Exchange Server 5. 5 クライアントがハングアップするよう、インフォメーション ストアのディレクトリを照会するには

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 268357 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要です この資料では、レジストリを変更する方法について説明します。 必ず変更する前にレジストリをバックアップしてください。 問題が発生した場合はレジストリを復元する方法を知っているを確認します。 バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

クライアント プロセスが (ハング)、応答を停止してことと、長時間にわたって、砂時計カーソルが表示されますまだプロセスは、最終的に制御が戻ります、ユーザーに見えます。 この現象サイトが負荷がかかっているとき、通常、日、レプリケーション サイクル、中に多くの場合とだけ全体再発します。

測定パフォーマンス モニターと、インフォメーション ストアが応答しない、 書き込みバイト数の RPC クライアント/秒 は 0 にカウンターは、 RPC 要求 のカウンターのスパイクを伴います。 高度なリモート プロシージャ コール (RPC) 要求自体または低い書き込みバイトだけではこの問題に依存しません。 サーバーはこれらの両方を同時に発生する場合のみこの問題があるの可能性があります。

この現象が数百のサイトの Exchange Server 組織内でのみ確認されています。

原因

数百のサイトの大規模な Exchange Server 組織では、インフォメーション ストアによって、ディレクトリの検索を完了するのには数分必要多くの場合があります。 特定のオブジェクトがディレクトリに変更した場合、通知可能性がありますインフォメーション ストアのサイトのアドレス一覧または有効な SMTP ドメインのリストなどの再構築を指示するトリガーされます。

インフォメーション ストアいる場合は非常にビジー状態、何らかのディレクトリの検索は既にと視聴がそのディレクトリ内のオブジェクトが変更をインフォメーション ストアがアプリケーション イベント ログで、次のように見える DS_E_TOO_LATE エラーを返します通知は。
イベント ID: 7201
ソース : MSExchangeIS
種類 : 警告
カテゴリ: 全般
説明: バックグラウンド スレッド FDsWaitTask は、問題を検出しました。
エラー コード DS_E_TOO_LATE
このエラーのインフォメーション ストアの応答はに対して検索がそのオブジェクトの一覧を再構築します。 このような場合は、インフォメーション ストアはシリアル化されたアクセスを使用して、slowness を compounds、ディレクトリから読み取ます。 サーバーがビジー状態で既に処理しようとしたクライアント要求の (の可能性が待機しているこの検索を完了する)、クライアントは、RPC 呼び出しを完了を待って、ハングします。 各更新できるインフォメーション ストアの更新の長い文字列を見かけ上のハング時間の数分につながるようにについては、ディレクトリを検索を強制的にことに注意ください。

もちろん、このクライアントは、多くの場合、砂時計カーソルを完全にこの問題に関係のない多くの理由から生成します。 ここでは、クライアントは、サーバーからの応答を待機して、クライアント コンピューター上のほとんどまたはまったくの CPU 時間を消費します。

解決方法

この問題を解決するには、Exchange Server 5.5 の最新の Service Pack を入手してください。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
191014Exchange Server 5. 5 Service Pack の入手方法
この問題は悪いことに、 ディレクトリ名 の属性は索引付けられないです。 ディレクトリ名 属性インデックスがないと、いくつかの検索のパフォーマンスできます悪影響受けます。

ディレクトリ名 属性のインデックス、次の手順に従います。

警告 深刻な問題がありますが発生する生モードの Exchange Server 管理ツール ( 管理者/r ) を誤って使用する場合 Microsoft Windows NT Server、Microsoft Exchange Server、またはその両方を再インストールしなければならないことです。 Microsoft できません、誤って Raw モードを使用して起因する問題責任を負わないこととします。 ユーザー自身の責任において Raw モードを使用します。
  1. raw モードで Exchange アドミニストレーターを起動します。 これを行うには、コマンド プロンプトで 管理/r コマンドを使用することができます。
  2. [ 表示 ] メニューの [ Raw ディレクトリ ] をクリックします。
  3. 左ペインで スキーマ をクリックします。
  4. 右側のウィンドウで ディレクトリ名 ] をダブルクリックして [ はい ] をクリックします。
  5. [表示 オブジェクトの属性 ] ボックスの一覧 検索フラグ

    検索フラグ 属性の値が 0 に設定値を 1 に変更します。
  6. Microsoft Exchange ディレクトリ サービスを再起動します。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
184823Exchange 4. 0 を 5. 5 のアップグレード後の無効なスキーマ インデックス

回避策

警告 深刻な問題が変更した場合、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用するかをもう 1 つの方法を使用が発生します。 これらの問題のオペレーティング システムには、再をインストールすることが必要に可能性があります。 Microsoft できません、これらの問題責任を負わないこととします。 ユーザー自身の責任においてレジストリを変更します。
縮小したり、時間を増やすことでこの問題の影響を dampen、変更のサイト内の他のサーバーに通知する前に、ディレクトリ複製ブリッジヘッド サーバーが待機します。 今度は、次に増やすことができます、レジストリ キー。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeDS\Parameters\Replicator 一時停止の通知後 (秒) を変更
このキーの既定値は 0x12C、または 300 秒 (5 分) には。 この値にハングする一連の最長の時間を合わせて、増加した場合は、問題の影響を小さくことがあります。

戦略をここではその更新プログラムの少し長いで保持する、ディレクトリ レプリケーション ブリッジヘッドを強制的にです。 これは、サイトに打設は一連の更新をランダム化する可能性を減らします。 各更新可能性がありますインフォメーション ストアのについては、ディレクトリを検索を強制することと、場所、インフォメーション ストアは、ディレクトリの検索既に期間中に更新プログラムがこの問題の開始位置を確認します。

することを確認、パフォーマンス チューニングのようなが残高または equilibrium を維持することをします。 このレジストリ値を増加した場合は、尤度クライアント ハングがディレクトリ複製処理を完了するの潜在的に低速の時刻の犠牲に削減できます。

状況

マイクロソフトでは、この問題を Microsoft Exchange Server 5.5 の問題として認識しています。 この問題は Exchange Server 5.5 Service Pack 4 で修正済みです。

詳細

この問題を診断するパフォーマンス モニターを使用して指定できます。 次オブジェクトを使用します。
  • MsExchangeIS::RPC の要求
  • MsExchangeIS::Write バイト RPC クライアント/秒]
  • MsExchangeDS::ExDS の読み取り数/秒
この問題の一般的なパフォーマンス モニター グラフは MsExchangeIS::RPCRequests (および場合によっては、 MsExchangeDS::ExDS の読み取り数/秒 ) を表しています MsExchangeIS::Write バイト数の RPC クライアント/秒 を 0 に dives し、は残ったままと同時に、上にスパイクします。 最終的に、 RPC 要求 通常のレベルに返し、一般的な値の上への 書き込みバイト数 を返します。

プロパティ

文書番号: 268357 - 最終更新日: 2014年2月12日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Service Pack 2
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Service Pack 3
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbexchange550sp4fix kbqfe kbhotfixserver kbmt KB268357 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:268357
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com