Windows Me の [システムの復元] について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 267951 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP267951
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、Windows Me の [システムの復元] について説明しています。

この資料では以下の項目について説明します。
  • システムの復元とは
  • 監視されるファイルの種類
  • システムの復元の起動方法と使い方
  • 復元ポイントが作成されるタイミング
  • 手動で復元ポイントを作成および使用する場合
  • データ ストア
  • 失敗した復元処理からの回復

詳細

システムの復元とは
システムの復元は、Windows の基本となるシステム ファイルやレジストリに加えられる変更を、自動的に監視および記録するように設計されています。変更が記録された後は、システムの復元を使用することで、システムを不安定にする原因となった変更を元に戻す ("ロールバック" する) ことができます。これは、定期的に "復元ポイント" (システム チェックポイント) を記録することによって実現しています。この復元ポイントを使用することで、コンピュータが正常に機能していたポイントまでシステムをロールバックすることが可能となります。

システムの復元は、"アンインストーラ" やバックアップ プログラムとして使用するためのものではありません。ソフトウェアやドライバをインストールした後に Windows が正常に動作しなくなった場合は、システムの復元を使用する前に、コントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除] (またはプログラムのアンインストーラ) を使って、そのソフトウェアを削除してください。

監視されるファイルの種類

システムの復元によって、拡張子が .exe、.vxd、.dll、.com、.inf および .sys であるほとんどのシステム ファイルが監視されます。ユーザーが作成するファイル (たとえば、拡張子が .txt、.doc、または .xls など)、[マイ ドキュメント] フォルダ、インターネット一時ファイル (Internet Explorer の履歴、Cookies、お気に入りのファイルを含む)、ごみ箱、Windows のスワップ (.swp) ファイルは監視されません。

システムの復元の起動方法と使い方

システムの復元を起動するには、次の手順に従います。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] - [アクセサリ] - [システム ツール] の順にポイントして、[システムの復元] をクリックします。

    初めてシステムの復元を使用する場合、[システムの復元へようこそ] ページには、次の 2 つのオプションがあります。
    • [コンピュータを以前の状態に復元します]
    • [復元ポイントを作成します]
  2. [コンピュータを以前の状態に復元します] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    カレンダーが表示されます。
  3. このカレンダーで、システムをロールバックする復元ポイントを選択します。
  4. [次へ] をクリックします。

    コンピュータが再起動されるため、復元処理を完了する前にすべてのアプリケーションを閉じることを促すプロンプトが表示されます。
  5. 再起動が完了すると、確認メッセージが表示されます。[OK] をクリックすると、コンピュータを使用することができます。
次回、システムの復元を実行するときには、第 3 のオプションとして [最新の復元を復元前の状態に戻します] が表示されます。 このオプションは、復元ポイントにロールバックしても、元の問題を解決できなかった場合に利用することができます。つまり、トラブルシューティングを開始した段階にまで簡単に戻すことができます。

復元ポイントが作成されるタイミング

復元ポイントは、次の条件で作成されます。
  • 自動システム チェックポイントは、コンピュータが 10 時間動作するごとに、かつコンピュータが 2 分以上アイドル状態で放置された場合に作成されます。この条件が満たされない場合は、24 時間ごとに、かつシステムが 2 分間アイドル状態で放置された後に、システム チェックポイントが作成されます。
  • 復元ポイントは、Microsoft Software Installer (MSI) 技術を使用したインストーラ パッケージによって作成されます。
  • 復元ポイントは、InstallShield 6.1 Pro 以降を使用したインストーラ パッケージによって作成されます。
  • 復元ポイントは、AutoUpdate (AU) によって更新パッケージがインストールされるときに作成されます。
  • 復元ポイントは、システムの復元を使って別の復元ポイントにロールバックしたときに作成されます。 ただし、これが Safe モードで行われた場合は、復元ポイントは作成されません。
  • 復元ポイントは、システムの復元のインターフェイスを使って手動で作成することができます。
上記の条件で作成された復元ポイントとシステム チェックポイント ファイルは、WindowsMe がインストールされているドライブの _Restore フォルダ ("データ ストア" とも呼ばれる) に圧縮 (.cab) 形式で保管されます。このフォルダは、移動したり修正したりできません。 コンピュータ上の各固定ディスクにも、索引付けと監視のための _Restore フォルダがあり、これらのフォルダのそれぞれに Srdiskid.dat というファイルがあります。

手作業で復元ポイントを作成および使用する場合

ドライバやソフトウェアが Windows の動作に及ぼす影響を予測できない場合は、それらをインストールする前に、手作業で復元ポイントを作成することができます。プログラムのアンインストーラを使ってソフトウェアを削除できない場合に、手動で作成しておいた復元ポイントまでロールバックすることができます。手作業で復元ポイントを作成するには、次の手順に従います。
  1. [復元ポイントを作成します] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  2. 作成する復元ポイントの説明を入力し、[次へ] をクリックして作成の確認を行います。
  3. [OK] または [Home] をクリックします。
データ ストア
データ ストアのサイズは Windows ドライブのサイズによって決まり、次のようになります。
  • データ ストアの最小サイズは、200 メガバイト (MB) です。Windows Millennium をインストール後、Windows ドライブに 200 MB の空き容量が残っていない場合は、既定でシステムの復元は無効となります。十分な空き容量を確保した後、手動でシステムの復元を有効にする必要があります。ディスク容量不足の通知によってシステムの復元が無効になった場合は、十分なディスク容量が利用可能になった段階で、自動的にシステムの復元が再度有効になります。
  • 4 ギガバイト (GB) 未満の論理ドライブでは、データ ストアの最大サイズは 400 MB です。
  • 4 GB 以上の論理ドライブでは、データ ストアのサイズは Windows Millennium がインストールされている論理ドライブの約 12% になります。
データ ストアの容量が、割り当てサイズの 90% に達した場合、先入れ先出し (FIFO) 方式で古い復元ポイントの "パージ" が開始されます。この処理は、データ ストアが割り当てサイズの 50% になるまで行われます。このパージが行われた後に利用できる復元ポイントの実際の数は、それまでにインストールされたソフトウェアの種類によって異なります。

データ ストアのサイズを手動で調整するには、次の手順に従います。
  1. コントロール パネルで、[システム] をダブルクリックします。
  2. [パフォーマンス] タブをクリックします。
  3. [ファイル システム] をクリックします。
  4. [ハードディスク] タブの [システムの復元に使用するディスク領域] スライダを使って、希望のサイズに調節します。
重要なメモ : システムの復元で使用するディスク容量を小さくすると、既存の復元ポイントが FIFO 方式で出される可能性があります。この操作を実行する場合には、注意してください。

失敗した復元処理からの回復
システムの復元を実行した直後にコンピュータを起動できなくなった場合は、システム修復ディスク (EBD) を使用して、コンピュータを復元操作の前の状態に戻すことができます。EBD を使用してコンピュータを起動すると、次のメッセージが表示されます。
最後に完了した操作は復元です。作業を続ける前に、システムの復元による変更を元の状態に戻し、再起動してください。変更を元に戻さないと、このオプションは利用できなくなります。

システムへの変更を元に戻す。
システムへの変更を元に戻さない。

選択してください :
最初のオプションを選択すると、コンピュータは復元操作の前の状態に戻り、コンピュータの再起動を促す次のプロンプトが表示されます。

最新の復元による変更を元に戻しました。

フロッピーディスクドライブからディスクを取り出し、CTRL+ALT+DELETE を押してコンピュータを再起動してください。
次の手順を実行することでシステムの復元を無効にすることができます (推奨はしません)。
  1. コントロール パネルで、[システム] アイコンをダブルクリックします。
  2. [パフォーマンス] タブをクリックします。
  3. [ファイル システム] をクリックします。
  4. [トラブルシューティング] タブをクリックします。
  5. [システムを復元しない] チェック ボックスをオンにします。
  6. [OK] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
  7. プロンプトが表示されたら、コンピュータを再起動します。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 267951 (最終更新日 2000-07-30) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 267951 - 最終更新日: 2004年10月2日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Millennium Edition
キーワード:?
kbhowto kbfile kbtool kbui winmil KB267951
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com