Windows および Windows Server 環境で SQL Server を使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2681562 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料には、次のオペレーティング システムのいずれかを実行しているコンピューターに Microsoft SQL Server の異なるバージョンを使用する方法に関するガイダンスが含まれます。
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows の 8.1
  • Windows 8
この資料では、次のトピックについて説明します。

メモ トピックの詳細については、「関連情報」セクションにあるリンクをクリックしてします。

  • SQL Server 2005 の情報

    このトピックは、Windows 8 または Windows 8.1 の環境では、SQL Server 2005 のインスタンスのサポートについて説明し、SQL Server 2005 を使用しているユーザー向けに使用可能なオプションについて説明します。
  • Windows Server 2012 R2 または Windows 8.1 の SQL Server のバージョンの最小要件

    このトピックは、Windows Server 2012 R2 または 8.1 の Windows を実行しているコンピューターに SQL Server をインストールする、最低限のバージョン要件について説明します。
  • Windows Server 2012 と Windows 8 の SQL Server のバージョンの最小要件

    このトピックは、Windows Server 2012 または Windows 8 を実行しているコンピューターに SQL Server をインストールするバージョンの最小要件について説明します。
  • Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 でのモードの切り替えのサポート

    このトピックは SQL Server がインストールされている Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 の動作モードを切り替えたときのサポート ポリシーについて説明します。
  • Microsoft SQL Server 2012年セットアップと移行の既知の問題

    このトピックは、SQL Server 2012年に固有の設定と移行の問題について説明します。
  • 2008 R2 の Microsoft SQL Server と Microsoft SQL Server 2008年セットアップに関する既知の問題

    ここでは、Windows Server 2012 の R2、Windows Server 2012 の、8.1 の Windows または Windows 8 を実行しているコンピューターに SQL Server 2008 R2 と SQL Server 2008 に固有の設定と移行の問題について説明します。
  • SQL Server を Windows Server 2012 の R2、Windows Server 2012 の、8.1 の Windows、および Windows 8 の新機能のサポートします。

    このトピックでは Windows 8.1、Windows 8 の、Windows Server 2012 R2 および Windows Server 2012 の新機能のバージョンの SQL Server を操作する方法について説明します。
  • 8.1 の Windows、Windows 8 の、Windows Server 2012 R2 および Windows Server 2012 では、Microsoft.NET Framework 3.5 を有効にする方法

    このトピックは次のとおりです。
    • Windows 8 と Windows 8.1 では、.NET Framework 3.5 を有効にする方法
    • Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2012 での役割と機能を追加する方法
  • SQL Server レポート サービス SharePoint 統合モード

    ここでは、SharePoint 統合モードで SQL Server を構成する際の考慮事項について説明します。

詳細

SQL Server 2005 の情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Windows Server 2012 の R2、Windows Server 2012 の、8.1 の Windows または Windows 8 では、SQL Server 2005 (リリース バージョンとサービス パック) と SQL Server の以前のバージョンはサポートされません。8.1 の Windows または Windows 8 は SQL Server 2005 のインスタンスが検出された場合は、[アクション センター] に警告が表示されます。

この問題を解決するのにはアップグレードまたは SQL Server 2005 の既存のインスタンスを削除します。SQL Server をアップグレードする方法については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb677622.aspx

メモ このリンクは、SQL Server 2012年を指しています。他のバージョンについては、MSDN のリンク (その他のバージョン) の上部にあるバージョン選択ツールを使用できます。

Express エディションの SQL Server については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP1) の Express エディション

SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 (SP2) の Express エディション

SQL Server 2008 Express Edition

メモ 手動でインストールする必要があります。 サービス パック 3 SQL Server 2008 Express Edition をインストールするとです。

SQL Server 2005 の既存のインスタンスをアンインストールする方法については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
909967 SQL Server 2005 のインスタンスを手動でアンインストールする方法
SQL Server 2005 の既存のインスタンスをアンインストールする方法の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms143412 (v=SQL.90).aspx
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Windows Server 2012 R2 または Windows 8.1 の SQL Server のバージョンの最小要件

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Windows Server 2012 R2 または Windows する必要があることを確認する 8,1 を実行しているコンピューターに SQL Server をインストールする前に、状況に応じて、次の最小要件を達成します。

SQL Server の 2014

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
2014 の SQL Server のリリース バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールすることができます。
詳細については、チェック アウト、 SQL Server の 2014年のメイン ページ.
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

SQL Server 2012

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
SQL Server 2012年の Service Pack 1 またはそれ以降の更新を適用する必要があります。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2755533 SQL Server 2012 の最新のサービス パックの入手方法
メモ Windows 8 または Windows Server 2012 で SQL Server 2012年をインストールするときに、既知のセットアップの問題を確認してください。この資料で後でこれらの問題の説明が表示されます。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

SQL Server 2008 R2

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
SQL Server の 2008 R2 Service Pack 2 またはそれ以降の更新を適用する必要があります。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2527041 SQL Server 2008 R2 用の最新の service pack の入手方法
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

SQL Server 2008

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
SQL Server 2008 Service Pack 3 のまたはそれ以降の更新を適用する必要があります。

メモ 製品の rtm 版のインストールはサポートされています。最初のセットアップが完了した後、各サービス パックをインストールしなければなりません。RTM 版のインストール後に Service Pack 3 を適用しない限り、SQL Server 2008 のインストールはサポートされていません。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
968382 SQL Server 2008 の最新の service pack の入手方法
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Windows Server 2012 と Windows 8 の SQL Server のバージョンの最小要件

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Windows Server 2012 または Windows 8 を実行しているコンピューターに SQL Server をインストールする前に、状況に応じて、次の最小要件を満たすことを確認する必要があります。

SQL Server の 2014

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
2014 の SQL Server のリリース バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールすることができます。
詳細については、チェック アウト、SQL Server の 2014年のメイン ページ.
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

SQL Server 2012

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
SQL Server 2012年のリリース バージョンまたはそれ以降のバージョンをインストールすることができます。

メモ Windows 8 または Windows Server 2012 で SQL Server 2012年をインストールするときに、既知のセットアップの問題を確認してください。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

SQL Server 2008 R2

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 またはそれ以降の更新を適用する必要があります。

メモ 製品の rtm 版のインストールはサポートされています。ただし、初期セットアップが完了した後、各サービス パックをインストールするがあります。ソリューション センター」ページで、次のメッセージが表示されます。

元に戻す画像を拡大する
ソリューション センター」ページを表示するスクリーン ショット


詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2527041 SQL Server 2008 R2 用の最新の service pack の入手方法
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

SQL Server 2008

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
SQL Server 2008 Service Pack 3 のまたはそれ以降の更新を適用する必要があります。

メモ 製品の rtm 版のインストールはサポートされています。ただし、初期セットアップが完了した後、各サービス パックをインストールするがあります。RTM 版のインストール後に Service Pack 3 を適用しない限り、SQL server 2008 のインストールはサポートされていません。ソリューション センター」ページで、次のメッセージが表示されます。

元に戻す画像を拡大する
ソリューション センター」ページを表示するスクリーン ショット


詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
968382 SQL Server 2008 の最新の service pack の入手方法

メモ セットアップ プログラムを実行すると、SQL Server 2008 R2 と SQL Server 2008 で次のダイアログ ボックスが表示されます。

元に戻す画像を拡大する
セットアップ プログラムの実行時に SQL Server 2008 R2 と SQL Server 2008 で、表示されるダイアログ ボックスを示すスクリーン ショット



SQL Server のセットアップ プログラムが完了したら、このバージョンの Windows での SQL Server を実行する前にサービス パックをインストールするがあります。SQL Server 2008 Service Pack 3 (SP3) またはそれ以降のバージョンをインストールする必要。SQL Server の 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) またはそれ以降のバージョンをインストールする必要。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

SQL Server Compact のエディション

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
以下のバージョン 8.1 の Windows、Windows 8 の、Windows Server 2012 の 2012 の Windows 環境でサポートされます。
  • SQL Server のコンパクトな 3.5 サービス パック 2 およびそれ以降のバージョン
  • SQL Server Compact 4.0 およびそれ以降のバージョン

    メモ Windows RT デバイスのサポートが予定されていません。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 でのモードの切り替えのサポート

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

R2 の Windows Server 2012 と Windows Server 2012 では、3 つの機能の状態またはモードがあります。
  • フル サーバー
  • 最小サーバー インターフェイス
  • Server Core
いつでもこれらの機能状態を切り替えることができます。1 つ以上の SQL Server を SQL Server 2012年のインスタンスをインストールすると、フル サーバーを Server Core または最小サーバー インターフェイスから切り替えることができます。ただし、あります最小サーバー インターフェイスを 1 つのときに、Server Core のフル サーバーから切り替えることはできませんまたは SQL Server を SQL Server 2012年のインスタンスがインストールされていることに注意してください。

切り替えるにフル サーバー最小サーバー インターフェイスまたはサーバーのコアを 1 つ以上の SQL Server を SQL Server 2012年のインスタンスがインストールされている場合に、必要があります 2014 の SQL Server または SQL Server 2012年のアンインストール モードを切り替えるし、し、SQL Server を SQL Server 2012年の再インストールします。ただし、フル モードで SQL Server を SQL Server 2012年のインストール必要条件を有効に Server Core のモードへの切り替え、および 2014 を SQL Server または SQL Server 2012年をインストールし、ことができます。

メモ 最小限のサーバーは、Server Core インストールでサーバー マネージャーおよびその他のサーバー ツールがインストールされています。したがって、SQL Server のセットアップ プログラムは Windows Server 2012 R2 最小サーバー インターフェイス モードと Windows Server 2012 の最小サーバー インターフェイス モードおよびサーバー ・ コア ・ モードで、同じのインストール手順を実行します。さらに、1 つ以上の SQL Server を SQL Server 2012年のインスタンスのインストール時に Server Core と最小限のサーバー間で切り替えることができます。これは、サポート対象のシナリオです。

メモ SQL Server レポート サービスの 2012年は、Windows Server 2012 の R2 の Server Core、Server Core の Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2 最小サーバー インターフェイス モード、または Windows の 2012 Minimal サーバー インターフェイス モードではサポートされていません。完全なサーバー モードで Windows Server 2012 を実行しているサーバー上の SQL Server レポート サービスの 2012年のインストールおよび Windows Server 2012 のサーバー コア モードにできます。ただし、この構成はサポートされていません。

メモ サーバー コア モードでは、R2 の Windows Server 2012 を実行しているサーバーまたは Windows Server 2012 でサポートされていないすべての SQL Server 2012年の機能をアンインストールすることをお勧めします。これを行う方法については、次の MSDN web サイトを参照してください。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/hh231669.aspx

メモ この問題は、SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 には適用されません。SQL Server 2008 と SQL Server 2008 R2 は、最小サーバー インターフェイス モードまたはサーバー コア モードではサポートされていません。

Windows Server 2012 をインストールするときに使用できるインストール オプションの詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh831786
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

SQL Server 2012 のセットアップと移行に関する既知の問題


元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
全般的なノート

2014 の SQL Server のインストールの注意一般的な「注意事項」を下のアイテムは 2014 SQL Server インストールにも適用されます。ただし、2014 の SQL Server セットアップでは Microsoft .NET 3.5 フレームワークを必要とするすべてのコンポーネントが選択されているし、.NET 3.5 Framework がインストールされていないかどうか、続行することはできません。
  • 既定では、Windows 8 には、.NET Framework 4.0 が含まれています。8.1 の Windows および Windows Server 2012 の R2 には、.NET Framework 4.5 が含まれます。しかし、次の SQL Server 2012 コンポーネントは、.NET Framework 3.5 に依存しています。
    • SQL Server 2012年データベース エンジン
    • レプリケーション ・ サービス
    • SQL Server データ ツール
    • データ品質のサービス
    • マスター データ サービス
    • サービスのネイティブ モードのレポート作成
    • フルテキスト検索


    したがって、可能な SQL Server のセットアップが失敗しないようにするために、スタンドアロンまたはクラスター化された環境で SQL Server を SQL Server 2012年をインストールする前に .NET 3.5 フレームワークを有効にすることをお勧めします。

    メモ .NET 3.5 フレームワークを有効にする方法についてを参照してください。「.NET 3.5 を有効にするフレームワーク Windows 8"のセクションこの資料の方法です。
SQL Server 2012 のインストールとセットアップの問題のいくつかが、最新の SQL Server 2012 用累積的な更新プログラムで修正されています。したがって、SQL Server 2012年と CU3 または、以降の更新プログラムが含まれている、スリップ ストリーム インストール パッケージを作成することをお勧めします。これを行う方法については、次の MSDN web サイトを参照してください。
http://blogs.msdn.com/b/jason_howell/archive/2012/08/28/how-to-patch-sql-server-2012-setup-with-an-updated-setup-package-using-updatesource-to-get-a-smart-setup.aspx

.Net Framework 3.5 がない場合に発生することができる SQL Server 2012年セットアップの問題に有効になります。

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
1 - 不完全なの SQL フェールオーバー クラスターまたはスタンドアロンのインストールの問題

.NET Framework 3.5 が既にインストールされていないサーバーまたはインターネットへのアクセスが制限されるサーバーは、SQL Server 2012年のインストール プログラムは、.NET Framework 3.5 に依存しているコンポーネントはインストールされません。したがって、SQL Server 2012年のインストールが不完全です。

メモ Windows の 8.1 または R2 の Windows Server 2012 することができません、インストールを続行します。

メモ .NET Framework 3.5 に依存する SQL Server 2012年のコンポーネントの一覧は、既知の SQL Server 2012年セットアップと移行の問題」のトピックを参照してください。

.NET Framework が有効になっていない場合、SQL Server 2012年のインストール時に、次のようなエラー メッセージが表示されます。

元に戻す画像を拡大する
スクリーン ショット、エラー メッセージを表示します。


防止

SQL Server 2012年をインストールする前にこの問題を回避するするには、.NET Framework 3.5 スタンドアロン サーバーまたはクラスターのすべてのノードで有効にします。

解決方法

スタンドアロン サーバーではこの問題を解決するのには、[.NET Framework 3.5 を有効にする、追加機能を追加するには、もう一度セットアップを実行して

クラスター化された環境でこの問題を解決するのに、不完全な SQL Server 2012年のインスタンスをアンインストールする、.NET Framework 3.5 を有効にする、SQL Server 2012年を再インストールし。

メモ クラスター化された環境で SQL Server 2012年のセットアップを再度実行してスキップした機能を追加できません。

スタンドアロン サーバーではこの問題を解決するのには、[.NET Framework 3.5 を有効にして SQL Server セットアップを再実行しています。


問題 2 - ユーザが誤ってダウンロードして、.NET Framework 3.5 をインストールするように求められます

ユーザー正しく可能性がありますが求められますしないダウンロードして CU1 または CU2 をインストールしようとしたときに、.NET Framework 3.5 をインストールします。この問題は、インストールされているコンポーネント、.NET Framework 3.5 に依存しない場合でもに発生します。

ユーザーには、次のようなエラー メッセージが表示されます。

元に戻す画像を拡大する
スクリーン ショット、エラー メッセージを表示します。


原因

これは、SQL Server 2012 CU1 CU2 で既知の問題です。

メモ この問題は、SQL Server 2012年およびそれ以降のバージョンの累積的な更新プログラム 3 で修正します。

防止

この問題を回避するのには、次のいずれかのことをお勧め。
  • .NET Framework 3.5 を有効にする、CU1 の更新プログラム パッケージまたは、CU2 の更新プログラム パッケージを適用して、.NET Framework 3.5 が無効になります。

    メモ インストールには、.NET Framework 3.5 に依存するコンポーネントが含まれていない場合のみ、.NET Framework 3.5 を無効にする必要があります。
  • SQL Server 2012年と CU3 またはそれ以降のバージョンを含む、スリップ ストリーム インストール パッケージから SQL Server 2012年をインストールします。
  • 累積的な更新プログラム 3 またはそれ以降のバージョンに適用されます。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    2692828 SQL Server 2012 のリリース後にリリースされた SQL Server 2012 のビルド

3 - Windows アプリケーションの互換モードの警告の問題は、サイレント インストール中に表示されます。

Windows 8.1 では、Windows 8 の、Windows Server 2012 の R2 および Windows Server 2012 では、.NET Framework の機能・ オン ・ デマンド (FOD) するコンポーネントです。さらに、Windows 8.1 および Windows 8 のシステム ポリシーと Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2012 のシステム ポリシーは FOD のコンポーネントが有効になっているときに警告を発生させるユーザーが必要です。

メモ 既定では、.NET Framework 4.0 は Windows 8 と Windows Server 2012 で有効です。さらに、Windows 8.1 および R2 の Windows Server 2012 では、.NET Framework 4.5 は有効です。ただし、.NET Framework 3.5 は無効です。

したがって、サイレント ・ インストール中にはダウンロードして、.NET Framework 3.5 をインストールするユーザーの入力を要求するプログラムの互換性モードの警告が表示されます。

メモ これらのプログラムの互換性の警告を抑制することはできません。警告のスクリーン ショットは次のとおりです。

Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2012 のフル サーバー

元に戻す画像を拡大する
Windows Server 2012 でサーバー全体のアラートの表示を撮影画面


Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2012 でサーバーのコア

元に戻す画像を拡大する
Windows Server 2012 で Server Core のスクリーンが表示警告をショット


この問題を回避するのに、ユーザーできます、.NET Framework 3.5 のサイレント インストールを実行する前に。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

その他の SQL Server 2012年セットアップの問題

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
1 - 2 番目のインスタンスの SQL Server 2012年をインストールするときに、ハンドルされていない例外が生成されます、.NET Framework の発行します。

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • SQL Server 2012年のインスタンスをインストールするとです。
  • SQL Server 2012年のインスタンスをインストールするときに、.NET Framework 4.0 のユーザー構成ファイルが作成されます。さらに、.NET Framework 3.5 は、インストール時に有効です。
  • SQL Server 2012年の 2 番目のインスタンスをインストールしようとするとします。
このシナリオでは、未処理の例外が生成されます。次のようなエラー メッセージが表示されます。

UserSettings/Microsoft.SqlServer.Configuration.LandingPage.Properties.Settings 用の構成セクション ハンドラーを作成するにエラーが発生しました: ファイルまたはアセンブリをロードできませんでした ' システム、バージョン 4.0.0.0、カルチャ = を = = xxxxx' またはその依存関係の 1 つです。指定されたファイルが見つかりませんでした。(C:\Users\Administrator\AppData\Local\Microsoft_Corporation\LandingPage.exe_StrongName_ ryspccglaxmt4nhllj5z3thycltsvyyx\11.0.0.0\user.config)

このエラー メッセージは、次のようになります。

元に戻す画像を拡大する
スクリーン ショット、エラー メッセージを表示します。



Windows 8 と Windows Server 2012 では、.NET Framework 4.0 が Windows 8 および Windows Server 2012 の既定で有効になっているためこの問題が発生します。したがって、SQL Server 2012年をインストールするときに、.NET Framework 4.0 のユーザー構成ファイルが作成されます。さらに、.NET Framework 3.5 は、インストール時に有効です。

2 つ目の SQL Server 2012年をインストールしようとすると、インストールは、.NET Framework 3.5 がインストールされているため、.NET Framework 2.0 を使用します。ユーザーの構成ファイルの設定と競合し、未処理の例外が発生しました。

Windows 8.1 および R2 の Windows Server 2012 では、.NET Framework 4.5 が Windows 8.1 および R2 の Windows Server 2012 で既定で有効になってこの問題が発生します。したがって、SQL Server 2012年をインストールするときに、.NET Framework 4.5 のユーザー構成ファイルが作成されます。さらに、.NET Framework 3.5 は、インストール時に有効です。

2 つ目の SQL Server 2012年をインストールしようとすると、インストールは、.NET Framework 3.5 がインストールされているため、.NET Framework 2.0 を使用します。このユーザー構成の設定との競合により、未処理の例外。

この問題を回避するするには、User.config ファイル次のフォルダーに、2 つ目の SQL Server 2012年をインストールする前に削除します。
%userprofile%\AppData\Local\Microsoft_Corporation\LandingPage.exe_StrongName_ryspccglaxmt4nhllj5z3thycltsvyyx\11.0.0.0

解決方法

メモ この問題は、Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP1) で修正します。

f の最初のインスタンスは既に Service Pack 1 がインストールされている必要がありますこの問題は発生しません。最初のインスタンスで Service Pack 1 をインストールできない場合、次のいずれかの操作をし、SQL Server 2012年のインストールします。
  • 2 番目の SQL Server 2012年のインスタンスをインストールします。スリップ ストリーム インストール パッケージ SQL Server 2012年および Microsoft SQL Server 2012年の Service Pack 1 またはそれ以降のバージョンを含みます。
  • SQL Server 2012 SP1 ファイルを使用して修正済み。
    • コンピューター上を SQL Server 2012年の RTM がインストールされていません。
      1. ダウンロードとインストール SQL Server 2012 SP1。
      2. [ライセンス条項] 画面をクリックして、ライセンス条項に同意 チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。
        メモ セットアップ ファイルがインストールされているし、インストール ウィザードが自動的に閉じます。
      3. インストールを確認します。これを行うにはプログラム追加と削除を開始して、次が表示されていることを確認します。
        • Microsoft SQL Server 2012年セットアップのバージョン 11.1.3000.0
        • Microsoft Visual C++ の 2 つのエントリ。
    • コンピューター上で、SQL Server 2012年の RTM の既存のインスタンスであります。
      1. ダウンロードとインストールSQL Server 2012 SP1。
      2. SP1 をローカル フォルダーにファイルを抽出します。たとえば、c:\sp1 SP1 ファイルを抽出します。
        メモ このシナリオでは、SQL Server 2012 SP1 のセットアップを実行できません。
      3. ダブルクリックして、SP1 のファイルを抽出したフォルダーにSqlSupport.msi [はい] をクリックします。
      4. インストールを確認します。これを行うに、追加とプログラムの削除を開始するMicrosoft SQL Server 2012年のセットアップ、バージョン11.1.3000.0が表示されていることを確認します。
    メモ サーバーのダウンロードを確認するのには、SQL Server 2012 SP1 ダウンロード ページには、「インストール手順」セクションを確認していますください。

問題 2 - ストリームのファイル共有機能は、Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 で有効になっていると、SQL Server 2012年フェールオーバー クラスターをインストールできません。

Windows Server 2012 で有効な FileStream 共有機能で新しい SQL Server 2012年フェールオーバー クラスターをインストールするときに、次のようなエラー メッセージが表示されます。
発生しました、エラー設定のプライベート プロパティ 'Security0x20Descriptor' '定義している ' のリソースの値を [SQL Server の Filestream 共有 (ファイル ストリーム)'。エラー: エラーが発生しました、プロバイダーからクラスターのコードを呼び出します。例外メッセージ: 見つかりませんでした。

原因

この問題の原因は、セキュリティ記述子のプロパティは、Windows Server 2012 で削除されましたのサポートします。

防止

この問題を回避するするには、FileStream 共有機能を有効にせず、フェールオーバー クラスターをインストールします。インストールが完了したら、FileStream 共有機能を有効にします。

解決方法

この問題を解決する FileStream 共有機能を有効にせず、フェールオーバー クラスターをインストールし、追加とプログラムの削除を使用して、障害が発生したクラスター インスタンスをアンインストールします。インストールが完了したら、FileStream 共有機能を有効にします。

メモ この問題は、Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP1) で修正します。

問題 3 の SQL Server 2012年のインストール時のエラー:「しようとしましたが、正しくない形式のプログラム」

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • 8.1 の Windows または Windows 8 の 64 ビット バージョンをインストールするとです。
  • Windows で Windows (WoW) モードで SQL Server 2012年をインストールしようとするとします。
  • SQL Server 2012年のインストールにはレポート サービスが含まれます。
このシナリオでは、インストールが失敗します。さらに、次のようなエラー メッセージが表示されます。

0x8007000b が解決に失敗しました

正しくない形式でプログラムを読み込むしようとしました

元に戻す画像を拡大する
スクリーン ショット、エラー メッセージを表示します。


この問題を回避するするには、SQL Server 2012年をインストールする前に、サーバー マネージャーを使用して、IIS の ASP.NET 3.5 のコンポーネントをインストールします。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2748719 ASP.NET 2.0 と ASP.NET 3.5 で動作しない Windows 8 または Windows Server 2012 で ASP.NET 4.5 をアンインストールした後


問題 4: 2012年エンタープライズ エディションの SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスをインストールすることはできません。

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • 次のいずれか行います。
    • SQL Server 2012年および CU1 を含むスリップ ストリーム インストール パッケージを作成するとします。
    • あらかじめ CU1 で SQL Server 2012年をインストールする前にパッチを適用します。
  • 使用して SQL Server 2012年をインストールする、 UIMODE EnableUIOnServerCore =オプションです。
このシナリオでは、インストールが失敗します。次のようなエラー メッセージが表示されます。

元に戻す画像を拡大する
スクリーン ショット、エラー メッセージを表示します。



エラーの詳細は、次のようになります。

元に戻す画像を拡大する
スクリーン ショット、エラーの詳細を表示



原因

この問題は、DQ 機能が暗黙的に、インストール中に、エンジン コンポーネントと選択されるために発生します。

メモ DQ 機能は、サーバーのコア モードではサポートされていません。

メモ SQL Server 2012 RTM CU3」および「SQL Server 2012 の Service Pack 1 では、問題が解決します。

解決方法

この問題を解決するには、次のいずれかの操作を行います。
  • SQL Server 2012年と CU3 を含む、スリップ ストリーム インストール パッケージを作成します。
  • 事前 CU3 のインストール パッケージを実行して、セットアップ サポート ファイルをパッチします。

問題 5: エラー メッセージのクラスター ノードを SQL Server 2012年にアップグレードしようとする:"一般的なリソースのプロパティを ' SQL ネットワーク名 (<SQL name="">)' を保存できませんでした"</SQL>

この問題およびその解決方法に関する詳細については、次の資料を参照して、マイクロソフト サポート技術情報の文書番号をクリックしてください。

2782511 SQL Server 2012 クラスター ノードをアップグレードしようとしたときに「共通のリソース ' SQL ネットワーク名 (<SQL name="">)' のプロパティを保存できませんでした」エラー

</SQL>

6 の問題: OpenSQLFileStream API を使用すると、エラー メッセージ:「System.ComponentModel.Win32Exception (0x80004005): 要求はサポートされていません」

次のシナリオについて考えてみましょう:
  • SQL Server 2008 R2 のインスタンスをインストールするには、Windows Server 2012 を実行しているサーバー上で。
  • SQL Server 2008 R2 のインスタンスを SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP1) にアップグレードすると。
  • OpenSQLFileStream API を使用するとします。
このシナリオでは、次のようなエラー メッセージが表示されます。

System.ComponentModel.Win32Exception (0x80004005): 要求はサポートされていません。

原因

この問題は、SQL Server 2012年のアップグレード、次のレジストリ キーが正しくを削除するために発生します。

HKEY_LOCALMACHINE\System\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters\FsctlAllowList\FSCTL_SQL_FILESTREAM_FETCH_OLD_CONTENT

回避策

この問題を回避するにはレジストリ エディターを使用して、次のレジストリ キーを再作成します。

HKLM\System\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters\FsctlAllowList

Dword:FSCTL_SQL_FILESTREAM_FETCH_OLD_CONTENT
値: 0x92560

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

SQL Server 2008 R2 と SQL Server 2008 セットアップに関する既知の問題

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

問題 1 の SQL Server 2008 Express Edition または SQL Server 2008 R2 Express Edition をアンインストールすることはできません

SQL Server 2008 R2 または Microsoft SQL Server 2008 Express Edition をアンインストールしようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

次の機能をインストールすることができませんでした。

.NET Framework 3.5 の (.NET 2.0 および 3.0 を含む)


元に戻す画像を拡大する
エラー メッセージを表示するスクリーン ショット



解決方法

この問題を解決する方法については、次の資料を参照して、マイクロソフト サポート技術情報の文書番号をクリックしてください。
2861939 できませんアンインストール、修復、新機能を追加または SQL Server 2008 または Windows 8 での SQL Server 2008 R2 の新しいインスタンスを追加

回避策

この問題を回避するには、次のいずれかを行います。
  • 有効にする、.Net Framework 3.5 を SQL Server 2008 Express Edition をアンインストールする前に。
  • SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2008 Express Edition をアンインストールする前に MediaInfo.xml ファイル次のフォルダーに、SQL Server 2008 R2 のインストール メディアまたは SQL Server 2008 Express Edition のインストール メディアからコピーします。
    \Program ファイル (x 86) \Microsoft SQL の Server\100\Setup の Bootstrap\SQLServer2008R2

問題 2 で、「クラスター サービスの確認] ルールが失敗するのは、SQL Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスター インスタンスをインストールしようとするときに

SQL Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスター インスタンスをインストールしようとすると、インストールが失敗では、「クラスター サービスの検証」の規則です。詳細を表示するときに、次のようなエラー メッセージが表示されます。

元に戻す画像を拡大する
スクリーン ショット、エラー メッセージを表示します。



原因

この問題は、MSClus.dll の COM ベースのライブラリが有効でない場合に発生します。

メモ SQL Server 2008 と SQL Server 2008 R2 のクラスター セットアップ プログラムは、MSClus.dll の COM ベースのライブラリに依存します。このライブラリは、クラスター ノードで有効でない場合、セットアップは失敗します。

解決方法

この問題を解決するには、次のいずれかの操作を行います。
  • サーバー マネージャーを使用して各ノード上のフェールオーバー クラスター自動化サーバー機能を有効にします。サーバー マネージャーで、リモート サーバー管理ツール] を展開、機能管理ツール] を展開、フェールオーバー クラスタ リング ツールを展開およびフェイル オーバー クラスター自動化サーバーを選択する] をクリックします。(スクリーン ショットのこの手順に従います。)

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット
  • フェイル オーバー クラスター自動化サーバー機能を有効にするのには各ノードで、次の Windows PowerShell コマンドレットを実行します。

    add-windowsfeature RSAT-Clustering-AutomationServer 
    メモ 管理者特権のコマンド プロンプトから、このコマンドレットを実行する必要があります。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

SQL Server 2012年と SQL Server 2008 R2 を Windows 8.1、Windows 8 の、Windows Server 2012 R2 および Windows Server 2012 の新機能のサポートします。

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Windows 8 と Windows Server 2012 の新機能のバージョンの SQL Server を操作する方法を次の表に示します。

メモ 明記しない限り、次の表に、Windows Server 2012 のすべての機能は、SQL server のサポートされているすべてのバージョンでサポートします。


元に戻す全体を表示する
機能SQL の機能や、この新機能とやり取りするコンポーネントSQL の機能が影響を受けるか、サポートされています。最小のバージョンとサービス パックの SQL の要件例外またはサポートの制限事項詳細情報
ストレージ ・ スペースSQL Server の 2008 R2 Service Pack 1 またはそれ以降のバージョン、RTM およびそれ以降のバージョンの SQL Server 2012

メモ SQL Server 2008 R2 は、Windows の 8.1 および R2 の Windows Server 2012 で、Service Pack 2 が必要です。
この機能は、各バージョンに対して指定されているサービス パックがサポートします。
弾力性のあるファイルシステム (参照)SQL 2012 と他の下位レベルのすべてのバージョンでは、参照はサポートされません。SQL Server の 2014年は、参照をサポートします。
メモリ ハードウェア エラーの軽減レイジー ライターチェックサム ページ スニファーSQL Server 2012 Windows 2012 不良メモリ診断をサポートしているハードウェアとオペレーティング システムで SQL Server 2012年をインストールするときに 854、855, 856 のレイジー ライターが通常生成する 832 のエラーなどの新しいエラー メッセージが表示されます。
1 クラスターあたりのインスタンス数高可用性を実現フェールオーバー クラスタ リングSQL Server 2012ストレージの共有にドライブ文字を使用すると、フェールオーバー クラスターごと、および SMB ファイルを使用している場合は、50 までの 25
クラスターの共有ボリューム (CSV)AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンスから 2014 の SQL Server では、Windows Server 2008 R2 と Windows Server 2012 の両方でクラスター化共有ボリューム (CSV) をサポートします。CSV の詳細についてを参照してください。 理解のクラスターの共有ボリュームをフェールオーバー クラスターで.Csv は、SQL Server の 2014 supportedin バージョンではありません。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

.Net を有効にする方法 Windows の 8.1、Windows 8 の、Windows Server 2012 R2 および Windows Server 2012 でフレームワーク 3.5

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
.Net には、次の前提条件が必要 Windows 8 および Windows Server 2012 でフレームワーク 3.5。
  • Windows Update にアクセスするために、インターネット接続。

    メモ 詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください、インターネット接続があるない場合は、.NET Framework 3.5 を有効にします。
    http://msdn.microsoft.com/library/windows/hardware/hh975396


    メモ コンピューターを更新するには、ファイアウォールの背後に、プロキシ サーバーを使用して、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
    900935Windows Update クライアントがプロキシ サーバーを使用して、Windows Update の web サイトに接続するを決定する方法
  • 現在のユーザーのローカルの Administrators グループのメンバーを追加または Windows の機能の削除をする必要があります。

8.1 の Windows で Windows 8 のコントロール パネルを使用して、.NET Framework 3.5 を有効にする方法

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Windows 8 のコントロール パネルを使用するには、.NET Framework 3.5 を有効にします。Windows 8 での.NET Framework を有効にするのには、次の前提条件が必要です。

Windows 8 では、.NET Framework 3.5 を有効にするには以下の手順を実行します。
  1. 開始画面windows の機能を有効にします。設定] をクリックし、[有効にする Windows 機能または無効] をクリックします。(スクリーン ショットのこの手順に従います。)

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット

  2. [有効にする Windows 機能または無効] (.NET 2.0 および 3.0 を含む)、.Net Framework 3.5] をクリックします。

    メモ ウィザードは必要なファイルを検索し、し Windows の更新プログラムからファイルをダウンロードするように求めるメッセージします。
  3. Windows Update からファイルをダウンロード] をクリックします。
  4. [完了] をクリックします。(スクリーン ショットのこの手順に従います。)
元に戻す画像を拡大する
ここのスクリーン ショット


元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

役割と機能の追加ウィザード R2 の Windows Server 2012 と Windows Server 2012 でを使用して、.NET Framework 3.5 を有効にする方法

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
Windows Server 2012 または R2 の Windows Server 2012 では、.NET Framework 3.5 を有効にするには以下の手順を実行します。
  1. サーバー マネージャーで、管理] をクリックし、[役割の追加と機能します。(スクリーン ショットのこの手順に従います。)

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット

  2. 上のを開始する前に 画面で、[次へ] をクリックします。
  3. インストールの種類を選択して ] 画面をクリックして役割ベースまたは機能ベースのインストール 、[次へ] をクリックして。
  4. 上のインポート先サーバー 画面のターゲット サーバーを選択し、[次へ] をクリックをします。
  5. のサーバーの役割の選択 画面で、[次へ] をクリックします。
  6. 機能を選択して 画面をクリックして選択、 .NET Framework 3.5 の機能 チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。
  7. 警告を閉じ、[インストール] をクリックします。

    コンピューターがインターネット接続を持たない場合に代替ソース パスの指定] をクリックして、インストール メディアの \sources\SxS フォルダーのパスを入力および [OK] をクリックします。警告を閉じ、[インストール] をクリックします。(スクリーン ショットのこの手順に従います。)

    元に戻す画像を拡大する
    ここのスクリーン ショット


    メモ スクリーン ショットのステートメントは、.NET Framework 3.5 の一般的なインストールの一部ではないことに注意してください。ただし、インストール ファイルは、サイド バイ サイド ストア フォルダーに。また、マウント、または特定の WIM ファイルにポイントする必要はありません。

配置操作、ターゲット サーバー上のシステム コンテキストで実行されるため、リモート サーバー上のコンピューター アカウント代替ソース ファイルのパスへのアクセスを必要と場合は、Windows Server 2012 でサーバー マネージャーを使用してリモート サーバーの役割または機能を追加するのには。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

SQL Server レポート サービス SharePoint 統合モード

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
SharePoint 統合モードで SQL Server を構成する際の考慮事項を計画する方法については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
2724471 Windows Server 2012 では SharePoint Server 2010 をサポートしていません
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

システム センターのアドバイザーのルール情報

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed

元に戻す全体を表示する
ルールのソフトウェアルールのタイトル仕訳ルールの説明ルールが評価される対象となる製品のバージョンです。
システム センターのアドバイザーSQL Server のデータベース ファイルは、サポートされていないファイルシステムに存在します。この SQL Server インスタンスのアドバイザーの R2 の Windows Server 2012 と Windows Server 2012 で参照 (弾力性のあるファイル ・ システム) の下にある 1 つ以上のデータベース ファイルの存在が検出されました。R2 の Windows Server 2012 と Windows Server 2012 の参照のファイル ・ システム上のデータベースをホストしている生産の使用はサポートされません。レビューのデータベースの一覧に記載されてと是正措置。詳細については、KB 資料を参照してください。SQL Server 2008
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2012

元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

関連情報

.NET Framework 3.5 を配置する方法の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/library/windows/hardware/hh975396

IIS 8.0 で ASP.NET 3.5 および ASP.NET 4.5 を使用する方法については、次の IIS web サイトを参照してください。
http://www.iis.net/learn/get-started/whats-new-in-iis-8/iis-80-using-aspnet-35-and-aspnet-45

ASP.NET 4.5 をインストールした後に発生することがある問題については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
2748719 ASP.NET 2.0 と ASP.NET 3.5 で動作しない Windows 8 または Windows Server 2012 で ASP.NET 4.5 をアンインストールした後

Windows Server 2012 の新機能の詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh831769.aspx

インストールする方法の詳細については、次の MSDN web サイトに移動する、クラスターの Windows Server 2012 でフェールオーバーします。
http://blogs.msdn.com/b/clustering/archive/2012/04/06/10291601.aspx

プロパティ

文書番号: 2681562 - 最終更新日: 2014年7月19日 - リビジョン: 19.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Express
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Web
  • SQL Server 2012 Enterprise Core
  • Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence
  • Microsoft SQL Server 2014 Developer
  • Microsoft SQL Server 2014 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core
  • Microsoft SQL Server 2014 Express
  • Microsoft SQL Server 2014 Standard
  • Microsoft SQL Server 2014 Web
キーワード:?
kbtshoot kbsurveynew kbinfo kbmt KB2681562 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2681562
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com