[XGEN] 6 個または 8 個のプロセッサを使用する Windows 2000 Active Directory サーバーでExchange 2000 を実行するための最適化

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 271088 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP271088
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Exchange 2000 Server はユーザー情報と構成情報の両方に関して Microsoft Windows 2000 Active Directory に依存しています。Exchange 2000 はこの情報に関してドメイン コントローラやグローバル カタログ サーバーと通信するために主に LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) を使用します。Exchange 2000 は Active Directory をきわめて効果的に使用しますが、多くのサーバー操作やユーザー操作では LDAP ディレクトリの照合が必要になります。

Windows 2000 サイトに多くの Exchange 2000 サーバーが存在するときは、Active Directory サーバー上に非常に大きな LDAP の負荷がかかる可能性があります。デフォルトでは、Active Directory は MaxActiveQueries 値が 20 (LDAP クエリ数) になるように構成されます。この設定は、Active Directory が処理できる保留中の LDAP クエリの最大数です。

この制限値に達すると、Active Directory はエラー メッセージ "LDAP_ADMIN_LIMIT_EXCEEDED" を返し、それ以後の LDAP クエリは処理しません。一般的には、MaxActiveQueries 値の 20 は大部分の Active Directory サーバーで十分な値ですが、6 個または 8 個のプロセッサを持つドメイン コントローラが実行されていて、このエラー メッセージが表示される場合は、この値を増加する必要があります。

詳細

Windows 2000 Ntdsutil.exe ツールを使用して、MaxActiveQueries 値を増加できます。

この設定を増加すると、Active Directory で Lsass.exe プロセスで使用するメモリがいくぶん多くなります。そのため、必要以上にこの値を増加しないようにします。この値を変更する手順の概要を次の例で示します。
c:\>ntdsutil.exe
ntdsutil: Ldap policies
ldap policy: connections
server connections: Connect to server DCServer1
DCServer1 に結合しています...
ローカルでログオンしているユーザー資格情報を使って DCServer1 に接続しました
server connections: q
ldap policy: Show Values
Policy                          Current(New)

MaxPoolThreads              8
MaxDatagramRecv             1024
MaxReceiveBuffer            10485760
InitRecvTimeout             120
MaxConnections              5000
MaxConnIdleTime             900
MaxActiveQueries            20
MaxPageSize                 1000
MaxQueryDuration            120
MaxTempTableSize            10000
MaxResultSetSize            262144
MaxNotificationPerConn      5
ldap policy: set MaxActiveQueries to 40
ldap policy: Commit Changes
ldap policy: Show Values

Policy                          Current(New)

MaxPoolThreads              8
MaxDatagramRecv             1024
MaxReceiveBuffer            10485760
InitRecvTimeout             120
MaxConnections              5000
MaxConnIdleTime             900
MaxActiveQueries            40
MaxPageSize                 1000
MaxQueryDuration            120
MaxTempTableSize            10000
MaxResultSetSize            262144
MaxNotificationPerConn      5

ldap policy: q
ntdsutil: q
DCServer1 から切断しています...
Active Directory は再起動しないでこの値を使用します。上記の例では Active Directory は一度に 40 を超える LDAP クエリは処理しません。

: この設定は、フォレスト内のすべての Active Directory サーバーに対してグローバルです。1 つの Active Directory サーバーでこの値を変更すると、フォレスト内のその他のすべてのドメイン コントローラが同様にこの値を使用します。

詳細

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 271088 (最終更新日 2000-10-20) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 271088 - 最終更新日: 2014年2月1日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo KB271088
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com