DSRM で Windows Server 2012 に失敗し、サーバーのクローンを作成するドメイン コント ローラーを再起動します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2742844 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

仮想化ドメイン コント ローラー (クローン機能で Windows Server 2012 VDC) を使用していることを前提としています。新しいドメイン コント ローラー (DC) のクローンを作成しようとした後、DC ディレクトリ サービス修復モード (DSRM) で起動します。すぐにまたは後 20 分間の遅延に発生する可能性があります。

原因

確率の過去の順序で、次の理由のいずれかでこの現象が発生する可能性があります。この現象は、具体的な原因を解決するには、対応策」を「解決方法」を参照してください。
  • 原因 1互換性のないハイパーバイザが実行されています。
  • 原因 2: 送信元のコンピューターに複製ドメイン コント ローラーのグループのメンバーです。
  • 原因 3: 互換性のないアプリケーションしないから削除するか、CustomDCCloneAllowList.xml ファイルに追加します。
  • 原因 4: 重複する IP アドレスが DcCloneConfig.xml ファイルに指定します。
  • 原因 5: IP アドレスまたは DNS DcCloneConfig.xml ファイルでは、指定したないと IP アドレスの自動割り当ては使用できません。
  • 原因 6: 1 つの WINS サーバーを指定します。このような状況 0x80041005 は DCPpromo.exe のイベント ログにエラーを返します。
  • 原因 7: Windows Server 2012 PDC エミュレーター (PDCe) がネットワーク上でリモート プロシージャ コール (RPC) プロトコルを使用して接続できるなし、またはレプリケーションがまだ完了しないので最近 PDCe 職務を想定、DC まだ完全に役割を引き受けたいません。8610 のエラー条件を生成する「ERROR_DS_ROLE_NOT_VERIFIED 8610」(0x21A2)、ディレクトリ サービス イベント ログにします。
  • 原因 8: DcCloneConfig.xml ファイル無効な Active Directory サイトを指定します。
  • 原因 9: 重複しているか、無効なコンピューター名は、DcCloneConfig.xml ファイルでされます。条件このエラー 8437」PDC 上での DC の複製オブジェクトの作成に失敗しました」(0x20f5)、ディレクトリ サービス イベント ログに。
  • 10 の原因: 構文エラーが存在するは、CustomDCCloneAllowList.xml ファイルまたは DcCloneConfig.xml ファイルで。
  • 11 の原因: ドメイン コント ローラー名の自動生成 (9,999) の最大数を超えています。
  • 原因 12: は、コンピューターの MAC アドレスをクローンを重複しています。

解決方法

この問題を解決するには、「原因」に記載されている関連の原因に対応する解像度を使用します。
クローン作成は、VDC のトラブルシューティングを行う場合は、ディレクトリ サービスのイベント ログとクローンの DC の dcpromo.log ファイルを調べることで常に始まります。これらのソースすべてのエラーを一覧表示は、トラブルシューティング手順を提案、さらにドキュメントへのリンクを提供することがあります。
  • 解決方法 1VDC のクローン機能が実行されているすべてのコンピューターに VM の世代番号のサポートを提供するハイパーバイザを使用してください。Windows Server 2012 ハイパー-V を使用すると、Windows Server 2012 の統合サービスをインストールします。サード パーティのハイパーバイザを使用する場合、ベンダーは世代の VM ID のサポートのステートメントと製品のマニュアルでに問い合わせてください。
  • 解決方法 2: そのドメインのドメイン コント ローラーの複製可能なグループを、送信元のコンピューターを追加します。このグループのメンバーシップが、Windows Server 2012 PDCe にレプリケートされるかどうかを確認します。
  • 解決方法 3: 実行の 取得 ADDCCloningExcludedApplicationList 互換性のないアプリケーションのリストを生成するコマンドレットを指定します。これらのアプリケーションをアンインストールするか、Windows PowerShell を使用します。 取得 ADDCCloningExcludedApplicationList CustomDCCloneAllowList.xml 除外ファイルを生成するコマンドレットを指定します。
  • 解決方法 4: DcCloneConfig.xml ファイル内の IP アドレスが非重複アドレスを使って変更を アドレス 要素です。
  • 解決方法 5: 確認リース DHCPv4 または DHCpv6 サーバーが使用できることを確認してか、ルーターの IPv6 (ステートレス アドレス自動設定、または SLAAC) で利用できます。使用して、DcCloneConfig.xml ファイルで 1 つ以上の DNS サーバー エントリを指定する手動で、 DNSResolver 要素、または DHCP または SLAAC を DNS の情報を提供します。
  • 解決方法 6: DcCloneConfig.xml ファイル内で、 PreferredWINSServerAlternateWINSServer 要素は、WINS サーバー、または独自の 2 つの WINS サーバーを指定します。
  • 解決方法 7: 作成ことを確認して、次の条件が満たされています。
    • PDCe FSMO の役割は Windows Server 2012 コンピューターで保持されます。
    • PDCe 役割を前提としています後、PDCe、インバウンドとアウント バウンドの両方の少なくとも 1 つの完全な複製を完了します。
    • DC の複製は、RPC プロトコルを使用して、PDCe を連絡できます。
  • 解決方法 8: DcCloneConfig.xml ファイルには、Active Directory サイトの名前を有効な名前に変更します。
  • 解決方法 9DcCloneConfig.xml ファイルのクローンのコンピューター名 (重複) は、有効な 15 文字の NetBIOS 名を変更します。
  • 解像度 10: を使用して、CustomDCCloneAllowList.xml および DcCloneConfig.xml ファイルを再現、 取得 ADDCCloningExcludedApplicationList新しい AdDcCloneConfigFile Windows PowerShell コマンドレット。

    注意
    • すべての XML を編集など、Visual Studio Express の 2012年を有効な XML エディターを使用して実行します。
    • DcCloneConfig.xml ファイルに次の行が含まれているかどうかを確認します。
      <d3c:DCCloneConfig xmlns:d3c="uri:microsoft.com:schemas:DCCloneConfig"></d3c:DCCloneConfig>
  • 11 の解像度: 新しいソース DC ベースの新しい名前を開始または、DcCloneConfig.xml ファイルには、一意の名前を指定する場合のクローンを作成を使用します。
  • 解像度 12: クローンの MAC アドレスを一意の値を変更します。クローンの Dc 静的な MAC アドレスを使用して作成しないことをお勧めします。
これらを実行すると修復の操作は、クローン ・ オペレーションを再実行します。これを行うには、管理者特権でのコマンド プロンプトで、次のコマンドを実行し、サーバーが正常に複製されることを確認します。
Bcdedit.exe/deletevalue セーフ ブート

Shutdown.exe/r/t 0

詳細

DSRM が意図的に、クローン作成プロセスの一部としてドメイン複製されたドメイン コント ローラーからとネットワークを保護するために呼び出されます。

ディレクトリ サービスの修復モードは、ディレクトリ サービスの復元モード以前のバージョンの Windows で呼び出されました。

構成し、VDC をトラブルシューティングする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動します。
Active Directory ドメイン サービス (AD DS) 仮想化 (レベル 100) の概要

仮想化ドメイン コント ローラー技術参照 (レベル 300)

プロパティ

文書番号: 2742844 - 最終更新日: 2012年9月22日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 Standard
キーワード:?
kbmt KB2742844 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2742844
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com