System Center 2012 用の更新プログラムのロールアップ 2 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2706783 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、インストールの指示との Microsoft System Center 2012 の更新プログラムのロールアップ 2 で修正される問題について説明します。

System Center 2012 の更新プログラム パッケージをインストールし、ダウンロードして、インストールの指示に従います。

更新プログラムのロールアップ 2 で修正される問題

アプリケーションのコント ローラー (KB2721175)

問題 1

セルフ サービス ユーザーは、システム Center 2012 App Controller のサービスを表示するときに、次の警告メッセージが表示されます。
データの取得が完了していません

この問題の詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
2709415 セルフ サービスのユーザーとしてシステム センター 2012 App Controller のサービスを表示するが、「データの取得が完了」の警告で失敗します。
問題 2

Center 2012 App Controller のシステム上のサービスの図を表示するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
カテゴリ: 重要な
説明: アプリケーションのコント ローラーでエラーが発生しを再起動する必要があります。閉じるをクリックすると、アプリケーションのコント ローラーを再起動します。
詳細: 指定されたノードが別のグラフに属しているし、このため、コレクションに追加できません。
問題 3

マイクロソフト Azure でのサービスを変更しようとして、変更が保存されません、次のエラー メッセージが表示されたら。

設定の指定の構成の設定が正しくありません。サービスの構成ファイルが、有効な XML ファイルであると、ロール インスタンスの数が正の整数として指定されていることを確認します。(StatusCode: BadRequest)

リモート サーバーがエラーを返しました: (400) 不正な要求です。(状態コード: System.Net.Exception)

Data Protection Manager (KB2706783)

問題 1

システム センター Data Protection Manager 2010年をアップグレードした後には、SharePoint データベースに既定以外の照合順序は、Microsoft SharePoint のバックアップは失敗します。

問題 2

暗号化されたファイルのバックアップは、グループ ポリシー オブジェクトの自己署名証明書が無効になっているサイレント モードで失敗します。

問題 3

Microsoft Data Protection Manager について] ダイアログ ボックスで、バージョンラベルが表示されます。ただし、バージョン番号は表示されません。

問題 4

[操作] メニューの [ヘルプ] は 2 回が表示されます。この問題は、DPM ヘルプ コマンドを使用して DPM のヘルプにアクセスすることができます今すぐために発生します。[操作] メニュー項目のヘルプは、Microsoft 管理コンソール (MMC) のヘルプを参照します。

問題 5

DPM コンソール表示] メニューで、すべての展開折りたたみのすべてのメニュー コマンドに複数回が表示されます。

問題 6

Windows PowerShell コマンドレットを使用しているクエリのライセンスが追加されます。

問題 7

ミラー サーバー名前がプリンシパル サーバー名で始まり、ミラー化されたコンテンツ データベースと SharePoint ファームは、DPM のバックアップが失敗します。サーバーのプリンシパル名が「マシン名」、この問題が発生する可能性がありますたとえば、ミラー化されたサーバー名は"MachineName1"、および既定以外のインスタンスを使用して、Microsoft SQL Server のコンテンツ データベースが存在します。

前の条件を満たすすべてのミラー化されたデータベースは、統合バックアップ障害の警告が発生すると、この問題が発生します。

このエラーが発生した場合は、次のエラー メッセージがあります。
プリンシパル SQL での (-SQL のプリンシパルとミラーの SQL の間でミラー化した) CONTENT_DB_NAME の SQL Server データベースのバックアップ操作を準備します。この操作は他のバックアップ操作が失敗したか、取り消されましたに依存しているために、FQDN が停止されました。(ID 30200)

問題 8

保護グループの変更時に、保有期間の範囲が変更されると、テープに書き込まれる既にデータセットの有効期限が変更されます。

たとえば、カスタムの長期的な回復目標を長期的なテープ ・ リカバリ ・ ポイントの保護グループが構成されています。回復目標 1 は、回復目標は他のより小さい保有期間の範囲を持っています。この構成では、回復目標 1 を削除して、他の回復の目標を維持する保護グループを変更する場合回復目標 1 を使用して作成したデータセットがある、保有期間の範囲、その他の回復目標の保有期間の範囲を変更

この問題を回避、次のサブキーの下に、IsDatasetExpiryDateChangeInModifyPgAllowedDWORD を作成し、その値を0に設定。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Configuration\MediaManager


問題 9

テープは午前 0 時にのみ再利用ジョブが DPM で実行すると、有効期限の日付の後に、次の日に再利用可能としてマークされます。テープは有効期限が切れていると、同時日付けで再利用する場合は、theExpireDatasetOnDayStart32 ビットの DWORD を作成し、1次のレジストリ キーに値を設定します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Configuration\MediaManager

問題 10

DPM では無効な日付が作成された日時を持つ保護されたサーバー上の保護されたフォルダーの参照は有効になりません。

問題 11

何百万ものファイルのテープ バックアップに失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
ID 998
詳細: このパラメーターは、間違っています。


オペレーション ・ マネージャー (KB2731874)

問題 1

Windows PowerShell モジュール実行空間の構成キャッシュを無期限に増加します。これにより、メモリの使用量を増やします。

問題 2

セット SCOMLicenseコマンドレットは、管理グループの評価の有効期限のタイムアウトの有効期限が切れている場合に失敗します。

Operations Manager - UNIX および Linux のモニタリング (管理パックの更新) を行います

問題 1

Oracle Solaris ルート ゾーンに専用 Cpu の範囲を使用する構成されている上、System Center Operations Manager エージェントがクラッシュする場合があります。

問題 2

プロセスがある引数に ASCII 以外の文字が含まれている場合は、UNIX および Linux エージェントのプロセスのプロバイダーが実行中のプロセスを列挙できません。これにより、プロセスとデーモンの監視します。

問題 3

.Rpm 仕様の Red Hat エンタープライズ Linux エージェントのファイルは、配布を指定しません。

オーケストレータ (KB2702112 - Runbook デザイナー (x 86)、Runbook サーバー (x 86))

問題 1

パブリッシュされたデータの使用を Windows Server 2008、Windows Vista、または以前のバージョンの Windows を実行しているシステムでアプリケーションを実行するには、「プログラムの実行] アクティビティがを返すことを以下のコンテンツと実行プログラム」の活動の失敗のステータス エラー概要には、システム センターのオーケストレータ Runbook。
オーケストレータ実行プログラム サービスを開始できません。 コンピューター名 -サービスは適切なタイミングで、開始要求または制御要求に応答しませんでした。(コード 1053年)

サービスが開始しようとする、リモート コンピューターでは、次のイベントがアプリケーション ログにキャプチャされます。
ログ名: アプリケーション
ソース: アプリケーション エラー
イベント ID: 1000
レベル: エラー
説明:
アプリケーション OrchestratorRunProgramService.exe、バージョン 0.0.0.0、タイムスタンプ 0x4f44a324、フォールト モジュール KERNEL32.dll エラー!SetProcessPreferredUILanguages、バージョン 6.0.6002.18005、0x49e03824 のタイムスタンプ、例外コード 0xc0000139、障害オフセット 0x0006f04e、
プロセス id 0x76c、アプリケーションの開始時刻 0x01cd134f73ced65a。

サービス ・ マネージャー (KB2719827)

問題 1

問題または活動の通知テンプレートには、URL リンクが正しくありません。この問題の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
インシデントや活動へのリンクを含む通知テンプレート (SCSM 2012)
問題 2

SMTP コネクタを使用して作成されたインシデントのタイムスタンプが正しくありません。

問題 3

サービス マネージャー ポータルでは、SharePoint サイトの言語を変更する場合は、誤った言語が表示されます。

問題 4

サービス マネージャーのアラートを Operations Manager のルールによって作成されたインシデントを生成しません。

Virtual Machine Manager (KB2742355 - コンソール、KB2724539 ? VMM サーバー、KB2725034: セルフ サービス ポータル)

問題 1

VMM 更新プログラムをインストールした後、AgentVersion のレジストリ値に記載されているバージョンが正しくないためエラー 413 で物理-バーチャル (P2V) 変換が失敗します。

問題 2

仮想マシンは、コピーではなく、イメージ ファイルの共有] オプションが選択されている場合は、ISO を使用する仮想マシンを構成した場合との「サポートされていない VM の構成」の状態。この問題の詳細については、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
2690619 ISO を使用するように構成する仮想マシンがシステム センター 2012年の Virtual Machine Manager でサポートされていない VM 構成のステータスを持つ
問題 3

シャット ダウンではなく、ホスト コンピューターに電源最適化の電源をオフします。

問題 4

VMware バーチャル マシンのチェックポイントを表示すると、VMM コンソールがクラッシュする可能性があります。併せて、次のエラー メッセージが表示されます。
'0' の値 'Value' に対して有効では。'値' は '最小' と '最大' の間にあります。

問題 5

仮想マシンの配置がホスト間で利用可能なメモリのサイズが異なる場合でも、同じのホスト評価を提供します。

問題 6

ログオンすることはできませんアプリ Controllerbecause VMM は一方向の信頼を持つドメインをサポートしていません。

問題 7

PRO ヒントの警告には、テキストは切り捨てられます。

問題 8

イメージ (ロゴ) の PRO ヒントは表示されません Center 2012 Operations Manager のシステムとの統合します。

問題 9

VMM コンソールはいくつかの百台のホストが存在する環境での読み込みに数分かかります。

問題 10

仮想マシンの配置は 1 ホストあたり最大で 30 秒必要があります。

問題 11

大規模な環境でパフォーマンスが低下して VMM コンソール。

問題 12

VMM は HYPER-V フェールオーバー クラスターで使用されているサード パーティのディスク リソースの種類を認識しません。

更新ホスト クラスターには、ジョブが失敗して、次のエラー メッセージが表示されます。

警告 (13926)
ホスト クラスターの cluster.contoso.com が完全に更新すべてのノードに接続できませんできます。可用性の高いストレージと仮想ネットワーク情報がこのクラスターの報告は不正確になります。

仮想マシンの「サポートされていないクラスター構成」状態である可能性があります失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

エラー (13924)
仮想マシン記憶域の非クラスター化を使用するため、高可用性バーチャル マシン (VMname) は VMM によってサポートされていません。



入手して、System Center 2012 のための更新プログラムのロールアップ 2 をインストールする方法

アプリケーションのコント ローラー、オーケストレータでは、Virtual Machine Manager の更新プログラム パッケージは、Microsoft Update から使用可能なです。

また、Data Protection Manager、運用マネージャー、およびサービス マネージャーの更新プログラム パッケージは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトから利用できます。

Data Protection Manager
http://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=30413

オペレーション マネージャー
http://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=30421

UNIX と Linux の管理パックを Operations Manager の更新します。
http://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=29696

サービス マネージャー
http://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=30410
手動での更新プログラム パッケージをインストールするには、昇格した特権でコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

msiexec.exe の場合パッケージ名>
たとえば、Virtual Machine Manager サーバーの更新 (KB2724539) をインストールするには次のコマンドを実行します。

msiexec.exe の場合 KB2724539_vmmServer_amd64.msp

インストール手順

アプリケーションのコント ローラーのインストール手順

Microsoft システム センター 2012年アプリケーション コント ローラー用の更新プログラムのロールアップ 2 をインストールするには、次の手順を実行します。
  1. コント ローラーのアプリケーション サーバーでは、Virtual Machine Manager コンソールの更新プログラムのロールアップ 1、または、それ以降の更新プログラム パッケージをインストールします。
  2. それぞれの VMM サーバーをライブラリの証明書を再インポートします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. アプリケーションのコント ローラーに管理者としてログオンします。
    2. 設定] を展開し、[接続] をクリックします。
    3. VMM サーバーごとに、VMM サーバーを証明書のインポート] をクリックします。

      注:
      • VMM ライブラリの証明書を再インポートする前に、またはアプリケーションのコント ローラーの更新プログラム パッケージをインストールした後に実行できます。
      • ライブラリの証明書をインポートし直すまでは、アプリケーションのコント ローラーを VMM ライブラリにファイルをコピーできません。
  3. システム センター 2012年アプリケーション ・ コント ローラー用の更新プログラム パッケージをインストールします。
注: アプリケーションのコント ローラーの言語パックをインストールした場合は、更新プログラムのロールアップ 2 をインストールした後なら、言語パックのファイルをコピーします。次の手順に従わない場合は、場合でも、言語パック、isinstalled コント ローラーのアプリケーション、web サイトは、ローカライズされたコンテンツを表示されません。

言語パックのファイルをコピーして、以下の手順を実行します。
  1. コント ローラーのアプリケーション サーバーで、管理者特権のコマンド プロンプト、次のコマンドを入力し、各コマンドの後 Enter キーを押します。
    cd の %ProgramFiles%\Microsoft システム センター 2012\App Controller\wwwroot\ClientBin\1.0.0.2

    クリックのコピー LanguagePack_*.xap.\1.0.0.3\*
  2. 次の 8 つのファイルが %ProgramFiles%\Microsoft システム センター 2012\App Controller\wwwroot\ClientBin\1.0.0.3 ディレクトリにあることを確認します。
    • LanguagePack_de.xap
    • LanguagePack_es.xap
    • LanguagePack_fr.xap
    • LanguagePack_it.xap
    • LanguagePack_ja.xap
    • LanguagePack_pt BR.xap
    • LanguagePack_ru.xap
    • LanguagePack_zh Hans.xap

メモ 言語パックがインストールされていない場合、言語パックをインストールした後は、以下の手順があります。

Data Protection Manager のインストールの手順

システム センター 2012 Data Protection Manager ののための更新プログラムのロールアップ 2 をインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. プログラムのロールアップ 2 の更新プログラム パッケージをインストールする前に、DPM データベースをバックアップします。
  2. システム センター 2012年の Data Protection Manager を実行しているサーバーで、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。これには、サーバー上の DataProtectionManager2012 KB2706783.exe ファイルを実行します。

    メモ このプログラムのロールアップ パッケージをインストールした後は、Data Protection Manager サーバーを再起動する必要があります。

  3. DPM 管理者コンソールで保護エージェントを更新します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。
    • 方法 1: DPM 管理者コンソールからの保護エージェントを更新します。
      1. DPM 管理者コンソールを開きます。
      2. [管理] タブで、[エージェント] タブをクリックします。
      3. 保護されたコンピューター ] ボックスの一覧で、コンピューターを操作ウィンドウで [更新] をクリックします。
      4. [はい] をクリックし、[エージェントの更新] をクリックします。

      メモ エージェントをアップグレードするためにコンピューターを再起動する必要があります。

    • 方法 2: 保護されたコンピューター上の保護エージェントを更新します。
      1. 更新プログラム保護エージェント パッケージを入手します」DPM_installation_location\DPM\DPM\Agents\RA\4.0.1915.00「System Center 2012 の Data Protection Manager サーバー上のディレクトリ。

        X86 ベースの更新プログラム
        i386\1033\DPMAgentInstaller_KB2706783.exe
        X64 ベースの更新プログラム
        amd64\1033\DPMAgentInstaller_KB2706783_AMD64.exe
        メモ DPMAgentInstaller.exe パッケージは、すべての言語に適用されます。

      2. エージェントのアーキテクチャに基づくそれぞれの保護されたコンピューター上の適切な DPMAgentInstaller.exe パッケージを実行します。
      3. System Center 2012 の Data Protection Manager サーバーの DPM 管理者コンソールを開きます。
      4. [エージェント] タブをクリックし、[管理] タブをクリックして.
      5. 保護されるコンピューターを選択して、情報の更新] をクリックして、エージェントのバージョンが 4.0.1915.00 として表示されていることを確認し、」

Operations Manager のインストール手順

この更新プログラムに関する既知の問題
  • 更新が更新プログラムのロールアップ 2 をインストールした後、コントロール パネルの [プログラム追加と削除の項目で表示されません。
  • 更新プログラムのロールアップ 2 をインストールした後は、コンソールのバージョン番号は変更されません。更新プログラムのロールアップ 2 のインストール後、コンソールのバージョン番号は 7.0.8560.0 のまま。
  • Web コンソールで更新プログラムのロールアップ 2 をインストールした後に Internet Explorer の冒頭に発生します。
    サーバー エラー '/OperationsManager' アプリケーション。
    この問題を解決する、閉じるし、Internet Explorer を再起動します。
インストールに関する注意事項
  • 操作マネージャーの更新プログラムのロールアップ 2 は最初に英語のみで提供され System Center 2012 の英語以外のバージョンには適用できません。英語以外のバージョンの更新プログラムのロールアップ 2 の後半 2012年で利用可能になります。
  • これらの更新プログラムは、管理者として実行する必要があります。
  • 閉じるには、コンピューターを再起動することを避けるため、コンソールの更新プログラムを適用する前に、コンソールがあります。
  • 再起動し、Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを起動するには、ブラウザーのキャッシュをクリアする必要があります。
  • サーバーをインストールした後、すぐにこの更新プログラムのロールアップをインストールしないようにします。それ以外の場合は、ヘルス サービスの状態は初期化されていないが、問題が発生する可能性があります。
  • ユーザー アカウント制御が有効な場合、更新プログラムの .msp ファイルが、昇格した特権のコマンド プロンプト ウィンドウから実行してください。
  • これらのデータベースの更新を実行するのには、オペレーション データベースとデータ ウェアハウスのデータベース インスタンスにシステム管理者の権限が必要です。
  • %Windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加した後、web コンソールの修正プログラムは動作します。
<machineKey validationkey="AutoGenerate,IsolateApps" decryptionkey="AutoGenerate,IsolateApps" validation="3DES" decryption="3DES"></machineKey>
メモ 下に行を追加する必要があります<system.web>、次の資料、マイクロソフト サポート技術に記載されているように、:</system.web>
911722 ビューステートに ASP.NET 1.1 から ASP.NET 2.0 へのアップグレード後に有効になっている ASP.NET Web ページにアクセスするとエラー メッセージが表示されます。

サポートされているインストールの順序
この更新プログラムのロールアップは、次の順序でインストールすることをお勧めします。

メモ か前に、または後に、サーバー インフラストラクチャにインストールされているエージェントの更新プログラムのロールアップ 2 をインストールできます。
  1. サーバー インフラストラクチャに更新プログラムをインストールします。
    1. 管理サーバーまたはサーバー
    2. ゲートウェイ サーバー
    3. レポート サーバー
    4. Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター
    5. オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター
  2. 手動での管理パックをインポートします。
  3. エージェントの手動インストール、またはプッシュ オペレーション コンソールでのインストールの保留を表示する、エージェントの更新プログラムを適用します。

メモ MG ティア接続の接続が有効な場合、最上位の層が最初修正する必要があります。

インストール情報
この更新プログラム パッケージに含まれているファイルを抽出するには、次の手順を実行。
  1. ローカル フォルダーまたは、利用可能なネットワーク共有には、次のファイルをコピーし、実行ファイルを抽出します。
    SystemCenter2012OperationsManager-UR2-KB2731874-X86-X64-IA64-ENU.exe
  2. 各コンピューターに、適切なプロトコルを適用します。

    以下の MSP ファイルは、更新プログラムに含まれます。特定のコンピューターに適用されるすべての MSP ファイルを適用する必要があります。たとえば、管理サーバーは、Web コンソールとコンソールの役割がインストールされているもが、3 つの MSP パッケージ管理サーバーに適用する必要があります。特定の各ロールのサーバーを保持する MSP パッケージの 1 つを適用してください。
    • Agent.msp ・ KB2731874 ・ AMD64
    • Console.msp ・ KB2731874 ・ AMD64
    • Gateway.msp ・ KB2731874 ・ AMD64
    • Reporting.msp ・ KB2731874 ・ AMD64
    • KB2731874 ・ AMD64-Server.msp
    • WebConsole.msp ・ KB2731874 ・ AMD64
    • --Agent.msp KB2731874 i386
    • --Console.msp KB2731874 i386
    • --Agent.msp KB2731874 ia64
  3. 次の管理パックをインポートします。
    • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.WebApplicationSolutions.Library.mpb
管理パックをディスクからインポートする方法については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
オペレーション マネージャー管理パックをインポートする方法

操作マネージャーの UNIX および Linux のパックとエージェントを監視するためのインストール手順

UNIX および Linux オペレーティング システム用のエージェント、更新の監視パックをインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. ダウンロードしてから、次のマイクロソフト web サイトから、更新された管理パックをインストールします。
    UNIX および Linux のオペレーティング システム用のパックを監視システム センター
  2. Linux または UNIX 環境で監視しているのバージョンごとの更新された管理パックをインポートします。
  3. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、更新 SCXAgentの Windows PowerShell コマンドレットか、UNIX および Linux エージェントのアップグレード ウィザードを使用して各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。

メモ 各 UNIX および Linux オペレーティング システムのバージョンの管理パック バンドル ファイルには、管理パックとエージェント ・ ファイルが含まれます。エージェント ファイルは、エージェントのアップグレードの前に、管理パック バンドルをインポートした後、数分間待ってからする必要があります。

Virtual Machine Manager のインストールの手順

メモ 英語以外のバージョンの VMM コンソールの更新プログラム (KB2724538) で問題が発見されました。新しい VMM コンソール更新 (KB2742355) は、マイクロソフトの更新プログラムにリリースされました。この更新プログラムは、古いコンソール更新 (KB2724538) がインストールされているかどうかに関係なく、すべての言語に対して利用可能になります。VMM のすべての言語に、この更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

VMM サーバー更新プログラムの更新プログラム ロールアップ 1 (KB2663959) がインストールされていない場合、管理されたコンピューター上の VMM エージェントを VMM サーバー更新プログラムのロールアップ 2 の更新プログラム (KB2724539) をインストールした後に更新するが。

管理されたコンピューター上の VMM エージェントを更新するには、以下の手順を実行します。
  1. VMM コンソールを開きます。
  2. ファブリックをクリックし、し、サーバーを選択します。
  3. [管理されたコンピューターでは、サーバーを [エージェントの更新] をクリックします。

更新プログラムのロールアップ 2 パッケージで更新されるファイル

アプリケーションのコント ローラーの更新プログラム (KB2721175)

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Microsoft.SystemCenter.CloudManager.Providers.Vmm.exe424,1121.0.1202.0
SelfServiceUser.xap691,173該当なし
UI です。Administrator.xap253,952該当なし
UI です。Jobs.xap233,472該当なし
UI です。Management.Core.xap236,492該当なし
UI です。ProductOverview.xap331,776該当なし
UI です。Rbac.xap240,792該当なし
UI です。Shell.xap2,725,797該当なし
Default.htm3,098該当なし
Microsoft.SystemCenter.CloudManager.Providers.Azure.exe459,4401.0.1202.0

Data Protection Manager (KB2706783)

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Utils.dll1,136,8964.0.1915.0
AMTE.dll289,0084.0.1915.0
CPWrapper.dll782,0644.0.1915.0
DPMRA.exe6,196,9764.0.1915.0
DPMac.exe2,004,2084.0.1915.0
Installagentpatch.exe113,9044.0.1915.0
Launchpatch.exe24,8164.0.1915.0
Inspect.dll166,1444.0.1915.0
Patchca.dll26,3684.0.1915.0
SQLWriterHelperPlugin.dll1,076,4644.0.1915.0
DsmFs.dll947,4404.0.1915.0
ManagedContainer.dll1,607,9204.0.1915.0
MonitoringPage.dll768,2404.0.1915.0
ObjectModel.dll1,128,7044.0.1915.0
ObjectModelCmdlet.dll366,8324.0.1915.0
ConfigurationPage.dll878,8484.0.1915.0
WSSCmdlets.dll149,7444.0.1915.0
WSS4Cmdlets.dll129,2644.0.1915.0
Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.MediaManager.dll923,8884.0.1915.0
EngineUICommon.dll551,1524.0.1915.0
DataProtectionManager.psd19,284該当なし
DataProtectionManager.psm114,971該当なし
ObjectModelCmdlet.dll Help.xml1,065,464該当なし

オペレーション ・ マネージャー (KB2731874)

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.PowerShell.dll88,7047.0.8560.1027
Microsoft.SystemCenter.OperationsManagerV10.Commands.dll318,0807.0.8560.1027

オーケストレータの更新プログラム (KB2702112)

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
OrchestratorRunProgramService.exe86,6807.0.1161.0

サービス マネージャーの更新プログラム (KB2719827)

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Microsoft.EnterpriseManagement.InboundEmail.Workflow.dll64,1207.0.1561.106
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.OpsMgrConnector.dll182,9047.0.1561.106
Microsoft.EnterpriseManagement.Notifications.Workflows.dll84,6007.0.1561.106
BaseSilverlightModule.zip27,707該当なし
ServiceCatalogSilverlightModule.xap659,302該当なし

Virtual Machine Manager 管理コンソールの更新プログラム (KB2724538)

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Microsoft.EnterpriseManagement.DataCenterManager.UI.DataGrid.dll162,7363.0.6019.0
Microsoft.VirtualManager.UI.Dialogs.dll2,672,5603.0.6019.0
Microsoft.VirtualManager.UI.VmmControls636,8483.0.6019.0
Remoting.dll640,9443.0.6019.0
VmmAdminUI.exe137,1363.0.6019.0
Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.dll1,526,0643.0.6040.0
Microsoft.VirtualManager.UI.Pages.Jobs.dll129,3363.0.6040.0
DB です。Adhc.dll723,2483.0.6040.0
Engine.Deployment.dll428,3363.0.6040.0
ImgLibEngine.dll1,263,9203.0.6040.0
VMWareImplementation.dll1,898,8003.0.6040.0
WSManAutomation.dll35,1203.0.6040.0
WsManWrappers.dll2,079,0243.0.6040.0

Virtual Machine Manager サーバーの更新プログラム (KB2724539)

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Engine.IndigoAccessLayer.dll317,3603.0.6019.0
Remoting.dll640,9443.0.6019.0
vmmAgent.exe3,143,6003.0.6019.0
Microsoft.EnterpriseManagement.DataCenterManager.UI.DataGrid.dll162,7363.0.6019.0
DB です。Adhc.dll723,2483.0.6040.0
Engine.Adhc.Operations.dll694,5763.0.6040.0
Engine.BitBos.dll186,6723.0.6040.0
Engine.Deployment.dll428,3363.0.6040.0
Engine.MomDal.dll571,6963.0.6040.0
Engine.Placement.dll231,7283.0.6040.0
Engine.Placement.ResourceModel.dll264,4963.0.6040.0
Engine.VmOperations.dll1,190,1923.0.6040.0
ImgLibEngine.dll1,263,9203.0.6040.0
VMWareImplementation.dll1,898,8003.0.6040.0
WSManAutomation.dll35,1203.0.6040.0
WsManWrappers.dll2,079,0243.0.6040.0
msiInstaller.dat12該当なし
msiInstaller.exe210,3523.0.6005.0
vmmAgent.msi3,831,808該当なし
msiInstaller.dat12該当なし
msiInstaller.exe174,0003.0.6005.0
vmmAgent.msi3,381,248該当なし

Virtual Machine Manager セルフ サービス ポータルの更新プログラム (KB2725034)

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Microsoft.EnterpriseManagement.DataCenterManager.UI.DataGrid.dll162,7363.0.6019.0
Remoting.dll640,9443.0.6019.0
DB です。Adhc.dll723,2483.0.6040.0
Engine.Deployment.dll428,3363.0.6040.0
ImgLibEngine.dll1,263,9203.0.6040.0
VMWareImplementation.dll1,898,8003.0.6040.0
WSManAutomation.dll35,1203.0.6040.0
WsManWrappers.dll2,079,0243.0.6040.0
Microsoft.SystemCenter.VirtualMachineManager.dll1,526,0643.0.6040.0


プロパティ

文書番号: 2706783 - 最終更新日: 2014年6月22日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center 2012
キーワード:?
kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB2706783 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2706783
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com