FIX 更新コントロールの id をコード化された UI テストの拡張モデル Visual Studio 2010 SP1 でのカスタマイズを有効にするのには

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2696646
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

更新は、Microsoft Visual Studio 2010年サービス パック 1 (SP1) で利用可能です。この更新プログラムは、記録の自動化テスト Visual Studio 2010 SP1 でコード化された UI テストの拡張モデルを使用して再生すると、コントロールの特定のカスタマイズを有効にするのには、新しい拡張モデルを追加します。この更新プログラムを適用した後、新しいは、カスタム コントロール用のプラグインの実装をより容易およびより簡単よりも前にです。

新しい拡張モデルは、次のクラスを追加します。
  • UITechnologyElementProxy。この新しいクラスを使用する方法の例としては、変更できます、QueryIDメソッドです。このメソッドは、マップ上の UI 要素 (UIMap) の条件のセットとして表示されます。さらに条件を追加したり、既存の条件を変更するには、この新しいクラスを使用できます。これらの条件は、自動化の追加属性です。または、UIMap の既存のファイルに使用可能な階層の情報を追加するのにはこれらの条件を使用することができませんでした。
  • UITechnologyManagerProxy。 プロキシの技術マネージャーと、技術マネージャーを登録するのにには、この新しいクラスを使用できます。

この更新プログラムを適用した後、これらの新しいクラスを使用する方法の詳細については、「関連情報」セクション シナリオを参照してください。

詳細

シナリオ

シナリオ 1

コード化された UI テストすべては 1 つまたは 2 つのマイナーの故障などのカスタム コントロールの外接する四角形や、 GetHashCodeメソッドのオーバーライドは変更ので、カスタマイズされたコントロールをテストするのには. します。拡張機能の以前のモデルでは、プラグインこの問題を解決するには、目的のメソッドをオーバーライドするを書き込めませんでした。しかし同時に、プラグインの問題を解決、するその他のいくつかのメソッドをオーバーライドする必要があり、安定するまでの日数がかかる場合があります。新しい拡張モデルを使用して、目的のメソッドだけをオーバーライドすることにより、同じ作業を実行できます。

シナリオ 2

カスタマイズされたコントロールを作成し、コード化された UI テスト、カスタマイズしたコントロールの動作を自動化できないことを確認します。たとえば、のみ再生を調整コード化の UI テストをクリックします。これらの新しいクラスを使用して、に従って、9 つの簡単な手順で、コード化された UI テストを使用して、操作を自動化するのには、コントロールの検索のプロパティをカスタマイズするには、拡張機能モデルを実装できます。

Microsoft プログラミング例としては黙示の保証もないだけを提供します。これを含むが、商品性や特定目的への適合性の保証に制限はありません。この資料は、例示されているプログラミング言語やを作成したりプロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通するいると仮定します。Microsoft サポート エンジニアは、特定のプロシージャの機能について説明することができます。ただしは、余分な機能を提供するために、またはお客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するこれらの例は変わりません。
  1. コントロールの識別プロパティ AccessibleObject 型プロパティの説明ヘルプなどの使用可能なプロパティを渡します。同様に、他のプロパティ値はAccessibleObjectプロパティを次の例のように区切り記号で区切られた文字列として渡します。

    public override string Description
    {
        get
        {
            return "<custom_property_value1>"+";"+"<custom_property_value2>";
        }
    }

    これは、コード化された UI テストに追加のパラメーターを渡す方法の 1 つの方法です。公開する必要がありますいくつかのプロパティがある場合は、[コードの挿入方法を使用してカスタム プロパティを渡すことができます。1 つの方法は、コード化された UI テストと実際のアプリケーションでは、WCF のチャネルを使用することです。コントロールを識別またはカスタム プロパティを使用して、コントロールの基本的な検証を実行するために必要なプロパティを渡すには、チャネルを使用できます。プロパティを渡すには、別の方法は、Windows メッセージを使用しています。お客様の要件に応じて適切な方法を決定できます。

  2. 独自の技術で名前を指定、 UITechnologyManagerProxyコード化された UI テストの拡張機能フレームワーク内部プロキシ登録を適切に行うことができますようにクラスと対応するコア技術マネージャーの名前します。

    現時点では、サード パーティ プラグインは同名のテクノロジーをコード化された UI テストのコア テクノロジの名前のいずれかとして使用できません。また、複数のサード パーティのプラグイン名と競合しません。プラグイン、拡張機能マネージャーによって読み込まれますが、コード化された UI テストのプラグイン マネージャー複数テクノロジーの重複した名前を持つプラグインの登録を許可できません。したがって、カスタマイズされたコントロールに対して、異なるテクノロジー名、 CustomTechnologyManagerコンス トラクターなど次の例では、登録する必要。
    public CustomTechnologyManager()
                : base("MSAA", "<custom_technology_name>")
            {
            }
  3. GetControlSupportLevelメソッドのオーバーライド、 UITechnologyManagerProxyクラスです。次の例のように、 windowHandleプロパティから AccessibleObject 型を取得できます。これを行うと、カスタム プロパティを抽出することが容易になります。カスタム プロパティの値に対して検証されて後、適切なサポート レベルからカスタム プラグイン返すことができます。
    internal enum OBJID : uint
            {
                WINDOW = 0x00000000,
                SYSMENU = 0xFFFFFFFF,
                TITLEBAR = 0xFFFFFFFE,
                MENU = 0xFFFFFFFD,
                CLIENT = 0xFFFFFFFC,
                VSCROLL = 0xFFFFFFFB,
                HSCROLL = 0xFFFFFFFA,
                SIZEGRIP = 0xFFFFFFF9,
                CARET = 0xFFFFFFF8,
                CURSOR = 0xFFFFFFF7,
                ALERT = 0xFFFFFFF6,
                SOUND = 0xFFFFFFF5,
            }
     
    internal static IAccessible AccessibleObjectFromWindow(IntPtr windowHandle)
            {
                Guid accessibleGuid = typeof(IAccessible).GUID;
                IAccessible accessible = null;
     
                if (AccessibleObjectFromWindow(windowHandle, (int)OBJID.WINDOW, ref accessibleGuid, ref accessible) != 0)
                {
                    Trace.TraceError("AccessibleObjectFromWindow failed for window handle {0}", windowHandle);
                }
     
                return accessible;
            }
     
     
           [DllImport("oleacc.dll")]
    internal static extern int AccessibleObjectFromWindow(IntPtr hWnd, int dwObjectID, ref Guid riid, ref IAccessible pAcc);
     
    public override int GetControlSupportLevel(IntPtr windowHandle)
            {
                int supportLevel = base.GetControlSupportLevel(windowHandle);
                if (supportLevel > 1)
                {
                    IAccessible accessibleObject = this.AccessibleObjectFromWindow(windowHandle);
                    if (accessibleObject!=null && accessibleObject.accDescription.Contains("custom_property_value"))
                    {
                        return (int)ControlSupport.ControlSpecificSupport;
                    }
                }
     
                return (int)ControlSupport.NoSupport;
            }
  4. QueryIDメソッドにカスタム プロパティを追加、 UITechnologyElementProxyクラスです。条件を追加または、 QueryIDメソッドから条件を削除することができます。条件を削除すると、プロパティの条件、UIMap で表示するのには停止することに注意してください。その他の条件を追加するで、カスタマイズされたコントロールを次の例のように任意のアクションを実行すると、として、その他のタグ、プロパティ条件の .uitest ファイルで生成されたコードの表示されます。
    <PropertyCondition Name=" <Custom_property_name>">Custom_property_value</PropertyCondition>
     
            public override IQueryElement QueryId
            {
                get 
                {
                    if (queryElement == null)
                    {
                        queryElement = base.QueryId;
                        if(string.Equals(this.ControlTypeName, ControlType.Button.ToString(), StringComparison.OrdinalIgnoreCase))
                        {
                            Utilities.UpdateQueryId(this, queryElement, new string[] 
                            {
                                <Custom_property_name>
                        });
                        }
                    }
                    return queryElement;
                }
            }


    Utilities.UpdateQueryIdメソッドを実装する方法の例を次に示します。このメソッドは、前の例で使用されます。
    internal static void UpdateQueryId(UITechnologyElement element, IQueryElement queryElement, string[] inclusionProperties)
            {
                List<IQueryCondition> conditionList = new List<IQueryCondition>(queryElement.Condition.Conditions);
                if (conditionList != null)
                {
                    bool updated = false;
                    foreach (string propertyToInclude in inclusionProperties)
                    {
                        bool exists = false;
                        foreach (IQueryCondition qCond in conditionList)
                        {
                            PropertyCondition pCond = qCond as PropertyCondition;
                            if (pCond != null &&
                                string.Equals(pCond.PropertyName, propertyToInclude, StringComparison.OrdinalIgnoreCase))
                            {
                                exists = true;
                                break;
                            }
                        }
     
                        if (!exists)
                        {
                            string propVal = element.GetPropertyValue(propertyToInclude) as string;
                            PropertyCondition newCondition = new PropertyCondition(propertyToInclude, propVal);
                            conditionList.Add(newCondition);
                            updated = true;
                        }
                    }
     
                    if (updated)
                    {
                        queryElement.Condition.Conditions = conditionList.ToArray();
                    }
                }
            }
  5. GetPropertyValueメソッドのオーバーライド、 UITechnologyElementProxyクラス、および最初のトークンの説明文字列として値を設定します。この実装は、カスタム プロパティを渡す方法によって異なります。コード インジェクションを使用して、プロパティを渡す場合は、チャネルを作成して、次の例のように、ホストからプロパティを取得する必要があります。
    public override object GetPropertyValue(string propertyName)
    {
        if (string.Equals(propertyName, “<custom_property_name>”))
        {
            string accDesc = this.GetPropertyValue(<custom_property_name>) as string;
            if (accDesc != null)
            {
                string[] descriptionTokens = accDesc.Split(new char[] { ';' });
                return descriptionTokens[0];
            }
        }
        return base.GetPropertyValue(propertyName);
    }
  6. カスタムの技術マネージャーでを指定する、 UITechnologyElementProxyクラス、を次の例のように、コア IUI テクノロジー要素を関連付けます。
    public RadGridViewTechnologyElement(CustomTechnologyManager technologyManager, IUITechnologyElement coreElement)
                : base(technologyManager, coreElement)
            {
            }
  7. カスタム コードの生成には、特別なクラスがある場合、手順 4 で説明したようにQueryIDメソッドで追加のプロパティ条件を追加した場合は、検索のプロパティを次の例のように、この要素にカスタム プロパティを公開することがあります。
    protected override Dictionary<string, bool> GetValidSearchProperties()
    {
        Dictionary<string, bool> validSearchProperties = base.GetValidSearchProperties();
        if (!validSearchProperties.ContainsKey(<custom_property_name>))
        {
            validSearchProperties.Add((<custom_property_name>, true);
        }
     
        return validSearchProperties;
    }
  8. PropertyProvider拡張では、次の例のように、制御のサポート レベルを設定するのには、条件を追加します。

    UiTestControlメソッドのプロパティを取得する場合は、 SearchPropertiesプロパティまたはFilterPropertiesプロパティのuiTestControlメソッドでは、使用可能なプロパティのみを使用することをお勧めします。ライブの制御コードの生成時に使用できないため、追加のプロパティをフェッチするしないでください。
    public override int GetControlSupportLevel(UITestControl uiTestControl)
            {
                if (IsSupported(uiTestControl))
                {
                    return (int)ControlSupport.ControlSpecificSupport;
                }
     
                return (int)ControlSupport.NoSupport;
            }
     
    private static bool IsSupported(UITestControl uiTestControl)
            {
                string accDescriptionValue = string.Empty;
                string objectType = string.Empty;
     
                if (uiTestControl.SearchProperties != null && uiTestControl.SearchProperties.Count > 0)
                {
                    PropertyExpression controlTypeExpression = uiTestControl.SearchProperties.Find(“<Custom_property_name>”);
                    if (controlTypeExpression != null)
                    {
                        accDescriptionValue = controlTypeExpression.PropertyValue;
                        string[] descriptionTokens = accDescriptionValue.Split(new char[] { ';' });
                        objectType = descriptionTokens[0];
                    }
                }
     
                if (string.Equals(uiTestControl.TechnologyName, “<Custom_technology_name>”, StringComparison.OrdinalIgnoreCase)
                     && (objectType.Contains(“<Custom_property_value>”)))
                 
                {
     
                    return true;
                }
                return false;
            }
  9. UITestExtensionPackageのメソッドを実装し、次の例のように、 GetServiceメソッドをオーバーライドして、PropertyProvider と TechnologyManager のサービスを適用します。
    public override object GetService(Type serviceType)
    {
        Trace.WriteLine("RadGridViewExtensionPackage.GetService(" + serviceType.ToString() + ")");
        if (serviceType == typeof(UITestPropertyProvider))
            return this.PropertyProvider;
        else if (serviceType == typeof(UITechnologyManager))
            return this.TechnologyManager;
        return null;
    }

更新プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。危険性が高い場合は、この修正プログラム可能性があります。したがって、この問題のために深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
「修正プログラムのダウンロード」フォームには、利用可能な言語の修正プログラムが表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、Service Pack 1 (SP1) の次のいずれかに適用する必要があります。
  • Microsoft Visual Studio 2010年プレミアム
  • Microsoft Visual Studio 2010年の究極
  • Microsoft Visual Studio 2010年のテスト担当者
  • Microsoft Visual Studio の Team Foundation Server 2010
  • テスト エージェントの Microsoft の Visual Studio 2010

Visual Studio 2010年の SP1 の入手方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
983509 Visual Studio 2010 Service Pack 1 の説明

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。この修正プログラムを適用する前に、Visual Studio のすべてのインスタンスを終了することをお勧めします。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムは、次の表に示す属性を持つファイルをインストールします。これらのファイルの日付および時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ローカル コンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は、夏時間 (DST) が調整されたローカル時刻で表示されます。さらに、これらのファイルに対して特定の操作を実行すると、日付と時刻が変更される場合があります。
元に戻す全体を表示する
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Leviewer.exe10.0.40219.396118,34428-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.build.client.dll10.0.40219.396436,35227-4 月-20127: 59x86
Microsoft.teamfoundation.build.controls.dll10.0.40219.3961,365,12828-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.client.dll10.0.40219.3961,595,51227-4 月-20127: 59x86
Microsoft.teamfoundation.common.dll10.0.40219.396525,43227-4 月-20127: 59x86
Microsoft.teamfoundation.common.library.dll10.0.40219.396334,98427-4 月-20127: 59x86
Microsoft.teamfoundation.controls.dll10.0.40219.396938,61628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.dll10.0.40219.396675,43227-4 月-20127: 59x86
Microsoft.teamfoundation.lab.activities.dll10.0.40219.396772,74428-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.lab.client.dll10.0.40219.396153,21627-4 月-20127: 59x86
Microsoft.teamfoundation.lab.uiutils.dll10.0.40219.396266,88028-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.lab.workflow.activities.dll10.0.40219.396440,47228-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.officeintegration.common.dll10.0.40219.396375,96828-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.officeintegration.project.dll10.0.40219.396517,28028-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.sync.mapping.dll10.0.40219.39672,32028-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.sync.provisioning.dll10.0.40219.396194,19228-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.testmanagement.activities.common.dll10.0.40219.396315,05628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.testmanagement.activities.dll10.0.40219.3961,512,09628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.testmanagement.activityruntime.dll10.0.40219.396219,81628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.testmanagement.client.dll10.0.40219.396685,20827-4 月-20127: 59x86
Microsoft.teamfoundation.testmanagement.client.themes.dll10.0.40219.3963,059,36828-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.testmanagement.client.wpfcontrols.dll10.0.40219.396257,71228-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.testmanagement.clientpackage.dll10.0.40219.39673,89628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.testmanagement.common.dll10.0.40219.39634,45627-4 月-20127: 59x86
Microsoft.teamfoundation.testmanagement.controller.dll10.0.40219.396120,99228-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.testmanagement.controls.dll10.0.40219.396496,28028-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.testmanagement.controls.wpfworkitemcontrols.dll10.0.40219.396100,04028-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.versioncontrol.client.dll10.0.40219.396706,20027-4 月-20127: 59x86
Microsoft.teamfoundation.versioncontrol.common.dll10.0.40219.396233,11227-4 月-20127: 59x86
Microsoft.teamfoundation.versioncontrol.controls.dll10.0.40219.3964,439,19228-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.workitemtracking.client.dll10.0.40219.396699,03227-4 月-20127: 59x86
Microsoft.teamfoundation.workitemtracking.controls.dll10.0.40219.3961,215,13628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.teamfoundation.workitemtracking.proxy.dll10.0.40219.396390,80827-4 月-20127: 59x86
Microsoft.visualstudio.qualitytools.agentobject.dll10.0.40219.396106,64828-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.qualitytools.common.dll10.0.40219.3961,355,40828-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.qualitytools.controllerobject.dll10.0.40219.396276,12828-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.qualitytools.datacollectionagentobject.dll10.0.40219.39637,04828-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.qualitytools.executioncommon.dll10.0.40219.396481,44028-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.qualitytools.resource.dll10.0.40219.396966,80028-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.qualitytools.testcasemanagement.dll10.0.40219.3961,280,16828-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.qualitytools.tmi.dll10.0.40219.396398,47228-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.teamfoundation.build.dll10.0.40219.396142,48028-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.teamfoundation.dll10.0.40219.39693,82428-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.teamfoundation.teamexplorer.dll10.0.40219.396799,90428-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.teamfoundation.versioncontrol.dll10.0.40219.39659,04828-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.teamfoundation.versioncontrol.dll10.0.40219.39659,56028-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.teamfoundation.versioncontrol.dll10.0.40219.39661,09628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.teamfoundation.versioncontrol.dll10.0.40219.39663,65628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.teamfoundation.versioncontrol.dll10.0.40219.396942,24028-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.teamfoundation.workitemtracking.dll10.0.40219.396460,96828-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.teamsystem.integration.dll10.0.40219.396193,17628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.testtools.manualtest.common.dll10.0.40219.396813,21628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.testtools.uitest.codegeneration.dll10.0.40219.396155,30428-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.testtools.uitest.extension.dll10.0.40219.396193,69628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.testtools.uitest.extension.ie.dll10.0.40219.396252,06428-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.testtools.uitest.extension.msaa.dll10.0.40219.396115,36828-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.testtools.uitest.extension.uia.dll10.0.40219.396107,17628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.testtools.uitest.framework.dll10.0.40219.39658,01628-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.testtools.uitest.playback.dll10.0.40219.39666,20028-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.testtools.uitest.recorder.dll10.0.40219.396230,04028-4 月-201218: 41x86
Microsoft.visualstudio.testtools.uitesting.dll10.0.40219.396339,60028-4 月-201218: 41x86
Msdiff.dll10.0.40219.396485,44828-4 月-201218: 41x86
Mtm.exe10.0.40219.396449,08828-4 月-201218: 41x86
Qtagent.exe10.0.40219.39621,06428-4 月-201218: 41x86
Qtagent.exe10.0.40219.39621,07228-4 月-201218: 41x86
Qtagent32.exe10.0.40219.39621,06428-4 月-201218: 41x86
Qtagent32.exe10.0.40219.39621,07228-4 月-201218: 41x86
Qtagentservice.exe10.0.40219.39699,92828-4 月-201218: 41x86
Rpfplayback.dll10.0.40219.396482,47228-4 月-201218: 41x86
Tf.exe10.0.40219.396325,69628-4 月-201218: 41x86


関連情報

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2696646 - 最終更新日: 2012年5月23日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2696646 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2696646
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com