Forefront ユーザー マネージャー 2010年ロータス ドミノのコネクタの修正プログラムのロールアップ (ビルド 5.0.520.0) があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2741896 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Forefront ユーザー マネージャー (FIM) 2010年ロータス ドミノのコネクタの修正プログラムのロールアップ (ビルド 5.0.520.0) があります。この修正プログラム ロールアップ パッケージいくつかの問題を解決し、「関連情報」に記載されているいくつかの機能が追加されます。

解決方法

更新プログラムの情報

サポートされている更新プログラムがマイクロソフトから入手可能です。すべての顧客を運用システムにこの更新プログラムを適用することをお勧めします。この更新プログラムは、マイクロソフトのサポートから利用可能です。
Microsoft サポート
サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストがあります。したがって、この問題のために深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能の場合は、この Knowledge Base の資料の上部に「修正プログラム ダウンロード利用できる」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
「修正プログラム ダウンロード利用可能」フォームの修正プログラムが入手できる言語が表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、次の製品をインストールする必要があります。
  • ロータス ノーツ クライアント
  • Microsoft.NET Framework 4.0
  • Forefront ユーザー マネージャー 2010年の R2
  • Forefront ユーザー マネージャー 2010年更新 2 (ビルド 4.0.3606.2 またはそれ以降のビルド)
さらに、ロータス ドミノのコネクタのサービス アカウントと同じサーバー上のユーザー アカウント 1 回ロータス ノーツを起動しなければなりません。また、既定のロータス ドミノの LDAP スキーマ データベース (Schema.nsf)、ドミノ ディレクトリ サーバー上に存在する必要があります。

実行している、またはドミノ サーバーの LDAP サービスを再起動して、既定のロータス ドミノの LDAP スキーマ データベースをインストールできます。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次の表に一覧表示されます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイルの情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン で、 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのサイズ日付時間パス
Microsoft.identitymanagement.ma.lotusdomino.dll193,31216-8 月-201221: 21同期 service\extensions
Lotusconnectortemplate.xml12,88416-8 月-201220: 00同期 service\uishell\xmls\packagedmas

詳細

修正される問題、この更新プログラムで追加される機能

問題 1
この更新プログラムをインストールした後、99 日間よりも大きい値に_MMS_CertDaysToExpireプロパティを設定できます。
問題 2
フル インポートが中断またはフルテキスト インデックス機能しない有効または上ドミノ サーバーのデータベースとアドレス帳を更新する場合に起動できない問題が修正されます。

この更新プログラムをインストールすると、フル インポートを有効にするのには、フルテキスト インデックス機能は必要ありません。
問題 3
参照属性 (member 属性など) からインポートされたオブジェクトの識別名とは異なる問題が修正されます。この問題は、コネクタ空間で作成されるオブジェクトのプレース ホルダーを引き起こします。
問題 4
引数が削除されたコネクタ レポート問題をロータス ドミノに無効なオブジェクトがあるため修正"。
問題 5
MailDomain属性が正しくは、転送先アドレスの属性にマップされます問題が修正されます。
問題 6
ロータス ・ ドミノのコネクタが操作が完了した後で KEYFILENAME 値は Notes.ini ファイルに元の値にリセットされないという問題が修正されます。
機能 1
いくつかの参照識別名の形式でないことを前提としています。グループのメンバー属性には、通常に発生します。たとえば、ユーザーをロータス ドミノ外部電子メール アドレスやユーザーをロータス ドミノ電子メール アドレスがさまざまな形式であることを見つけます。

この更新プログラムをインストールした後、これらのユーザーの参加または Forefront ユーザー マネージャー 2010年のメタバースにプロビジョニングできるようにロータス ・ ドミノのコネクタ実際のオブジェクトで、コネクタ空間内作成できます。


この更新プログラムを有効にするを選択します。 プレース ホルダー オブジェクトの作成を有効にします。 グローバルパラ メーターのページとし、 _Contact オブジェクトの種類、 オブジェクトの種類を選択します。 ページします。構成を有効にすると、エントリの識別名を変換できない参照属性には、 _Contactオブジェクトとして作成されます。
機能 2
インポートおよび設定するためのサポートが追加されます上の連絡先とユーザーは証明されていません。証明されていない新規のユーザーを設定するには、 _MMS_IDStoreTypeプロパティを使用します。
機能 3
実行プロファイルには、大きなページ サイズ設定を使用して、パフォーマンスを向上できます。既定のページ サイズでは 1,000 を使用できるようになりました。インポートの速度を上げるためには、2,500 〜 5,000 をドミノ サーバー間のデータ交換の数を減らすための値に設定を変更できます。

この資料に記載されているサード ・ パーティ製の製品は、マイクロソフトに依存しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

関連情報

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2741896 - 最終更新日: 2012年9月11日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Forefront Identity Manager 2010
  • Microsoft Forefront Identity Manager 2010 R2
キーワード:?
kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB2741896 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2741896
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com