Windows 8 で Visual Studio の 2010 SP1 用の既知の問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2735834 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料でが発生する可能性があり、Windows 8 を実行しているコンピューターにマイクロソフト Visual Studio 2010 Service Pack 1 (SP1) をインストールした後、回避策を提供する既知の問題が一覧表示されます。

詳細

次の問題 Visual Studio 2010 SP1 では、Windows 8 ベースのコンピューター上で呼ばれます。

問題 1

現象

インターネット インフォメーション サービス (IIS) の設定 Visual Studio の 2010 年に Windows 8 を実行しているコンピューターでを使用して、web サイトまたは Web アプリケーションに http://localhost を発行しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。
IIS 構成スキーマ [C:\Windows\system32\inetsrv\config\schema\] からの読み取り中にエラーがありました

メモ
の IIS 設定を使用することがなく、web サイトまたは Web アプリケーションを発行するときこの問題は発生しません。

回避策

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • Web サイトまたは Web アプリケーションを発行するには、Microsoft Visual Studio 2012 を使用します。
  • 最新の Windows Azure SDK .NET (Visual Studio 2010 SP1) の web サイトまたは Web アプリケーションを発行するにを使用します。Windows Azure SDK .NET が提供する更新された Web を発行するの経験、およびこの問題の原因がありません。 次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です :
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    Windows Azure SDK for .NET (VS 2010 SP1 パッケージをダウンロードします。
    マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

問題 2

現象

Windows 8 を実行しているコンピューターで Visual Studio 2010年の SP1 で HTTPS 接続を介してリモート Visual SourceSafe データベースに接続しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。
証明書がクライアント認証に必要です。

メモこの問題はランダムに発生します。

問題 3

現象

Windows Server 2012 または Windows 8、ASP.NET の IIS 登録ツール (Aspnet_regiis.exe) ? iは、 uまたは? rコマンドのオプションを実行しようとすると、インストールまたはマイクロソフト.NET Framework 4.5 をアンインストールすることができません。

回避策

この問題を回避するには、.NET Framework の 4.5 をアンインストールまたはインストールするには、次の方法のいずれかを使用します。
  1. 使用して、 Windows の機能のオン/オフWindows 8 のパネルのオプションを制御します。
  2. Windows Server 2012 ので、サーバー マネージャーの管理ツールを使用します。
  3. 展開イメージのサービスと管理 (DISM.exe) コマンド ライン ツールで必要なコマンドを実行します。
The.NET フレームワーク 4.5 で IIS 8.0 を使用するを有効にする方法の詳細については、次の IIS ラーニング センター web サイトに移動します。
ASP.NET 3.5 および 4.5 の ASP.NET での IIS の 8.0 を使用する方法

問題 4

現象

Visual Studio 2010 SP1 がインストールされている Windows 8 や Windows Server 2012 のコンピューターでは、Microsoft SQL Server 2008 SP1 をインストールできません。

回避策

この問題を回避するには、SQL Server 2008 の SQL Server 2008 Service Pack 3 (SP3) またはそれ以降を適用します。

SQL Server 2008 の最新の service pack を入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するには、次のリンクをクリックしてください。
SQL Server 2008 の最新の service pack の入手方法

問題 5

現象 1

次の方法のいずれかの Visual Studio 2010 SP1 プロファイリング ツールの Windows 8 ベースのコンピューターでを使用、アプリケーションのパフォーマンスを分析することを前提としています。
  • CPU のサンプリング
  • .NET メモリの割り当て (サンプル)
  • リソース競合データ (同時実行)
このような状況では、プロファイル ツールを開始できません。さらに、次のようなエラー メッセージが表示されます。
VSPerfDrv100 を起動することはできません。サービスは無効である、またはそれには、有効なデバイスがあるないために、開始できません。

この問題は、Visual Studio 2010年の SP1 のドライバーと Windows 8 の間に互換性がないのために発生します。

現象 2

同時実行ビジュアライザーを使用してデータを収集する場合は、収集したデータをレポート ビューでは表示できません。

この問題は Windows 8 で、Windows のイベント スキーマが変更されたために発生します。

回避策

この問題を回避するには、Windows 8 ベースのコンピューターに Visual Studio 2012 のプロファイリング ツールを使用します。

プロパティ

文書番号: 2735834 - 最終更新日: 2012年9月21日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 2010 Service Pack 1
キーワード:?
kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbhowto atdownload kbmt KB2735834 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2735834
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com