文書番号: 270670 - 対象製品
Microsoft Outlook Express と Microsoft Outlook メール クライアントの間の相違点については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
257824 Outlook と Outlook Express の相違点
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この記事はおよび Microsoft Outlook Express では、次の項目を復元するバックアップを作成する方法について説明します。
  • メッセージ
  • アドレス帳
  • メール アカウント
  • ニュース アカウント
Outlook Express で複数の id を使用する場合は、各 id の「関連情報」セクション手順繰り返します。 そして個別のバックアップ ・ データをそれに応じて。このプロセスは簡単に各ユーザーの復元します。


Outlook Express は、電子メール クライアントが Microsoft Windows XP および Windows 2000 に同梱されているからです。Windows XP、Windows Vista および Windows 7 での代わりに Windows Live メールをインストールすることがあります。このマイクロソフト Web サイトをより多くの情報を参照してください。

Outlook Express をダウンロードしようとしていますか。Windows Live メールを代わりに試してください。

この資料は、初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。この資料を最初に印刷すると、手順を追いやすいでしょう。

詳細

Outlook Express のアイテムをバックアップする方法

手順 1: メッセージ ファイルをバックアップ フォルダーにコピーします。

検索の手順 a: 保存フォルダー
  1. Outlook Express を起動します。
  2. ツールをクリックし、[オプション] をクリックします。
  3. [メンテナンス] タブで、保存フォルダーをクリックします。
  4. 保存場所の設定] ダイアログ ボックスで、保存場所にコピーします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 個人メッセージ ストアは次のフォルダーに配置する] ボックスの下のボックスの一方の端にマウス ポインターを置きます。
    2. キーを押して、マウスの左ボタンを押したままし、マウス ポインターをドラッグして、個人メッセージ ストアは次のフォルダー内にあるボックス。
    3. 場所をコピーするには、CTRL + C キーを押します。
  5. [キャンセル、] をクリックし、ダイアログ ボックスを閉じますキャンセルをクリックします。
B: のコピーの保存フォルダーの内容をステップします。
  1. [スタート] ボタン、実行] をクリックして、CTRL + V キーを押しておよび [ OK] をクリックします。
  2. [編集] メニューで、 [すべて選択] をクリックします。
  3. [編集] メニューの [コピー] をクリックし、ウィンドウを閉じます。
バックアップ フォルダーは、c: の作成の手順します。
  1. デスクトップの空白領域を右クリックし、[新規作成] をクリックし、[フォルダー] をクリックします。
  2. タイプ メールのバックアップ フォルダー名、および ENTER キーを押します。
手順 d: 保存フォルダーの内容をバックアップ フォルダーにペーストします。
  1. 開くには、メールのバックアップフォルダーをダブルクリックします。
  2. メール バックアップフォルダー ウィンドウ内で右クリックし、[貼り付け] をクリックします。

手順 2: を .csv ファイルに、アドレス帳をエクスポートします。

重要Outlook Express で複数の id を使用する場合は、この手順に従うことを確認します。

Microsoft Outlook Express 5.x、および Microsoft Outlook Express 6.0 Windows アドレス帳 (.wab) ファイルを使用してアドレス帳のデータを格納します。各ユーザーに対する個々 のデータは、使用中の .wab ファイル内のユーザー名でフォルダーに格納されます。

さまざまな id の場合、アドレス帳のデータを分離する唯一の方法は、特定のユーザーとしてログインしているときに、データを .csv ファイルにエクスポートするには.Wab ファイルが、ユーザーの id から関連付け場合、合計の 1 つとして、データをエクスポートできます。この場合は、データをフォルダーのフォルダーをエクスポートできません。

.Wab ファイルを .csv ファイルにエクスポートする他の理由があります。.Wab ファイルを .csv ファイルにエクスポートされませんが .wab ファイルが Microsoft Outlook で共有のアドレスが Outlook で個人用フォルダー (.pst) ファイルに格納されます。Outlook Express で[ファイル] メニューを使用して .csv ファイルに、ファイルをエクスポートするときにアドレス帳にエクスポートされます。ただし、Outlook でアドレス帳を共有する場合、アドレス帳からエクスポートするファイル] メニューの [オプションを使用できません。このオプションは使用できません。

アドレス帳を .csv ファイルにエクスポートする、次の手順を実行。
  1. [ファイル] メニューをエクスポート] をクリックし、[アドレス帳] をクリックします。
  2. テキスト ファイル (カンマ区切り)] をクリックし、[エクスポート] をクリックします。
  3. [参照] をクリックします。
  4. メールのバックアップフォルダーを作成するを選択します。
  5. [ファイル名] ボックスで、次のように入力します。 アドレス帳のバックアップ、し、[保存] をクリックします。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. 、エクスポートするフィールドのチェック ボックスをオンにし、[完了] をクリックします。
  8. [OKを] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

手順 3: メール アカウントをファイルにエクスポートします。

  1. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。
  2. [メール] タブで、エクスポートするメール アカウントをクリックして、[エクスポート] をクリックしてください
  3. [保存先] ボックスに、メールのバックアップフォルダー選択し、[保存] をクリックします。
  4. エクスポートする各メール アカウントについて、この手順を繰り返します。
  5. [閉じる] をクリックします。

手順 4: ニュースグループ アカウントをファイルにエクスポートします。

  1. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。
  2. [ニュース] タブで、エクスポートするニュース アカウントをクリックし、[エクスポート] をクリックします。
  3. [保存先] ボックスに、メールのバックアップフォルダー選択し、[保存] をクリックします。
  4. エクスポートする各ニュース アカウントについて、この手順を繰り返します。
  5. [閉じる] をクリックします。

Outlook Express のアイテムを復元する方法

メモ アイテムを Outlook Express で複数の id を使用して復元するには、は、次の手順を実行する前に、id を再作成する必要があります。各ユーザーの必要に応じて、各手順を繰り返します。

手順 1: バックアップ フォルダーからメッセージをインポートします。

  1. [ファイル] メニューのインポート] をポイントし、[メッセージ] をクリックします。
  2. インポートする電子メール プログラムの選択] ボックスで [ Microsoft Outlook Express 5 ] または [ Microsoft Outlook Express 6と、し、[次へ] をクリックします。
  3. OE5 からのインポート メール ストア ディレクトリまたはインポートのメール、OE6 から格納ディレクトリをクリックし、[ OK] をクリックします。
  4. [参照] をクリックし、メール バックアップフォルダー] をクリックします。
  5. [OK] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. すべてのフォルダー] をクリックして、をし、[完了] をクリックします。

手順 2: アドレス帳ファイルをインポートします。

  1. [ファイル] メニュー [インポート] をクリックし、[ほかのアドレス帳] をクリックします。
  2. テキスト ファイル (カンマ区切り)] をクリックし、[インポート] をクリックします。
  3. [参照] をクリックします。
  4. メール バックアップフォルダーを選択、アドレス帳 backup.csvファイルをクリックし、[開く] をクリックします。
  5. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
  6. [OKを] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

手順 3: メール アカウント ファイルをインポートします。

  1. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。
  2. [メール] タブで、[インポート] をクリックします。
  3. [探す場所] ボックスに、メールのバックアップフォルダーを選択します。
  4. メール アカウントをインポートするをクリックし、[開く] をクリックします。
  5. インポートする各メール アカウントについて、この手順を繰り返します。
  6. [閉じる] をクリックします。

手順 4: ニュースグループ アカウント ファイルをインポートします。

  1. [ツール] メニューの [アカウント] をクリックします。
  2. [ニュース] タブで、[インポート] をクリックします。
  3. [探す場所] ボックスに、メールのバックアップフォルダーを選択します。
  4. インポートするニュース アカウントをクリックし、[開く] をクリックします.
  5. インポートする各ニュース アカウントについて、この手順を繰り返します。
  6. [閉じる] をクリックします。

禁止された送信者の一覧およびその他の電子メール ルールの保存方法

禁止された送信者の一覧およびその他の電子メール ルールの保存方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
276511 バックアップおよび Outlook Express の受信拒否リスト、およびその他のメール ルールを復元する方法

プロパティ

文書番号: 270670 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook Express 6.0
  • Microsoft Outlook Express 6.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Millennium Edition
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbexpertiseinter kbtshoot kbceip kbhowto kbmt KB270670 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:270670
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com