操作マネージャーの通知の通知を受信しないことがあります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2709639
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

警告のサブスクリプションの受信者で Microsoft のシステム センター操作マネージャーの電子メール通知を受信できません。

原因

System Center Operations Manager は、新しいアラートまたはアラートの解決状態の変更のある電子メール通知を送信できます。アラート定義、サブスクリプションの条件を満たしていると、他のすべての条件が満たされている限り、警告をサブスクライブするすべての受信者への電子メール通知を送信します。アラートがすべての条件を満たしていないかどうか、または受信者通知が正しく構成されて場合は、電子メール通知は表示されません。

解決方法

通知の条件が満たされていることを確認します。

SMTP サーバーに電子メール通知を送信するには、System Center Operations Manager を構成するためのプロセスは、次の Microsoft TechNet の記事に記載されています。

通知を構成します。

通知チャネルが、正しい FQDN および SMTP サーバーのポートを使用して構成します。アドレスとポートを Operations Manager 2007 R2 では、RMS から使用できます。のアドレスとポートは System Center 2012 の Operations Manager では、通知リソース共有元の一部であるすべての管理サーバーを使用する必要があります。アドレスまたはポートがファイアウォール ルールまたはマルウェア対策ソフトウェアによってブロックされている場合は、ルート管理サーバー (RMS) またはリソース プール サーバーの除外を作成してください。

チャネルは、匿名認証または Windows 認証を構成できます。匿名認証を選択した場合は、SMTP サーバーは、匿名接続を許可する必要があります。 または RMS または通知リソース プールの管理サーバーの IP アドレスの除外を使用するように構成します。Windows 認証を選択した場合は、アカウントとして実行を作成し、通知のアカウントのユーザーとして実行プロファイルに関連付けられている必要があります。このアカウントの SMTP サーバーを介して電子メール メッセージを送信する権限を持つ必要があります。詳細については、次の TechNet web ページを参照してください。

作成し、[通知アクション アカウントを構成します。

サブスクライバーの構成を確認します。

各サブスクライバーは、相手に通知が送信される間の時間を指定すると、スケジュールを持つことができます。そのサブスクライバーに構成されているすべてのアドレスに影響を与える、全般的な設定です。 各サブスクライバーがあるありますそのアドレスは通知を送信するかを指定すると、スケジュールに定義されているアドレスです。これにより、通知と柔軟性が向上します。

たとえば、サブスクライバーでは午前 8 時から 1 週間のすべての日の午後 5 時の一般的な通知の可用性があります。 ただし、このサブスクライバーが 2 つのアドレスを持つ別の通知の時刻。たとえば、サブスクライバーには、月曜日木曜日までからに構成されている勤務先住所、金曜日 〜 日曜日に構成されている代替住所などがあります。のサブスクライバーが電子メール通知を受け取らない場合は、サブスクライバーの全般的な可用性と特定のアドレスの可用性を両方とも設定通知を送信することができます前にします。

通知が送信されるアドレスは、有効なアドレスとしても確認する必要があります。のサブスクライバーの SMTP サーバーと電子メール クライアントは、Operations Manager のサーバーまたはドメイン名からの電子メール メッセージをブロックしているすべてのフィルタ リング規則ではありません。ようにフィルター処理から除外する規則 SMTP サーバーまたはクライアントに必要なかどうかは、通知チャネルで定義されている [返信先アドレスを追加できます。

サブスクリプションの適用性を確認します。

サブスクリプションの通知を送信するために満たす必要がある複数の条件を持つことができます。のいずれかの条件が満たされていない場合は、通知は送信されません。

、Operations Manager 2007 R2 で、最初の 2 つの使用可能な基準されインスタンスの特定のグループのメンバーになっているときに生成されるアラートのアラートが、特定のクラスのインスタンスで発生します。アラートの [ソース] フィールドにアラートを生成したインスタンスが表示されます、これら 2 つの条件で。クラスではなく、インスタンスの名前だけ通知が一覧表示されます。アラートはアラート表示で強調表示するときに、[アクション] メニューの [クラスの使用可能なアクションが一覧、クラスのインスタンスのメンバーが明確でない場合。クラスf は、基準、クラスは、サブスクリプションに含まれなければなりません。または、特定のインスタンスは、サブスクリプションが定義されている任意のグループのメンバーにする必要があります。

System Center 2012 Operations Manager、いくつかの他の条件は警告通知可能な基準として追加しました。1 つのサブスクリプションで複数の条件を指定できます。しかし、通知を送信するためのすべての条件を満たす必要があります。クラスおよびグループ メンバーシップに適用されるルールは、オペレーション マネージャー 2007 R2 に適用される同じ規則です。

場合によっては、インスタンスのための監視ノードまたはレプリケーション パートナーで、警告を生成することがあります。このような場合は、アラートのソースは、ウォッチャー ノードまたはレプリケーション パートナーです。したがって、ソースとしてウォッチャー ノードまたはレプリケーション パートナーを含まない警告のサブスクリプションは電子メール通知を送信しません。これの最も一般的なインスタンスは、元のインスタンスの正常性サービスのヘルス サービスの監視、エージェント ハートビート アラートが失われています。

特定のルールとモニターのサブスクリプションを作成できます。 、アラート ビューでは、特定の警告を強調表示されることができ、または警告を右クリックし、[通知] サブメニューを選択すると、[アクション] メニューからは、その警告の通知のサブスクリプションを作成できます。 、サブスクリプションに含まれる複数のアラートがあるかどうかは新しいサブスクリプション ウィザードで、ルールまたはモニターによって作成基準を選択でき、複数のルールとモニターを同時に選択することができます。

既定では、サブスクリプションはその他の動作が指定されている場合を除き、すべてのアラートの重大度と優先度のレベルについての通知を送信します。ルールとモニターの特定の重要度および優先順位の通知を作成するこれらのアラートの重要度と重要度を変更するオーバーライドは通常公開されます。のこれらのアラートのプロパティをオーバーライドできますこれらのルールとモニターによって発生したアラートに対する既存のサブスクリプションに含めるまたは既存のサブスクリプションからのような警告を除外します。

Operations Manager 2007 r2、解決状態の条件が指定されていない場合は、通知は送信、アラートが最初 (解決状態 0) が発生し、もう一度それを閉じるときに (解決状態 255)。カスタム解像度の状態、管理グループで使用している場合、新しい通知が送信されますたびに、アラートの解決状態を変更することです。 

アラートの解決状態を変更する場合にのみ、警告の通知が送信されます。 は、ルールまたはモニターによってアラートが生成し、アラートの抑制が有効になっているルールまたはモニターを元のアラートを閉じるか、または、カスタムの状態に移動する前に、警告を発生させる原因となった条件が再度検出、新しい通知は送信されません。アラートの繰り返し回数の増加に追加の通知は送信されません。ただし、導入後、アラートが閉じ、元のアラートを発生させた条件の新しい任意検出により、新しいアラートに対応する通知を発生させます。 

System Center 2012 Operations Manager、警告通知の送信されます警告が最初の解像度の状態に関係なく、すべての条件を満たすときにそれ自体の解決状態が条件でない限り。ルールまたはモニターのアラートを生成するアラートの抑制が有効の場合は 1 つだけ送信されますサブスクリプション条件が最初に満たされたときです。追加の通知は送信されませんアラートを閉じるし、新しいアラートが生成されるまでサブスクリプションのすべての条件に一致します。

条件の名前またはユーザー設定のフィールドで特定のテキストを検索するいくつか警告の通知の送信を防ぐこともできます。警告が指定されているフィールドが一致しない場合は、ワイルドカード値をワイルドカード文字列が通知できない場合がありますのための許可を条件を指定します。 のテストとして、簡単なワイルドカード値を使用、または、アラート通知が送信されることを確認するには、テスト中に、条件を排除します。

通知の遅延

警告のサブスクリプションをしばらくの間は変更されません、警告の基準にのみ通知を送信することができます。たとえば、20 分は、アラートのプロパティのいずれかの場合はメッセージを送信できません後に電子メール メッセージを送信するように構成されたサブスクリプション変更 20 分未満になった通知の条件を満たしていること。アラートのプロパティをもう一度、サブスクリプションの条件を満たすし、20 分以上のままにするを変更する場合は、通知が送信されます。

通知が送信される前に変更のプロパティ重要度、優先順位、解決状態、またはユーザー設定フィールドのプロパティがあります。警告モニターによって生成されるアラートの重要度が、モニターの状態と一致するように構成した場合、遅延期間の有効期限が切れる前に、モニター状態の変化でしたアラートの重大度を変更して通知条件として特定の重大度を使用するサブスクリプションを通知しないようにします。

場合は、RMS または通知リソース共有元の管理サーバーは、高いリソース使用率や負荷の期間が発生している、警告の通知を遅延させること。通知は、システム センター管理サービスによって実行されるワークフローです。

プロパティ

文書番号: 2709639 - 最終更新日: 2014年1月8日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbtshoot kbmt KB2709639 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2709639
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com