[MS12-051] Microsoft Office for Mac の脆弱性により、特権が昇格される (2012 年 7 月 10 日)

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2721015 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS12-051 を公開しました。このセキュリティ情報には、Microsoft Office for Mac 2011 用のセキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms12-051


更新プログラムの詳細

ある種の Microsoft Office 2011 for Mac 14.2 のインストールでフォルダーのアクセス許可が設定されている方法に、セキュリティ上の脆弱性が存在します。この更新プログラムを適用することにより、脆弱性が解消されます。

この更新プログラムに含まれる機能強化

Office for Mac 2011 14.2.3 更新プログラムでは、以下の点が強化されました。
  • この更新プログラムを適用すると、Micorosft Document Connection の一部の OneDrive (旧称、SkyDrive) フォルダーが、フォルダーではなく 0 バイトのファイルとして表示される問題が修正されます。
  • この更新プログラムを適用すると、OneDrive (旧称、SkyDrive) との接続の信頼性に関する重要な更新が行われます。

Excel for Mac 2011 の機能強化

  • この更新プログラム適用すると、ドラッグして PivotTable の行または列を移動する際の、Excel の安定性が向上します。
  • この更新プログラムを適用すると、リンクが無視される場合であっても #REF が返される Excel の問題が修正されます。

Outlook for Mac 2011 の機能強化

  • この更新プログラムを適用すると、"メールボックスを作成できない"、"不明な名前空間"、または "1025" というエラーが繰り返し表示される、一部の IMAP 構成の問題が修正されます。
  • この更新プログラムを適用すると、Lync または Communicator が実行されている場合に、Outlook で特定の連絡先に関する詳細が表示されない問題が修正されます。
  • この更新プログラムを適用すると、Exchange 2007 サーバーからダウンロードされた Exchange の電子メール メッセージに対して、ユーザーが返信または転送を行うときに発生する問題が修正されます。この問題が発生した場合、メッセージの本文に "日付" フィールドは存在しません。

    既にキャッシュされている電子メール メッセージを修正するには、電子メール メッセージが含まれるフォルダーを右クリックし、[フォルダーのプロパティ] を選択してから、[キャッシュを空にする] の下にある [空にする] を選択します。または、Exchange アカウントを削除してからそのアカウントを再度追加して、アカウントの再同期を行います。
  • この更新プログラムを適用すると、ユーザーが Gmail を使用し、IMAP を使用して Outlook に接続する場合にメールの重複が発生する可能性がある問題が修正されます。この問題が発生するには、ユーザーが、Gmail の [すべてのメール] フォルダーにサブスクライブしていて、[すべてのメール] フォルダーに出現する新しいメールによりトリガーされる規則を使用、移動、またはコピーする必要があります。
  • この更新プログラムを適用すると、IMAP アカウントを使用する一部のユーザーに、同時接続の数が多すぎるというエラーが断続的に表示される問題が修正されます。IMAP サーバーに Outlook で使用するポーリング間隔を制御する設定が使用できるようになりました。

    この設定を調整するには、[ツール]、[アカウント] の順に選択し、IMAP アカウントに関する [詳細] を選択します。設定の既定では、2 分ごとにすべての lMAP フォルダーを同期させます。
  • この更新プログラムを適用すると、NTLM ベースの認証を使用するプロキシ サーバー経由で Outlook が接続する場合に発生する接続の問題が修正されます。

Word for Mac 2011 の機能強化

  • この更新プログラムを適用すると、Word と全画面表示との統合が向上します。

この更新プログラムに含まれている、これまでにリリースされた機能強化

この更新プログラムには、Microsoft Office for Mac 2011 14.1.0 更新プログラムのリリース以降にこれまでにリリースされた Office 2011 更新プログラムに含まれているすべての機能強化が含まれています。. 以前にリリースされた更新プログラムの機能強化の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2555784 Microsoft Office for Mac 2011 14.1.2 更新プログラムについて

2598783 Microsoft Office for Mac 2011 14.1.3 更新プログラムについて

2644347 Microsoft Office for Mac 2011 14.1.4 更新プログラムについて

2685940 Microsoft Office for Mac 2011 14.2.0 更新プログラムについて

2705358 Microsoft Office for Mac 2011 14.2.1 更新プログラムについて

2665351 Microsoft Office for Mac 2011 14.2.2 更新プログラムについて

必要条件

Office 2011 14.2.3 更新プログラムをインストールする前に、コンピューターで Mac OS X v10.5.8 またはそれ以降のバージョンの Mac OS X オペレーティング システムが実行されていることを確認します。

コンピューターがこの必要条件を満たしていることを確認するには、アップル メニューの [この Mac について] をクリックします。

さらに、Office for Mac 2011 14.2.3 更新プログラムをインストールする前に、Microsoft Office for Mac 2011 14.1 更新プログラムをインストールする必要があります。

コンピューターにこの更新プログラムがインストールされていることを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [アプリケーション] をクリックします。
  2. Microsoft Office 2011 フォルダーを開き、いずれかの Office アプリケーションを開きます (Word を開くなど)。
  3. [Word] メニューの [Word について] をクリックします。
  4. [Word について] ダイアログ ボックスで、[最新のインストール済み更新プログラム] に表示されるバージョン番号を比較します。

更新プログラムの入手方法

Microsoft ダウンロード センターから以下のファイルをダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Microsoft Office for Mac 14.2.3 更新プログラム パッケージ

リリース日: 2012 年 7 月 10 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

更新されたファイル

この更新プログラムによって追加または変更されるファイルの完全な一覧を参照するには、更新プログラム インストーラーをダブルクリックします。続いて、[ファイル] メニューの [ファイルを表示] をクリックします。
注意事項
  • Office 2011 14.2.3 更新プログラムは、Microsoft AutoUpdate を使用して入手することもできます。AutoUpdate は、マイクロソフトのソフトウェアを自動的に最新の状態に保つためのプログラムです。

    AutoUpdate を使用するには、Microsoft Office プログラムを起動し、[ヘルプ] メニューの [更新プログラムのチェック] をクリックします。

    Office for Mac 2011 のリソースの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/japan/mac/

ファイル ハッシュ情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名SHA1 ハッシュSHA256 ハッシュ
Office2011-1423UpdateEN.dmg85A53CF30D4E80C218BC260596E75FA58FD9A6715B14B7D6296F4449B277A0FD27FCE723341CBDD6BB49CD3872B85183FFA87F53

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2721015 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office for Mac 2011 Standard Edition
  • Microsoft Office for Mac Academic 2011
  • Microsoft Office for Mac Home and Business 2011
  • Microsoft Office for Mac Home and Business 2011 Home Use Program
  • Microsoft Office for Mac Home and Student 2011
  • Microsoft Excel 2011 for Mac
  • Microsoft Lync for Mac 2011
  • Microsoft Outlook 2011 for Mac
  • Microsoft PowerPoint 2011 for Mac
  • Microsoft Word 2011 for Mac
キーワード:?
kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsecurity kbsecbulletin kbsecvulnerability kbbug kbsurveynew KB2721015
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com