トランザクション ログのバックアップ/リストア ・ プロセスでは、SQL Server し、最小ログ記録操作の影響の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 272093
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

一部の操作は、いずれかがログに記録されない、最小限のログ記録や、トランザクション ログのアクティブでない部分を削除するか、トランザクション ・ ログのシーケンスに効果があります。この資料でこれらの操作に関する情報を提供してその影響、後続のトランザクション ログ バックアップおよびリストア プロセス。

SQL Server 2000 SQL Server 7.0 に比べると、次の 3 つの新しいリカバリ ・ モデルを使用します。SQL Server 2000年の違いもこの資料に記載します。

詳細

SQL Server 7.0

このようなログに記録されない操作の後、トランザクション ログのバックアップを実行しようとするとによってログに記録されない操作を SQL Server 7.0 3 つの異なる方法で動作可能性があります。
  • 現象 1これらのエラー メッセージが、バックアップは失敗します。
    サーバー: メッセージ 4213、レベル 16、状態 1、行 1

    BACKUP LOG を許可できませんファイル 'dbname' ログに記録されない更新が行われていて、ロール フォワードすることはできません。データベースのフルまたは差分のデータベース バックアップを実行します。
    - と -
    サーバー: メッセージ 3013, レベル 16、状態 1、行 1

    [バックアップまたは復元操作が異常終了します。
    この現象の原因は何ですか。

    動作する 1 つの可能性がログに記録されない操作は次のとおりです。

    • ログに記録されません。 bcp
    • 選択します。
    • WRITETEXT
    • UPDATETEXT
    • データ変換サービス (DTS) と 高速読み込みを使用します。テーブル ・ ロック 有効にします。
    すべての上記の操作には、データを変更するか、新しいデータを挿入する必要があります。新しいデータ完全がトランザクション ログにログオンしていないので、ログは、後の場合、致命的なエラーのデータを復元するのには使用できません。トランザクション ログのバックアップを再開する前に、完全または差分データベース バックアップを行う必要があります。

  • これらのエラー メッセージが、バックアップは失敗します。現象 2バックアップは、この警告メッセージを返し、トランザクション ログのバックアップを実行します。
    現在のデータベースのバックアップはありません。このログ バックアップは、以前のデータベース バックアップをロール フォワードするのには使用できません。
    この現象の原因は何ですか。

    現象 2 につながる操作は次のとおりです。

    • バックアップ ログと TRUNCATE_ONLY
    • sp_dboption 「trunc。「うにのログ、後に TRUE に設定する

      sp_dboption 「trunc。うにログイン、FALSE に設定します。
    これらの操作は、トランザクション ログのバックアップを作成せずトランザクション ログのアクティブでない部分を切り捨てます。ログを切り捨てた後は、しようとするトランザクション ログをバックアップすると、警告メッセージを返します。トランザクション ログのバックアップを作成する SQL Server を中断します。ただし、このトランザクション ログのバックアップは無効であり、復元できます。次のエラー メッセージは、このようなログ バックアップを復元しようとするとが返されます。

    サーバー: メッセージ 4305、レベル 16、状態 1、行 1

    データベース転送にロール フォワードされてがないために、このバックアップ セットを復元できません。このログを復元する前に、最初に以前のすべてのログに復元する必要があります。
    - と -
    サーバー: メッセージ 3013, レベル 16、状態 1、行 1

    [バックアップまたは復元操作が異常終了します。
    この動作は仕様です。上記の操作のいずれかを実行するすべてのユーザーは、操作とその結果の機能に注意ください。前の操作のいずれかを実行すると、完全または差分データベース バックアップを実行する必要があります。
  • これらのエラー メッセージが、バックアップは失敗します。現象 3トランザクション ログは、警告メッセージなしでバックアップされています。
この現象の原因は何ですか。

操作の動作を 3 つ要し:
  • テーブルを切り捨てください。
切り捨てのテーブルは、テーブルで使用されているページを回収します。ページの割り当て解除の情報をトランザクション ログに記録します。したがって、操作ロール フォワードできます。それ以降のトランザクション ログのバックアップは許可され、後で復元に使用できます。

SQL Server 2000年および SQL Server 2005 で

完全復旧モデルでは、すべての変更をデータベースに記録されます。何も上記のエラー条件が発生しないようにします。

単純復旧モデルでは、常にトランザクション ログをバックアップしようとする、次のエラー メッセージで失敗します。
サーバー: メッセージ 4208、レベル 16、状態 1、行 1

復旧モデルが SIMPLE であるときに、BACKUP LOG ステートメントは許可されていません。データベースのバックアップを使用するか、ALTER DATABASE を使用して復旧モデルを変更します。
- と -
サーバー: メッセージ 3013, レベル 16、状態 1、行 1

BACKUP LOG が異常終了しています。
一括ログ記録モデルでは、最小限のログ記録は、トランザクション ログの領域を保存するのには、次の操作を実行できます。
  • 一括読み込みの操作など bcp 一括挿入します。
  • インデックス付きのビューを含むインデックスの作成をします。
  • 選択します。
  • WRITETEXT
  • UPDATETEXT
  • DTS で 高速読み込みを使用します。テーブル ・ ロック 有効にします。
SQL Server 7.0 の異なる、SQL Server 2000、および SQL Server 2005 は、実際にできます最小限ログに記録された操作の後にそのようなバックアップをトランザクション ログ。このようなトランザクションのバックアップがログをログのバックアップだけでなく、その前の操作に割り当てられているエクステントもバックアップします。そのため、このようなログ バックアップを後でリストアに使用できます。ただし、一括ログ復旧モデルのみデータベースのログ バックアップに一括変更が含まれている場合は、トランザクション ログ バックアップの最後に復元することができます。ポイント ・ イン ・ タイム ・ リカバリはサポートされていません。さらに、一括ログ操作を含む、ログのバックアップは、データベース内のすべてのデータ ファイルへのアクセスが必要です。データ ファイルにアクセスできない場合は、最後のトランザクション ログはバックアップできませんし、そのログの中のすべてのコミット操作がすべて失われます。

SQL Server 2000年および SQL Server 2005 では、チェックポイントの切り捨てログオンは下位互換性のためだけに存在します。マイクロソフトは、単純復旧モデルを使用することをお勧めします。戻って、完全または一括ログ復旧モデルを単純に変更すると、それ以降のトランザクション ログのバックアップ現象 2 は、"SQL Server 7.0"のセクションで説明したように、同じ警告メッセージを返し、警告メッセージの後、ログのバックアップを実行します。

このようなトランザクション ログのバックアップを使用して後続の復元操作は、次のエラー メッセージが失敗します。
サーバー: メッセージ 4305、レベル 16、状態 1、行 1

このバックアップ セットのログは LSN で開始します。 LSNnumber、が遅すぎますをデータベースに適用します。LSN が含まれています、以前のログ バックアップ LSNnumber 復元することができます。
- と -
サーバー: メッセージ 3013, レベル 16、状態 1、行 1

RESTORE LOG が異常終了しています。
"SQL Server 7.0"のセクションで説明する 3 つの動作は、SQL Server 2000 にも適用されます。

プロパティ

文書番号: 272093 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB272093 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:272093
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com