Visual Studio 11 Beta をアンインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2710678 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は Microsoft Visual Studio 11 Beta のリリースに適用されます。Visual Studio 11 の Developer Preview をアンインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2693272 Visual Studio 11 の Developer Preview をアンインストールする方法

新しいビルドをインストールする場合は、Visual Studio 11 の新しいバージョンに自動的にアップグレードされますので、Visual Studio 11 Beta をアンインストールするのにはありません。

詳細

手動で削除

Visual Studio 11 Beta 製品を手動で削除するには、まずメインの製品や、Microsoft Visual Studio 11 Ultimate Beta などの製品をアンインストールすることをお勧めします。次に、インストールされているその他の関連製品をアンインストールします。

メモ製品のアンインストールの順序は重要です。

プロジェクト ファイルとカスタムの設定などのユーザーが生成した資産はいない削除または Visual Studio をアンインストールすると影響を受けます。Visual Studio をアンインストールするには、次の手順を実行します。
  1. コントロール パネルでは、以前の追加と削除]、または [ARP] と呼ばれていたプログラムと機能] を開きます。または、このアイテムを開くには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] メニューをクリックします。 Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない (スタート + R)。
    2. 種類 control appwiz.cplプロパティ ]または、Enter キーを押します。
  2. 次の一覧ですべてのインストールされている主な製品をアンインストールします。

    メモこれらの製品のアンインストールの順序は重要です。

    ヒントコントロール パネルで、[Microsoft Visual Studio 11」にするには、製品の一覧がここで一覧表示のフィルターを検索できます。

    1. Microsoft Visual Studio 11 Ultimate Beta
    2. Microsoft Visual Studio 11 Premium Beta
    3. Microsoft Visual Studio 11 Professional Beta
    4. Microsoft Visual Studio 11 Express Beta for Windows 8
    5. Microsoft Visual Studio 11 Express Beta for Web
  3. インストールされている場合は、次のサポート パッケージをアンインストールします。
    Microsoft Visual Studio 11 Developer Preview Pre-Clean Tool

任意の製品の共有

必要に応じて、Visual Studio 11 Beta のとインストールされている次の共有製品をアンインストールします。

メモこれらの製品のアンインストールの順序は重要です。

警告これらのパッケージは、コンピューターの他の製品でも使用できます。これらの製品では、Visual Studio 2010年および Visual Studio 2008年があります。

  1. Microsoft Silverlight 5 Beta SDK
  2. Microsoft Silverlight 4 SDK
  3. DbSqlPackage のマイクロソフトを Web 配置プロバイダー 2011年 11 月
  4. Microsoft Visual Studio 11 SharePoint 開発者ツール ベータの英語の言語パック
  5. Microsoft SQL Server データ ツール、RC0 - 英語
  6. Microsoft SQL Server 2012 Management Objects RC0 (x64)
  7. Microsoft SQL Server 2012 Management Objects RC0
  8. Microsoft System CLR Types for SQL Server 2012 RC0 (x64)
  9. Microsoft System CLR Types for SQL Server 2012 RC0
  10. Microsoft SQL Server Compact 4.0 SP1 ENU CTP1
  11. Microsoft SQL Server 2012 Express LocalDB RC0
  12. Microsoft SQL Server データ ツールのビルド ユーティリティ 2012年 3 月
  13. Microsoft SQL Server 2012年の Transact SQL 言語サービス RC0
  14. Microsoft SQL Server 2012 Command Line Utilities RC0
  15. Microsoft SQL Server 2012 Native Client RC0
  16. Microsoft SQL Server 2012 Data-Tier App Framework
  17. Microsoft SQL Server 2012 Transact-SQL Compiler Service RC0
  18. Microsoft SQL Server 2012 Transact-SQL ScriptDom RC0
  19. RC0 の SSDT の前提条件
  20. Microsoft Visual Studio 2010 Tools for Office Runtime (x64)
  21. Microsoft Visual Studio 2010 Tools for Office Runtime (x86)
  22. Microsoft ASP.NET MVC 3
  23. Microsoft ASP.NET Web Pages
  24. WCF RIA Services V1.0 SP2
  25. Microsoft Web Platform Installer 4.0
  26. IIS 7.5 Express
  27. Microsoft Web Deploy 3.0
  28. Microsoft.NET Framework 4.5 Developer Beta Multi-Targeting Pack
  29. Microsoft.NET Framework 4 Multi-Targeting Pack の

インストールされている Visual Studio 11 Beta Updates の場合はもクリックする必要 インストールされている更新プログラムを表示します。 サイド ・ パネルの上に [プログラムと機能 コントロール パネルの項目し、次の項目を削除します。[その他のアイテムを削除することも可能性があります、 Microsoft Visual Studio 11 グループ内 インストールされた更新プログラム.
Microsoft Visual Studio 11 Beta 更新プログラム (KB2677574)

Visual Studio 11 Beta では、次のパッケージは、コマンド プロンプトを使用して削除する必要。コマンド プロンプトを起動するには、次の手順を実行します。

  1. で、 スタート メニューをクリックして Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない(スタート + R)。
  2. 種類 cmd.exeプロパティ ] または、Enter キーを押します。
コマンド プロンプトで、次の 1 行のコマンドを入力します。
start /wait msiexec.exe /x {1FE5F23D-88B8-40B4-9B6B-2F84F3808BDC} DSTDIR="%ProgramFiles%\Microsoft Visual Studio 11.0"

削除はお勧めしません、重要なシステム更新

Microsoft Visual Studio 11 Beta は、次のシステムの重要な更新プログラムもインストールできます。これらの更新プログラムがシステムにインストールされているままにしておくことをお勧めします。これらの更新プログラムの一部が表示されます。インストールされた更新プログラム.(インストールされた更新プログラム Windows のナビゲーション メニューにリンクされます。)

警告これらのパッケージは、コンピューターの他の製品でも使用できます。これらの製品に Visual Studio 2010年、Visual Studio 2008 は、開発者がこれらの製品のいずれかを使用して構築されたすべての製品があります。
  • Microsoft Silverlight
  • Microsoft.NET Framework 4.5 Beta の
  • Microsoft Visual C++ 2008 x 64 9.0.30729.4148 - 再配布可能
  • Microsoft Visual C++ 2008 x 64 9.0.30729.6161 - 再配布可能
  • Microsoft Visual C++ 2008 x 86 の 9.0.30729.4148 の再頒布可能
  • Microsoft Visual C++ 2008 x 86 の 9.0.30729.6161 の再頒布可能
  • Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable (x64)
  • Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable (x86)
メモ1 つまたは複数の製品が Microsoft Visual Studio 11 Beta をアンインストールした後に機能を停止することを見つける場合は、これらの製品を修復してください。

プロパティ

文書番号: 2710678 - 最終更新日: 2012年11月16日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 2012 Beta
キーワード:?
kbtshoot kbmt KB2710678 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2710678
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com