Forefront ユーザー マネージャー 2010 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.1.2515.0) があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2734159 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Forefront アイデンティティ マネージャー (FIM) 2010 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.1.2515.0) があります。この修正プログラム ロールアップ パッケージいくつかの問題を解決して、「関連情報」セクションに記載されているいくつか機能が追加されます。さらに、この更新プログラムには、FIM 2010 R2 のリリース以降に加えられたすべてのサービスの修正が含まれます。

解決方法

更新プログラムの情報

このバージョンの Forefront ユーザー マネージャーに記載されている問題によって影響を受けるマイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2749655.この問題では、生成されたマイクロソフトによって署名されたファイルのデジタル署名は有効期限が途中で。Forefront ユーザー マネージャーの問題を解決するには、更新プログラム 2750671 をインストールします。
2750671 Forefront ユーザー マネージャー 2010 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.1.2548.0) があります。
サポートされている更新プログラムがマイクロソフトから入手可能です。すべてのお客様が、本番システムにこの更新プログラムを適用することをお勧めします。

マイクロソフトのサポート

以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です。
元に戻す全体を表示する
コンポーネントファイル名
FIM 2010 R2 のアドインおよび拡張機能FIMAddinsExtensions_xnn_KB2734159.msp

X86 と x64 のバージョンが利用できます。
FIM 2010 R2 のアドイン、拡張言語パックFIMAddinsExtensionsLP_xnn_KB2734159.msp

X86 と x64 のバージョンが利用できます。
FIM 2010 R2 の証明書の管理FIMCM_xnn_KB2734159.msp

X86 と x64 のバージョンが利用できます。
FIM 2010 R2 の証明書の管理クライアントFIMCMClient_xnn_KB2734159.msp

X86 と x64 のバージョンが利用できます。
FIM 2010 R2 サービスとポータルFIMService_x64_KB2734159.msp
FIM 2010 R2 サービス ポータルの言語パックFIMServiceLP_x64_KB2734159.msp
FIM 2010 R2 の同期サービス FIMSyncService_x64_KB2734159.msp

前提条件

この修正プログラムを適用するには、FIM 2010 インストール R2 (ビルド 4.1.2273.0) が必要です。

再起動の必要性

FIM 2010 R2 のアドインおよびコンポーネントの拡張機能を適用した後コンピューターを再起動する必要があります。さらに、するには、サーバーを再起動する必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次の表に一覧表示されます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイルの情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目です。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル サイズ日付
Fimaddinsextensionslp_x64_KB2734159.msp3,655,68012-7 月-201203: 56
Fimaddinsextensionslp_x86_KB2734159.msp1,382,91212-7 月-201203: 50
Fimaddinsextensions_x64_KB2734159.msp3,295,74412-7 月-201203: 56
Fimaddinsextensions_x86_KB2734159.msp2,911,23212-7 月-201203: 50
Fimcmclient_x64_KB2734159.msp3,162,62412-7 月-201203: 56
Fimcmclient_x86_KB2734159.msp2,842,11212-7 月-201203: 50
Fimcm_x64_KB2734159.msp23,833,60012-7 月-201203: 56
Fimcm_x86_KB2734159.msp23,475,71212-7 月-201203: 50
Fimservicelp_x64_KB2734159.msp9,619,96812-7 月-201203: 56
Fimservice_x64_KB2734159.msp18,652,67212-7 月-201203: 56
Fimsyncservice_x64_KB2734159.msp32,886,78412-7 月-201203: 56

詳細

修正される問題、この更新プログラムで追加される機能

FIM のポータルで修正される問題

問題 1
この更新プログラム サポートは FIM パスワード ポータルに Unicode 文字が含まれているユーザー名を追加します。
問題 2
フィルター オプションの設定を使用してすべての結果を検索するときに、結果は返されません、同期マネージャーの問題が修正されます。

FIM の同期サービスで修正される問題

問題 1
この更新プログラムのサポートに、同期マネージャーのフォルダーとは、Unicode 文字を含むファイル名を追加します。
問題 2
FIM 2010 R2 のアップグレード インストールを実行すると、FIM 2010 R2 の同期サービスのセットアップ、データベースの変換の段階で失敗します。

この問題が発生すると、データベースを個別にアップグレードするために使用できるツールを入手するのには、マイクロソフト サポートにお問い合わせください。空のデータベースを同期サービスのセットアップをインストールするために、FIM 2010 R2 のインストールを構成します。最後に、ツールはそのデータベースに適用されます。データベースのアップグレードが完了すると、セットアップ プログラムを再度実行しにアップグレードしたデータベースをポイントすると、インストールを構成します。

この問題を解決するには、4.1.2515.2、StoreChk.exe ツールを使用してデータベースをアップグレードするのには、FIM 2010 R2 のビルドします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. FIM 2010 R2 の同期サービスを完全インストールを実行し、FIMSynchronizationService データベースを新規作成するのには、セットアップ プログラムに指示します。

    メモデータベースの更新を完了するには、元のデータベースで、StoreChk.exe ツールを実行できるように、FIM 2010 R2 の同期サービスをインストールする必要があります。
  2. 完全なインストールが完了した後は、FIM の同期サービス データベースをアップグレードするのには、StoreChk.exe ツールを実行します。StoreChk.exe ツールのプログラム ファイル Forefront ユーザー Manager\2010\Synchronization Service\Bin フォルダーにあります。
  3. データベースのアップグレードが完了したら、次の操作を実行します。
    1. FIMSynchronizationService サービスを停止します。
    2. FIMSynchronizationService サービスは、レジストリの適切なデータベースをポイントします。これを行うには、DBName 値、次のレジストリ サブキーの下にあるを変更します。
      HKLM\System\CurrentControlSet\services\FIMSynchronizationService\Parameters
    3. FIMSynchronizationService サービスを開始します。
問題 3
Exchange 2010 アクティブな同期デバイスを追加したときにユーザーの Active Directory オブジェクトを FIM の同期を de-provision ことはできません、問題を修正します。
問題 4
大規模コネクタ空間では、データが旧式化] ボックスの一覧で、フル インポートの操作中には一致しなくなります。この問題が発生すると、操作は、次のようなエラーが返されます。
0 は、有効な DN の深さではありません。

FIM サービスで修正される問題

問題 1
セットまたは FIM 2010 R2 環境では、関数の表形式を使用して、グループがあることを前提としています。セットまたはグループには、「=」文字が含まれているし、」、または「属性内単語が分割されて複数の条件付きステートメントが含まれています (などの条件ステートメントで/Person[(FirstName="John") または (FirstName"Bill"=)])。FIM 2010 R2 のセットを保持して、夜間のジョブに、環境をアップグレードおよびグループを削除が予期せずこのセットから「特定のメンバーと。

FIM サービス SQL Server のエージェント ジョブで修正される問題

問題 1
この更新プログラムは、FIM_TemporalEventsJob SQL Server のエージェントのジョブの動作を変更します。この SQL Server のエージェントのジョブは、SQL Server の他の要求がブロックされていないことを減らすことのパフォーマンスを向上しています。

FIM 証明書の管理] で修正される問題

問題 1
エラー メッセージの処理を向上させるためには、証明書管理の問題を修正されます。

パスワード変更通知サービスで修正される問題

問題 1
パスワード変更通知サービス (PCNS) のセットアップを実行することを前提としています、 SCHEMAUPDATE = TRUEオプション、および、スキーマが更新正しく。このような状況では、セットアップ処理の最後に予期しないエラー メッセージが表示されます。

この更新プログラムをインストールした後、スキーマの更新が成功すると、セットアップ プログラム、エラー メッセージは表示されません。

関連情報

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2734159 - 最終更新日: 2012年11月7日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Forefront Identity Manager 2010 R2
キーワード:?
kbqfe kbhotfixserver kbfix kbexpertisebeginner kbsurveynew kbmt KB2734159 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2734159
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com