文書番号: 2678030 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

(CalCheck) を Outlook の予定表のチェック ツールは、Microsoft Outlook の予定表の問題をチェックするコマンド ライン プログラムです。ツールは Outlook の予定表へのアクセスに Outlook プロファイルをメッセージが表示されます。アクセス許可、空き時間情報の公開、代理人の構成、自動予約などの全般的な設定でさまざまなチェックを実行します。次に、会議を失っていると思われるなど、予期しない動作を引き起こす可能性のある既知の問題、Outlook の予定表フォルダー内の各項目でチェックされます。

CalCheck ツールは、問題を診断したり、傾向を識別するために使用できるレポートが生成されます。

詳細

CalCheck を使用するのには、Outlook の予定表は、Microsoft Exchange Server を実行しているコンピューター上になければなりません。ツールは、IMAP、POP3、またはその他の Exchange 以外の電子メール アカウントでは動作しません。

インストール

ダウンロードして Outlook の予定表のチェック ツールをインストールするには、Microsoft ダウンロード センターのページを表示するには、次のリンクをクリックします。Web サイトは、ツールをアンインストールする次のシステム要件と手順も示します。

http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=28786

メモ このツールの 64 ビット バージョンは、Microsoft Outlook 2010 の 64 ビット バージョンでのみ使用するためです。

実行されるチェック

予定表のチェック ツールは、チェックや予定表に固有のチェック項目レベルのチェックの 2 つの基本的な種類を実行します。

予定表に固有のチェック

予定表に固有の次のチェックが実行され、レポートにし、ログに記録。
  • カレンダーにアクセスを許可します。
  • 予定表フォルダー内のアイテムの合計数です。

    高のアイテムの数を予定表フォルダーの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
    2768656 多くのアイテムをキャッシュ モード .ost ファイルまたは .pst ファイルのフォルダー内では、Outlook のパフォーマンスの問題が発生します。
  • 予定表のデリゲート。
  • 空き時間情報を発行します。
  • メールボックスの予定表の予約設定を指示します。
メモ これら 3 つのチェックの情報は、ローカル空き時間メッセージから読み取られます。まれに、Outlook がそのメッセージを開くことできません。次に、これらのチェックは失敗します。これが発生した場合にのみ Exchange メールボックス内の非表示の空き時間情報の再生成を強制する必要があります。

非表示の空き時間情報を再生成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
958443 空き時間情報を構成するとき、または情報を委任しようとするときに Outlook で問題が発生します。

アイテム レベルのチェック

次のアイテム ・ レベルのチェックが実行され、レポートにし、ログに記録。
  • PR_SENDER_EMAIL_ADDRESS (PR_SENT_REPRESENTING_EMAIL_ADDRESS) ない開催者の電子メール アドレス
  • ない開催者の表示名 (PR_SENT_REPRESENTING_NAME PR_SENDER_NAME)

    ありません構成内容の変更についての電子メール アドレスまたは表示名、以下をクリックして、資料、マイクロソフト サポート技術資料を参照します。
    2849083 「操作を完了できません。開催者は、定期的な会議を更新するときに、エラー メッセージ 1 つ以上のパラメーター値が無効である」
  • DispidRecurringプロパティはありません (これで、日、週、または月のビューに表示されない項目が)。

    予定の詳細については、日、週、または月表示、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するに表示されません。
    827432 WebDAV を使用して Exchange 2000 で予定を作成するときに、Outlook の予定表の予定が、日、週、または月のビューに表示
  • DispidApptStartWholeおよびdispidApptEndWholeプロパティに存在

    開催者は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更する、アイテムを検索、それをキャンセルしてこの問題を解決するのにはしようことができます。新しい会議を作成する必要がありますし。いる場合は、出席者、会議の開催者に問い合わせてくださいして相手の要求をキャンセルし、会議を再作成してください。

  • 将来的に発生する会議や (警告が記録されます)、定期的な会議の件名はありません。

    主催者が表示する場合は、会議の件名を更新します。いる場合は、出席者、開催者、会議の件名を更新するに問い合わせてください。これは、エラー状態ではありません、簡単、会議に関連する将来の問題のトラブルシューティングを行う。

  • メッセージ クラスのチェック (警告が記録されます)

    場合は、既定のメッセージ クラス午後のがない会議に問題があります。予定を削除するか、会議をキャンセルする問題が解決しない場合は、プログラムはその独自のメッセージ クラスを使用して会議を作成するを決定する必要があります。プログラムまたはアドインは、Microsoft またはサード パーティ製アプリケーションかどうかを確認するがあります。サード パーティのアプリケーションである場合、サードパーティ サポートに問い合わせます。

  • メッセージ クラスがありません (エラーがログに記録。

    場合は、既定のメッセージ クラス午後のがない会議に問題があります。予定を削除するか、会議をキャンセルする問題が解決しない場合は、プログラムはその独自のメッセージ クラスを使用して会議を作成するを決定する必要があります。プログラムまたはアドインは、Microsoft またはサード パーティ製アプリケーションかどうかを確認するがあります。サード パーティのアプリケーションである場合、サードパーティ サポートに問い合わせます。

  • (定期的なアイテムのバイナリ ラージ オブジェクト [BLOB]) のdispidApptRecurプロパティと Multiplechecks。
    • 全体的な開始時刻と終了時刻の時間です。
    • プロパティにデータを解析する機能。
    • プロパティが空の存在します。

    オーガナイザーの場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。一覧に表示されない場合、calcheck -fを実行します。いる場合は、出席者、開催者に問い合わせてくださいして彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼してください。

  • dispidRecurringプロパティをFalseに設定されているか、存在しませんが、 dispidRecurTypeプロパティが [なし] に、予定を定期的なことを示す。したがって、2 つのプロパティが競合しています。

    オーガナイザーの場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。一覧に表示されない場合、calcheck-fを実行します。いる場合は、出席者、開催者に問い合わせてくださいして彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼してください。

  • 予定表で競合しているアイテムをチェックします。

    これは PR_MESSAGE_STATUS いないかどうか競合のフラグをチェックします。Calcheck -fを実行すると、これらのアイテムは移動されます。場合によっては、CA ログの次のエラーが表示されるときにメールボックスを移動するが失敗します。
    MapiExceptionPartialCompletion: エラー コード ="0x80070680"にメッセージをコピーできません。
  • 特定の MAPI プロパティで、重複するアイテムを確認します。

    件名、オーガナイザー、場所、定期的な 1 つのインスタンス、および開始/終了時間プロパティのすべてに一致する 2 つ以上のアイテムの 1 つを除きすべての重複計算一体 ? fが移動します。

  • 同じまたは空グローバル オブジェクト ID を持つ複数の会議を確認します。

    同じグローバル オブジェクト Id を持つ複数の会議に関する詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
    2714118 コピーされる予定表アイテムが失われるでは、Exchange Server 2007
  • 項目 (1601 年) を 0 に設定する開始時刻、終了時刻、または定期的なアイテムのプロパティまたは失われていることを確認します。

    オーガナイザーの場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議を検索しし、キャンセルしてください再作成します。一覧に表示されない場合、calcheck -fを実行します。いる場合は、出席者、開催者に問い合わせてくださいして相手の要求をキャンセルし、会議を再作成してください。

  • 開始時刻や終了時刻、繰り返し年 2025年以上 1995年より前にある項目を確認します。

    これは必ずしもエラーを発生させます。削除するかは破損している場合にのみ、アイテムをキャンセルする必要があります。既定では、f-引数を使用するときにこれらのアイテムは移動されません。これらは移動calcheck f calcheck cfg ファイルのエラーとして警告を扱うように構成する場合にのみ (WarningIsError = true)。

  • Outlook の境界よりも大きい、開始時刻、終了時刻、または定期的なアイテムのプロパティを持つ複数の項目を確認します。

    オーガナイザーの場合は、shoiuld をテーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議をしキャンセルし、再作成します。表示されていない場合、一覧に、calcheck -fを実行します。いる場合は、出席者、開催者に問い合わせてくださいして彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼してください。

  • 10、25、50 メガバイト (MB) より大きなアイテムを確認します。(警告が記録されます)

    これはエラーではありません。ただし、参照してください。Outlook の予定表を使用する場合のベスト プラクティス.

  • 25 を超える添付ファイルが含まれている項目を確認します。

    これはエラーではありません。ただし、参照してください。Outlook の予定表を使用する場合のベスト プラクティス.

  • 1,250 を超える定期的な会議が (警告が記録されます) または (エラーが報告される) 以上 1,300 の定期的な会議があるかどうかを確認します。1,300 の定期的な会議です。

    EXCDO は、以前のバージョンの Exchange Server で使用している場合は、問題が発生する可能性があります。 詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
    892524 保存または、Exchange Server 2003年コンピューター上で管理されている予定表からの定期的な予定を削除することはできません。
    943371 Exchange Server 2007年環境でログに記録はイベント Id 8206、8213、および 8199
  • 自分が出席者と会議の開催者になるかどうかを確認します。

    詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    2563324 Microsoft Exchange ActiveSync とサードパーティ製のデバイスの現在の問題
  • 開始時刻と、終了時刻、シリーズの内で例外が発生することになっていることを確認する定期的なアイテムの BLOB 内の例外データをチェックします。

    オーガナイザーの場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議をし、キャンセルし、再作成します。リストが表示されない場合はcalcheck fを実行します。いる場合は、出席者、開催者に問い合わせてくださいして彼女または彼をキャンセルし、会議を再作成を依頼してください。

  • ミーティングのサイズが適切であるかどうかを確認する定期的なアイテムの BLOB 内の例外データをチェックします。

    オーガナイザーの場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議をし、キャンセルし、再作成します。リストが表示されない場合はcalcheck fを実行します。いる場合は、出席者、開催者に問い合わせてくださいして相手の要求をキャンセルし、会議を再作成してください。

  • 受信者テーブルには、受信者のデータが見つからないか、重複している、または破損しているが。これは、電子メール アドレス、表示名、またはアドレスの種類のエントリが含まれます。

    オーガナイザーの場合は、テーブル ビューに、予定表フォルダーのビューを変更、予定または会議をし、キャンセルし、再作成します。リストが表示されない場合はcalcheck fを実行します。いる場合は、出席者、開催者に問い合わせてくださいして相手の要求をキャンセルし、会議を再作成してください。

  • 休日のアイテムをレポートします。

    たくない場合は、休日のアイテムにフラグが設定された、.cfg ファイルを変更します。CalCheck 名前付きプロパティのキーワードは、「祝日」という文字列が含まれる場合は休日として終日のイベントを識別します。

現在のヘルプとコマンド ライン スイッチ

次に、CalCheck の動作のカスタマイズに使用できるコマンド ライン スイッチについて説明します。

CalCheck [-P<profilename></profilename>] [-L <filename></filename>] [-M <mailboxname></mailboxname>] [-N <display_name></display_name>] [-S<servername></servername>] [-O <path></path>]
[-C <version></version>] [-A][-F]。[-R]。[-V]。[-なし]


CalCheck のでしょうか。

-Pプロファイルの名前 (場合存在しない、[プロファイルのメッセージが表示されます)
-Lパスとファイル名] ボックスの一覧のファイル (LegacyExchangeDN と名前の一覧) のメールボックスをチェックするには
-Mメールボックスの DN はと共に使用-n (プロセスが指定されているメールボックスのみ)
-N表示名は、-m (プロセスが指定されているメールボックスのみ) を使用します。
-O出力パス (指定した場合、出力ファイルを書き込むパス。既定では、現在のフォルダーです。)
-COffice 2013 クイック実行のシナリオで使用するバージョン
-Aすべてのカレンダー項目 CALCHECK を出力します。CSV
-FCalCheck フォルダーを作成して、エラーのフラグを設定したアイテムを移動
-RCalCheck.log ファイルに、レポート メッセージを受信トレイに
-Vコマンド プロンプト ウィンドウへの詳細出力
-?メッセージを印刷します。

メモ -L-n、およびCスイッチは、CalCheck バージョン 2 (2) とします。CalCheck のバージョン 1 のパラメーター -S-Lに置き換えられます。CalCheck v1 ではまた、 -いいえスイッチは、CalCheck.cfg ファイルに置き換えられます。CalCheck.cfg ファイルは、この資料の後半で詳しく説明します。

メモ CalCheck.log ファイルは、常に生成されます。CalCheck.log ファイルは修正または削除する必要がありますすべての項目が表示し、処理情報も表示します。



既定値: プロファイルの入力を求めるし、そのプロファイルのメールボックスの処理します。
CalCheck

上のすべてのメールボックスを処理します。 MyServer:
CalCheck - S MyServer

上のすべてのメールボックスを処理します。 MyServer 使用して MyProfile ログオン プロファイル。
CalCheck P MyProfile S MyServer

内のメールボックスを処理します。 MyProfile:
CalCheck P MyProfile

指定されたメールボックス、処理および使用 MyProfile ログオン プロファイル。
CalCheck P MyProfile -M」/o 組織/ou = orgunit/cn = 受信者と cn = = UserA「N」ユーザー A」

"C:\Directory\List.txt"でのメールボックスの一覧を処理します。

CalCheck-l"C:\Directory\List.txt"

メモ 「List.txt」が Get メールボックスの形式内あるが。LegacyExchangeDN と各メールボックスの表示名を含むフロリダの出力:

表示名の名前。
LegacyExchangeDN:/o = 組織/ou AdminGroup/cn = 受信者と cn = = メールボックス


メールボックスの処理、エラー項目 CalCheck フォルダーに、メールボックスを移動して、レポート メッセージを受信トレイに配置。
CalCheck F ・ R

特定のプロファイルと Outlook のバージョンに基づいてメールボックスを処理します。クイック実行の場合の Office には、サイド バイ サイド インストールを実行すると、必要があります。
CalCheck-c####>-P MyProfile
メモ プレース ホルダー####> ( 2007年2010年または2013年)、Outlook のバージョンを表します。

このメッセージを印刷します。
CalCheck のでしょうか。


CalCheck を複数のメールボックス (リスト) モードで実行します。

メールボックスの一覧を処理するには、これらの手順に従います。

  1. Exchange サーバーまたは Exchange 組織ですべてのメールボックスへのフル アクセス権をユーザーに与えます。
    1. 次の使用例の PowerShell コマンドレット OrgUnit2 内のすべてのメールボックスへの AdminB のフル アクセス権が付与されます。

      Get メールボックス名の「OrgUnit2」。追加 MailboxPermission-ユーザー"AdminB"- AccessRights FullAccess
  2. メールボックスの一覧を作成します。これは、表示名、および LegacyExchangeDN が含まれます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Exchange の PowerShell を開きし、次のようなコマンドを実行します。

      Get メールボックス ・ サーバ」サーバー名" |フロリダの名前、LegacyExchangeDN。出力ファイルします。path_file_name>-幅 200

      メモ プレース ホルダー サーバー名 サーバーと、プレース ホルダーの名前を表します path_file_name 作成するには、.txt ファイルのパスとファイルの名前を表します。
    2. CalCheck を実行するワークステーションに .txt ファイルをコピーします。
  3. CalCheck を複数のメールボックス (リスト) モードで実行します。これには、以下の手順
    1. Outlook がインストールされているワークステーションから、メールボックスへのフル アクセス権を持つユーザーとしてログオンします。
    2. 新しい Outlook プロファイルを作成し、オンライン モードを使用して、Exchange Server のアカウントを構成します。
    3. Cmdを実行し、CalCheck が置かれているディレクトリに変更します。
    4. 次のコマンドを実行します。

      CalCheck Lパスとファイル名>

      メモ プレース ホルダー <path and="" file="" name=""></path> 手順 2 で作成した .txt ファイルのパスを表します。
CalCheck を複数のメールボックス (リスト) モードで実行すると、次のファイルが作成されます。
  • CalCheckMaster.log。 処理されたすべてのメールボックスの要約を示します。
  • CalCheck__<mailbox></mailbox>。 ログします。処理された各メールボックスには、このような 1 つのファイルが作成されます。

    メモ プレース ホルダー <mailbox></mailbox> LegacyExchangeDN の受信者の名前の部分を表します。

CalCheck バージョン 2 での構成ファイル

CalCheck バージョン 2 (v2) は、CalCheck.cfg ファイルのようになりました。このファイルは、CalCheck.exe が置かれているディレクトリと同じディレクトリにあります。.Cfg ファイルがない場合、CalCheck v2、エラーが表示されは実行されません。.Cfg ファイルはテキスト形式です。有効または、個々 のテストを無効にするのには、ファイルを手動で編集することができます。既定では、すべてのテストはtrueに設定されます。既定では、したがって、すべてのテストが実行されます。

プロパティ

文書番号: 2678030 - 最終更新日: 2014年6月17日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2010
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
  • Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbmt KB2678030 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2678030
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com