Windows 2000 における Intel 物理アドレス拡張 (PAE) について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 268363 - 対象製品
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されるものです。2010 年 7 月 13 日をもって Windows 2000 のサポートは終了します。を Windows 2000 のサポート終了のソリューション ・ センター Windows 2000 の移行戦略を計画するための開始点です。詳細については、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Windows 2000 Server および Windows 2000 Datacenter の詳細サーバーのサポートのメモリ以上 4 ギガバイト (GB) のランダム アクセス メモリ (RAM) をインテル物理アドレス拡張 (PAE) 仕様です。Windows 2000 Advanced Server8 GB に制限されていると Windows 2000 Datacenter Server が 32 GB に制限します。はBoot.ini ファイルで/PAE を有効にできます。PAE を有効にするのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートプロパティ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
  2. 種類 X: \boot.iniは、X ブートの場所のドライブ文字です。ファイル、Ntldr、Boot.ini など。
  3. オペレーティング システムに対応する行を変更します。追加することによって、 /PAE 切り替えます。
  4. ファイルを保存し、コンピューターを再起動します。
、場合でも PAE を有効に、基になるアーキテクチャのではシステムは、32 ビットのリニア アドレスに基づいています。これを効果的に維持します。アプリケーション空間の 2 GB と 2 GB のカーネル モードのため容量は 4 GBアドレスが利用可能です。ただし、複数のプロセスがすぐに利用できることができます。増加したからと、RAM の物理が発生することが少ないのでメモリの制約やページングを開始します。さらに、アプリケーションが指定できます。AWE API を使用して、外部アプリケーションでのメモリの割り当てに変更アプリケーション用の 2 GB の制限をバイパス プロセス空間。

詳細

PAE を有効には、オペレーティング システムから移動します。2 レベル リニア アドレス変換は、3 つのレベルのアドレス変換にします。を翻訳の追加レイヤーが 4 を超える物理メモリへのアクセスを提供です。GB。線形のアドレスではなく 3 つの個別のフィールドに分割されています。メモリ テーブルにインデックスを作成、次の 4 つの独立したフィールドに分割されます。2 ビットフィールド、2 つの 9 ビット フィールド、およびページ サイズに対応する 12 ビット フィールドIntel アーキテクチャ (4 KB) を実装します。

コンテキストの切り替え時にCR3 レジスタはオペレーティング システムによっては、ページのディレクトリを指すように設定されています。2 ビット ポインター インデックス全体。最初の 2 つのビットのインデックスに使用されます。このテーブルをページのディレクトリを指定して、結果の値を使用します。最初9 ビットのフィールドは、使用されるインデックス ページ ディレクトリにします。インデックス値ページ テーブルへのポインター。2 番目の 9 ビット フィールドをページにインデックスです。テーブルです。この値メモリの実際のページで目的のバイトをあるポイントします。あります。このバイト見つける残り 12 を使用するは簡単なことです。ページのインデックスへのデータのビットです。

多くのメモリを追加する場合は、BIOS がサーバーにインストールされている物理 RAM の全容量を認識します。ただし、Windows の RAM の一部のみ認識します。サーバーにはで冗長メモリ機能が含まれて 場合は、全 RAM 容量の Windows には公開されません。メモリ バンクが失敗した場合、システムでは、フェールオーバーのメモリ バンク、冗長メモリ機能を提供します。メモリ ミラーリング機能は、メモリ バンクをミラー セットに分割します。両方の機能が BIOS で有効になっているし、窓からはアクセスできません。システム ユーザー マニュアルまたはこの機能の設定を変更するのには、製造元の Web サイトを参照してくださいする必要があります。

たとえば、4 GB の RAM がインストールされているシステムを実行している 4 GB の RAM を追加すると、Windows 4 GB または 6 GB の RAM、フル 8 GB の物理メモリではなく認識します。これらの機能の 1 つに新しいメモリ バンク、知らない有効に可能性があります。このシナリオでは、現象/PAE スイッチは、Boot.ini ファイルに追加されない場合に発生する可能性があります現象のようです。

プロパティ

文書番号: 268363 - 最終更新日: 2013年6月24日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
キーワード:?
kbproductlink kbenv kbinfo kbpae kbperformance w2000perf kbmt KB268363 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:268363
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com