SELECT INTO または INSERT を使用すると、識別関数の動作。ORDER BY 句を含むクエリを選択します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 273586
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

SELECT INTO クエリを使用すると、 アイデンティティ 関数は、ORDER BY 句、ORDER BY 句によって提供される順序と同じ順序に生成された id 値が保証されません。たとえば、する場合は、 アイデンティティ 1 シードと増分の 1 関数が起動順序付けられた結果セット内の最初の行は値を 1 よりも異なる可能性がありますし、2 番目の行が 2 よりも、異なる値があるなど。期待どおりが表示され、動作は保証されません。上下 SET ROWCOUNT の存在も、行の順序を保証されません。

必要なかどうかは、 アイデンティティ ORDER BY 句で順序に従って順次割り当てられる値を持つ列を含むテーブルを作成する、 アイデンティティ プロパティは、INSERT を実行.このオプションを選択…このテーブルを作成するのには、ORDER BY クエリです。

詳細

生成された id 値の位置に依存している、 GetIdentity() 並列クエリ プランまたは上部と SET ROWCOUNT の存在のためにオプティマイザーに変更を変更することができます、クエリ ツリー (プラン表示)、関数です。シナリオを表示可能性がありますが、SELECT INTO を使用します。 アイデンティティ この動作は保証されません、警告なしに変更可能性がありますを必要な順序での値は、関数、および ORDER BY 句になります。 次のシナリオに関連します。SELECT INTO ステートメントとは アイデンティティ 関数です。

テーブルを検討してください。名前が付けられます OldTable 以下の値にします。
Col1      Col2
-------   --------
1         A          
11        F 
7         G          
17        I          
2         Z          

シナリオ 1

このシナリオでは、SELECT INTO クエリを識別関数を使用します。ORDER BY 句とします。
SELECT	Col1, Col2, ID=IDENTITY (int, 1, 1)
INTO 	NewTable
FROM 	OldTable
Order By Col1
NewTable いずれか、次の 2 つの行を挿入します。方法があります。

方法 1

Col1      Col2       ID
-------   --------   --------
1         A          4
2         Z          2
7         G          5
11        F          3
17        I          1
ID 値が、SQL Server が生成されることがあります。順序は、ORDER BY 列 (と同じではありません。列 1) でクエリします。

方法 2

Col1     Col2       ID
-------  --------   -------
1        A          1
2        Z          2
7        G          3
11       F          4
17       I          5
ここでは、ID 値、SQL することがあります。サーバーを生成するには、ORDER BY 列 (とまったく同じ順序であります。列 1) でクエリします。ただし、これは偶然ありですが注文のクエリが実行されるたびが表示されますを保証します。

シナリオ 2

身元関数、次の SELECT INTO クエリを使用して、ORDER BY 句は、最上位の演算子または、SET ROWCOUNT ステートメントです。
SELECT TOP 3 Col1, Col2, ID=IDENTITY (int, 1, 1)
INTO NewTable
FROM OldTable
Order By Col1
- または -
SET ROWCOUNT 3
SELECT Col1, Col2, ID=IDENTITY (int, 1, 1)
INTO NewTable
FROM OldTable
Order By Col1
NewTable 次の 3 つの可能なのいずれかの行を挿入します。方法があります。

方法 1

Col1   Col2   ID
-----  -----  -----
1      A      2
2      Z      1
7      G      3
ここでは、ID 値、SQL Server ことがあります。生成の順序は、ORDER BY 列 (と同じではありません列 1) でクエリします。

方法 2

Col1    Col2     ID
------  ------   ------
1       A        1
2       Z        2
7       G        3
ここでは、ID 値、SQL することがあります。サーバーを生成するには、ORDER BY 列 (と同じ順序で正確には列 1) でクエリします。ただし、これは偶然ありですが注文のクエリが実行されるたびが表示されますを保証します。

方法 3

Col1   Col2    ID
------ ------  ------
1      A       4
2      Z       2
7      G       5
この例では、SQL Server を生成 ID 値ではありません。同じ順序では、ORDER BY 列 (列 1) でクエリします。データの挿入は、また、満たしていない、身元関数で、クエリで指定されたシードと増分の要件(シード 1 で増分値 = 1)。

実際には、 アイデンティティ 関数を生成します。id 値は、シードとインクリメントのパラメーターが正しく基づいてください。ただし、行を基に並べ替えられます前に、識別値の生成を発生、ORDER BY 句を指定します。そのため、使用するは、最上位の演算子または、SET ROWCOUNTステートメントでは、結果の表 (挿入行NewTable) が値を id が正しくありませんと思われます。Id 値 SQLサーバーを生成場合がありますのシード値と増分値パラメーターと一致しない、 アイデンティティ 関数です。

例は、挿入を選択から ORDER BY 句を使用する必要がありますは次のとおりです。

という名前のテーブルを検討してください。 OldTable 以下の値にします。
Col1      Col2
-------   --------
1         S          
11        F 
7         G          
17        I
2         z


指定した対象テーブルを次に示します NewTable Id 列 (ID です)
ID (identity)    Col1     Col2
---------------    -------   ------


次の挿入を選択からクエリに ORDER BY 句を使用して列を保証するのには、[ID NewTable 順序と同じです。 列 1.
INSERT INTO NewTable (Col1, Col2) SELECT Col1, Col2 FROM OldTable ORDER BY Col1 
ID (identity)    Col1     Col2
-------------    ------   ------
1                1         S
2                2         z
3                7         G
4                11        F
5                17        I

メモ Id 列の ID の順序が生成されます。 列 1.ただし、INSERT INTO ID のどちらかの物理的な順序は保証されないか 列 1NewTable.目的の順序でデータを取得するには、ORDER BY 句を SELECT ステートメントの後で示すように、必要です。
SELECT * from NewTable ORDER BY ID

プロパティ

文書番号: 273586 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbpending kbmt KB273586 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:273586
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com