WinMgmt ベースのパフォーマンス カウンタのエラーをトラブルシュートする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 266416 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP266416
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

コンピュータ上でアプリケーション イベント ビューアのログを参照した場合に、以下の 1 つ以上のイベントが記録されていることがあります。

イベント メッセージ 1
種類 : エラー
ソース : WinMgmt
分類 : なし
イベント ID : 37
説明 : ライブラリ内で不明な問題が発生したため、WMI ADAP は file name パフォーマンス ライブラリを読み込むことができませんでした: 0x0
イベント メッセージ 2
種類 : エラー
ソース : WinMgmt
分類 : なし
イベント ID : 41
説明 : 009 サブキーで値が見つからなかったため、WMI ADAP はパフォーマンス ライブラリ serivce name のオブジェクト インデックス number を作成しませんでした
イベント メッセージ 3
種類 : エラー
ソース : WinMgmt
分類 : なし
イベント ID : 61
説明 : open 関数で時間違反があったため、WMI ADAP は file name パフォーマンス ライブラリを処理できませんでした。

原因

この現象は、カウンタに問題があるか、Windows Management Instrumentation (WMI) Performance Library Dredger 内に誤った正の戻り値が存在するために発生します。特定の状況では、WMI Performance Library Dredger に誤った正の戻り値がある場合、カウンタが正常に動作していても、Dredger が誤ってライブラリが無効であると判断することがあります。

回避策

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。

次のコマンドを使用して、コンピュータのパフォーマンス ライブラリを再度取得します。
winmgmt /clearadap
このコマンドを実行すると、WMI に関連するすべての値が、サービスの Performance レジストリ キーから削除されます。
winmgmt /resyncperf "winmgmt service pid"
このコマンドにより、コンピュータのパフォーマンス ライブラリが WMI に登録されます。

WMI サービスの PID 情報は、Windows タスク マネージャの [プロセス] タブで確認できます。

関連するサービスの Performance レジストリ キーには、以下のレジストリ キーが含まれています。
WbemAdapFileSize
WbemAdapFileTime
WbemAdapStatus
: WMI で利用できるコマンドのオプションの詳細を参照するには、コマンド プロンプトで winmgmt/? と入力します。

このイベントが発生する別の原因として、起動時に実行される他の動作により、カウンタの応答速度が遅くなったことが考えられます。レジストリの適切な位置に REG_DWORD 値 Collect Timeout を追加してデータを 10000 に設定することにより、このタイムアウト時間を調整することができます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\[counterfile]\Performance
[counterfile] は、イベント ビューアのエラー メッセージに表示される file name パフォーマンス ライブラリです。

たとえば、イベント ビューアのメッセージが次のメッセージであるとします。
open 関数で時間違反があったため、WMI ADAP は perfproc.dll パフォーマンス ライブラリを処理できませんでした。
この場合、レジストリ キーは次のようになります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\PerfProc\Performance
このレジストリ パスには、ファイル拡張子 (.dll) が含まれていない点に注意してください。 上記の変更を行った後も、イベントがイベント ログに記録される場合、そのサービスの Performance レジストリ キーで、WbemAdapStatus の値を手動で REG_DWORD 0 に変更し、次のレジストリ キーで ADAPPerflibTimeout の値を REG_DWORD 180 に増やします。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Wbem\CIMOM
: レジストリの変更は、すべて 10 進数で入力する必要があります。

また、Windows 2000 Resource Kit の Exctrlst.exe ユーティリティを使用して、特定のサービスのパフォーマンス カウンタを無効にすることができます。このユーティリティを使用すると、以下の例と同様にレジストリ キーを追加することにより、カウンタを無効にできます。Exctrlst.exe を使用できないか、使用が適していない場合は、それらのレジストリ エントリを手動でカウンタ エントリの下に追加できます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Spooler\Performance

値の名前 : Disable Performance Counters
値の種類 : REG_DWORD
値のデータ : 1
: これらのコマンドを使用するには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、cmd と入力してコマンド プロンプトにアクセスします。

詳細

AutoDiscovery/AutoPurge (ADAP) プロセスは、WMI においてコンピュータに登録されているパフォーマンス カウンタ オブジェクトを収集して保持します。

ADAP プロセスが開始するのは、WinMgmt サービスの開始時、またはパフォーマンス カウンタを含むパフォーマンス ライブラリを、lodctr または unlodctr ユーティリティを使用してインストールまたはアンインストールしたときです。

イベントが記録されても、カウンタは利用可能です。

イベント ID 41 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/support/ee/SearchResults.aspx?Type=1&Source=WinMgmt&ID=41&Product=Windows%20Operating%20System&Language=1033

x64 ベースの Microsoft Windows のテクニカル サポート

ハードウェアに Microsoft Windows x64 エディションが既にインストールされている場合、Windows x64 エディションに対する技術サポートと支援はハードウェアの製造元から提供されます。これは、Microsoft Windows x64 エディションがハードウェアにインストールされて提供されているためです。ハードウェアの製造元は、ハードウェアの性能を最大限に活用するために、固有のデバイス ドライバやオプション設定など、独自のコンポーネントを使用してインストール環境をカスタマイズしている場合があります。Windows x64 エディションに関する技術サポートが必要な場合、マイクロソフトではできる限りの支援を行います。しかし、製造元がハードウェアにインストールして提供するソフトウェアについては製造元によるサポートが最適であるため、ハードウェアの製造元に直接お問い合わせいただくことが必要な場合があります。Microsoft Windows Server 2003 x64 Edition などの Windows x64 エディションを個別に購入した場合は、技術サポートについてマイクロソフトにお問い合わせください。

Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/64bit/default.mspx
x64 ベースの Microsoft Windows Server 2003 の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/64bit/x64/default.mspx

プロパティ

文書番号: 266416 - 最終更新日: 2006年9月15日 - リビジョン: 4.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbprb KB266416
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com