PRJ: の説明いる MPX プロジェクト ファイル Exchange 形式の

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 270139
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

MPX 4.0 ファイル形式の Microsoft Project MPX ファイル形式で、Primavera プロジェクト ・ プランナー、Timberline 精度の予測などをサポートするサードパーティ製プログラムの異なるバージョン間でのプロジェクト情報を転送することができる、ASCII ファイル形式です。

Mpxfile.wri ファイル (Windows) と、MPX ファイル形式のファイル (Macintosh) に Microsoft Project で作成された MPX 4.0 ファイル バージョン 4.0、4.1、および 98 の形式について説明します。マイクロソフトのプロジェクト バージョン 4.0 または 4.1 をインストール フォルダーには、これらのファイルを検索できます。この資料の「関連情報」セクションには、Mpxfile.wri ファイルの完全なテキストにはが含まれます。(注: Mpxfile.wri ファイルを Microsoft Project 98 または Microsoft Project 2000 で含まれません)。

次の表を作成したり、MPX 4.0 ファイル形式を読み取るは、Microsoft Project のバージョンをまとめたものです。
                                     Create      Read
                                     ----------------
      Microsoft Project 4.0          Yes         Yes
      Microsoft Project 4.1          Yes         Yes
      Microsoft Project 98           Yes         Yes
      Microsoft Project 2000         No          Yes
      Microsoft Project 2002         No          Yes
      Microsoft Project 2003         No          Yes
      Microsoft Project 2007         No          Yes
      Microsoft Project 2010         No          Yes
				
マイクロソフトのプロジェクト コンバーター、サード ・ パーティ製のプロジェクト管理ソフトウェアを MPX 4.0 形式で作成されたファイルの変換に使用できる、Windows ベースのプログラムです。詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには以下の記事番号をクリックしてください。
130206 PRJ: 4.0 および 4.1 のプロジェクトを Microsoft Project コンバーター
221256 PRJ: ABT プロジェクト レタッチ 4.x のプロジェクト コンバーターを更新
無効なデータが含まれていますが MPX ファイルを開くときに発生するエラー メッセージのトラブルシューティング方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
141261 PRJ: .mpx ファイルを開いたときに受信したメッセージを解釈する方法

詳細

Mpxfile.wri ファイルの完全なテキストを次に示します。

MPX ファイル形式を使用します。

MPX ファイル形式について

MPX ファイル形式と Microsoft Project MPX ファイル形式で、Primavera プロジェクト ・ プランナー、Timberline 精度の予測などをサポートする他のアプリケーションのプロジェクトの情報を転送することができますは、ASCII ファイル形式です。MPX ファイル形式テーブル、詳細なリソース割り当て情報など、予定表の情報を含めることはできません転送プロジェクト情報や情報は、[プロジェクト情報] ダイアログ ボックスですることができます。

Microsoft Project ファイルを MPX ファイル形式で保存する前に、プロジェクトの情報の転送先となるアプリケーション MPX 形式を解釈できることを確認してください。場合によっては、ファイルを他のアプリケーションを使用する前に、変換プログラムを実行する場合もあります。

Microsoft Project MPX ファイル形式で保存されたファイルを開くこともできます。4.1 は Windows 95 のバージョンの Microsoft Project が開き、Microsoft Project のバージョン 1.0、3.0、4.0 および 4.1 の MPX ファイルを保存できます。

MPX ファイルその他のマイクロソフトのプロジェクト ファイルと同じように開きます。MPX ファイルを開くと、作業中のプロジェクトにファイルをマージまたは新しいプロジェクトに情報を配置することができます。ファイルをマージする」を選択し、一意の Id を使用している場合は、新しいファイル内の情報が一致するレコードの情報に置き換えられます。既存のプロジェクトとリソースの割り当てに結合する情報のみが含まれている MPX ファイルを作成できます。たとえば、変更されたコスト情報のみが含まれます、MPX ファイルを作成できます。一意の ID と、そのリソースが一連の新しいコストを含めると、作品の情報のみが置き換えられます。

MPX 形式でファイルを保存、エクスポートを参照してください。 プロジェクト ファイルを MPX 形式のオンライン ヘルプ トピック。MPX ファイルにエクスポートすると、タスクおよびリソースのエクスポート テーブルに自動的に使用されているので、テーブルは指定しません。グローバルからエクスポート テーブルを削除する場合。MPT は、エクスポート テーブルをバックアップのグローバル ファイルからグローバルにコピーしない限り、MPX ファイルにエクスポートすることはできません。MPT または現在のプロジェクト。

表示] メニューの [テーブル] を他のテーブルを選択するエクスポートを選択して [編集] ボタンをクリックすると、エクスポート ・ テーブルを変更できます。ただし、のみエクスポートされた情報の転送には、アプリケーションによって指示がある場合は、行う必要があります。Microsoft Project で提供されるエクスポート テーブルを MPX ファイル形式をサポートするほとんどのアプリケーションで使用される標準的なテーブルです。

受信したタスクやリソースが最初または 2 番目の位置に固有の ID 番号を含む 2 つのファイルをマージする場合は、Microsoft Project の情報に一致するレコードを結合します。一致が見つからなかった場合は、タスクまたはリソースの最後に新しいレコードが作成されます。挿入タスクまたは Microsoft Project のリソースの ID 番号は、元の ID 番号と開こうとしているファイルと、受信したタスクを結合するされませんまたはリソース ID 番号として最初のフィールドを含める場合は、Microsoft Project タスクやリソースごとに対応する ID 番号を持つ行されます。読み込まれるファイルは、ID 番号をスキップした場合、タスクまたはリソースの間の空行を読み込むことができますようにするには、その ID 番号を持つタスクやリソース行は空欄です。

次の相違点は、Microsoft プロジェクト バージョン 3.0 の MPX ファイルとバージョン 4.0 および 4.1 MPX ファイルがあります。

-Microsoft Project では、MPX ファイルを開くときは既定では、既存のプロジェクトにファイルをマージするのには、プロンプトを取得します。MPX ファイル内の情報は、現在のファイル マージしたい場合、FileOpen コマンドのパラメーター リストでこれを指定する必要があります。これを行う方法の詳細については、ヘルプのマージ、MPX ファイル形式を検索してください。

とワークグループ機能で使用される情報を格納する、新しいレコードが追加されています。

と定期的なタスクに関する情報を格納する、新しいレコードが追加されています。

-記号の位置設定の通貨の設定レコードが、通貨記号と番号の間に 1 つのスペースをサポートしています。

注:: はありません、MPX ファイル形式は、Microsoft Project 4.1 は Windows 95 および Microsoft プロジェクト バージョン 4.0 MPX ファイル形式の違いがあります。

MPX ファイル形式の仕様

ここの他のアプリケーションと Microsoft Project 間で情報を転送するユーティリティ プログラムを作成している開発者を対象としています。Microsoft Project と既に MPX ファイル形式をサポートしている他のアプリケーションの間では、MPX ファイルを転送する場合は、このセクションを読む必要はありません。

MPX ファイル キャリッジ リターンやラインで区切られたレコードで構成されますフィードします。各レコード内は、プロジェクト情報を含むフィールドです。レコードの種類と、それらのレコードの順序が設定されます。次の表は、すべてのレコードの種類、各種類のレコードを識別するために使用するレコードの番号および MPX ファイルに含めることができます各種類のレコードの数を示します。すべてのレコードの種類を含む、MPX ファイルはありません。必要なレコードだけがファイルの作成のレコードです。ファイルのコメント レコードをどこにでも挿入できることを除いて、MPX ファイルに含まれるすべてのレコードで、表に示されている順序でなければなりません。
Record name                        Record number   Maximum number of Records
----------------------------------------------------------------------------
File Creation (required)           none            1
Currency Settings                  10              1
Default Settings                   11              1
Date and Time Settings             12              1
Base Calendar Definition           20              250
Base Calendar Hours                25              7 per Base Calendar
                                                   Definition record
Base Calendar Exception            26              250 per Base Calendar
                                                   Definition record
Project Header                     30              1
Text Resource Table Definition     40              1
  (Or you can use the Numeric Resource Table Definition record)
Numeric Resource Table Definition  41              1
Resource                           50              9,999
Resource Notes                     51              1 per Resource record
Resource Calendar Definition       55              1 per Resource record
Resource Calendar Hours            56              7 per Resource Calendar
                                                   Definition record
Resource Calendar Exception        57              250 per Resource Calendar
                                                   Definition record
Text Task Table Definition         60              1
  (Or you can use the Numeric Task Table Definition record)
Numeric Task Table Definition      61              1
Task                               70              9,999
Task Notes                         71              1 per Task record
Recurring Task                     72              1 per Task record
Resource Assignment                75              100 per Task record
Assignment Workgroup fields        76              1 per Assignment record
Project Names                      80              500
DDE and OLE Client Links           81              500
Comments                           0               unlimited
				
メモ
ファイル内のレコードの一部は、他のレコードに従ってください。すぐ後にそのレコード「あたり」前のレコードの最大数を示すレコード、前の表が記載されていなければなりません。たとえば、100 のリソースを割り当てタスク レコードごと指定できます。タスクに 10 個のリソースの割り当てがない場合は、リソース割り当てこれら 10 個のレコードする必要がありますそのタスク レコードの直後に置かれているし、する前に、次のタスクを記録します。

MPX ファイルは、ファイルの作成のレコードが常に始まります。レコード ファイル形式 (MPX)、レコード内のフィールドを区切るための区切り記号を識別する、ファイル、MPX を作成するために使用するアプリケーションとバージョン数、ファイル、MPX 形式でファイルの作成に使用するコード ページのバージョン。ファイルの作成のレコードを除いて、各レコードのレコード番号を開始します。区切り記号と、情報の各フィールドをレコードの番号が続きます。各フィールドは、区切り記号で区切られています。

フィールドの内容についての一般的な規則は次のとおりです。

-計算されるフィールドは無視されるため、インポートする必要はありません。

-区切り記号、通常、コンマやセミコロンを含まれます場合のフィールドは、たとえば、先行タスクを分割するフィールド引用符で囲むです。

-フィールドに引用符が含まれている場合は、次の 2 つの二重引用符 () が使用されます。

-区切り記号は空のフィールド、レコードの末尾に含まれてする必要はありません。

-区切り記号情報を含むフィールドの間の空白のフィールドを含めるでなければなりません。

-Microsoft Project MPX 形式でファイルをエクスポートするときに、日付と時刻の標準の日付形式は、エクスポート ・ テーブルに書き込まれます。Microsoft Project は、[オプション] ダイアログ ボックスで表示された日付の形式のいずれかで入力された日付をインポートできます。日付と時刻の形式の詳細については、日付には、[Microsoft Project ヘルプ] を検索し、日付を参照します。

マイクロソフトのプロジェクト スペース (空白やタブ) は先頭と末尾のフィールドに、MPX ファイルをインポートするとき無視します。

-インポート空白のフィールド MPX ファイルをマージするときに既存の情報を交換しないでください。

次のレコードの定義での順序と各レコード内のフィールドの正確な内容を説明します。レコード名に依存してレコードの種類を識別するために使用するレコードの番号。例では、各レコードの定義は、区切り記号としてコンマを使用します。

ファイルの作成、レコードの番号ではありません。これは必要なファイル形式 (MPX)、ファイルで使用される区切り記号を作成するには、ファイル、MPX ファイル形式でファイルを使用して、ファイルの作成に使用するコード ページのバージョン番号を使用、プログラムとバージョン番号を識別するレコードです。これは、ファイル内の最初のレコードでなければなりません。Microsoft Project からエクスポートすると、Windows のコントロール パネルの地域の設定で区切り記号を指定します。

このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。
の MPX 直後に、区切り記号
プログラム名と識別子
ファイルのバージョン番号
・ コード ページ (850, 437、MAC、ANSI)

例: MPX は、Microsoft Project 3.0

次の使用例は、MPX ファイルで区切り記号としてコンマを使用してファイルを MPX 形式のバージョンが Microsoft プロジェクト バージョン 3.0 からエクスポートされるを指定します。

通貨の設定 - 10このレコード通貨オプションの設定は、[オプション] ダイアログ ボックスを指定します。通貨の値がインポート ファイルに含める場合は、値が正常にインポートされるように、通貨の設定を指定します。このレコードが含まれていない場合は、現在の設定で、[オプション] ダイアログ ボックスが使用されます。通貨の設定の詳細については、Microsoft Project ヘルプの既定の通貨設定を検索します。Windows のコントロール パネルの地域の設定では、桁、小数点の記号が指定されます。

このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。
-通貨記号
-記号の位置 (0 = 1 後、= 2 をする前に後に、スペースを 3 を = = でスペースを前に)
、通貨桁 (0,1,2)
-数千の区切り記号
10 進数の区切り記号

例: 10、$ 1, 2、「,」。

例は、通貨、ドル記号 ($) の前に、含めること、小数点後 2 桁が含まれていること、数千を区切るためにコンマを使用してはピリオドを小数点として使用します。1,000 単位の区切り記号] フィールドで区切り記号が含まれているため、フィールドが引用符で囲まれています。

既定の設定 - 11このレコード既定オプションの設定を [オプション] ダイアログ ボックスで指定します。期間の単位が正しいようにインポートする期間には、期間の省略形が含まれていない場合は、既定の期間単位をここでを指定します。このレコードが含まれていない場合は、現在の設定で、[オプション] ダイアログ ボックスが使用されます。既定のオプションの詳細については、Microsoft Project ヘルプの期間の既定値を検索します。

このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。
-既定の時間単位 (0 = 分、1 = 2 の時、3 を = 日、週 =)
既定の期間の種類 (0 = しない固定、1 = 固定)
既定作業単位 (0 = 分、1 時間、2 = 3 の日、週 =)
-既定時間/日
-既定時間/週
の標準単価既定値
の超過単価既定値
-タスク ステータスの更新リソースの状態を更新する (0 = no、1 = はい)
・ スプリットで進行中のタスク (0 = no、1 = はい)

例: 11,2,0,1,8,40、h$ 10/$ 15/h 1

次の使用例は、次の既定の設定を指定します。 期間の日ありが固定されて、作業単位は時間単位で、8 時間が稼働日である、就業時間、40 時間標準支払い単価は ? 1,000/時間です、超過支払い単価は 1 時間あたりの $15 ですとタスク ステータスの更新リソースの状態を更新する] チェック ボックスがオンになっています。

MPX 1.0 形式: 整数のみ既定時間/日と時間 1 週間の既定の Microsoft プロジェクト バージョン 1.0 で使用するため、1.0 を MPX 形式でファイルを作成する場合は、整数以外の値のいずれかのオプションを最も近い整数に丸められます。1.0 を MPX 形式でファイルを作成するとき、オプションでプロジェクトのバージョン 1.0 の Microsoft は書き込まれません。

日付と時刻の設定 → 12このレコードは、日付と時間のオプションは、[オプション] ダイアログ ボックスで、バー テキスト日付の形式は、[レイアウト] ダイアログ ボックスで設定を指定します。このレコードが含まれていない場合は、現在の設定で、[オプション] ダイアログ ボックスが使用されます。日付と時刻の設定の詳細については、「日のヘルプを検索し日トピックを参照してください。

このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。
-日付順 (0 月/日/年、1 = 1 日/月/年、2 = = 年/月/日)
-時刻の形式 (0 = 12 時間以内、1 = 24)
既定の時間 (分の午前 0 時の数)
日付の区切り記号
・時刻の区切り記号
-0: 00 から 11時 59分テキスト
-12時 00分 〜 23: 59 テキスト
日付の書式設定 (0-14) *
・ バー テキスト日付の形式 (0-194) *

* は 20 の異なる形式の日付です。[ツール] メニューから利用可能な日付の形式を確認するには、[表示] タブを選択します。 オプションを選択、日付の形式] ボックスの一覧から、目的の日付オプションを選択します。詳細については、ヘルプの検索し、日付を参照します。

例: 12,0,0,480、/、: am、pm

次の使用例は、日付、注文月/日/時刻デフォルト時間は午前 8時 00分だ (または 480 分午前 0 時後) です。 12 時間制の形式である年である、月、日、および年は区切られますことにスラッシュが、時間と分はコロンで区切られていることと、"am"および"pm"朝と夜を示すために使用を指定します。

基本カレンダーの定義 - 20これらのレコードは、基本カレンダー、およびその作業と非稼働日の週を定義します。予定表情報を作業中のプロジェクトにマージ、MPX ファイルをマージする際、および予定表と同じ名前が上書きされます。1 日のエントリがない場合、既定の設定が使用されます。既定の設定は、月曜日から金曜日を稼働日と土曜日と日曜日は非稼働日です。このレコードには、[名前] フィールドが必要です。各曜日の 0 のエントリ、日が非稼働日になりますがエントリの 1 日が稼働日であることを示すことを示します。

このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。

-日曜日
・月曜日
・火曜日
・水曜日
-木曜日
-金曜日
-土曜日

例: 20、ライター、0, 1, 1, 1, 1, 1, 0

次の使用例は、月曜日金曜日までからは稼働日と土曜日と日曜日は、基本カレンダーの非稼働日のライターと呼びますを指定します。

基本カレンダーの時間 - 25これらの既定の設定が異なる場合は、これらのレコードの週の曜日の稼働時間を指定します。既定の稼働時間が午前 8時 00分 〜 午後 12時 00分と午後 1 時に午後 5 時です。各基本カレンダーの時間レコード直前の基本カレンダーの定義のレコードを参照します。これらのレコードの 7 をする基本カレンダーの定義の各レコードを追跡できます。

週の日 (1 〜 7、1 = 日曜日/7 土曜日)
時刻 1 から
1 時間に
時刻 2 から
2 時間に
時間 3 から
3 時に

例: 25,2、7: 00、11: 00、12: 00、4時 00分

次の使用例は月曜日には、稼働時間が午前 7 時 00 分からである指定午前 11時 00分と 12時 00分 PM に午後 4

基本カレンダーの例外 - 26これらのレコードは、日と時間の 2 つの前のレコードの種類を指定する例外を定義します。これらのレコードの 250 に基本カレンダーの定義の各レコードを追跡できます。これらのレコードは、日付順で表示する必要があります。例外は、1 日の場合は、[日] フィールドを空のままにすることができます。ない時間が示されます場合は、既定の時間の午前 8時 00分 〜 12: 00 午後 1時 00分 p. m. に午後 5時 00分が使用されます。

このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。
元の日付
これまでに
非稼働日と稼働 (0 非稼働日、1 = = の作業)
時刻 1 から
1 時間に
時刻 2 から
2 時間に
時間 3 から
3 時に

例 1: 26,12/24/95,12/25/95,0
例 2: 26,10/4/06、、、1、8: 00、12時 30分

例 1 に 12 月 24日、25、1995、非稼働日。
例 2 を使用すると日曜日 1995年 10 月 4日年日営業日午前 8時 00分から 12時 30分 PM に
例 2 日] フィールドの位置を保持するためにコンマを追加する必要があります。

MPX 1.0 形式: Microsoft Project のバージョン 1.0、1.0 を MPX 形式でファイルを作成するときに無視されます、最初の 50 後の例外のみ 50 の例外は許可するため。

プロジェクト ヘッダー - 30プロジェクトの開始日とプロジェクトの終了日など、グローバル プロジェクト フィールド、このレコードを設定します。このレコード内のフィールド情報プロジェクト情報と統計データ] ダイアログ ボックスに対応しています。

このレコードに含まれているタブとフィールドは、次のとおりです。
プロジェクト] タブ
会社
マネージャー
-カレンダー (標準のエントリがある場合に使用)
-(このフィールド] または [次のフィールドが、スケジュールの基点] の設定に応じて、インポートしたファイル計算されます) の日付を開始します。
-日付を終了します。
-スケジュールから (0 = 開始、1 = の終了)
の現在日付 *
・ コメント
-コスト *
-基準コスト *
-実績コスト *
-作業時間 *
-基準作業時間 *
-実績作業時間 *
-作業時間 *
・期間 *
-基準期間 *
-実績期間 *
% 完了 *
-基準開始 *
-基準完了 *
の実際開始 *
-実際完了 *
-[差異 * スタートします。
-[差異 * 完了します。
サブジェクト
・著者
-キーワード

* インポートされた値は無視されますので、Microsoft Project では、これらのフィールドが計算されます。

例: 30 時計の展示、国立博物館、マイケル ・ エドワーズ、標準的な 1/2/95

時計が発生次の例でプロジェクトの"国立博物館"マイケル ・ エドワーズによって管理されている、標準カレンダーを使用して、1995 年 1 月 2 日に開始。

MPX 1.0 および 3.0 形式: MPX 1.0 または 3.0 のフォーマットでファイルを作成すると Microsoft プロジェクト バージョン 1.0 または 3.0 のないフィールドが書き込まれますされません。

文字列リソース テーブルの定義 - 40される、リソース フィールド、順番では、このレコードの一覧をインポートまたはエクスポートします。インポートされたファイルでは、Microsoft Project で使用されるフィールド名名前を一致しなければなりません。書き出されたファイルでは、リソースのエクスポート テーブルからこのレコードを用意されています。このレコードまたは次に記載されている数値のリソース テーブルの定義のレコードのいずれかを使用する必要があります。Microsoft Project からエクスポートすると、これらのレコードの両方が含まれます。利用可能なフィールドの詳細は、Microsoft Project ヘルプ エクスポート テーブルを検索し、概要のエクスポート テーブル (リソース) または概要のエクスポート テーブル (タスク) のトピックを参照してください。

このレコードには、リストの区切り記号を区切りたいリソース フィールドの名前を一覧表示します。

例: 40、名前、最大単位、標準単価

次の使用例は、リソース名、最大単位数、標準単価が各ファイル内のリソース レコードに含まれることを指定します。

メモ
インポートされたファイルでは、現在開いているプロジェクトに新しいファイルをマージしない ID、テキストまたは数値のリソース テーブルの定義のレコードのレコード番号後に表示される最初のフィールドとリソース レコード、レコードで示されているように、同じ ID 番号がインポートされたです。たとえば、最初にインポートされた場合は、リソース レコードは、ID 番号 1 が ID 番号 3 の 2 番目のインポートするリソース レコードを持っています、レコードが Microsoft Project にリソース 1 とリソース 2 を空白のままにリソース、3 にインポートされます。場合マージと固有の ID フィールドです最初のフィールドまたは ID フィールド、Microsoft Project は同じ一意な ID を持つレコードを検索および既存の情報を新しい情報で置き換えます、2 番目のフィールド次のいずれか。一致が見つからなかった場合は、一覧の最後に新しいレコードが追加されます。

MPX 1.0 および 3.0 形式: 1.0 を MPX 形式でファイルを作成する場合フィールドの Microsoft Project のバージョン 1.0 または 3.0 ではないが書き込まれますされません。

MPX ファイルは、2 つ以上のタスクとリソースの 2 つのフィールドが必要です。

数値のリソース テーブルの定義 - 41このレコードの順序で、されているのリソース フィールドのリストを番号ではなく名前を使用して、インポートまたはエクスポートします。これは、各リソース レコードに含まれるリソースのフィールドを識別する方法をであり、外国語の製品の作成を MPX ファイルを定義する場合に便利です。

次の表は、Microsoft Project でリソースのすべてのフィールドのフィールド番号を示します。利用可能なフィールドの詳細は、Microsoft Project ヘルプ エクスポート テーブルを検索し、概要のエクスポート テーブル (リソース) を参照します。

このレコードは、リソースのフィールド数] ボックスの一覧、区切り記号で分割すること。
Field                   Number
------------------------------
% Work Complete         26
Accrue At               45
Actual Cost             32
Actual Work             22
Base Calendar           48
Baseline Cost*          31
Baseline Work*          21
Code                    4
Cost*                   30
Cost Per Use            44
Cost Variance*          34
Email Address           11
Group                   3
ID                      40
Initials                2
Linked Fields*          51
Max Units               41
Name                    1
Notes                   10
Objects*                50
Overallocated*          46
Overtime Rate           43
Overtime Work*          24
Peak*                   47
Remaining Cost*         33
Remaining Work*         23
Standard Rate           42
Text1                   5
Text2                   6
Text3                   7
Text4                   8
Text5                   9
Unique ID               49
Work*                   20
Work Variance*          25

* When creating a file to be imported into Microsoft Project, you do not have to 
include this field as it will be ignored.
				
例: 41,1,41,42

次の使用例 (名前、最大単位数、標準単価) 前の例で示したフィールドに対応するフィールド番号を一覧表示します。

MPX 1.0 および 3.0 形式: MPX 1.0 または 3.0 のフォーマットでファイルを作成すると Microsoft プロジェクト バージョン 1.0 または 3.0 のないフィールドが書き込まれますされません。

リソース - 50これらのレコードをインポートまたはエクスポートされる各リソースの情報を含みます。リソース レコードごとに 1 つのリソースについて説明します。情報をインポートすると、含まれているフィールドはリソース テーブルの定義をテキスト レコードまたはリソース テーブル定義を数値レコードによって定義されます。情報をエクスポートすると、含まれているフィールドは、リソースのエクスポート テーブルに記載されているです。

このレコードのフィールドの値は、区切り記号で分割すること、リソースの一覧を表示します。

例: 50、大工、4、10 ドル/h

次の使用例は、前の例では、指定されたリソース テーブルの定義に一致するリソースの大工の情報を示します。[最大単位数は 4 ですし、標準単価は 1 時間あたり \\1, 000 です。

MPX 1.0 形式: 1.0 を MPX 形式でファイルを作成するときは、長すぎるテキスト フィールドが切り詰められます。2000 のみのリソースは、1.0 を MPX 形式で保存されます。

リソース メモ - 51これらのレコードは、直前のリソース レコードに関するメモを含みます。127 の ASCII 文字を使用して、ノート内に新しい行を示します。メモ区切り記号が含まれている場合は、メモを引用符で囲みます。

MPX 1.0 形式: 脚注が長すぎる場合は、1.0 を MPX 形式でファイルを作成すると切り捨てられます。

リソース カレンダーの定義 - 55これらのレコードは、直前のリソース レコードで指定されたリソースの稼働日を定義します。基本カレンダー名フィールドのエントリがない場合、インポートするファイルの標準が使用されます。特定の日のエントリの日 (2) の既定値に設定されているなしを示します。リソース カレンダーの定義のレコードがない場合は、標準として、リソースの基本カレンダーの日付を使用します。 既定で使用されます。各曜日の 0 のエントリ. 日を非稼働日は、1 日が稼働日で、2 が既定値を使用することを指定ことを示しますリソースの予定表の詳細については、リソース カレンダーは Microsoft Project ヘルプを検索し、変更作業の時間コマンドを参照します。

このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。
-基本カレンダー名
-日曜日
・月曜日
・火曜日
・水曜日
-木曜日
-金曜日
-土曜日

例: 55、標準、2、2、2、2、2、0、2

リソースこのレコードの直前で定義されている次の使用例を指定] ビューで (この場合、大工) 同じ営業日とは日曜日から木曜日と土曜日として [標準] 基本カレンダーの時間を持つが、金曜日には機能しません。

リソースの予定表の時間 - 56これらのレコードは、リソースが使用する基本カレンダーとは異なるが、リソースの稼働時間を定義します。これらのレコードは、リソース カレンダーの定義レコードのこのレコードの直前に適用されます。これらのレコードの 7 を各リソース カレンダーの定義のレコードを追跡できます。

このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。
週の日 (1 〜 7、1 = 日曜日/7 土曜日)
時刻 1 から
1 時間に
時刻 2 から
2 時間に
時間 3 から
3 時に

例: 56,3、7: 00、11: 00、12: 00、4時 00分

次の使用例は、火曜日には、直前のリソース指定] ビューで (この場合、大工) 動作午前 7: 00 から午後 4時 00分で、1 時間にから、午前 11時 00分 12時 00分 PM に

リソース カレンダーの例外 - 57これらのレコードは、日と時間の 2 つの前のレコードの種類を指定する例外を定義します。これらのレコードの 250 にリソース カレンダーの定義の各レコードを追跡できます。これらのレコードは、日付順で表示する必要があります。例外は、1 日だけの場合は、[日] フィールドを空のままにすることができます。ない時間が示されます場合は、既定の時間の午前 8時 00分 〜 12: 00 午後 1時 00分 p. m. に午後 5時 00分が使用されます。

このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。
元の日付
これまでに
非稼働日と稼働 (0 非稼働日、1 = 作業、2 = = デフォルト)
時刻 1 から
1 時間に
時刻 2 から
2 時間に
時間 3 から
3 時に

例: 57,11/9/95,11/13/95,0

次の使用例は、指定このリソース] ビューで (この場合、大工) 1995 年 11 月 9 日から 1995 年 11 月 13 日には行われません。

MPX 1.0 形式: Microsoft Project のバージョン 1.0、1.0 を MPX 形式でファイルを作成するときに無視されます、最初の 50 後の例外のみ 50 の例外は許可するため。

テキスト タスク テーブルの定義 - 60されているタスク フィールド、順番では、このレコードの一覧をインポートまたはエクスポートします。インポートされたファイルでは、Microsoft Project で使用されるフィールド名名前を一致しなければなりません。ファイルをエクスポートする場合は、このレコードは、タスクのエクスポート テーブルからです。このレコードまたは次に、記載されている数値のタスク テーブルの定義のレコードのいずれかを使用できますが、どちらか一方が必要です。Microsoft Project からエクスポートすると、これらのレコードの両方が含まれます。利用可能なフィールドの詳細は、Microsoft Project ヘルプ エクスポート テーブルを検索し、概要のエクスポート テーブル (リソース) または概要のエクスポート テーブル (タスク) のトピックを参照してください。

スケジュールの開始し、終了の予定日など、Microsoft Project によって計算されるフィールドは、インポートした場合は無視されます。タスクの開始または終了日に固定されますがある場合、制約タイプ、制約の指定日] フィールドを使用します。

このレコードには、リストの区切り記号を区切りたいタスク フィールドの名前を一覧表示します。

例: 60 名、期間、先行タスク

次の使用例は、ファイル内の各タスク レコードは、タスク名、期間、および先行タスクを含むを指定します。

メモ
インポートされたファイルでは、現在開いているプロジェクトに新しいファイルをマージしないタスク ID、テキストまたは数値のタスク テーブルの定義のレコードのレコード番号後に表示される最初のフィールドとタスク レコード、レコードで示されているように、同じタスクの ID 番号がインポートされたです。たとえば、最初のインポート タスク レコードはタスク ID 番号 1、2 番目のインポート タスク レコードは、タスクの ID 番号が 3 の場合は、レコードに Microsoft Project タスク 1 とタスク 2 を空白のままに作業 3 でインポートされます。場合マージと固有の ID フィールドです最初のフィールドまたはタスク ID フィールド、Microsoft Project は同じ一意な ID を持つレコードを検索および既存の情報を新しい情報で置き換えます、2 番目のフィールド次のいずれか。一致が見つからなかった場合は、一覧の最後に新しいレコードが追加されます。上の一意の Id を反映しての正しい関係を維持したい場合は、固有 ID] フィールドにインポートするを含むし、先行タスクを削除します。

リソース割り当てを保持する場合、新しいファイルに結合する場合は、75 のレコードを含める必要があります。そうしない場合は、リソースの割り当てが削除されます。

MPX 1.0 および 3.0 形式: MPX 1.0 または 3.0 のフォーマットでファイルを作成すると Microsoft プロジェクト バージョン 1.0 または 3.0 のないフィールドが書き込まれますされません。バージョン 1.0 および 3.0 は次のとおりのバージョン 4.0 および 4.1 の優先順位フィールドをマップします。 実行レベルではありませんし、最高になる最高です。最高、高、および高高にです。[中] [中] です。低、下は、非常に低い低ようになります。あり最も小さいものが先行します。

MPX ファイルは、2 つ以上のタスクとリソースの 2 つのフィールドが必要です。

数値のタスク テーブルの定義 - 61このレコードの順序で、されているのタスク フィールドのリストを番号ではなく名前を使用して、インポートまたはエクスポートします。これはタスクの各レコードに含まれるタスクのフィールドを識別する方法をであり、外国語の製品の作成を MPX ファイルを定義する場合に便利です。

次の表は、Microsoft Project でのすべてのタスク フィールドのフィールド番号を示します。利用可能なフィールドの詳細は、エクスポート テーブルには、ヘルプを検索し、概要のエクスポート テーブル (タスク) のトピックを参照してください。

このレコードには、数字、区切り記号で区切られた、タスク フィールドの一覧を表示します。

Field                   Number
------------------------------
% Complete              44
% Work Complete         25
Actual Cost             32
Actual Duration         42
Actual Finish           59
Actual Start            58
Actual Work             22
Baseline Cost           31
Baseline Duration       41
Baseline Finish         57
Baseline Start          56
Baseline Work           21
BCWP                    86
BCWS                    85
Confirmed               135
Constraint Date         68
Constraint Type         91
Contact                 15
Cost                    30
Cost1                   36
Cost2                   37
Cost3                   38
Cost Variance*          34
Created*                125
Critical*               82
CV*                     88
Delay                   92
Duration                40
Duration1               46
Duration2               47
Duration3               48
Duration Variance*      45
Early Finish*           53
Early Start*            52
Finish                  51
Finish1                 61
Finish2                 63
Finish3                 65
Finish4                 127
Finish5                 129
Finish Variance*        67
Fixed                   80
Fixed Cost              35
Flag1                   110
Flag2                   111
Flag3                   112
Flag4                   113
Flag5                   114
Flag6                   115
Flag7                   116
Flag8                   117
Flag9                   118
Flag10                  119
Free Slack*             93
Hide Bar                123
ID                      90
Late Finish*            55
Late Start*             54
Linked Fields*          122
Marked                  83
Milestone               81
Name                    1
Notes                   14
Number1                 140
Number2                 141
Number3                 142
Number4                 143
Number5                 144
Objects*                121
Outline Level           3
Outline Number          99
Predecessors            70
Priority                95
Project                 97
Remaining Cost          33
Remaining Duration      43
Remaining Work          23
Resource Group*         16
Resource Initials       73
Resource Names          72
Resume                  151
Resume No Earlier Than  152
Rollup                  84
Start                   50
Start1                  60
Start2                  62
Start3                  64
Start4                  126
Start5                  128
Start Variance*         66
Stop                    150
Subproject File         96
Successors              71
Summary*                120
SV*                     87
Text1                   4
Text2                   5
Text3                   6
Text4                   7
Text5                   8
Text6                   9
Text7                   10
Text8                   11
Text9                   12
Text10                  13
Total Slack*            94
Unique ID               98
Unique ID Predecessors  74
Unique ID Successors    75
Update Needed           136
WBS                     2
Work                    20
Work Variance*          24

* When creating a file to be imported into Microsoft Project, you do not have to 
include this field as it will be ignored. If you have start or finish dates that are 
fixed, use the Constraint Type and Constraint Date fields.
				
例: 61,1,40,70

次の使用例 (名、期間、および先行タスク) 前の例で示したフィールドに対応するフィールド番号を一覧表示します。

MPX 1.0 および 3.0 形式: MPX 1.0 または 3.0 のフォーマットでファイルを作成すると Microsoft プロジェクト バージョン 1.0 または 3.0 のないフィールドが書き込まれますされません。

タスク - 70これらのレコードにインポートまたはエクスポートされる各タスクの情報が含まれています。各タスク レコードは、1 つのタスクについて説明します。情報をインポートすると、タスク テーブルの定義をテキスト レコードまたは数値のタスク テーブルの定義のレコードが含まれているフィールドが定義されます。情報をエクスポートすると、含まれているフィールドは、タスクのエクスポート テーブルに記載されているです。

このレコードのフィールドの値は、リストの区切り記号を区切り、タスクの一覧を表示します。

例: 70、セメント、6 d の打設します。

次の使用例タスクに関する詳細については、「前の例では、指定されたタスク テーブルの定義と一致する傾いて水を注ぐセメント」を示しています。タスクの期間は 6 日です。

MPX 1.0 形式: 5 レベル 5 として保存するより高いレベルの概要を説明します。テキスト フィールドが長すぎますは切り捨てられます。2000 のみのタスクが保存されます。

タスク メモ - 71これらのレコードは、直前のタスク レコードに関するメモを含みます。127 の ASCII 文字を使用して、ノート内に新しい行を示します。メモ区切り記号が含まれている場合は、メモを引用符で囲みます。

MPX 1.0 形式: 脚注が長すぎる場合は、1.0 を MPX 形式でファイルを作成すると切り捨てられます。

定期的なタスク - 72これらのレコードは、タスクが定期タスクかどうを示します。

タスクは親の定期的な仕事の場合、このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。
[定期タスク情報] ダイアログ ボックスで入力されたは出現開始します。
-[定期タスク情報] ダイアログ ボックスで入力した日付を終了します。
-各出現期間です。
期間の種類 (日、月など) です。
-出現回数。
-選択したタイプを指定します。(1-毎日、4 - 毎週、8 - 毎月、16 - 年)、[定期タスク情報] ダイアログ ボックスでします。
-コンボ インデックス [日常] ダイアログ (1 はすべて、各他のなどの 2 します。)。
-コンボ内のインデックスを毎週。
-コンボ インデックス (1 つは、2、3...) で、毎月。
-コンボ (月曜日、火曜日...) 内のインデックスを毎月。
-コンボ インデックス (すべて、各他) オプション ボタンの下にある [月] ボックスに選択されている場合です。
-値の日 [月] ボックスで。
-コンボ インデックス (すべて、各他...) [月] ボックスに上のオプション ボタンが選択されている場合です。
-コンボ インデックス (一次、二次...)、[年] ボックスにします。
-コンボ インデックス (月曜日,...) で、年間です。
-コンボ インデックス (1 月、2 月...) [年] ボックスにします。
-年のボックスに表示される日付を指定します。

タスクが子の定期的な仕事の場合は、このレコードに含まれているフィールドです。
の親一意の ID

例: 72,1

次の使用例は、タスクが子の定期的な仕事であると、親の定期的なタスク ID が一意な 1 を持っているを指定します。

[リソースの割り当て - 75これらのレコードは、直前のタスク レコードで定義された、タスクに割り当てられているリソースに関する情報を一覧表示します。ファイルをマージして、リソースの割り当て情報を保持する場合は、MPX ファイルに情報を含める必要があります。差し込み印刷する場合は、すべての既存の割り当てには、差し込み印刷タスクは削除されます。上の一意の Id に基づいてファイルをマージする場合は、Id ではなく、リソースの固有 Id を使用してリソースが割り当てられます。

このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。
ID
単位数
作業時間
-予定されている作業時間
-実績作業時間
超過作業時間
コスト
-予定されているコスト
-実際のコスト
・ スタート *
-[完了 *
遅延
リソースの一意の ID

* これらのフィールドを Microsoft Project で計算されるため、インポートされた値は無視されます。

例: 75,3,0.5、40 h

次の使用例は、直前のタスクに ID 番号 3 にリソースが割り当てに指定します。着信リソース ID の番号があるない場合は、その 3 番目着信リソースが割り当てられます。この例では、リソース、「コンクリートの流し込み」タスクに 40 時間の作業、0.5 単位で割り当てられます。

MPX 1.0 形式: [延期期間] フィールドは、1.0 を MPX 形式でファイルを作成する場合は無視されます。

リソース割り当てのワークグループ フィールド - 76これらのレコードは、各割り当てを Microsoft プロジェクト 4.0 のワークグループ機能と 4.1 に格納されている情報を一覧表示します。確認するには、このレコードが含まれてする必要がありますワークグループ機能を使用している場合、情報は失われます。

このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。
メッセージの一意の ID
確認 (0 = False の 1 = True)
保留中の応答 (0 = False の 1 = True)
の更新開始 (日)
終了 (Date) を更新します。
Schedule + の ID

例: 76,1,0,1,6/1/95,6/2/95

次の使用例は、上記の割り当てレコード (75) を指定します。 [リソースの割り当てメッセージの一意な ID 1 が割り当てが確認されていない、最後のメッセージ送信、および通知を受け取った応答しないことを指定、タスクの開始と終了日付 6/1/95 と 6/2/95 です。

プロジェクト名 - 80これらのレコードのすべてのプロジェクトが格納されている DDE リンク名の一覧を表示します。

このレコードに含まれているフィールドは次のとおりです。

-説明

例: 80,DDE_Link_T1,"T((1,3,5),(Name,Duration))"

次の使用例は、DDE リンクの DDE_Link_T1 とその説明を一覧表示します。DDE の詳細については、「DDE、ヘルプを検索し、、ダイナミック データ エクス チェンジ (DDE) 定義トピックに進みます。区切り記号には説明が含まれているため、フィールドが引用符で囲まれています。

MPX 1.0 形式: MPX 1.0 形式でを保存する場合は、このレコードは書き込まれません。

DDE および OLE クライアント リンク - 81これらのレコードはすべての DDE リンクにプロジェクトを一覧表示します。

ソース
-リンクします。

例: 81,Winword|d:\winword\MPX.doc!DDE_Link1,"T(1,Name)"

この例では、Winword|d:\winword\MPX.doc です。DDE_Link1 リンクから引数を T(1,Name) をリンクする引数です。リンク先] ボックスの一覧の区切り文字が含まれているため、フィールドが引用符で囲まれています。OLE クライアント リンク DDE クライアント リンクからの最初の文字に設定することによって区別されます":"します。たとえば: 81,:\LINK_1,"T(2,1)「、」:"リンクからの冒頭に引数が OLE リンクを表します。

MPX 1.0 形式: MPX 1.0 形式でを保存する場合は、このレコードは書き込まれません。

コメント: 0これらのレコードをファイルにコメントを追加できるし、ファイル内の任意の位置に表示されます。各コメント レコード「0 を使用します」を開始する必要があります。

プロパティ

文書番号: 270139 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB270139 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:270139
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com