Exchange Server 2010 Service Pack 2 用更新プログラムのロールアップ 3 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2685289
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトの更新プログラムのロールアップ 3 Microsoft Exchange Server 2010年サービス パック 2 (SP2) をリリースしました。この更新プログラムは 2012年月 29日年します。この資料では、更新プログラムのロールアップに関する以下の情報について説明します。
  • 更新プログラムのロールアップで解決される問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法
  • 更新プログラムのロールアップをインストールするための前提条件

はじめに

更新プログラムのロールアップで解決する問題

Exchange Server 2010 SP2 用の更新プログラムのロールアップ 3 には、以下の Microsoft サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている問題が解決されます。
  • 2510607 「空き/予約済み情報を開くことができません」のエラー メッセージで Outlook フォルダーのアクセス許可を表示しようとすると
  • 2514700 LegacyExchangeDN 属性には Exchange Server 2010年環境で 1 つまたは複数の特殊文字が含まれています。 1 つのユーザー Extra.exe をトレースしません。
  • 2571342 ユーザー Exchange Server 2010年環境では、メールが有効なパブリック フォルダーのプロパティを表示するときにフォルダーの連絡先の一覧が空です。
  • 2572029 Exchange Server 2010年環境でのキャッシュ モードで Outlook を使用すると、組織フォーム ライブラリの同期が失敗します。
  • 2586828 EdgeTransport.exe プロセスの Exchange Server 2010年エッジ トランスポート サーバー上の CPU リソースの 100% を消費します。
  • 2589233 会議出席依頼が代理人の承認要件をバイパスや Exchange Server 2010年環境で自動的にリソース メールボックスを予約
  • 2633043 Exchange Server 2010年組織での ExBPA ツールを実行するとエラー メッセージ「Active Directory サイト内の書き込み可能なドメイン コント ローラーがない」
  • 2647396 Exchange Server 2010年環境では [無効にする-MailPublicFolder"コマンドレットを使用してパブリック フォルダーを無効にできません。
  • 2648263 Exchange Server 2003年と Exchange Server 2010年の混在環境で Exchange Server 2010年のハブ トランスポート サーバー上のルーティング ログ ファイルを開くことができません。
  • 2667120 信頼される側のドメイン内のユーザーに関する空き時間情報を表示しようとすると、Exchange Server 2010年のクライアント アクセス サーバー上で MSExchangeAutodiscoverAppPool アプリケーション プールがクラッシュしました。
  • 2668900 Exchange Server 2010年環境でサービス アカウントには、フォールバック ・ ポリシーを適用するとイベント ID 2915 が記録されます。
  • 2670099 非表示のユーザーによって Exchange Server 2010年環境では、共有の予定表フォルダーを開くことができません。
  • 2671128 Exchange Server 2010年環境での RPC クライアント アクセスとサイト間の接続の問題が発生します。
  • 2673542 Exchange Server 2010年環境で電子メール メッセージを手動で移動すると MRM のリテンション ・ ポリシーが [迷惑メール] フォルダーには動作しません
  • 2673591 Exchange Server 2010年環境で自動検出アプリケーション プールでクラッシュが発生します。
  • 2674185 MAPI 関数を使用して、Outlook 2007 の MAPI または Outlook 2010 では、MAPI アプリケーションを使用して、Exchange Server 2010年のサーバーにアクセスしようとすると、MAPI_E_CALL_FAILED エラーが発生します。
  • 2674445 Exchange Server 2010年環境では、予定表フォルダーのアクセス許可を変更することはできません。
  • 2677872 Exchange Server 2003 で、グループを作成すると、階層的なアドレス帳の配布グループを使用できません。
  • 2680383 ロードの進行状況] ダイアログ ボックスでの Outlook Web App の Exchange Server 2010年環境では消えません
  • 2681250 「550 5.6.0」Exchange Server 2010年環境では、外部の連絡先にジャーナル レポートを送信すると NDR
  • 2682047 Exchange Server 2010 SP2 環境でメールボックスを外し、後にいくつかの時間をメールボックスにアクセスできません。
  • 2682408 AddOrganizerToSubject パラメーターが Exchange Server 2010年環境では別の会議で、定期的な会議の競合するときの効果を受け取らない
  • 2682895 Exchange Server 2010年環境では、Get-MailboxExportRequestStatistics コマンドレットは、役割担当者を実行するとエラー メッセージ
  • 2684583 Exchange Server 2010年環境で Outlook を使用して、.pst ファイル内の空のフォルダーを削除できません。
  • 2689810 オンライン モードで Outlook を使用して、要求に出席者を開いたとき、EWS アプリケーションから送信する会議出席依頼は HTML 形式ではなくテキスト形式であります。
  • 2695011 迷惑メールの設定を移行または、Exchange Server 2010年の SP1 のメールボックス サーバーにメールボックスを移動した後に期待どおりに動作しません。
  • 2695022 Exchange Server 2010年環境では、Google のクロムを使用すると、電子メール署名のテキスト ボックスを Outlook Web App で編集できません。
  • 2695836 構成されているメッセージ サイズの制限を持つ Exchange Server 2010年環境でメールボックスを移動することはできません。
  • 2696642 Outlook Web App Exchange Server 2010年環境で印刷用表示アイコンをクリックすると、電子メール メッセージ内の各段落で容量の追加の行が追加されます。
  • 2698927 自動承諾の設定を持つリソース メールボックスがカスタム コードまたはスクリプトで Exchange Server 2010年が含まれている会議出席依頼を処理しません。
  • 2698960 一部のユーザーのメールボックスから Exchange Server 2010年メールボックス データベースを 1 つ移動することはできません。
  • 2698976 管理フォルダー アシスタントを外部の連絡先を持つ別のテナントの組織 Exchange Server 2010年環境でメールボックス処理しません
  • 2699023 IMAP4 クライアントを使用して 250 個を超えるフォルダーを持つ、メールボックスにアクセスするとイベント ID 9646 Exchange Server 2010年メールボックス サーバー上に記録されます。
  • 2699577 グローバル アドレス一覧に関連するメッセージをクライアント専用ルール Exchange Server 2010年環境で RU1 を Exchange Server 2010年の SP2 を適用した後 Outlook には適用されません。
  • 2699582 Exchange Server 2010年環境で Outlook 2007 を使用して、ボイス メールを再生するとエラー メッセージ
  • 2700544 複数のアイテムの回復 Exchange Server 2010年環境で回復可能な項目のフォルダーのサブフォルダーに追加されます。
  • 2700705 UDP プッシュ通知機能を有効にした、Exchange Server 2010年のクライアント アクセス サーバーで Microsoft Exchange RPC クライアント アクセス サービスをランダムにクラッシュします。
  • 2705425 Exchange Server 2010年環境で Outlook Voice Access を使用して音声メッセージをリッスンしようとすると、大量のメモリを消費する UMWorkerProcess.exe
  • 2705555 Set-mailbox コマンドレット Exchange Server 2010年環境で完全に構成するには長時間を要する
  • 2705570 ユーザー アドレスのリストは Outlook Web App のライト版を使用して [スケジュール アシスタント] タブを開くしようとしています。 Exchange からメールボックスが非表示になっているときにエラーが発生します。
  • 2705647 いっぱいいる Exchange Server 2010年環境で Outlook Web App を使用してメールボックスにログオンできません。
  • 2705682 新正書法のスペル規則 Outlook Web App のポルトガル語 (ポルトガル) 辞書 Exchange Server 2010年環境では使用されません。
  • 2706523 メールボックスの作成またはできません Exchange Server 2010年環境で無効になっているユーザー アカウント用のメールボックスのメールを有効にします。
  • 2708880 ユーザーのメールボックスには、"Cura?ao、"の「国/地域」属性を設定することはできません「Bonaire、Sint Eustatius と Saba、」または「Sint、Exchange 管理コンソール、Exchange Server 2010年のサーバー上のを使用して Maarten (オランダの一部)」

解決方法

更新プログラムのロールアップの情報

ダウンロードし、Exchange Server 2010年の SP2 を更新プログラムのロールアップ 3 をインストールするには、次の Microsoft Update web サイトを参照してください。
http://update.microsoft.com
Exchange 2010 用の最新の更新プログラム ロールアップをインストールする方法の詳細についてには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。マイクロソフトの更新プログラムのデータベース可用性グループ (DAG) の一部である Exchange Server 2010年メールボックス サーバー上の更新プログラムのロールアップが検出されません。

この更新プログラムのロールアップは、次のシナリオで使用するには、更新プログラムのロールアップも、Microsoft ダウンロード センターから利用可能です。
  • Exchange Server 2010年の SP2 を実行している複数のコンピューターに Exchange Server 2010年の SP2 を更新プログラムのロールアップ 3 を展開します。
  • 更新プログラムのロールアップ 3 Exchange Server 2010年は、DAG のメールボックス サーバーに採用します。
ファイルは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロード利用可能です。
Exchange2010 ・ KB2685289 ・ EN-x 64 パッケージを今すぐダウンロードします。
リリース日: 2012年月 29日。

インターネットに接続していないコンピューターに更新プログラムをインストールするお客様向けの重要な情報

インターネットに接続されていないコンピューターでこの更新プログラムのロールアップをインストールすると、インストールが長い時間をことがあります。また、次のメッセージが表示される可能性があります。
ネイティブ イメージを作成します。Net のアセンブリ。
接続するネットワークの要求によってこの現象が発生、 http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crl web サイト。これらのネットワーク要求はネイティブ イメージの生成 (NGen) をネイティブ コードにコンパイルするアセンブリごとに、証明書失効リストをアクセスの試行を表します。Exchange サーバーがインターネットに接続されていないため、プロセスを続行する前に、各要求がタイムアウトになるまで待つ必要があります。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. で、 ツール Windows Internet explorer のメニューをクリックします。 インターネット オプション、し、 高度な タブ。
  2. で、 セキュリティ セクションをクリックをオフにするのには、 発行元の証明書の取り消しを確認します。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ].
コンピューターを厳重に制御された環境での場合にのみこの Internet explorer のセキュリティ オプションをクリアすることをお勧めします。セットアップが完了したらをクリックしてを選択するのには、 発行元の証明書の取り消しを確認します。 チェック ボックス再度します。

Outlook Web App ファイルをカスタマイズしているコンピューター上の問題を更新します。

重要更新プログラムのロールアップを適用する前に、カスタマイズされた Outlook Web App ファイルのバックアップ コピーを作成することをお勧めします。Outlook Web App をカスタマイズする方法の詳細についてには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Outlook Web App のカスタマイズの詳細について
更新プログラムのロールアップ パッケージを適用すると、更新プロセスが必要な場合、Outlook Web App ファイルを更新します。したがって、Logon.aspx ファイルまたはその他の Outlook Web App ファイルにカスタマイズは上書きされます、Logon.aspx に Outlook Web App のカスタマイズ作成し直す必要があります。

CAS CAS のプロキシ処理を導入した CAS プロキシ展開ガイダンスのお客様にとって問題を更新します。

更新プログラムのロールアップの次の条件を満たす場合、以外インターネット フェーシング クライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用する前に、インターネット フェーシングのクライアント アクセス サーバー上が適用されます。
  • あなたは、CAS プロキシ展開ガイダンスのお客様です。
  • CAS CAS のプロキシ処理を導入しています。


その他の Exchange Server 2010年の構成では、サーバーが特定の順序で更新プログラムのロールアップを適用する必要はありません。

CAS CAS のプロキシ処理の詳細についてには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
CAS CAS のプロキシ処理に関する一般的な情報

前提条件

この更新プログラムのロールアップを適用するには、Exchange Server 2010 SP2 をインストールする必要があります。

この更新プログラムのロールアップを適用する前に Exchange Server 2010年の SP2 のすべての中間更新プログラムを削除します。

再起動の必要性

この更新プログラムのロールアップを適用すると、必要なサービスが自動的に再起動されます。

プログラムのアンインストール情報

Exchange Server 2010年の SP2 を更新プログラムのロールアップ 3 を削除するを使用します。 追加またはプログラムを削除します。 2685289 を削除するには、コントロール パネルを更新します。

参照

Microsoft ソフトウェア更新プログラムに関する記述に使用する用語の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2685289 - 最終更新日: 2012年6月5日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbhotfixrollup atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2685289 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2685289
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com