ただし、一部の機能は正しく機能しません。 HTTP ベースのメール メッセージは、読み取り専用の状態、サーバー上に格納されるため、機能は正しく動作しません。 つまり、HTTP ベースのメール サービスを使用する場合カスタム Outlook フォームを使用しないことをお勧めします。

Microsoft Visual Basic 6. 0 の MAPI コントロール

Visual Basic 6. 0 の MAPI コントロールはシンプル MAPI に基づくまたはテストできなくと Outlook 2007 での起動をサポートします。 マイクロソフトは電子メール ソリューションを新しい API を使用することを推奨します。

メモ Visual Basic 6. 0 の標準的なサポートが切れています。

一般的なメッセージング呼び出し

一般的なメッセージング呼び出し (CMC) は、Outlook 電子メール セキュリティのリリースを 2000 年 6 月に更新後にできません。

ダイナミック データ エクスチェンジ (DDE)

他の Office アプリケーションとは異なり Outlook でダイナミック データ エクスチェンジ (DDE) プログラムで Outlook と通信する手段としてサポートしません。

Outlook Express (Microsoft Windows XP)

長い間、Outlook Express ののみ、サポートされている API が簡易 MAPI でした。 簡易 MAPI は一連の関数と、関連のデータ構造を使用してカスタム アプリケーションにメッセージング機能を追加することができます。 簡易 MAPI の機能は C、C++、および Visual Basic のバージョンで利用です。

簡易 MAPI は、ドキュメントは、Microsoft Exchange SDK に記載されています。 このドキュメントで参照するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa142548(EXCHG.65).aspx
Outlook Express は、Windows アドレス帳 (WAB) を使用します。 Windows アドレス帳の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms629361.aspx

Windows Vista で Windows メール

Windows Vista の場合は、Windows メールは Outlook の代わりの高速です。 開発者のドキュメントを次の Web マイクロソフトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms709546.aspx
Outlook Express 6. 0 を利用する API もこのドキュメントに含まれます。

Windows Live API および SDK

電子メールに関連する API および Windows Live のサポート オプションについての詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://dev.live.com/
Microsoft 顧客サポート現在行いませんこれらの API をサポート。

関連情報

名前付きプロパティの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms529055.aspx

プロパティ

文書番号: 266353 - 最終更新日: 2007年3月30日 - リビジョン: 5.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Messaging Application Programming Interface
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000
  • Microsoft Outlook 98 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 97 Standard Edition
  • Microsoft Collaboration Data Objects 1.21
  • Microsoft Outlook Express 5.0
  • Microsoft Outlook Express 5.5
  • Microsoft Outlook Express 6.0
キーワード:?
kbinfo kboutlookobj kbmsg kbmt KB266353 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:266353
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com