Outlook Web Access で変更した後に古いパスワードが引き続き機能します

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 267568
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP267568
重要な レジストリを変更する方法についての情報を掲載しています。これを変更する前にレジストリのバックアップを作成することを確認してください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ユーザーがパスワードで Outlook Web Access (OWA) のいずれかの次のバージョンの Microsoft Exchange Server を変更することを想定しています。
  • Microsoft Exchange Server 2010
  • Microsoft Exchange Server 2007
  • Microsoft Exchange Server 2003
  • Microsoft Exchange 2000 Server
この例では、15 分期間中、自分のメールボックスに、古いパスワードまたは新しいパスワードを使用してログオンことがあります。ただし、のみが、新しいパスワードを使用する場合ユーザー (Microsoft Outlook などの MAPI クライアントを使用してメールボックスにアクセスするユーザーを使用して、他のファイルやリソースにアクセスしよう場合は、ユーザー認証です。

詳細

この遅延は、パフォーマンス上の理由をインターネット インフォメーション サービス (IIS) の設計が存在し、次のレジストリ設定によって制御されます。

警告 レジストリ エディターを誤って使用する場合は、オペレーティング システムの再インストールが必要となる深刻な問題があります。マイクロソフトは、レジストリ エディターの誤用により発生した問題を解決できることを保証できません。独自の責任においてレジストリ エディターを使用します。
  1. IIS を実行しているサーバー上でレジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動してを通じてユーザーが OWA へのアクセスを取得します。
  2. レジストリで次のキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\InetInfo\Parameters
  3. で、 編集 メニューをクリックして 値を追加します。、次のレジストリ値を追加します。
    値の名前: UserTokenTTL (メモこれは大文字と小文字です!)
    データ型: REG_DWORD
    値の範囲: 0 から 0x7fffffff まで (メモ このユニットの秒です。)
  4. レジストリ エディターを終了し、IIS を再起動します。
基本認証を使用してサーバーに要求が行われると、サーバー上でのユーザー トークンを作成するのには、セキュリティ資格情報の要求が使用されます。サーバー ファイルまたは"CacheSecurityDescriptor"では、IIS のオンライン ヘルプも参照する他のシステム リソースにアクセスするとこのユーザーのトークンを偽装します。Windows ログオンのユーザーがシステムにアクセスする最初の時間だけが行われるように、またはユーザーのトークンがキャッシュから削除されると、トークンがキャッシュされます。統合 Windows 認証のトークン キャッシュされません。

IIS のパフォーマンス上の理由から、既定の設定は 15 分です。セキュリティへの影響とパフォーマンスへの影響を慎重に検討することを確認してください。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
152526ユーザー トークンは IIS の既定の間隔を変更します。
メモこのレジストリ キーが設定されている場合は、ユーザーがログオンする場合は、レジストリ キーを変更する前に現在のユーザーの Live (TTL) のトークンには、そのパスワードを変わりません。ブラウザーのすべてのインスタンスを閉じる、もう一度ログオンし、パスワードを再度変更するまで、ユーザーは影響を受けません。新しいパスワードは、TTL に指定されたレジストリ キーの必要があります。

プロパティ

文書番号: 267568 - 最終更新日: 2011年5月13日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbhowto kbmt KB267568 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:267568
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com