Microsoft Office 2013 または Office 365 を自動的にアンインストールするするには、[この問題を解決する] ボタンをクリックします。

元に戻す画像を拡大する
この問題を解決する
Microsoft Fix it
元に戻す画像を拡大する


重要: Internet Explorer ウィンドウの下部に [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスが表示されます。Fix it をダウンロードしたら、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [保存] をクリックします。この操作を行ったら、[フォルダーを開く] をクリックして、ファイルを見つけ (ファイルの先頭は "O15CTRRemove")、ダブルクリックして Fix it を実行します。[開く] をクリックすると、Fix it の実行で問題が発生することがあります。

元に戻す画像を拡大する


Office 2013 または Office 365 を再インストールする方法については、「Office 2013 または Office 365 を再インストールする方法」を参照してください。

問題が解決されたかどうかの確認

Fix it ソリューションを使用しても Office 2013 または Office 365 をアンインストールできない場合は、以下の手動によるアンインストールの手順を試すか、テクニカル サポートにお問い合わせください。

Office 2013 または Office 365 をアンインストールするための手動の手順

元に戻す画像を拡大する

手順 1: Office のバージョンのインストールの種類を確認する

手動による削除の手順を実行する前に、インストールされている Office のバージョンのインストールの種類を知っておく必要があります。インストールの種類ごとに異なる削除の方法が必要であるため、このことは重要です。

Office のバージョンのインストールの種類を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. Microsoft Word などの Office アプリケーションを起動します。
  2. [ファイル] メニューの [アカウント] をクリックします。
  3. クイック実行を使用して Office 2013 がインストールされている場合は、[更新オプション] が表示されます。MSI インストールの場合は、[更新オプション] は表示されません。
ヒント
  • クイック実行は、インターネットから Microsoft Office をインストールして更新するために使用できる新しい方法です。クイック実行は、ストリーミング ビデオと同じような方式で動作します。既定では、Office 365 製品はクイック実行を使用してインストールされます。
  • MSI は、Office をインストールするための従来からある方法です。通常、Office はローカルのインストール リソースからインストールされます。

手順 2: Office 2013 または Office 365 を手動でアンインストール する

Office 365 Home などのクイック実行インストールの Office 2013 の場合
元に戻す画像を拡大する

注: この方法を完了するには、Windows に管理者アカウントでログオンしている必要があります。個人のコンピューターを使用している場合は、ほとんどの場合、既に管理者アカウントでログオンしています。ネットワークの一部であるコンピューターを使用している場合は、システム管理者への問い合わせが必要になることがあります。管理者アカウントでログオンしているかどうかを確認するには、次のサポート技術情報を参照してください。
Windows のユーザー アカウントの種類を確認する方法

手順 1: 残っている Windows インストーラー パッケージを削除する

  1. Office 15 インストール フォルダーを開きます。既定では、フォルダーの場所は C:\Program Files\Microsoft Office 15 です。
  2. root フォルダーを開き、integration フォルダーを開いて、c2rmanifest.officemui.msi.zip.en-us など、C2RManifest*.xml ファイルをすべて削除します。
  3. 以下のいずれかの方法を使用して、管理者としてコマンド プロンプトを起動します。


    Windows 7 の場合
    1. [スタート] ボタンをクリックします。[すべてのプログラム] をクリックし、[アクセサリ] フォルダーを開きます。
    2. [コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

    Windows 8 または Windows 8.1 の場合
    1. 画面の右端から中央にスワイプし、[検索] をタップします。マウスを使用している場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[検索] をクリックします。
    2. [検索] ボックスに「CMD」と入力します。検索結果で、[コマンド プロンプト] を長押しし、[管理者として実行] をクリックします。マウスを使用している場合は、[コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
  4. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、各コマンドの後で Enter キーを押します。

    cd "C:\Program files\Microsoft Office 15\root\integration"

    integrator.exe /U
手順 2: Office 2013 のスケジュールされたタスクを削除する
  1. 管理者としてコマンド プロンプトを起動します。
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、各コマンドの後で Enter キーを押します。
    schtasks.exe /delete /tn "\Microsoft\Office\Office 15 Subscription Heartbeat"
    schtasks.exe /delete /tn "\Microsoft\Office\Office Automatic Update"
    schtasks.exe /delete /tn "\Microsoft\Office\Office Subscription Maintenance"
手順 3: タスク マネージャーを使用してクイック実行のタスクを終了する
  1. 以下のいずれかの方法を使用して、タスク マネージャーを開きます。

    Windows 7 の場合

    タスク バーの空白の領域を右クリックし、[タスク マネージャーの起動] をクリックします。


    Windows 8 または Windows 8.1 の場合
    1. 画面の右端から中央にスワイプし、[検索] をタップします。マウスを使用している場合は、画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して、[検索] をクリックします。
    2. [検索] ボックスに「タスク マネージャー」と入力します。検索結果で、[タスク マネージャー] をクリックします。
  2. [プロセス] タブをクリックし、次のプロセスが実行されている場合は、各プロセスを右クリックして、[プロセスの終了] を選択します。Windows 8 または Windows 8.1 では、[タスクの終了] をクリックします。
    • integratedoffice.exe
    • appvshnotify.exe
    • firstrun.exe
    • setup*.exe
手順 4: Office 2013 サービスを削除する
  1. 管理者としてコマンド プロンプトを起動します。
  2. コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    sc delete OfficeSvc
手順 5: Office 2013 のファイルを削除する

  1. 以下のいずれかの方法を使用して [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。


    Windows 7 の場合
    1. [スタート] ボタンをクリックします。[すべてのプログラム] をクリックし、[アクセサリ] フォルダーを開きます。
    2. [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

    Windows 8 または Windows 8.1 の場合
    1. 画面の右端から中央にスワイプして、[検索] をタップします。マウスを使用している場合は画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して [検索] をクリックします。
    2. [検索] ボックスに「ファイル名を指定して実行」と入力します。検索結果で、[ファイル名を指定して実行] をクリックして開きます。
    注: Windows ロゴ キーを押しながら R キーを押して [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開くこともできます。
  2. [名前] ボックスに、「%ProgramFiles%」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. Microsoft Office 15 フォルダーを削除します。
  4. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開き、「%ProgramData%\Microsoft」と入力して、[OK] をクリックします。
  5. ClickToRun フォルダーを削除します。このフォルダーが存在しない場合は、次の手順に進みます。
  6. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開き、「%ProgramData%\Microsoft\office」と入力して、[OK] をクリックします。
  7. FFPackageLocker ファイルを削除します。

注: 他のプログラムにより開かれているか使用されているフォルダーまたはファイルを削除できない場合は、コンピューターを再起動してから再試行します。それでもフォルダーを削除できない場合は、次の手順に進みます。

手順 6: Office 2013 のレジストリ サブキーを削除する

重要 このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する前に、問題が発生した場合に備えて、復元できるようにレジストリのバックアップ を作成します。
  1. レジストリ エディターを開きます。

    Windows 7 の場合
    1. [スタート] ボタンをクリックします。[すべてのプログラム] をクリックし、[アクセサリ] フォルダーを開きます。
    2. [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    3. regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
      ?
    Windows 8 または Windows 8.1 の場合
    1. 画面の右端から中央にスワイプして、[検索] をタップします。マウスを使用している場合は画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して [検索] をクリックします。
    2. [検索] ボックスに「regedit」と入力します。検索結果ウィンドウで、[regedit.exe] をクリックして開きます。
  2. 次のレジストリ サブキーを削除します。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\ClickToRun
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\AppVISV
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Microsoft Office <Edition>15 - en-us

    注:
    "Microsoft Office 15 <エディション>- en-us" サブキーの名前は、インストールした Office 2013 の SKU (stock-keeping unit) と言語版に応じて異なります。
手順 7: [スタート] メニューのショートカットを削除する
  1. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスで「%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs」と入力し、Enter キーを押します。
  3. Office 2013 のフォルダーを削除します。
手順 8: Microsoft Office Habanero Local Component および Habanero Supplemental Local Component をアンインストールする
  1. 管理者としてコマンド プロンプトを起動します。
  2. コマンド プロンプトで次のいずれかのコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    • x64 オペレーティング システムで x86 版の Office 2013 を実行している場合は、次のコマンドを実行します。MsiExec.exe /X{50150000-008F-0000-1000-0000000FF1CE}
    • x86 オペレーティング システムで x86 版の Office 2013 を実行している場合は、次のコマンドを実行します。MsiExec.exe /X{50150000-007E-0000-0000-0000000FF1CE}
    • x64 オペレーティング システムで x64 版の Office 2013 を実行している場合は、次のコマンドを実行します。MsiExec.exe /X{50150000-008C-0000-1000-0000000FF1CE}
元に戻す画像を拡大する
MSI インストールの Office 2013 の場合
元に戻す画像を拡大する
重要 - Office 2013 を削除する前に確認する必要がある情報:

[表示] メニューまたは [ツール] メニューを使用するには、まず Alt キーを押してメニュー バーを表示します。また、すべてのファイルとフォルダーを表示する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. エクスプローラーを起動します。
  2. [表示] メニューの [フォルダー オプション] をクリックします。Alt キーを押してメニュー バーを表示します。
  3. [表示] タブをクリックします。
  4. [詳細設定] の [ファイルとフォルダーの表示] で、[すべてのファイルとフォルダーを表示する] をクリックします。
  5. [登録されている拡張子は表示しない] チェック ボックスをオフにします。
  6. [OK] をクリックして、ウィンドウを閉じます。

手順 1: Office 2013 システムの残りの Windows インストーラー パッケージを削除する

  1. 以下のいずれかの方法を使用して [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。

    Windows 7 の場合
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックし、[アクセサリ] フォルダーを開きます。
    2. [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    Windows 8 または Windows 8.1 の場合
    1. 画面の右端から中央にスワイプして、[検索] をタップします。マウスを使用している場合は画面の右上隅をポイントし、マウス ポインターを下に移動して [検索] をクリックします。
    2. [検索] ボックスに「ファイル名を指定して実行」と入力します。検索結果で、[ファイル名を指定して実行] をクリックして開きます。
  2. installer」と入力し、[OK] をクリックします。

    注: この操作により、%windir%\Installer フォルダーが開きます。
  3. [表示] メニューの [詳細表示の設定] をクリックします。
  4. [表題] チェック ボックスをオンにし、[選択した列の幅 (ピクセルで)] ボックスに「340」と入力し、[OK] をクリックします。

    注: 各 .msi ファイルの横に表題が表示されるまで数分かかることがあります。
  5. [表示] メニューの [並べ替え] をポイントし、[表題] をクリックします。
  6. [ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示されたら [許可] をクリックして続行します。
  7. 表題が "Microsoft Office <製品名> 2013" である各 .msi ファイルを見つけ、.msi ファイルを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。

    注: <製品名> は Office 2013 製品の名前を表します。

手順 2: Office Source Engine サービスを停止する

  1. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. services.msc」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. [サービス] ウィンドウで、Office Source Engine サービスが実行されているかどうかを確認します (実行されている場合は、[状態] 列に "開始" と表示されます)。このサービスが実行されている場合は、[Office Source Engine] を右クリックし、[停止] をクリックします。
  4. [サービス] ウィンドウを閉じます。

手順 3: 残りの Office 2013 インストール フォルダーを削除する

  1. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. %CommonProgramFiles%\Microsoft Shared」と入力し、[OK] をクリックします。

    注: 64 ビット版の Windows を搭載しているコンピューターでは、「%CommonProgramFiles(x86)%\Microsoft Shared」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のフォルダーが存在する場合は、そのフォルダーを削除します。
    • Office15
    • Source Engine
  4. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。
  5. %ProgramFiles%\Microsoft Office」と入力し、[OK] をクリックします。

    注: 64 ビット版の Windows を搭載しているコンピューターでは、「%ProgramFiles(x86)%\Microsoft Office」と入力し、[OK] をクリックします。
  6. Office15 フォルダーを削除します。
  7. 各ハード ディスクのルート フォルダーで、MSOCache フォルダーを見つけて開きます。このフォルダーが表示されていない場合は、以下の手順を実行します。
    1. エクスプローラーを起動し、[ツール] メニューの [フォルダー オプション] をクリックします。
    2. [表示] タブをクリックします。
    3. [詳細設定] の [ファイルとフォルダーの表示] で、[すべてのファイルとフォルダーを表示する] をクリックします。
    4. [保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。
      • MSOCache フォルダーの All Users フォルダーを開き、フォルダー名に "0FF1CE}-" テキストが含まれるすべてのフォルダーを削除します。

        注: このテキストには、アルファベットの "O" と "I" の代わりに数字の 0 (ゼロ) と 1 が含まれています。

        {90150000-001B-0409-0000-0000000FF1CE}-C

手順 4: 残りの Office 2013 インストール ファイルを削除する

  1. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. %appdata%\microsoft\templates」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のファイルを削除します。
    • Normal.dotm
    • Welcome to Word.dotx

  4. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。
  5. %appdata%\microsoft\document building blocks」と入力し、[OK] をクリックします。
  6. Document Building Blocks フォルダーの下のサブフォルダーを開きます。

    注: サブフォルダーのタイトルは、Microsoft Office スイートの言語を表す 4 桁の数字です。
  7. building blocks.dotx ファイルを削除します。
  8. 残りの手順を実行する前に、すべてのプログラムを終了します。

手順 5: Office 2013 システムのレジストリ サブキーを削除する

警告 レジストリ エディターまたは別の方法を使用してレジストリを誤って編集すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、このような問題の解決に関して、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。

重要 この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを変更する前に必ずレジストリのバックアップを作成してください。問題が発生した場合に備えて、レジストリの復元方法を理解しておいてください。レジストリのバックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
Office 2013 のレジストリ サブキーが存在する場合は削除します。これを行うには、以下の手順を実行します。

  1. [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ サブキーをクリックします。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0
  4. [ファイル] メニューの [エクスポート] をクリックし、「DeletedKey01」と入力し、[保存] をクリックします。
  5. [編集] メニューの [削除] をクリックし、[はい] をクリックして操作を確認します。
  6. 以下の一覧にあるレジストリ サブキーごとに、以下の手順 (1. 〜 7.) を繰り返します。サブキーごとにエクスポートされたキーの名前を 1 つずつ変更します。

    例: 2 つ目のキーには「DeletedKey02」、3 つ目のキーには「DeletedKey03」のように入力します。

    注: 次のレジストリ キーで、アスタリスク (*) はサブキー名のその部分に 1 つ以上の文字が含まれることを表します。

32 ビット版の Windows の場合

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\Delivery\SourceEngine\Downloads\*0FF1CE}-*
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\*0FF1CE*
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\Upgrade Codes\*F01FEC
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\*F01FEC
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ose
  • HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Features\*F01FEC
  • HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Products\*F01FEC
  • HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\UpgradeCodes\*F01FEC
  • HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Win32Assemblies\*Office15*

64 ビット版の Windows の場合

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\15.0
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\Delivery\SourceEngine\Downloads\*0FF1CE}-*
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\*0FF1CE*
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ose
  • HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Features\*F01FEC
  • HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Products\*F01FEC
  • HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\UpgradeCodes\*F01FEC
  • HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Win32Asemblies\*Office15*

次のレジストリ サブキーも削除します。
  1. 搭載されている Windows のバージョンに応じて、以下のいずれかのサブキーを確認します。
    • 32 ビット:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall
    • 64 ビット:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall
  2. [ファイル] メニューの [エクスポート] をクリックし、「UninstallKey01」と入力し、[保存] をクリックします。
  3. 手順 1. で見つけた Uninstall サブキーの各サブキーをクリックし、そのサブキーに次の値が割り当てられているかどうかを確認します。
    • 名前: UninstallString
    • データ: ファイル名パス\Office Setup Controller\Setup.exe パス

    注: この例で ファイル名 には、インストール プログラムの名前が入り、パスにはファイルのパスが入ります。

  4. サブキーに手順 3. に示した名前とデータが含まれる場合、[編集] メニューの [削除] をクリックします。含まれていない場合は、手順 5. に進みます。
  5. 手順 3. と 4. を繰り返し、手順 3. に示した名前とデータに一致するすべてのサブキーを見つけて削除します。
  6. レジストリ エディターを終了します。
元に戻す画像を拡大する
元に戻す画像を拡大する

Live ヘルプ


詳細

アンストールした後で Office 2013 または Office 365 を再インストールする方法

アカウント ページにサインインし、[インストール] ボタンをクリックして同じ PC に Office を再インストールします。DVD で Office を購入した場合は、DVD と、製品パッケージに付属していたプロダクト キーを使用して製品を再インストールします。

この資料について

文書番号: 2739501
最終更新日: 2014年4月16日
この資料は以下の製品について記述したものです。: Microsoft Office 365 Home Premium, Microsoft Office 365 ProPlus, Microsoft Office Home and Business 2013, Microsoft Office Home and Student 2013, Microsoft Office Personal 2013, Microsoft Office Professional 2013, Microsoft Office Professional Plus 2013, Microsoft Office Standard 2013
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
この資料に関するフィードバックを提供しますか?
 

Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.