Office 通信 Server 2007 R2 のグループ チャット サーバー用の更新プログラムの説明: 2012 年 7 月、

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2728998 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料の Office 通信 Server 2007 R2 を更新 2012年 7 月日付で、グループ チャット サーバーをについて説明します。

はじめに

この更新プログラム パッケージで修正される問題

この更新プログラム パッケージの以下の問題が修正されます。
  • 2711263 Office 通信 Server 2007 R2 のグループ チャット管理ツールを使用して、グループ チャット ルームにメンバーを追加しようとすると遅延
  • 2711265 ユーザーは、グループ チャット クライアントを使用してリソース フォレストとアカウントが信頼される側のフォレストが含まれています、Office 通信 Server 2007 R2 環境のグループ チャット サーバーに接続できません。

解決方法

パッケージ情報を更新します。

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、これはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、その他の影響を受けていません。したがって、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のリリースを待つことをお勧めします。

この問題を解決するには、Microsoft カスタマー サポート サービス、修正プログラムを入手するにお問い合わせください。Microsoft 顧客サポート サービス電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
Microsoft Support 担当者が特定の更新プログラムで問題が解決されると判断した場合場合、まれにかかる料金が通常のサポート免除はキャンセルする可能性があります。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、次のサービス実行されている必要があります。
  • Office Communications Server 2007 R2 のグループ チャット サーバー参照サービスとチャネル サービス
  • Office Communications Server 2007 R2 のグループ チャット コンプライアンス サーバー - コンプライアンス ・ サービス

再起動の必要性

これを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。パッケージを更新します。

置き換えに関する情報

この更新プログラムは次の更新プログラムが置き換えられます。
2647090 Office 通信 Server 2007 R2 グループ チャット サーバーの累積的な更新プログラムの説明: 2012 年 1 月、

レジストリ情報

更新プログラムのいずれかを使用するのにはこのパッケージを変更する必要はありません、レジストリ。

更新プログラムのインストールに関する情報

この更新プログラムが、Office 通信サーバー R2 のグループ チャット サーバーをインストールする方法
Office 通信サーバー R2 のグループ チャット サーバーにこの更新プログラムをインストールするのには、次の手順を実行します。
  1. 正しく、Office 通信 Server 2007 R2 の機能がインストールされているグループのチャット設定されてことを確認して、機能しているを確認します。Office 通信 Server 2007 R2 のグループ チャット サーバーには、チャネル サーバー、検索サーバー、およびコンプライアンス サーバーなどがあります。
  2. チャンネルの現在実行中のサービスおよび検索サービスを停止します。
  3. この更新プログラムを適用するには、グループ チャット サーバー役割がインストールされたすべてのコンピューターに MgcServer.msp パッケージを実行しています。
  4. グループ チャット サーバーで、サーバーの構成ツールを開きます。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。
    • クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ すべてのプログラムプロパティ サーバーの構成ツール 下にあります。 管理ツール.
    • コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
      <Drive letter=""></Drive>: フォルダー Office 通信 Server 2007 R2\Group チャット Server\ServerConfigTool.exe
  5. クリックしてください。 [はい] 次のメッセージが表示されたら。
    グループ チャット サーバーをコンピューターにインストールされている QFE1 へのアップグレードを必要とします。このタスクを完了するのには、サーバーの構成ファイルを読み取り/書き込み権限が必要です。
    その後、サーバー構成ツールを既存のグループ チャット データベース スキーマをアップグレードします。さらに、サーバーの構成ツールはこれらの変更を反映するために、サーバーの構成ファイルを変更します。

    この操作を実行する前にすべてのグループ チャット サーバーを停止してください。
  6. チャネル サービスおよび検索サービスを再起動し、コンプライアンス サーバーを再起動します。
この更新プログラムをインストールした後、新しいサーバーを既存のプールに追加する方法
MSI 更新プログラム (.msp) ファイルは、更新プログラム パッケージが解放されます。更新プログラム パッケージは、完全なインストーラーを含まれません。すべて Office 通信 Server 2007 R2 をグループ チャット サーバーでは、この更新プログラムを実行した後は、既存のプールに別のグループ チャット サーバーを追加するには次の手順を実行します。
  1. 既存のプールを使用して、同じサービス アカウントを使用して、新しいデータベースに、Office 通信 Server 2007 R2 をグループ チャット サーバー (チャネル サーバーおよび検索サーバー) を設定します。
  2. 新しい Office 通信 Server 2007 R2 に、グループ チャットのインストールをアップグレードします。
  3. チャネル サービスおよび検索サービスを停止します。
  4. グループ チャット データベース ・ プールを指すように、新しいサーバーを再構成するには、次のコマンドを実行します。
    <Drive letter=""></Drive>: チャット Server\ServerConfigTool.exe/i を削除 Office 通信 Server 2007 R2\Group
    サーバーを再構成するとすべてのサービスが自動的に起動します。

プログラムのアンインストール情報

この更新プログラムを適用すると、アンインストールできません。この更新プログラムをアンインストールする場合は、チャネルのサービスおよび参照サービスは開始されず、し、次のエラーがイベント ログに記録されます。
イベント ID 6407
説明: サーバーがデータベース サーバーとの互換性です。<yoursqlservername></yoursqlservername>データベース =<databasename></databasename>統合セキュリティ SSPI =

ファイル情報

この更新プログラムを含めることはできません。完全、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイル。この更新プログラムには問題を解決するために必要ファイルのみが含まれています。この資料に記載されます。

、この更新プログラム パッケージのグローバル バージョンが、Microsoft Windows インストーラーを使用してください。更新プログラム パッケージをインストールするパッケージです。日付および時刻これらのファイルは、世界協定時刻 (UTC)、次の表に示します。場合、ファイル情報の表示、日付はローカル時刻に変換されます。検索するにはUTC および現地時間、使用の違いを タイム ゾーン タブコントロール内でのアイテムの日付と時刻パネルです。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
File_channelserver.dll3.5.6907.244396,06412/07/1313: 04x86
File_channelservice.exe3.5.6907.200137,05612/07/1313: 04x86
File_clientcommon.dll3.5.6907.2581,395,28812/07/1313: 04x86
File_compliance.dll3.5.6907.206190,29612/07/1313: 04x86
File_complianceservice.exe3.5.6907.206178,02412/07/1313: 04x86
File_endpoint.dll3.5.6907.2581,010,25612/07/1313: 04x86
File_endpoint.ws.dll3.5.6907.2581,010,25612/07/1313: 04x86
File_filerepository.dll3.5.6907.41128,85612/07/1313: 04x86
File_interop.lctaskhandler.dll3.5.6907.4115,72812/07/1313: 04x86
File_lcmanagedtaskhandler.dll3.5.6907.411,062,75212/07/1313: 04x86
File_lookupservice.exe3.5.6907.244162,59212/07/1313: 04x86
File_mgccommon.dll3.5.6907.258363,08812/07/1313: 04x86
File_mgccommon.ws.dll3.5.6907.258363,08812/07/1313: 04x86
File_mgcres.dll3.5.6907.4123,36812/07/1313: 04x64
File_mgcserverperf.dll3.5.6907.4141,80812/07/1313: 04x64
File_mgcserverperf.ws.dll3.5.6907.4141,80812/07/1313: 04x64
File_mgcwebservice.dll3.5.6907.41165,71212/07/1313: 04x86
File_protocols.dll3.5.6907.258387,66412/07/1313: 04x86
File_protocols.ws.dll3.5.6907.258387,66412/07/1313: 04x86
File_servercommon.dll3.5.6907.244744,22412/07/1313: 04x86
File_servercommon.ws.dll3.5.6907.244744,22412/07/1313: 04x86
File_serverconfigtool.exe3.5.6907.2581,079,88012/07/1313: 04x86
File_warsawtransport.dll3.5.6907.206337,76812/07/1313: 04x86

関連情報

詳細についてはソフトウェアの更新の用語でクリックして、次の資料番号を表示するには、資料は、マイクロソフト サポート技術。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2728998 - 最終更新日: 2012年9月6日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Communcations Server 2007 R2 Group Chat server
キーワード:?
kbqfe kbfix kbexpertisebeginner kbsurveynew kbmt KB2728998 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2728998
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com