グループ ポリシー オブジェクトを使用して、簡易 MAPI を outlook 2010 のプログラムによるセキュリティ設定を構成できません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2723336
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Outlook 2010 セキュリティの設定を構成するには、グループ ポリシー オブジェクトを使用しています。これを行うの簡易 MAPI プログラムによるセキュリティ設定を正しく構成できないことに注意してください。

解決方法

この問題を解決するには、対応するレジストリ エントリを構成します。これを行うには、次の手順を実行します。

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. 1 (PromptUser [デフォルト値])、2 (AutoApprove)、または 0 (AutoDeny) の 1 つまたは複数、次のレジストリ エントリの値データを設定します。
    • PromptSimpleMAPISend
    • PromptSimpleMAPINameResolve
    • PromptSimpleMAPIOpenMessage
    たとえば、PromptSimpleMAPISend レジストリ エントリの値データを 1 に設定するには、次の手順を実行します。
    1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] をクリックし、プロパティ ].
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Security

      このレジストリ パスが存在しない場合、手動で作成します。
    3. で、 編集 メニューのポイント 新しいプロパティ DWORD 値.
    4. 種類 PromptSimpleMAPISend、し、Enter キーを押します。
    5. Usbehci.sys PromptSimpleMAPISendプロパティ 変更.
    6. で、 [値のデータ ボックス、入力 1プロパティ ].
    7. レジストリ エディターを終了します。
次の方法のいずれかを使用して、このレジストリ データを展開できます。

  • グループ ポリシー
  • ログオン スクリプト
  • (Outlook 2010) Office カスタマイズ ツールで作成された更新プログラム ファイル (.msp)

ユーザー設定のグループ ポリシー テンプレートを使用してこれらの簡易 MAPI の設定を展開する方法の詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

詳細

ユーザー設定のグループ ポリシー テンプレートを使用して、簡易 MAPI の設定を展開するには、次の手順を実行します。

  1. ダウンロードして、Microsoft ダウンロード センターから次のユーザー設定のグループ ポリシー テンプレートを展開します。

    http://download.microsoft.com/download/6/D/1/6D113C3D-4651-4DE3-A501-7B602B0E0DEC/Outlk14-simplemapi.adm
  2. Outlook 2010 のメイン グループ ポリシー テンプレートがあるない場合は、ダウンロードして、マイクロソフト ・ ダウンロード ・ センターから最新のテンプレートを展開します。

    http://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=18968
  3. 追加、 Outlk14.adm 手順 2 で、ドメイン コント ローラーにダウンロードするファイルです。

    .Adm ファイルがドメイン コント ローラーに追加する手順は、実行している Windows のバージョンによって異なります。また、組織単位 (OU)、ドメイン全体にポリシーを適用することがありますので、手順、ポリシーを適用するは、この点で異なる場合があります。そのため、詳細については、Windows のマニュアルを確認してください。
  4. ユーザー設定を追加します。 Outlk14 simplemapi.adm 手順 1 で、ドメイン コント ローラーにダウンロードするファイルです。
  5. [ユーザーの構成、展開 従来の管理用テンプレート (ADM) [ポリシー] ノードで、テンプレートを検索するには。

    Windows XP および Windows Server 2003 を展開します。 管理用テンプレート.
  6. Exchange セキュリティ フォーム設定をグループ ポリシーを使用して設定するのには、設定する必要があります、Outlook セキュリティ モード設定するには 使用して Outlook のセキュリティのグループ ポリシー.そのポリシー設定を検索するを展開します。従来の管理用テンプレート (ADM)、展開 Microsoft Outlook 2010、展開 セキュリティプロパティ フォームのセキュリティ設定.詳細ペインでダブルクリックします。 Outlook セキュリティ モード.このポリシーを有効にし、設定するには使用して Outlook のセキュリティのグループ ポリシー、次のスクリーン ショットに示すように。

    元に戻す画像を拡大する
    2723459

  7. 簡易 MAPI のオプション ナビゲーション ウィンドウ (左側のウィンドウ) での格納場所します。フォームのセキュリティ設定、で、 プログラムによるセキュリティノードは、次のスクリーン ショットに示すように。構成するのには簡易 MAPI オプションは、詳細ペインで、ポリシー設定をダブルクリックします。たとえば、ダブルクリックします。 簡易 MAPI のメッセージの送信を構成します。プログラムを使用して、SimpleMAPI を使用してメールを送信しようとすると動作を構成します。

    元に戻す画像を拡大する
    2723460

  8. ポリシー設定のダイアログ ボックスをクリックします。 有効になっています。 ポリシーを有効にし、目的の動作を設定するのはガードの動作 ドロップダウンします。

    たとえば、次の画面を示していますを撮影、ガードの動作 オプション、 簡易 MAPI のメッセージの送信を構成します。 設定します。

    元に戻す画像を拡大する
    2723461

  9. 簡易 MAPI のポリシーの構成が完了し、Outlook クライアントに伝達されると、次のレジストリ サブキーを調べることによって、ポリシーが Outlook に使用可能であるかを確認できます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Security

    次のスクリーン ショットは、レジストリに次の 3 つすべての簡易 MAPI ポリシーが構成されている Outlook クライアントを示しています。

    元に戻す画像を拡大する
    2723463


    Outlook セキュリティ モード手順 6 の作成を設定するポリシーの設定をグループ化、AdminSecurityMode値を 3 に設定します。これは、Outlook がプログラムによるセキュリティの管理にグループ ポリシーを使用することを示します。

プロパティ

文書番号: 2723336 - 最終更新日: 2012年6月19日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbexpertiseinter kbmt KB2723336 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2723336
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com