Acc 2000: カスタムのプロファイルで Microsoft Access を起動エラー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 266769
詳細: エキスパート コーディング、相互運用性、およびマルチ ユーザーを必要します。スキル。

この資料は Microsoft Access データベース (.mdb) にのみ適用します。

重要です レジストリの変更に関する情報を掲載しています。レジストリを変更する前に、必ずバックアップし、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を理解しているかどうかを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを編集する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明」
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Access 2000 またはランタイムを起動するとアプリケーションは、カスタム プロファイルを使用、次のエラー メッセージが表示されます。
エラーが発生し、この機能は不要です。正常に機能します。修復しますか?
クリックすると [はい] または いいえは、次のエラー メッセージが表示されます。
Microsoft Access ファイル 'system.mdw' が見つかりませんでした。このファイルが必要です。起動します。

原因

Microsoft Access ワークグループ ファイルを検索できません。(System.mdw) の起動時。これは、現象が発生すると、次の条件のすべてtrue を指定するには。
  1. ワークグループ ファイルが同じフォルダー内にないです。Msaccess.exe。
  2. Microsoft Access を起動するのには、使用しているショートカット含まれていない、 Wrkgrp そのポイントは、有効なワークグループ ファイルに切り替えます。
  3. 使用しているカスタム プロファイルに含まれていない、有効なワークグループ ファイルを指す jet のサブキー。

解決方法

いずれかを使用、 Wrkgrp ワークグループ ファイルを指すまたは包含するショートカットの切り替えは、Jet のサブキーは、ワークグループ ファイルを指すカスタム プロファイル。

メモ また、確認する必要があります、 すべてのユーザー および ターミナル サーバーのユーザー フル アクセス許可グループがある、
HKEY_CLASSES_ROOT\TypeLib\{4AFFC9A0-5F99-101B-AF4E-00AA003F0F07}\9.0
レジストリのキーです。これを行うには、次の手順を実行します。

警告: レジストリ エディターを誤って使用する場合は、os の再インストールが必要となる深刻な問題があります。マイクロソフトは、レジストリ エディターの誤用により発生した問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリ エディターを使用します。
  1. で、 開始 メニューをクリックして実行.
  2. で、 実行 ボックスの種類Regedt32、し [OK].
  3. レジストリ エディターで、検索は次のレジストリ キー:
    HKEY_CLASSES_ROOT\TypeLib\{4AFFC9A0-5F99-101B-AF4E-00AA003F0F07}\9.0
  4. で、 セキュリティ メニューをクリックしてアクセス許可.
  5. で、 9.0 のアクセス許可 ダイアログ ボックス下にあります。 セキュリティを見つけ、 すべてのユーザー および ターミナル サーバーのユーザー グループ化され、両方の限界があることを確認してください。コントロールです。

    メモ 場合は、 すべてのユーザー および ターミナル サーバーのユーザー グループの操作を行いますない、両方のグループを追加してそれらを提供フル コントロール。
  6. クリックしてください。 [OK]、し、終了、レジストリ エディターをします。

Wrkgrp スイッチを使用して、ワークグループ ファイルを指定するのには

この問題を解決するのには、最も簡単な方法ですが、 Wrkgrp 有効なワークグループ ファイルを指すショートカットに切り替えます。のたとえば、デスクトップ上で、次のショートカットを作成します。コマンドラインで。

注: Msaccess.exe、System.mdw ファイルへのパスがあります。別のコンピューターにします。パスをショートカットで正確に確認します。System.mdw Msaccess.exe の場所は、コンピューターに反映されます。
   "C:\Program Files\Microsoft Office\Office\MSACCESS.EXE" /Wrkgrp  "C:\MyApplication\System.mdw" /Profile Test
				
コマンド ライン スイッチの使用についてMicrosoft Access では、記事を表示するのには、次の文書番号をクリックしてください。技術情報:
209207 Acc 2000: Access でコマンド ライン スイッチを使用する方法
のマクロとショートカットにスイッチを作成の詳細については、パッケージと展開ウィザード「を表示するには、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術。
236519 : のマクロやスイッチはパッケージと展開ウィザードでショートカットを作成する方法

カスタム プロファイルに Jet のサブキーを含める

警告: レジストリ エディターの操作を誤ると、深刻な可能性します。オペレーティング システムを再インストールする必要があります問題。マイクロソフトレジストリの使用によって生じた問題を解決できることを保証できません。エディターが誤ってします。レジストリ エディターを使用して、自分でリスク。

カスタム プロファイルに Jet のサブキーを作成するのにはワークグループ ファイルへのパスを指定、次の手順を実行します。
  1. カスタムのプロファイルとショートカットを作成、"を作成するカスタム プロファイルを使用を Access"の手順この資料で後述します。
  2. レジストリ エディターで、次のキーを見つけます。
       HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Test\MyApp\1.0   
    					
  3. 次のサブキーを作成します。
       Jet\4.0\Engines
    						
    次のキーを作成するのには
       HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Test\MyApp\1.0\Jet\4.0\Engines
    					
  4. サブキーの下で エンジン、次の文字列値を作成します。
       SystemDB
    					
  5. 値の設定、 SystemDB 文字列値に、ファイルのパス、ワークグループなどC:\Workgroup\System.mdw
注: アプリケーションはすべて他 Jet 固有必要がある場合インストール可能な Isam を読み込むなどの変更、作成、サブキーまたは値 (またはその両方) に独自の Jet キーの下に最適します。プロファイルです。

状況

この動作は仕様です。

詳細

ときで Microsoft Access データベース (.mdb) ファイルを開く、ワークグループ ファイル (System.mdw) するために、Jet データベース エンジンを必要と起動します。使用するには、Microsoft Access ワークグループ ファイルへのパスを確認するのにはいくつかの手順を介して移動します。

ショートカットが含まれているかどうかは、 Wrkgrp 有効なワークグループ ファイルには、Microsoft Access のポイント スイッチワークグループ ファイルを使用します。ショートカットに含まれていない場合は、 Wrkgrp スイッチは、Microsoft Access は Windows のレジストリを検索し、使用して使用中のプロファイルの Jet のサブキーで指定された場所。

時ユーザー設定プロファイルを使用してアプリケーションを起動し、Microsoft Access はありません。既定値を使用します。 アクセス プロファイルでが見つかりました。起動時に HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\9.0\Access。代わりに、作成したカスタム プロファイルのサブキーを使用します。場合は、プロファイルは、Jet サブキー、ワークグループ ファイルへのパスを含まない、Microsoft Access Msaccess.exe が (には、保存されているフォルダーを検索します。例、C:\Program ただし Office\Office)。場合は、Microsoft Access はワークグループ ファイルを見つけられない、記載されているエラーを返します、この資料の「現象」記載します。

この問題はする可能性が高いです。Microsoft Access 2000 sr-1 CD からインストールされているコンピューターで発生する、代わりに sr-1 にアップグレードしたコンピューターにします。これは既定値場所は、ワークグループ ファイル (System.mdw) を sr-1 に変更しのではないです。上記のパス。したがって、カスタム プロファイルを使用して起動する場合Microsoft Access 2000 sr-1 がコンピューターに含まれていないと、 Wrkgrp スイッチは、記載されているエラーを受信するが、この資料の「現象」記載します。

Microsoft Access で使用カスタム プロファイルを作成します。

次の手順をデモンストレーションをカスタム プロファイルを作成するのにはMicrosoft Access で使用します。次の使用例を使用して、 タイトル バー タイトル バーをカスタマイズするのには、カスタム プロファイルに文字列の値Microsoft Access を起動すると、アプリケーションのウィンドウです。
  1. クリックしてください。 開始、し 実行.
  2. で、 実行 ボックスの種類 レジストリ エディター、し [OK].
  3. レジストリ エディターで、次のキーを展開します。
       HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Office\9.0\Access\Profiles
    						
    注: 場合は、 プロファイル キーがリストにない、 アクセス キーを作成する必要があります。作成するのには プロファイル キーを右クリックし、 アクセス キーをポイントするには 新しい、し キー.新しいキーに名前を変更します。 プロファイル.
  4. クリックすると、 プロファイル キーの左側のペインで、右側のペインで右クリックし、ポイント 新しい、し 文字列値.
  5. 下に プロファイル 重要なという新しい文字列値を作成します。テスト.
  6. 値の設定、 テスト 文字列値Software\Test\MyApp\1.0.
  7. 次のレジストリ キーを見つけます。
       HKEY_LOCAL_MACHINE\Software
    					
  8. 次のサブキーを作成します。
       Test\MyApp\1.0\Run-Time Options
    						
    次のキーを作成するのには
       HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Test\MyApp\1.0\Run-Time Options
    					
  9. サブキーの下で 実行時オプション、次の文字列値を作成します。
       TitleBar
    					
  10. 値の設定、 タイトル バー 文字列値 アプリケーション.
  11. レジストリ エディターを終了します。
  12. デスクトップのショートカットは、次のように作成します。コマンド ・ ライン。

    注: Msaccess.exe へのパスはコンピューターによって異なる場合があります。確認Msaccess.exe の場所で、ショートカットのパスを正確に反映してください。ください。
       "C:\Program Files\Microsoft Office\Office\MSACCESS.EXE" /Profile Test
    					

現象の再現手順

  1. という、コンピューター上で新しいフォルダーを作成します。C:\Workgroup。
  2. 現在のワークグループ ファイル (System.mdw) を移動、現在の場所にある C:\Workgroup フォルダー。現在がわからない場合は、ワークグループ ファイルを現在の場所は、ワークグループを使用することができます。管理者 (Wrkgadm.exe) ユーティリティを使用してファイルを検索します。
  3. ワークグループを使用して、ワークグループ ファイルを移動した後、管理者ユーティリティを使用して、ワークグループに参加します。
  4. Microsoft Access を起動し、任意のデータベース (.mdb) を開くファイルへのアクセスが正常に機能していることを確認します。
  5. Microsoft Access を終了します。
  6. カスタムのプロファイルとショートカットを作成、"を作成するカスタム プロファイルを使用を Access"の手順この資料の前半で。
  7. Microsoft Access を起動するショートカットをダブルクリックします。メモAccess を起動します。 「アプリケーション」 タイトル バーにします。
  8. すべてのデータベース (.mdb) ファイルを開きます。
記載されているエラー メッセージが表示されることに注意してください。この資料の「現象」セクション。

関連情報

ユーザー設定プロファイルを使用しての詳細についてをクリックします。 Microsoft Access のヘルプ で、 ヘルプ メニューの種類 ユーザー設定プロファイル オフィスにアシスタントまたはアンサー ウィザードとをクリック 検索 表示するのには [アプリケーションの環境に Microsoft Access のユーザー プロファイルをカスタマイズする」

プロパティ

文書番号: 266769 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kberrmsg kbnofix kbprb kbmt KB266769 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:266769
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com