FIX SQL Server 2012年の Analysis Services に接続するのには AMO を使用すると、エラー メッセージ:"逆シリアル化の失敗: 値を要求された '<ServerEdition>' が見つかりませんでした"</ServerEdition>

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2683293
Microsoft Microsoft SQL Server 2012年の修正プログラムを 1 つのダウンロード可能なファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2012 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のシナリオを検討してください。分析管理オブジェクト (AMO) を使用して接続するMicrosoft SQL Server 2012 Analysis Services のインスタンスとクライアント AMO ライブラリ (Microsoft.AnalysisServices.dll) は、次のいずれかから提供されます。
  • SQL Server 2008 R2
  • SQL Server 2008
  • SQL Server 2005
このシナリオでは、接続は失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
例外メッセージ: 逆シリアル化に失敗しました: 値が要求 '<ServerEdition></ServerEdition>' が見つかりませんでした。(XmlSerializationException 型)
例外スタック トレース: Microsoft.AnalysisServices.DesignXmlReader.ReadRoot (type) で
Microsoft.AnalysisServices.DesignXmlReader.DeserializeComponent (IDesignerSerializationManager マネージャー、リーダーを XmlReader、ルートのタイプ) に
Microsoft.AnalysisServices.AnalysisServicesClient.Discover (IMajorObject obj, ObjectExpansion 拡張) で
Microsoft.AnalysisServices.Server.Refresh (IMajorObject obj, ObjectExpansion 拡張) で
Microsoft.AnalysisServices.Server.Connect (connectionString の文字列、文字列のセッション Id)
内部例外の詳細:
例外メッセージ: 値が要求された '<ServerEdition></ServerEdition>' が見つかりませんでした。(ArgumentException の型)
例外のスタック トレースで System.Enum.TryParseEnum (型 enumType、文字列値、ブール値 ignoreCase、EnumResult & parseResult)
System.Enum.Parse (種類 enumType、文字列値、ブール値 ignoreCase) で
Microsoft.AnalysisServices.DesignXmlReader.ReadPrimitive (型、属性をあげます) で
Microsoft.AnalysisServices.DesignXmlReader.ReadStructContent で (オブジェクトの obj、StructMapping マッピング)
Microsoft.AnalysisServices.DesignXmlReader.ReadObjectContent で (オブジェクトの値、type、TypeMapping マッピング)
Microsoft.AnalysisServices.DesignXmlReader.ReadRoot (type) で

プレース ホルダー <ServerEdition></ServerEdition> エラーが、次に指定された値のいずれかのメッセージを表します。
  • EnterpriseCore64
  • EnterpriseCore
  • BusinessIntelligence64
  • BusinessIntelligence
分析サービスのサーバー エディションの列挙の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。
分析サービスの ServerEdition 列挙型に関する一般的な情報

原因

この問題は SQL Server 2012年は、新しいバージョンのコードが返されるために発生します。この現象を SQL Server 2008 R2 から SQL Server の 2008 年の提供する AMO が原因で、SQL Server 2005 を認識することはできません。

累積的な更新プログラム パッケージ 1 でどのようにエディションの値がサーバーからクライアントに返される方法を変更します。SQL Server 2008年の R2、SQL Server 2008、または SQL Server 2005 クライアントの AMO ライブラリを指定する場合は、Analysis Services サーバーのエディションとの互換性を次の表に示すように、AMO のクライアントを認識します。
元に戻す全体を表示する
分析サービスのサーバーのエディション互換性
EnterpriseCore64Enterprise64
EnterpriseCoreエンタープライズ
BusinessIntelligence64Enterprise64
BusinessIntelligenceエンタープライズ

解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2012

この問題に対する修正は、SQL Server 2012 の累積的な更新 1 で初めてリリースされました。SQL Server はこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2679368 累積的な更新プログラム パッケージ 1 の SQL Server 2012
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2692828 SQL Server の 2012年 2012 の SQL Server のリリース後にリリースされたビルドします。

累積的な更新プログラム パッケージ 1 は、サーバー側の更新、msmdsrv.dll、msmdlocal.dll SQL Server 2012 Analysis Services ファイルです。クライアント ライブラリでは、更新を反映するようにする必要はありません。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供するには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの名前付けスキーマ
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2683293 - 最終更新日: 2012年4月12日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB2683293 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2683293
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com