INF: 複数のデータベースをチェックする組み合わせオブジェクト所有権、オブジェクト所有者にマップされているログインによって異なります

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 272424
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

SQL Server Books Online ストアド プロシージャおよびビュー間のデータベースの所有権のチェーンがチェックされていることを示しています。各データベース内の従属オブジェクトの所有者が同じログインにマップするときこれを簡単に確認できます。ユーザーではありませんが、同じユーザー名を両方のデータベースである場合は、ただし、その同じログインに (と多くの場合、データベースの所有者を [dbo だ])、ような場合、所有権の継承が誤って検査されていることと思われることがあります。たとえば、各データベースの DBO は、同じログインにマップされて、DBO をデータベース内のオブジェクトの所有者である場合は、アクセス許可はチェックされません。ただし、各データベースの DBO は、別のログインにマップされて場合は、所有権の継承がチェックされます。DBO 以外のユーザーが、ユーザー名がログイン名から異なる場合これ発生します。

詳細

データベース内のユーザーがビューまたはストアド プロシージャに対する権限を付与できます。そのビューまたはストアド プロシージャには、別のログインにマップされているユーザーによって所有されている別のデータベース内のオブジェクトにアクセスする場合は、基になるオブジェクトのアクセス許可がチェックされます。ユーザーのデータベースにオブジェクトへのアクセス許可があるない場合に、次のエラーが返されます。
エラー 229: %ls のアクセス許可オブジェクトに対して拒否 '% * '%1!' '、データベース ' % * '%1!''、所有者' % * ls'。
ただし、クエリ内のオブジェクトの基になっているマップされたログインが同じ場合は、アクセス許可はチェックされません、しが、基になるテーブルへのアクセス許可があるない場合でも、上記エラーが発生せず、クエリを実行します。

これの例を参照するには、次の手順を実行します。
  1. 2 つの異なるデータベースを使用、再現環境設定です。db1 は、「基本」データベース db2 データと db1 内のテーブルから選択するビューが含まれていますです。
    USE master
    GO
    CREATE DATABASE db1
    CREATE DATABASE db2
    EXEC sp_addlogin Owner1
    EXEC sp_addlogin Owner2
    EXEC sp_addlogin TestUser
    GO
    -- setup database #1, DBO is Owner1
    USE db1
    EXEC sp_changedbowner Owner1
    EXEC sp_adduser TestUser
    CREATE TABLE BaseTable (TableColumn CHAR(20))
    INSERT BaseTable VALUES ('Select Succeeded')
    GO
    -- setup database #2
    USE db2
    EXEC sp_adduser TestUser
    GO
    CREATE VIEW      CrossDatabaseView           AS SELECT * FROM db1.dbo.BaseTable
    GO
    GRANT SELECT  ON CrossDatabaseView           TO public
    GO
    					
  2. DBO が同じかどうかに基づいてまたは別に、それぞれの結果を表示するのには、次のコードを実行します。
    SET NOCOUNT ON
    GO
    PRINT '***** results with both DBOs the same *****'
    PRINT ''
    USE db2
    EXEC sp_changedbowner Owner1
    SETUSER 'TestUser'
    GO
    SELECT * FROM CrossDatabaseView
    GO
    SETUSER
    GO
    
    PRINT ''
    PRINT '***** results with each DBO different *****'
    PRINT ''
    USE db2
    EXEC sp_changedbowner Owner2
    SETUSER 'TestUser'
    GO
    SELECT * FROM CrossDatabaseView
    GO
    SETUSER
    GO
    					
  3. この例で作成されるログインとデータベースのクリーニングを行います。
    USE master
    GO
    DROP DATABASE db1
    DROP DATABASE db2
    EXEC sp_droplogin Owner1
    EXEC sp_droplogin Owner2
    EXEC sp_droplogin TestUser
    GO
    					

プロパティ

文書番号: 272424 - 最終更新日: 2011年7月13日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbinfo kbpending kbmt KB272424 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:272424
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com