Windows 2000 および Windows Server 2003 でフォルダ リダイレクトを使用して、セキュリティが強化されたリダイレクト フォルダを動的に作成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 274443 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Windows 2000 および Microsoft Windows Server 2003 において、管理者は、フォルダ リダイレクトを使用してデスクトップをカスタマイズできます。Active Directory とグループ ポリシーを使用して、以下のフォルダをリダイレクトすることができます。
  • Application Data
  • デスクトップ
  • マイ ドキュメント
  • マイ ドキュメント/マイ ピクチャ
  • スタート メニュー
Windows ヘルプで「フォルダのリダイレクト」を検索することにより、フォルダ リダイレクトに関する詳細情報を参照できます。

フォルダをネットワーク上の共有の場所にリダイレクトする場合、それらのフォルダの内容を読み込むことができるように、ユーザーはその場所に対する読み取りおよび書き込みの両方のアクセス許可が必要です。ただし、一部の状況では、読み取りアクセス許可を付与しない場合があります。

セキュリティが強化されたリダイレクト フォルダを作成する

対象ユーザーとドメイン管理者だけが、リダイレクトされた特定のフォルダを開くためのアクセス許可を持つようにするには、次の手順を実行します。
  1. フォルダ リダイレクトを保存する環境で集中管理を行う場所を決定し、その場所でフォルダを共有します。この例では、FLDREDIR を共有します。
  2. Everyone グループの [共有のアクセス許可] を [フル コントロール] に設定します。
  3. 以下のとおり、[アクセス許可] を設定します。
    • CREATOR OWNER - フル コントロール (適用先 : サブフォルダとファイルのみ)
    • System - フル コントロール (適用先 : このフォルダ、サブフォルダおよびファイル)
    • Domain Admins - フル コントロール (適用先 : このフォルダ、サブフォルダおよびファイル)
    • Everyone - フォルダの作成/データの追加 (適用先 : このフォルダのみ)
    • Everyone - フォルダの一覧/データの読み取り (適用先 : このフォルダのみ)
    • Everyone - 属性の読み取り (適用先 : このフォルダのみ)
    • Everyone - フォルダのスキャン/ファイルの実行 (適用先 : このフォルダのみ)
  4. Windows ヘルプの説明に従い、フォルダ リダイレクト ポリシーを設定します。\\server\FLDREDIR\username と同様のパスを使用して、共有フォルダ FLDREDIR の下にフォルダを作成します。
Everyone グループには "フォルダの作成/データの追加" 権限があるため、そのグループのメンバはフォルダを作成するための適切なアクセス許可を持っていますが、後でデータを読み取ることはできません。username グループは、フォルダの作成時にログオンしていたユーザーの名前です。username フォルダは親フォルダの子であるため、FLDREDIR に対して割り当てられたアクセス許可を継承します。また、ユーザーは、そのフォルダを作成しているため、Creator Owner のアクセス許可設定により、ユーザーには、そのフォルダに対する "フル コントロール" アクセス許可が付与されます。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
232692 Windows のフォルダのリダイレクト機能

プロパティ

文書番号: 274443 - 最終更新日: 2005年11月29日 - リビジョン: 6.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP1
キーワード:?
kbactivedirectoryrepl kbgpo kbhowtomaster kbprofiles KB274443
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com