操作マネージャーのメンテナンス モード

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2704170 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マネージャー メンテナンス ・ オペレーション ・ モードは何ですか。

メンテナンス モードで Microsoft システム センター操作に正規のソフトウェアまたはハードウェアの保守作業など、ソフトウェアの更新のインストールやハードウェアの交換などを中に、オブジェクトの監視を一時停止マネージャー機能です。

オブジェクトをメンテナンス モードにあるときの対処方法

オブジェクトをメンテナンス モードにある場合は、そのオブジェクトを対象とするすべてのワークフローは特定の間隔で中断されます。これはアラートとから、メンテナンス モード内のオブジェクトを対象にした、ワークフローによって生成される通知を防ぐことが、サーバー上の計画的な保守活動の中にアラートのノイズを軽減します。メンテナンス モード、アラート、通知、ルール、モニター、自動応答で、状態の変更、および新しいアラートはエージェントが抑制されます。

開始とメンテナンス モードの監視対象オブジェクトの終了時に、Operations Manager イベント ログに次のイベントが記録されます。

=============================================

操作マネージャーのログ名:
ソース: 切り替えて
作成日:
孔だ ID: 1216年
タスクのカテゴリ: 正常性サービス
レベル: 情報
キーワード: クラシック
ユーザー: 該当なし
コンピューター: Server.Domain.COM
説明:
たとえば「データベース id 監視を再開する:"{GUID}"としてインスタンスの保守モード オフです。管理グループ「MG」です。

=============================================


重要管理サーバーをメンテナンス モードに配置することはお勧めしません。構成配布、ハートビート機能、およびその他の機能は、システムを不安定になる可能性があります。管理サーバーをメンテナンス モードにする場合は、アラート、通知、ルール、モニター、自動応答、状態の変更、および管理サーバーで生成される新しいアラートが抑制されます。管理サーバー上のヘルス サービスは実行し続けます。アラート、通知、ルール、モニター、自動応答、状態の変更、および他のエージェントに管理されたコンピューターからの新しいアラートを処理し、必要に応じて表示します。

オブジェクトをメンテナンス モードにする方法

Operations Manager では、監視と、特定のクラスに基づいています。コンピューター全体をメンテナンス モードに設定する代わりに、エージェントの特定の監視対象オブジェクトをメンテナンス モードに配置できます。

次の例では、サーバー A で実行されている SQL データベース エンジンは、現在のバージョンに更新されます。このソフトウェア更新プログラムの保守が完了するのに 30 分かかる必要があります。この間に、このサーバーで実行している SQL データベース エンジンの既定のインスタンスは使用できません。

ここでは、SQL データベース エンジンおよびそれに含まれるオブジェクト メンテナンス モードにサーバー全体をメンテナンス モードに設定する代わりにします。これは、オペレーティング システムと SQL のメンテナンスを実行中にサーバーで実行されている他のアプリケーションの監視に役立ちます。

既定のインスタンスのサーバー A 上で動作する SQL は、メンテナンス モードには次のとおりに配置できます。

メモ この記事は、Operations Manager 管理グループの機能があることと、SQL の管理パックが既にインストールされていることを前提としています。

  1. オペレーション マネージャー コンソールを開きます。[監視] ウィンドウで、[Microsoft SQL Server] フォルダーを展開しを展開 サーバーの役割、し選択、 データベース エンジン 状態を表示します。
  2. SQL データベース エンジンこの管理グループ内のすべての監視対象インスタンスが表示されます。
  3. 選択し、[既定のインスタンス (MSSQLSERVER) を右クリックし、 Path 値です。 サーバー A.
  4. で、 表示 メニューの選択 メンテナンス モード.

選択した場合 選択したオブジェクトのみは、データベース エンジンは保守モードになります。

選択した場合 選択したオブジェクトとそれらに含まれているすべてのオブジェクトは、データベース エンジンおよび SQL データベース エンジンのこのインスタンスでホストされているすべてのデータベース保守モードになります。

コンテナー内のオブジェクトを検索する簡単な方法は、特定のオブジェクトを [ダイアグラム] ビューを開くし、ビューにドリルダウンするのにです。

下に記載されているオプションを使用して、メンテナンス モードの時間間隔を選択することができます。 期間.

メンテナンス モードのスケジュールを設定する方法

オペレーション マネージャー コンソールから監視対象オブジェクトのメンテナンス モードのスケジュールを設定することはできません。ただし、オペレーション マネージャー R2 の管理リソース キットの一部で、メンテナンス モードのスケジュール ツールを使用して、メンテナンス モードを将来の日時をスケジュールできます。詳細については、次のマイクロソフト web サイトに移動してください。

システム センター オペレーション マネージャー R2 管理リソース キット

メモ System Center 2012 Operations Manager がこのツールを動作しません。

Operations Manager のコミュニティからの次のブログは、監視対象オブジェクトのメンテナンス モードをスケジューリングするためのツールがあります。

SCOM リモート メンテナンス モード スケジューラ 2.0 R2 スクリプト

オーケストレータを使用して、メンテナンス モードには、スケジュールでは、オブジェクトを配置することができますまた、サード パーティ製のツールやスクリプトにも使用できます。

開始しを SCOM の SDK を使用して、保守モードを終了を自動化する方法

開始およびオペレーション マネージャー 2007 R2 SDK を使用して特定のオブジェクトのメンテナンス モードの終了を自動化する方法については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。


メンテナンス モードになっているオブジェクトを表示する方法

オペレーション コンソールを使用して、メンテナンス モードでは、特定のクラスのすべてのオブジェクトを表示するのには、次の手順を実行します。

  1. オペレーション マネージャー コンソールを開きます。
  2. で、 監視ウィンドウで、特定のシールされていない管理パック フォルダーまたはビュー ツリーのルートにある [監視] フォルダーの下に「メンテナンス モード」という状態のビューを作成します。ビューはビュー ツリーのルートで [監視] フォルダーのビューを作成する、既定の管理パックに保存します。
  3. で、 Nameオプションの種類 メンテナンス モード.
  4. 下の値を変更します。 関連するデータを表示します。 から エンティティ表示するオブジェクトのクラスにします。
  5. 条件を選択します。、を選択するのには、をクリックして、保守モードになっています。チェック ボックスします。
  6. クリックしてください。 ] ビューを作成します。

現在メンテナンス モードになっているその特定のクラスのすべてのオブジェクトが表示されます。

メンテナンス モードのコマンドレット

次のコマンドレットは、オペレーション マネージャー 2007 R2 に、Operations Manager のコマンド シェルを使用してメンテナンス モードを管理するため使用できます。

New MaintenanceWindow ? このコマンドレットは、指定されたモニター オブジェクトのメンテナンス モードになります。このコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
新しい MaintenanceWindow

セット MaintenanceWindow ? このコマンドレットは、メンテナンス ウィンドウのプロパティを設定します。終了時刻、理由、およびコメントは、現在メンテナンス モード、 Monitoringobjectパラメーターで指定されたモニター オブジェクトを更新するのに使えます。このコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
セット MaintenanceWindow

取得 MaintenanceWindow ? このコマンドレット メンテナンス ウィンドウの情報は、現在メンテナンス モードになっているモニターのオブジェクトを取得します。コマンドレットは、メンテナンス ウィンドウのトップレベルの項目、項目を現在の場所、または指定した監視オブジェクトを取得できます。このコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
取得 MaintenanceWindow

どのようにメンテナンス モードを報告することができます。

開始し、計画的な保守の特定のオブジェクトをメンテナンス モードを終了 Operations Manager 管理者用レポートに正確に、アプリケーションまたはサービスの計画的なダウンタイムをことができます。これは、特定の時間には、特定のサービス、アプリケーション、またはサーバーの可用性を正確に報告できます。

既知の問題

メンテナンス モードでの既知の問題は次のとおりです。
  1. メンテナンス モードでは、システム センター操作マネージャー 2007年に配置した後のコンピューターのエージェントが予期せずハートビート アラートが生成されます。

    この問題は、次の資料で、マイクロソフト サポート技術情報で参照してください。
    942866 メンテナンス モードでは、システム センター オペレーション マネージャーに追加した後、コンピューターのエージェントが予期せずハートビート アラートが生成されます。
  2. システム センター構成マネージャー 2007年のオペレーション ・ マネージャーのソフトウェアの配布とソフトウェアの更新機能をメンテナンス ・ モードをサポートします。エージェント メンテナンス モードに配置すること、構成マネージャー クライアントを実行しているコンピューター上のアラートを抑制することができます。Operations Manager 2005 を実行しているが、Operations Manager 2007 およびそれ以降のバージョンでと思われることがありますように動作しない場合は、このオプションを有効します。

    このオプションを設定すると、構成マネージャーを使用して、Operations Manager エージェントを保守モードにしようとすると、正常性サービスが一時停止されます。ヘルス サービスが一時停止している間に、ハートビートの失敗のエラーが表示されます。次に、ヘルス サービスが再開されると、キュー内のすべてのアクションが処理されます。これは潜在的なアラートが発生します。したがって、およびその他の理由により Operations Manager エージェントを [構成マネージャー] オプションを使用すること勧めしません。
  3. メンテナンス モードのエージェントによってアラートが生成されます。

    この問題は、次のいずれかの理由により発生します。
    • メンテナンス モードに設定されたオブジェクトは、通知は生成されていません。これを確認するのには、右クリックし、アクティブなアラート オペレーション マネージャー コンソールで表示するにを選択 表示の個人用設定します。 メニューの [と] チェック ボックスをオンにします. クラス で、 表示する列 オプションです。

      新しい列が表示されます、 クラスを] [ アクティブなアラート 参照してください。そのエージェントに対して、このクラスのインスタンスをメンテナンス モードになっているかどうかを確認します。
    • 監視エージェントを中断する前に、アラートが生成されました。イベント ID 1215 が中断されているかどうかチェックすることでこれを確認することができます。このイベントの特定のインスタンスの監視を確認します。

詳細

OpsMgr 2007 OpsMgr 2012

プロパティ

文書番号: 2704170 - 最終更新日: 2013年6月25日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center Operations Manager 2007
  • Microsoft System Center Operations Manager 2007 R2
  • Microsoft System Center Operations Manager 2007 Service Pack 1
  • Microsoft System Center 2012 Operations Manager
キーワード:?
kbtshoot kbmt KB2704170 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2704170
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com