一括挿入や BCP ステートメントを実行しようとすると、SQL Server アサーション エラー:"<loglock.cpp>、行 807 失敗したアサーション = = ' 結果 LCK_OK = = '「</loglock.cpp>

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2700641 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次の状況を想定します。
  • Microsoft SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 のサーバー A とサーバー B が実行しています。
  • サーバー A とサーバー B. との間のデータベース ミラーリングを設定します。
  • 一括挿入や BCP ステートメントを実行するには、プリンシパル データベースで。

    注: <b>既定では、CHECK_CONSTRAINTS オプションは、一括挿入や BCP ステートメントの実行時にオフに設定されます。
  • データベース ミラーリングが壊れていて、データベース ミラーリング セッションが保留状態になった。
このシナリオで、ミラー ・ サーバでアサーションが発生します。したがって、SQL Server のログ フォルダーには、最小ダンプ ファイルが作成されます。さらに、ミラー サーバー上で次の SQL Server エラー ログにエラーが表示されます。

日付時刻 spid 'の dbghelp.dll' バージョン '4.0.5' を使用します。
日付時刻 spid * * スレッド - spid をダンプ = 31、EC = 0x00000007F9B1C1A0
日付時刻 spid C:\Program ファイル SQL Server\MSSQL10_50.MSSQLSERVER\MSSQL\LOG\SQLDump0001.txt に送信されるスタック ダンプ

日付時刻 spid * *******************************************************************************

日付時刻 spid *
日付時刻 spid * 開始スタック ダンプ。
日付時刻 spid * 01/04/12 16時 46分: 21 spid 12100
日付時刻 spid *
日付時刻 spid * 場所: loglock.cpp:807
日付時刻 spid * 式: 表示 LCK_OK = =
日付時刻 spid * SPID: 31
日付時刻 spid * プロセス ID: 2228年

日付時刻 spid エラー: 17066、レベル: 16、状態: 1。

日付時刻 spid SQL Server アサーション: ファイル: <loglock.cpp>、行 807 失敗したアサーション = = ' 結果 LCK_OK = = '。このエラーはタイミングに関連する可能性があります。ステートメントを再実行した後、エラーを解決できない場合は、DBCC CHECKDB を使用して、データベースの構造上の整合性をチェックするにはまたは、インメモリ データ構造が破損していないことを確認するのには、サーバーを再起動します。

</loglock.cpp>日付時刻 spid エラー: 3624、レベル: 20、状態: 1。

日付時刻 spid システム アサーション チェックが失敗しました。詳細については、SQL Server のエラー ログを確認します。通常、アサーションの失敗はソフトウェアのバグまたはデータの破損によって起こります。データベースの破損をチェック、DBCC CHECKDB の実行を検討します。セットアップ中にダンプをマイクロソフトに送信する、同意する場合は、ミニ ダンプをマイクロソフトに送信されます。更新プログラムはマイクロソフト テクニカル サポートから QFE または最新のサービス パックで利用可能な場合があります。

日付時刻 spid エラー: 1454、レベル: 16、状態: 1。

日付時刻 spid データベース ミラーリングは中断されます。サーバー インスタンス '<Instance name="">' はエラー 3624、状態 1、重大度 20 それが '<database name="">' のデータベース ミラーリング パートナーとして動作しているときに発生しました。データベース ミラーリング パートナーが、エラーから自動的に回復し、ミラーリング セッションを再開しようとします。詳細については、エラー ログのエラー メッセージを表示します。 </database></Instance>


注: <b>この問題を解決するのにはデータベースのミラーリングを再初期化する必要があります。

原因

ロック互換性情報をプリンシパル データベースのトランザクション ログには、ミラー サーバーに転送されませんので、この問題が発生します。

回避策

この問題を解決するには、CHECK_CONSTRAINTS ON オプションを使用して、一括挿入や BCP ステートメントをプリンシパル データベースで実行します。

注: <b>CHECK_CONSTRAINTS オプションにより、パフォーマンスが低下します。ただし、ロックをアサートして、ミラー サーバーでは発生しません。

詳細

子トランザクションは、一括挿入や BCP の操作中に CHECK_CONSTRAINTS] オプションをオフにします。この子のトランザクションは、親トランザクションのロックと互換性があるロックを使用します。互換性に関する情報は、プリンシパル データベースのトランザクション ログに格納されます。したがって、子トランザクション ロック要求が、プリンシパル データベースで付与します。

ただし、この互換性情報は、ミラー ・ サーバには転送されません。したがって、子トランザクション ロック要求に、ミラー サーバー上の親トランザクションのロックと互換性がありません。このシナリオは、ミラー サーバー上で assert と。

プロパティ

文書番号: 2700641 - 最終更新日: 2014年7月28日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
キーワード:?
kbsurveynew kbtshoot kbprb kbmt KB2700641 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2700641
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com