メモリの構成とサイジングの SQL Server 2012年での考慮事項

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2663912 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft SQL Server は自動および動的メモリが SQL Server の内部コンポーネントとシステムのワークロードの現在のメモリの要件に基づいて、管理を実行します。SQL Server は、動作パターンの特定のアプリケーションや特定の高度な要件に微調整を支援するために、メモリ関連の構成オプションも提供します。さまざまな構成オプションは次のとおりです。
  • sp_configure オプション (最大サーバー メモリ (MB)最小サーバー メモリ (MB)awe が有効になっている)
  • g -起動時のパラメーター (memory_to_reserve)
  • ロックされたページ

Microsoft SQL Server 2012年は、管理者がメモリ オプションを構成する方法に影響を与えるメモリ マネージャーの変更について説明します。SQL Server 2012 または SQL Server 2012年の新しいインストールを構成する前に、アップグレードする前にここで説明されている変更を確認してください。

注: <b>この資料は、Microsoft SQL Server の 2014年にも適用されます。

詳細

SQL Server 2012年は、特定の種類のメモリの割り当てが考慮する方法と、これらの種類の割り当てで使用できるメモリの最大量が制御するメモリ構成オプションの変更も紹介します。SQL Server 2012年の変更は固有のメモリ割り当て要求をおよびマルチページ割り当て SQL CLR からです。SQL Server 2012年は、新しいページ アロケーター割り当て (以下の 8 KB を超えると、割り当て要求を 8 KB を超える) の 1 ページおよび複数ページの両方を管理します。したがって、SQL Server 2012年で「マルチページ割り当て"と呼ばれる別の分類はありません。

「最大サーバー メモリ (MB)」と「最小サーバー メモリ (MB)] の変更

(SQL Server 2005、SQL Server 2008 と SQL Server 2008 R2)、SQL Server の以前のバージョンで、次の構成オプションは、バッファー プールが消費している物理メモリの制限が決定されます。ある話ですこの場合、物理メモリは、SQL Server データベース エンジン プロセスでコミットされた物理メモリに注意してください。
  • 最大サーバー メモリ (MB)
  • 最小サーバー メモリ (MB)
このような構成オプションは通常は、SQL Server プロセス内に 8 KB 以下のメモリ割り当てだけ含まれています。これらの割り当て werealso 呼ばれる「single_page_allocations」SQL Server のメモリ マネージャーは、8 KB のページ サイズを使用するため。この構成は、次のメモリ割り当て要求は含まれません。
  • SQL Server からマルチページ割り当て: 割り当てが 8 KB を超える要求は。
  • CLR の割り当て: このような割り当ては SQL CLR ヒープおよび CLR の初期化中に作成されるインスタンスのグローバル割り当て。
  • SQL Server プロセス内のスレッドのスタックをメモリの割り当てです。
  • メモリの割り当て要求が Windows に直接加えられた: Windows ヒープの使用状況と、SQL Server プロセスに読み込まれているモジュールによって行われた直接の仮想割り当てが含まれます。このようなメモリ割り当て要求のものから拡張ストアド プロシージャ Dll、オートメーション プロシージャ (sp_OA 呼び出し)、およびリンク サーバーのプロバイダーからの割り当てを使用して作成されたオブジェクトの割り当て。

SQL Server 2012年以降、マルチページ割り当ておよび CLR の割り当ても含まれますでメモリ制限(MB) の最大サーバー メモリおよび最小サーバー メモリ (MB)によって制御されています。この変更は、SQL Server のメモリ マネージャーを通過するすべてのメモリ要件より正確なサイズ変更機能を提供します。SQL Server 2012年にアップグレードした後、現在の最大サーバー メモリ (MB)最小サーバー メモリ (MB)の値を慎重に確認します。SQL Server 2012年は今すぐが含まれ、以前のバージョンと比較してより多くのメモリ割り当てのため、このような値を確認してください。これらの変更は、SQL Server 2012年の 32 ビットおよび 64 ビットの両方のバージョンに適用されます。

次の表は、特定の種類のメモリの割り当ては、最大サーバー メモリ (MB)最小サーバー メモリ (MB)の構成オプションによって制御されているかどうかを示します。
元に戻す全体を表示する
メモリの割り当ての種類SQL Server 2005、SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2SQL Server 2012
単一ページの割り当て[はい]はい、「サイズ」ページ割り当てに統合
複数のページの割り当ていいえはい、「サイズ」ページ割り当てに統合
CLR の割り当ていいえ[はい]
スレッド スタックのメモリいいえいいえ
Windows からの直接割り当ていいえいいえ

「Memory_to_reserve」に変更


(SQL Server 2005、SQL Server 2008 と SQL Server 2008 R2) の 32 ビットの SQL Server の以前のバージョンで SQL Server のメモリ マネージャーは、使用するためのプロセスの仮想アドレス空間の一部が設定割り当て要求を次に示します。
  • SQL Server からマルチページ割り当て: 割り当てが 8 KB を超える要求は。
  • CLR の割り当て: このような割り当ては SQL CLR ヒープおよび CLR の初期化中に作成されるインスタンスのグローバル割り当て。
  • SQL Server プロセス内のスレッドのスタックをメモリの割り当てです。
  • メモリの割り当て要求が Windows に直接加えられた: Windows ヒープの使用状況と直接の仮想割り当てが、SQL Server プロセスに読み込まれているモジュールによってこれらの割り当ての要求が含まれます。このようなメモリ割り当て要求のものから拡張ストアド プロシージャ Dll、オートメーション プロシージャ (sp_OA 呼び出し)、およびリンク サーバーのプロバイダーからの割り当てを使用して作成されたオブジェクトの割り当て。

これらの割り当て用に予約されている仮想アドレス領域は、 memory_to_reserveの構成オプションによって決まります。SQL Server が使用する既定値は 256 MB です。既定値をオーバーライドするには、SQL Server の起動時のパラメーター -gを使用します。仮想アドレス空間のこの部分とも呼ばれます「メモリを残す」または「バッファー プール地域」に。

SQL Server 2012年は、新しい 8 KB を超える割り当てを処理するページ アロケーターの「サイズ」があるため、 memory_to_reserveの値は複数のページの割り当ては含まれません。以外のこの変更は、他のすべては変わりませんこの構成オプション。

次の表は、SQL Server プロセスの仮想アドレス空間のmemory_to_reserve領域に、特定の種類のメモリの割り当てがあるかどうかを示します。
元に戻す全体を表示する
メモリの割り当ての種類SQL Server 2005、SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2SQL Server 2012
単一ページの割り当ていいえいいえ、「すべてのサイズ」のページの割り当てに統合
複数のページの割り当て[はい]いいえ、「すべてのサイズ」のページの割り当てに統合
CLR の割り当て[はい][はい]
スレッド スタックのメモリ[はい][はい]
Windows からの直接割り当て[はい][はい]

その他のメモリ関連の構成オプションの変更

SQL Server 2005、SQL Server 2008 年または SQL Server 2008 R2"awe が有効になっている"オプションを使用する場合は、このコンフィギュレーション オプションの重要な変更点を理解するには、次の資料を確認してください。

「ロックされたページ」機能を使用して SQL Server 2005、SQL Server 2008 年または SQL Server 2008 R2 を構成した場合は、このコンフィギュレーション オプションの重要な変更点を理解するには、次資料を参照していますください。

SQL Server の各種エディションの最大メモリ使用率

SQL Server の各エディションは最大制限である resourcesthey を使用できます。SQL Server の各エディション用の最大メモリ使用量に適用される制限があります。たとえば、SQL Server 2008 R2 のインスタンスを 64 GB の maximummemory だけを使用できます。詳細については、次の MSDN web ページを参照してください。
SQL Server 2012年の各エディションがサポートする機能
SQL Server 2012年以降、データベースのキャッシュ (バッファー プール) にのみこれらのメモリの制限が適用されます。SQL Server のメモリ マネージャーのキャッシュの残りの部分は、これらのエディションの制限で指定されているより多くのメモリを使用できます。など、SQL Server 2012 Express edition のデータベース キャッシュの最大 1.4 GB のサイズのみを使用できます。プロシージャ キャッシュは、メタデータのキャッシュや) などの他のキャッシュは"最大サーバー メモリ] 設定で指定されたサイズのメモリを消費します。

関連情報

デナリに SQL Server のメモリ マネージャーの変更

SQL Server 2012年の新しい SQLOS 機能

プロパティ

文書番号: 2663912 - 最終更新日: 2014年7月24日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
キーワード:?
kbtshoot kbmt KB2663912 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2663912
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com