.NET Framework 3.5、.NET Framework 3.0、および .NET Framework 2.0 のサポート ライフサイクルについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2696944 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料では、.NET Framework 3.5、.NET Framework 3.0、および .NET Framework 2.0 のサポート ライフサイクルについて説明します。

背景

.NET Framework 3.5、.NET Framework 3.0、および .NET Framework 2.0 は、歴史的には、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 より前の Windows のバージョンのプラットフォーム上の個別の製品としてリリースされました。

これらの各製品バージョンは実際には機能スタックのレイヤーです。内部的には、各レイヤーが相互に排他的なコンポーネントを含んでいます。そのため、.NET Framework 3.0 内のコンポーネントは .NET Framework 2.0 の上に構築され、.NET Framework 3.5 内のコンポーネントは、.NET Framework 2.0 と .NET Framework 3.0 の両方の上に構築されています。次の図にこの概要を示します。

元に戻す画像を拡大する
コンポーネントの図


このアーキテクチャの 1 つの副産物として、.NET Framework 3.5 レイヤーに共通言語ランタイム (CLR) がないために、.NET Framework 3.5 は .NET Framework 2.0 と .NET Framework 3.0 なしで機能することができません。そのため、.NET Framework 3.5 をインストールすると、.NET Framework 2.0 Service Pack 1 (SP1) と .NET Framework 3.0 SP1 もインストールされます。同様に、.NET Framework 3.5 SP1 をインストールすると、.NET Framework 2.0 SP2 と .NET Framework 3.0 SP2 もインストールされます。Windows XP または Windows Server 2003 を搭載しているお客様は、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] で、これらの個別のバージョンと共に、対応する更新プログラムを表示できます。

元に戻す画像を拡大する
対応する更新プログラムの図


Windows Vista SP2 と Windows Server 2008 SP2 では、.NET Framework 2.0 SP2 と .NET Framework 3.0 SP2 がオペレーティング システムに組み込まれています。同様に、Windows Vista SP1 と Windows Server 2008 では、.NET Framework 2.0 SP1 と .NET Framework 3.0 SP1 がオペレーティング システムに組み込まれています。そのため、次の図に示すように、[プログラムと機能] には .NET Framework 3.5 のみが表示されます。

元に戻す画像を拡大する
[プログラムと機能] の図

サポート ライフサイクルの意味

.NET Framework 3.5、.NET Framework 3.0、および .NET Framework 2.0 は、独立した製品バージョンとしてリリースされたため、これらの各製品には個別のサポート ライフサイクルがあります。

この資料で前に説明したように、.NET Framework 3.5 は .NET Framework 2.0 と .NET Framework 3.0 なしで機能することができません。多くの場合、.NET Framework 3.5 の機能に関する問題の解決またはお客様をセキュリティの脆弱性から保護するために、これらの 3 つの各製品レイヤーで問題を解決する必要があります。この結果として、.NET Framework 3.5 をサポートするときに、下層にある .NET Framework 2.0 または .NET Framework 3.0 製品レイヤーを対象とする更新プログラムが必要になり、そのときにサポート ライフサイクルのドキュメントで下層にあるバージョンがサポート終了と記載されている状況が発生する可能性があります。たとえば、.NET Framework 3.5 SP1 は現在サポートされています。しかし、.NET Framework 3.0 SP2 は、2011 年 7 月 12 日でサポート終了と記載されています

この場合、.NET Framework 3.0 のスタンドアロン インストールのサポートは期限切れになっています。しかし、マイクロソフトでは、.NET Framework 3.5 のサポートが継続されている限り、.NET Framework 3.5 をインストールしているお客様のために .NET Framework 2.0 および .NET Framework 3.0 コンポーネントのサポートを提供します。

さらに、.NET Framework 2.0 SP2 と .NET Framework 3.0 SP2 は Windows Vista SP2 と Windows Server 2008 SP2 に組み込まれており、.NET Framework 2.0 SP1 と .NET Framework 3.0 SP1 は Windows Vista SP1 と Windows Server 2008 に組み込まれているので、これらのバージョンは、.NET のバージョンのサポートが継続されている限り、それぞれのオペレーティング システムの一部としてサポートされます。

注: .NET Framework 3.5 は、.NET Framework 2.0 SP2 および .NET Framework 3.0 SP2 と共に SP1 レベルでのみサポートされます。オリジナル バージョンの .NET Framework 3.5 は .NET Framework 2.0 SP1 および .NET Framework 3.0 SP1 と共にサポートが終了しています。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2696944 - 最終更新日: 2012年4月7日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 3.5
  • Microsoft .NET Framework 3.0
  • Microsoft .NET Framework 2.0
キーワード:?
kbinfo kbexpertiseinter kbsecbulletin kbsecurity KB2696944
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com