パフォーマンス カウンターの値が突然前方 leap があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 274323
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

返される結果は、 QueryPerformanceCounter 関数が予期せず以降随時 leap 可能性があります。この閏年数秒を表します。

原因

デザインの欠陥周辺機器コンポーネント インターコネクト (PCI) での結果としていくつかのチップセットの業界標準アーキテクチャ (ISA) ブリッジするに発生します。この橋と言います、 サウス ブリッジ.オペレーティング ・ システム、ブリッジから一連の予期しない結果を受信すると、ジャンプの PCI バス負荷を発生します。オペレーティング システムでは、予期しない結果が検出され、パフォーマンス カウンターを追加するのには、金額の計算。これから返された結果をが QueryPerformanceCounter 前方に移動するには。

解決方法

連続呼び出しによって決定する期間で変化を比較することによって、予期しないジャンプの番組を視聴する必要があります。 QueryPerformanceCounter 繰り返し呼び出すことによって決定する期間で変化を GetTickCount 関数です。大きなジャンプに基づく場合 QueryPerformanceCounter基づく類似は増加しませんが、() GetTickCount、パフォーマンス カウンターだけで前方ジャンプこと想定でき、。コード サンプルこの資料の最後にこれを行う方法を示します。

状況

このオペレーティング システムの動作は仕様です。Os、チップセットから信頼性の低いデータを取得すると、パフォーマンス カウンターの調整が必要です。

詳細

設計上の不具合、ハードウェアのチップ内エラッタとして知られています。これらの設計上の欠陥、製品を仕様書から逸脱することがあります。特定のチップ セットでの正誤表については、チップ セットをハードウェアの製造元に問い合わせてください。

マシンの PCI コンポーネントは PCI 識別子内では、Windows レジストリの次のキーによって識別されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\PCI
サブキーの名前は、次の形式があります。
VEN_xxxx& DEV_yyyy& SUBSYS_aaaaaaaa& REV_bb
場所 xxxx:yyyy PCI 識別子を表します。

現時点では、以下の PCI 識別子を持つチップのパフォーマンス カウンターの値にジャンプが発生すること知られています。
元に戻す全体を表示する
PCI IDハードウェアの製造元
1039:0530シリコン (Si) のシステムの統合
1039:0620シリコン (Si) のシステムの統合
10B9:0533Acer Labs, Inc. (ALi)
10B9:1533Acer Labs, Inc. (ALi)
1106:0596テクノロジ, Inc. (VIA) を使用して
1106:0686テクノロジ, Inc. (VIA) を使用して
1166:004FServerworks コーポレーション
1166:0050Serverworks コーポレーション
8086:7110インテル コーポレーション
マイクロソフト他のチップセットの動作を監視するようにこのリストが更新されます。

サンプル コード

次のサンプル コードは、パフォーマンス カウンターの飛躍的を検出するため上記の方法を示します。たとえば、PIIX4 のチップセットを持つコンピューター上でコードが実行される場合は、このコンソール アプリケーション断続的飛躍的にパフォーマンス カウンターの値を報告します。
#include <windows.h>
#include <stdio.h>

void main() {

   LARGE_INTEGER liFrequency;
   LARGE_INTEGER liCurrent;
   LARGE_INTEGER liLast;
   LARGE_INTEGER liRecent[10];
   DWORD dwCurrent;
   DWORD dwLast;
   DWORD dwPerfElapsed;
   DWORD dwTickElapsed;
   int i = 0;
   int j;

   // Save the performance counter frequency for later use.
   if (!QueryPerformanceFrequency(&liFrequency))
      printf("QPF() failed with error %d\n", GetLastError());

   // Query the performance counter value and tick count.
   dwCurrent = GetTickCount();
   if (!QueryPerformanceCounter(&liCurrent))
      printf("QPC() failed with error %d\n", GetLastError());

   liLast = liCurrent;
   dwLast = dwCurrent;

   while (TRUE) {

      // Query the performance counter value and tick count.
      if (!QueryPerformanceCounter(&liCurrent))
         printf("QPC() failed with error %d\n", GetLastError());
      dwCurrent = GetTickCount();

      // Store the performance counter value in the list of recent values.
      liRecent[i].QuadPart = liCurrent.QuadPart;
      i = (i+1) % 10;

      // Convert difference in performance counter values to milliseconds.
      dwPerfElapsed = (DWORD) (((liCurrent.QuadPart - liLast.QuadPart) 
            * 1000) / liFrequency.QuadPart);
      
      dwTickElapsed = dwCurrent - dwLast;

      // Check for a discrepancy greater than 500 milliseconds.
      if (abs(dwPerfElapsed - dwTickElapsed) > 500) { 

         // Print the previous 9 performance-counter values.
         for (j=9; j>0; j--) {
            printf("      Previous %d:  %I64X\n", j, liRecent[i].QuadPart);
            i = (i+1) % 10;
         }

         // Print the leap value.
         printf( "LEAP: Current:     %I64X  delta = %I64X\n", 
               liCurrent.QuadPart, liCurrent.QuadPart - liLast.QuadPart);
         
         // Retrieve and print the next 9 performance-counter values.
         for (j=1; j<=9; j++) {
            
            QueryPerformanceCounter(&liCurrent);
            printf("      Next     %d:  %I64X\n", j, liCurrent.QuadPart);
            
            liRecent[i].QuadPart = liCurrent.QuadPart;
            i = (i+1) % 10;
         }

         printf("\n");
      }

      liLast = liCurrent;
      dwLast = dwCurrent;
   }

   return;
}

プロパティ

文書番号: 274323 - 最終更新日: 2011年7月24日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbapi kbkernbase kbperfmon kbprb kbmt KB274323 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:274323
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com