エラー メッセージ: ブート レコード署名 AA55 が見つかりませんでした。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 272395 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
使用中のハードウェアに関する問題がこの資料で説明されていない場合、下記のマイクロソフト Web サイトで、その他のハードウェアについての資料を参照してください:
http://support.microsoft.com/default.aspx/w98?sid=460
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

上記の Microsoft オペレーティング システムのいずれかをコンピューターにインストールすると、コンピューターを再起動しようとし、イニシャライズ次のエラー メッセージの。

コンピュータ ディスク ハードウェアの問題のため、Windows NT を起動できませんでした。 選択したブート ディスクから読み取れませんでした。 ブート パスとディスク ハードウェアを確認します。 ハードウェア ディスクの構成については Windows NT マニュアルを、ハードウェアに関する詳細についてはハードウェアのマニュアルを参照してください。 ブートに失敗しました。
- または -
ブート レコード署名が AA55 見つかりません、xxxx Found セットアップはコンピューターのハードウェア構成検査しています. NTDETECT に失敗しました
- または -
ブートの署名 AA55 エラーが見つかりません

原因

この現象は、次の 2 つの理由の 1 つ発生することができます。
  • Microsoft Windows NT 4. 0 で、ハード_ディスク上にある、オペレーティング システムが [サイズ] で、4 ギガバイト (GB) より大きいパーティション内か、ハード ディスク自体はサイズが 7. 8 GB より大きいため、コンピューターを再起動するは失敗しました。

    : この現象は、Microsoft Windows 2000 では発生しません。
  • マスター ブート レコード (MBR) または、ブート セクターには、最後が 55 AA ブート署名、セクターの最後がありません。

    : コンピューターのハードウェアの誤動作する場合やコンピューター システムにウイルスがある場合にこの現象が発生します。

解決方法

この現象を解決するには、手順、次の 2 つのセクションのいずれか。

Windows NT 4. 0 のパーティションが少なくとも 4. 0 GB 場合、またはハード ディスクが 7. 8 GB より大きい場合に。

  • ハード_ディスクの最初の 4. 0 GB のパーティション上の Windows NT 4. 0 のインストールし、ハード_ディスクのサイズは 7. 8 GB を拡張していないということを確認します。
  • multi() の構文、Boot.ini ファイルで使用中にこの現象が発生するので Boot.ini ファイル scsi() 構文を代わりに使用するを変更します。

Boot.ini ファイルを変更する方法についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
102873Boot.ini ARC パスの名前付け規則、および配分状況] ビュー


: Windows NT 4. 0 Service Pack 4. 0 が 7. 8 GB を超えるハード_ディスクを認識するコンピューター システムを有効にされた Atapi.sys ファイルのバージョンを格納します。

場合は、マスター ブート レコード署名 (Microsoft Windows 95、Windows 98、Microsoft Windows NT、または Microsoft Windows 2000) が表示されません。

Microsoft ディスク (Windows NT 上で実行) を確認または Norton Diskedit などディスク エディターを使用して (MS-DOS で実行) パーティション テーブル エントリがもそのまま使用するかどうか、ブート レコード署名 (最後が 55 AA) が存在を確認します。 最初のセクター、任意のハード ディスク上のセクター 0 (ゼロ) には、MBR と、パーティション テーブル含まれます。 最後の 2 バイトのセクター 0 は、ブート レコード署名バイト (最後が 55 AA) です。 ブート レコード署名がない場合ディスク エディターを使って、適切な場所にこれらの値を入力します。 ただし、この動作は、通常は、MBR と可能性のある、パーティション テーブルが破損していることを示します。

パーティション テーブルが壊れている場合の再を簡単に構築できませんし、パーティション テーブルを回復する方法については、この資料の範囲外します。 ただし、破損した MBR を回復する簡単にできます: セクター 0 には、ブート レコード署名が含まれていますがし、 fdisk/mbr コマンドを実行する安全にできます、ようにする必要があります。 このコマンドは最後が 55 AA が、セクターの最後に存在する場合のセクター 0 MBR コードのみを書き換えます。

警告 : パーティション テーブルとそのハード_ディスク上のすべてのパーティション情報が破棄されます記載されている最後が 55 AA がセクター 0 の末尾に存在しない場合を前コマンドを実行します。

: MS-DOS、Windows 95 または Windows 98 起動ディスクから fdisk/mbr コマンドを実行することができます。

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題である Microsoft Windows NT で。

詳細

スタートアップおよびセットアップ処理中に BIOS INT13 関数の使用ハード_ディスクを Windows NT で複数のコンポーネントにアクセスします。 システム パーティション「罫線」4 GB を超えるとスタートアップ コードが誤って変更された、後続のスタートアップ プロセスが失敗しました。 Windows NT は 7. 8 GB を超えるハード_ディスクについてのハード ディスクの変換を使用している BIOS INT13 拡張機能を認識しません。 この現象は Windows 2000 では発生しません。

を、拡張パーティションの論理ドライブに Windows NT をインストールするときに、拡張パーティション テーブルをウォークする"する OSLoader Windows NT がインストールされているパーティションを取得する BIOS 呼び出しを通して必要があります。 これらの各論理ドライブは、パーティション テーブルの デイジー チェーン にアドレスされています。 各セクター、パーティション テーブル エントリを含む必要がありますで終了最後が 55 AA 最後の 2 バイトとして、セクターで。

MBR は、パーティション テーブルを読み取る、システム BIOS によって使用されるスタートアップ コードから成ります。 、、パーティション テーブルに含まれるデータからは、MBR ブート可能な (アクティブ) にどのパーティションが設定され、そのパーティションの開始セクターがどのような決定できます。 その場所を決定し、BIOS そのセクターに移動し、次のスタートアップ プロセスの段階は、まず追加のコードは特定のオペレーティング システムを実行します。

最後の 2 バイトが最後が 55 AA でないことにセクター 0 でのみ問題が場合に、簡単に修正できますこのディスク エディターを使用。 ただし、エラー メッセージは、通常またはことを示します上書きは何かエントリ、全体のブート セクター (セクター 0) を破棄して、テーブルのパーティションを含みます。

場合は、MBR が破損し、すばやく回復したい、Windows NT 4. 0 リソース キットの Disksave.exe ユーティリティを使用して、MBR のコピーを 3. 5 インチ ディスクに保存します。 このディスクは使えます、必要な場合は、Disksave.exe ユーティリティで、MBR を復元します。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 Microsoft いかなる責任も負わないものと、黙示またはそれ以外の場合は、パフォーマンスやこれらの製品の信頼性に関するします。

プロパティ

文書番号: 272395 - 最終更新日: 2014年2月7日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP1
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP1
  • Microsoft Windows NT Workstation 3.51
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbsetup kbprb w2000setup kbmt KB272395 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:272395
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com