ツールをチェックして (CalCheck) を Outlook の予定表の情報

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2678030 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

予定表のチェック ツール (CalCheck) の Microsoft Outlook の予定表の問題のチェックは、コマンド ライン プログラムです。Outlook の予定表にアクセスするのには、プロファイル、Outlook メッセージング ツールを開きます。全般的な設定、アクセス許可、空き時間情報の公開、代理人構成の自動の予約などの各種チェックを実行します。ないと思われる会議などの予期しない動作の原因となる既知の問題は、Outlook の予定表フォルダー内の各項目がチェックされます。

CalCheck ツールは、アイテムの問題の診断に役立つかの傾向を把握するために使用できるレポートを生成します。

詳細

CalCheck を使用するには、Outlook の予定表は、Microsoft Exchange Server を実行しているコンピューターでを置く必要があります。このツールでは、IMAP、POP3、またはその他の Exchange 以外の電子メール アカウントは機能しません。

インストール

ダウンロードして、Outlook の予定表のチェック ツールをインストールするには、Microsoft ダウンロード センター」のページを表示するには、次のリンクをクリックします。Web サイトには、ツールをアンインストールするのには、システムの要件と手順も表示されます。

http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=28786

メモこのツールの 64 ビット バージョンは、専用の Microsoft Outlook 2010 の 64年ビット バージョンのです。

実行のチェック


次の予定表のチェックが実行され、レポートのログに記録されます。
  • 予定表のアクセス許可
  • 予定表の代理人
  • 空き時間情報の発行
  • 直接予約の設定、メールボックスやカレンダーの
  • 予定表フォルダー内のアイテムの合計数
次のアイテム ・ レベルのチェックが実行され、レポートのログに記録。
  • ない開催者の電子メール アドレス (PR_SENT_REPRESENTING_EMAIL_ADDRESS)
  • ない送信者の電子メール アドレス (PR_SENDER_EMAIL_ADDRESS)
  • DispidRecurringプロパティ (アイテムの日/週/月形式のビューで非表示にされます) がないです。
  • DispidApptStartWholeおよびdispidApptEndWholeプロパティに存在します。
  • (警告が記録されます)、定期的な会議は、将来発生する会議の件名なし
  • メッセージ クラスのチェック (警告が記録されます)
  • dispidApptRecur全体の開始時刻と終了時刻の (定期的なバイナリ ラージ オブジェクト [BLOB]) 時間をチェックします。
  • 競合しているアイテム、予定表の確認
  • 重複するアイテムを特定の MAPI プロパティに基づくチェックします。
  • 同じまたは空のグローバル オブジェクト ID がある会議を確認します。
  • 開始時刻、終了時刻、または 0 (年 1601年) 定期的なアイテムのプロパティを持つアイテムを確認します。
  • 開始時刻や終了時刻、定期的な年間 1995年 2025年以上より前にある項目を確認します。
  • 開始時刻や終了時刻、繰り返しのプロパティ Outlook の境界よりも大きい値を持つアイテムを確認します。
  • アイテムは、10、25、50 MB をチェック (警告が記録されます) のサイズ
  • 25 を超える添付ファイルが含まれている項目を確認します。
  • チェック (警告が記録されます) 1,250 の定期的な会議や 1,300 の定期的な会議 (エラーが報告されます。)1,300 の上限です。
  • 出席者、会議の開催者になるかどうかを確認します。
  • 例外データの定期的なアイテムの例外を確認するのには BLOB シリーズの開始と終了時間内に発生するを確認します。
  • 例外データ BLOB が正しいサイズになっているかどうかを確認するのには定期的な会議のチェック
  • 休日の項目を報告します。

現在のヘルプとコマンド ライン スイッチ

次に、CalCheck の動作をカスタマイズするのに使用できるコマンド ライン スイッチについて説明します。

CalCheck [-P<profilename></profilename>] [-L <filename></filename>] [-M<mailboxname></mailboxname>] [-N?<display_name></display_name>] [-S<servername></servername>] [-O <path></path>]
[-C?<version></version>] [][-F]。[-R を] します。[-V]。[が [いいえ]


CalCheck - か。

-Pプロファイルの名前 (場合存在しないのは、プロファイルを)
-Lパスとファイル名] ボックスの一覧のファイル (ファイル名、および LegacyExchangeDN) 個のメールボックスをチェックするには
-Mメールボックスの DN を -N を (プロセスは指定されたメールボックスのみ) に使用されます。
-N表示名が、-m を使用 (プロセスは指定されたメールボックスのみ) に使用されます。
-O出力パス (書き込みを指定する場合は、このパスにファイルを出力、既定値は現在のフォルダーです)
-C2013 Office をクリックして実行のシナリオで使用するバージョン
-A予定表アイテムのすべての出力に CALCHECK。CSV
-FCalCheck フォルダーを作成し、エラーのフラグを設定したアイテムを移動
-Rレポート メッセージが受信トレイに CalCheck.log ファイルを配置します。
-Vコマンド プロンプト ウィンドウへの詳細出力
-?このメッセージを表示します。

メモ-L-Nは、 -Cスイッチ CalCheck バージョン 2 (2) とになります。CalCheck のバージョン 1 で-sのオプション-Lに置き換えられます。CalCheck v1 ではさらに、 -いいえスイッチは、CalCheck.cfg ファイルが置き換えられます。CalCheck.cfg ファイルは、この資料の後半で詳しく説明されています。

メモCalCheck.log ファイルは、常に生成されます。CalCheck.log ファイルが修正または削除する必要がありますすべてのアイテムが表示され、また処理情報が表示されます。



既定値: がプロファイルをプロファイルのメールボックスの処理します。
CalCheck

すべてのメールボックスを処理します。 MyServer:
CalCheck S MyServer

すべてのメールボックスを処理します。 MyServer 使用して マイプロファイル ログオン プロファイルとして。
CalCheck P マイプロファイル -S MyServer

内のメールボックスのみを処理します。 マイプロファイル:
CalCheck P マイプロファイル

指定されたメールボックス、処理および使用 マイプロファイル ログオン プロファイルとして。
CalCheck P マイプロファイル-M"/o 組織/ou = = orgunit/cn = 受信者と cn = ユーザー a ="N「ユーザー」

"C:\Directory\List.txt"でのメールボックスの一覧を処理します。

CalCheck -L"C:\Directory\List.txt"

メモ「List.txt」Get メールボックスの形式で指定する必要が。LegacyExchangeDN と各メールボックスの表示名を含むフロリダの出力:

[名前]: 表示名
LegacyExchangeDN:/o org/ou = AdminGroup/cn = 受信者と cn = = のメールボックス


メールボックスの処理し、エラー項目が CalCheck フォルダーに、メールボックスの移動、レポート メッセージが受信トレイに配置。
CalCheck ・ F ・ R

特定のプロファイルと Outlook のバージョンに基づく、メールボックスを処理します。これは、シナリオでは、クリックして実行の Office のサイド バイ サイド インストールを実行するとが必要です。
-C CalCheck <####></####> -P マイプロファイル
場所<####></####> Outlook のバージョンなど「2007」、「2010 年」、または「2013」です。

このメッセージを表示します。
CalCheck - か。


CalCheck 複数のメールボックス (リスト) モードで実行します。

メールボックスの一覧を処理するには、次の手順を実行します。

  1. Exchange サーバー、または Exchange 組織ですべてのメールボックスへのフル アクセス権をユーザーに与えます。
    1. 次の使用例の PowerShell コマンドレット OrgUnit2 内のすべてのメールボックスに AdminB の完全なアクセス権が付与されます。

      Get メールボックス名の"OrgUnit2"。追加 MailboxPermission-ユーザー"AdminB"AccessRights FullAccess
  2. 表示名および LegacyExchangeDN などのメールボックスの一覧を作成します。
    1. Exchange の PowerShell を開き、次のようなコマンドを実行します。

      Get メールボックス ・ サーバ」サーバー名" |fl 名 LegacyExchangeDN。Out-Filepath_file_name>-幅 200

      場所 サーバー名 サーバーの名前です、 path_file_name パスとファイル名 .txt ファイルを作成するためです。
    2. .Txt ファイル CalCheck を実行して、ワークステーションにコピーします。
  3. CalCheck モードでは複数のメールボックスを実行します。
    1. Outlook をインストールしたワークステーションでは、メールボックスへのフル アクセス権を持つユーザーとしてログオンします。
    2. 新しい Outlook プロファイルを作成し、オンライン モードを使用するには、Exchange サーバー アカウントを構成します。
    3. Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない cmd CalCheck が置かれているディレクトリに移動します。
    4. 次のコマンドを実行します。

      CalCheck L<path and="" filename=""></path>

      場所<path and="" filename=""></path>手順 2 で作成した .txt ファイルへのパスです。
複数のメールボックス (リスト) モードで CalCheck を実行すると、次のファイルが作成されます。
  • CalCheckMaster.log のすべてのメールボックスの処理の概要
  • CalCheck__<mailbox></mailbox>.log の 1 つは、処理された各メールボックスの <mailbox></mailbox> LegacyExchangeDN の受信者の名前の部分です。

CalCheck バージョン 2 構成ファイル

CalCheck バージョン 2 (v2) には、CalCheck.cfg ファイルが含まれます。.Cfg ファイルは、CalCheck.exe がある、同じディレクトリにあります。.Cfg ファイルが見つからない場合は、CalCheck v2 は、エラーが表示されますされは実行されません。.Cfg ファイルは、プレーン テキスト形式でです。有効にするか、個々 のテストを無効にするには、ファイルを手動で編集することができます。既定では、すべてのテストがtrueに設定されます。そのため、既定ですべてのテストが実行されます。

プロパティ

文書番号: 2678030 - 最終更新日: 2012年11月2日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2010
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
  • Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbmt KB2678030 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2678030
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com