文書番号: 2756127 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では Microsoft システム センターの 2012年の更新プログラムのロールアップ 3 で修正される問題について説明します。さらに、この資料の更新プログラムのロールアップ 3 のシステム センターの 2012年のインストール手順です。

更新プログラムのロールアップ 3 をシステム センター 2012年で修正される問題

System Center Data Protection Manager 2012 (KB2751230) 用の更新プログラム ロールアップ 3

問題 1

テープ管理レポートには、システム センター Data Protection Manager 2010年システム センター Data Protection Manager の 2012 にアップグレードすると、期限切れテープは表示されません。

問題 2

System Center Data Protection Manager 2012年クライアント保護と予想される制限には対応できません。

問題 3

クライアントのコンピューター名を指定するときに、 DPMServerName Windows PowerShell、Windows PowerShell を使用して属性がクラッシュします。

問題 4

Microsoft SharePoint サイト コレクションの名前スペースが含まれているシステム センター Data Protection Manager 2012 では、SharePoint アイテム ・ レベルのリカバリ操作を実行すると、操作は失敗します。

問題 5

システム センター Data Protection Manager の 2012年で SharePoint サイトの名前を変更した後、サイトを復元できません。

問題 6

SharePoint の回復ポイントの状態レポート システム センター Data Protection Manager の 2012 に不正なデータを表示します。

問題 7

特定の状況では、ベア ・ メタル ・ リカバリに失敗します。

システム センター操作マネージャー 2012 (KB2750631) 用の更新プログラムのロールアップ 3

問題 1

Web コンソールを起動するのには、32 ビット バージョンの Windows Internet Explorer を使用すると、Microsoft.EnterpriseManagement.Presentation.Controls.SpeedometerGaugeUIController コント ローラーは正しく動作しません。

問題 2

Windows PowerShell コマンドレットを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。
取得 BPAModel は、コマンドレットの名前として認識されていません。
問題 3

"Web のアプリケーションの可用性の監視] テンプレート インスタンスの URL を変更すると、変更は適用されません。

システム センター サービス マネージャー 2012 (KB2750615) 用の更新プログラム ロールアップ 3

問題 1

トルコ語にシステム センター サービス マネージャー 2012年ポータルの SharePoint サイトの言語を変更した後、英語で表示文字列が予期せず表示されます。

問題 2

またはインシデントを閉じると、メモリ リークが 2012 のサービス マネージャーのコンソールで発生します。

問題 3

GC ヒープでフォーム コントロール オブジェクトがルートとすると、エラーが破壊されます 2012 のサービス マネージャーのコンソールがクラッシュします。

問題 4

Citrix を使用して、サービス マネージャー 2012年のコンソールを開くし、インシデント フォームを開くと、2012 のサービス マネージャー コンソールのパフォーマンスが予想よりも悪いです。

入手して、更新プログラムのロールアップ 3 をシステム センター 2012年をインストールする方法

更新プログラム パッケージは、システム センター Data Protection Manager 2012年およびシステム センター操作マネージャー 2012 Microsoft Update から利用できます。

また、アップデート パッケージをシステム センター サービス マネージャー 2012年は、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトから利用可能になりました。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=b7fdeee1-80a8-4f17-b855-3cc9f330269a
  • 取得し、Microsoft Update から更新プログラムをインストールするには、次の手順は、該当するシステム センター 2012年コンポーネントのインストールされているシステム上でを実行します。
    1. クリックしてください。 スタートプロパティ コントロール パネル.
    2. [コントロール パネル] をダブルクリックします。 Windows Update.
    3. Windows Update ウィンドウをクリックします。 オンライン Microsoft Update から更新プログラムを確認します。.
    4. クリックしてください。 重要な更新が利用可能します。.
    5. 適切なを選択します。 更新プログラムのロールアップ 3 パッケージをクリックし. ].
    6. クリックしてください。 更新プログラムをインストールします。 更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールするのには
  • Microsoft Update カタログから更新プログラムのロールアップ パッケージを手動でダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

    System Center Data Protection Manager 2012 (KB2751230) 用の更新プログラム ロールアップ 3
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    Data Protection Manager の更新パッケージを今すぐダウンロードします。
    システム センター操作マネージャー 2012 (KB2750631) 用の更新プログラムのロールアップ 3
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    操作マネージャーの更新プログラム パッケージをダウンロードします。
手動での更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールするには、管理者特権のコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

msiexec.exe を入力パッケージ名>
たとえば、システム センター操作マネージャー 2012 (KB2750631) の更新プログラムのロールアップ 3 をインストールするには、次のコマンドを実行します。

KB2750631 ・ AMD64-Server.msp msiexec.exe に入力

インストール手順

更新プログラムのロールアップ 3 のインストール手順はシステム センター Data Protection Manager 2012

システム センター Data Protection Manager の 2012 の更新プログラムのロールアップ 3 をインストールするには、次の手順を実行します。
  1. システム センター Data Protection Manager の 2012年のデータベースをバックアップします。
  2. システム センター Data Protection Manager 2012年を実行しているサーバーでは、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。これを行うには、DataProtectionManager2012 KB2751230.exe ファイルをサーバー上で実行します。

    注意

    • 更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールする前に、システム センター Data Protection Manager の 2012年の管理コンソールを閉じます。
    • 更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールした後は、システム センター Data Protection Manager 2012年サーバーを再起動する必要があります。
  3. システム センター Data Protection Manager の 2012年の管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。
    • システム センター Data Protection Manager 2012年管理者コンソールで保護エージェントを更新します。これを行うには、次のメソッドを使用します。
      1. System Center Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。
      2. で、 管理 タブをクリックして、 エージェント タブ。
      3. で、 保護されたコンピューター 一覧表示するでコンピューターを選択し、クリックしてください 更新プログラム で、 アクション ウィンドウです。
      4. クリックしてください。 [はい]プロパティ [エージェントの更新.

      メモ このメソッドを使用して保護エージェントを更新した後、コンピューターを再起動する必要があります。

    • 保護されたコンピューター上の保護エージェントを更新します。これを行うには、次のメソッドを使用します。
      1. 更新プログラム保護エージェント パッケージを取得、"DPM_installation_location\DPM\DPM\Agents\RA\4.0.1915.00「システム センター Data Protection Manager 2012 サーバー上のディレクトリ。
      2. X86 ベースのバージョンのシステム センター Data Protection Manager の 2012年は、保護されたコンピューターごとに、次のパッケージを実行します。
        i386\1033\DPMAgentInstaller_KB2751230.exe
        X64 ベースのバージョンのシステム センター Data Protection Manager の 2012年は、保護されたコンピューターごとに、次のパッケージを実行します。
        amd64\1033\DPMAgentInstaller_KB2751230_AMD64.exe
        メモ DPMAgentInstaller.exe パッケージはすべての言語に適用されます。

      3. システム センター Data Protection Manager の 2012年のサーバー上でシステム センター Data Protection Manager の 2012年管理者コンソールを開きます。
      4. クリックして、 管理 タブをクリックしをクリックして、 エージェント タブ。
      5. 保護されたコンピューターを選択し、[ 情報を更新します。をクリックし、コンピューターにインストールされているエージェントのバージョンが 4.0.1920.00 であることを確認します。

更新プログラムのロールアップ 3 のインストール手順はシステム センター操作マネージャー 2012

この更新プログラムの既知の問題
  • システム センター操作マネージャー 2012年サーバー上のすべてのロールでは、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールした後、を除き、エージェント、ゲートウェイの役割を更新プログラムには表示されません、 追加またはプログラムを削除します。 コントロール パネルの項目。
  • 更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールすると、コンソールのバージョン番号は変更されません。システム センター操作マネージャー 2012 の更新プログラムのロールアップ 2 をインストールした後、コンソールのバージョン番号が 7.0.8560.0 です。
  • Web コンソールでは、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールすると、Windows Internet Explorer で、次のエラー メッセージが表示されます。
    サーバー エラーが ' と OperationsManager' アプリケーション。
    この問題を解決するには、閉じるし、Windows Internet Explorer を再起動します。
  • 更新プログラムのロールアップ パッケージをアンインストールした後、検出、エージェントのバージョンのスクリプトでは、System.Management.Automation.ActionPreferenceStop の例外が発生してスクリプトが失敗します。この問題を解決するには、 InstallDirectory 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\System ・ センターのオペレーション」のレジストリ サブキーに値 C:\Program Files\System センター 2012\Operations Manager\PowerShell.
インストールに関する注意事項
  • 更新プログラムのロールアップ パッケージは、以下の言語で Microsoft Update から使用可能です。
    • 繁体字中国語
    • 英語
    • フランス語
    • ドイツ語
    • イタリア
    • 日本語
    • ポルトガル語 (ブラジル)
    • ロシア語
    • スペイン語
    言語に中立的ないくつかのコンポーネントとこれらのコンポーネント用の更新プログラムはローカライズされません。
  • 更新プログラムのロールアップは、管理者として実行する必要があります。
  • コンソールの更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動したくない場合は、コンソールの役割の更新プログラムを適用する前に、コンソールを閉じます。
  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するには、Silverlight では、ブラウザーのキャッシュをオフにし、Silverlight を再起動します。
  • すぐにシステム センター 2012年サーバーをインストールした後、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールしないでください。それ以外の場合は、ヘルス サービスの状態を初期化できません可能性があります。
  • ユーザー アカウント制御が有効になっている場合は、.msp 更新ファイルを管理者特権のコマンド プロンプトから実行します。
  • システム管理者の権限は、オペレーション データベースおよびデータ ウェアハウス データベースに更新を適用するためのデータベース ・ インスタンスが必要です。
  • Web コンソールを有効にする修正、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加します。
<machineKey validationkey="AutoGenerate,IsolateApps" decryptionkey="AutoGenerate,IsolateApps" validation="3DES" decryption="3DES"></machineKey>
メモ その下の行を追加する<system.web>、次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されているように:</system.web>
911722 ASP.NET 1.1 から ASP.NET 2.0 にアップグレードした後に有効に ViewState を含む ASP.NET Web ページにアクセスすると、エラー メッセージが表示されます。

サポートされるインストールの順序
次の順序で、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールすることをお勧めします。

メモ 前に、またはサーバ ・ インフラストラクチャの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールした後のエージェントでは、更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。
  1. 次のサーバ ・ インフラストラクチャの更新プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。
    1. [サーバーの管理
    2. ゲートウェイ サーバー
    3. レポート サーバー
    4. Web コンソール サーバーの役割を持つコンピューター
    5. オペレーション コンソールの役割を持つコンピューター
  2. 手動での管理パックをインポートします。
  3. エージェントの更新プログラムを手動でインストールされたエージェントは、またはプッシュ インストール保留中のオペレーション コンソールでの表示に適用されます。

メモ MG と階層の接続機能を有効にする場合は、最初の MG と階層の接続機能の最上位の層を更新します。

インストール情報
更新プログラムのロールアップ パッケージをダウンロードし、更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれているファイルを抽出するには、次の手順を実行します。
  1. マイクロソフトの更新プログラムを各コンピューターに提供された更新プログラムをダウンロードします。マイクロソフトの更新プログラムによって、各コンピューターにインストールされているコンポーネントの適切な更新を提供します。
  2. 適切な MSP ファイルを各コンピューターに適用されます。

    注意
    • 次の MSP ファイルは、更新プログラムのロールアップ パッケージに含まれます。特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。例えば、web コンソールとコンソールの役割は、管理サーバーにインストールされている場合は、管理サーバーで 3 つの MSP ファイルを適用します。サーバー上の 1 つの MSP ファイルのサーバーを保持する特定の各ロールに適用されます。
    • Microsoft Update の下に表示されているプロトコルを含む、.cab ファイルに GUID を追加可能性があります。各コンポーネントのローカライズされた更新プログラムを .cab Guid の完全なマッピングを次の手順を次の表に移動します。
    • KB2750631 ・ AMD64 の Agent.msp
    • KB2750631 ・ AMD64 の Console.msp
    • KB2750631 ・ AMD64 の Gateway.msp
    • KB2750631 ・ AMD64 の Reporting.msp
    • KB2750631 ・ AMD64-Server.msp
    • KB2750631 ・ AMD64 の WebConsole.msp
    • KB2750631-i386-Agent.msp
    • KB2750631-i386-Console.msp
    • Agent.msp ・ KB2750631 ・ ia64
  3. 次の管理パックをインポートします。
    • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb
    • Microsoft.SystemCenter.WebApplicationSolutions.Library.mpb
管理パックをディスクからインポートする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動します。
オペレーション マネージャーの管理パックをインポートする方法
メモ 管理パックは、サーバー コンポーネントの更新プログラムの以下のパスに含まれています。
%Systemdrive%\Program Files\System センター 2012\Operations Manager\Server\Management パックの更新プログラム
Cabbed の MSP ファイルのロケールは 1 つ以上のコンポーネントをダウンロードした場合は、次の表を参照してください。.Cab ファイル名に存在する Guid を示します。Cabbed MSP を適用するロケールを確認するには、テーブルを参照できます。
元に戻す全体を表示する
コンポーネントアーキテクチャロケールGUID の追加
コンソールAMD 64英語755b85ba494fa5c83ca31cf40d38be5d6d0551ef
中国語71c65fc2ded6769edbf610958780b5a8ac374f8c
ドイツ語bc4a7344fd9646fcf812a39c5856a17d48a17a8e
フランス語3d61c9e090622b2b59ee8bf7b13b922e815bdf15
イタリア494a77ddaa09206f8f61ecdfb2edfcd1e82a497c
日本語1af57997fba722cdd3dfe4b2ddb4b8d8d829dd6f
ポルトガル語 (ブラジル)f6e74f2ce14508ccb2187f4e401cc59dd35e6472
スペイン語a250c97c67e183cc64cbb00f248ca8299359d4f6
ロシア語69bb307dbd450cfd8b732c2ac3845c9870bdc6d0
コンソールx86英語74b1593272d3c45ca7a98b2a3e0d8dc2c3f795d6
中国語0ca296adb5dbba2abd1ba876a044a83a41515218
ドイツ語e92329147e752fffc7507af1aa781b0331960014
フランス語3309108f044e9167ba30af934e537517fc6bbcfe
イタリア71005c719c4a10a5bc6d8ac7da300a5851d95b0b
日本語e6ff88488ec21fcf047927381df57d5ecedaf972
ポルトガル語 (ブラジル)c4c79b505f62f9d11ff6f6d493eb9446907ce166
スペイン語ed7e3adb1905b631de20b08064a83574f2be3ec6
ロシア語1ec8e2c609b582afd41a72026edf4acee6eaf7cc
レポート作成AMD 64英語8043cc39d79514d1e633b645063100c136cf1f92
中国語6f602ee6d372371a55130e7fc9f776c9778291a3
ドイツ語d4bdb703b2141e534b19d2f0527dc94e79fc1551
フランス語2bf78b9b407a760eefe606304b8fae363985bd0f
イタリア55ebde7f29443506f4cb707ee4bccdeacc3eb8f9
日本語1c05f1c746f6f31f63f8c4eb6e96a5f2ccf6d5a9
ポルトガル語 (ブラジル)ebb0938d500b796ccf2b1b7c11a1c9e8c53d40e3
スペイン語abbb2c9ac725826fd8f0c8fa641959abd375affc
ロシア語7d5c0399abd43a9410720a720fc3147828765708
Web コンソールAMD 64英語2ef77d6ea1080b83c10351001dc13bf7e6977b7a
中国語a6e84a3dea13e173bceedcc4de44db540fe3a27b
ドイツ語48a02c6676468a18ccdda688458e71583d387bd1
フランス語631dbf384853f6bfc8588b7654d7578344f793b6
イタリア5308b4a3fc905d5cf151ff1549bd122c954ed761
日本語f90f3d62a590d4d5f6705f39f633910b667c6dcf
ポルトガル語 (ブラジル)f0c09ab928fcf18a61709344a96debba554e3a46
スペイン語c429892ad5e38436aea6671efa42d9da1713e058
ロシア語15c3cca938121992cb3c459775aac4767d7f7b0f

アンインストール情報
更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。
msiexec/アンインストールPatchCodeGuid> パッケージRTMProductCodeGuid>

メモ このコマンドでは、RTMProductCodeGuid「プレース ホルダー Guid を次のいずれかのです。
元に戻す全体を表示する
サーバー7348450D-5558-4CA6-8E71-044720D304F2
コンソール (amd64)95241780-B772-4A42-A1F0-8FA951FAF619
コンソール (86)4FC5546F-AD4A-4C76-9B48-DF11F946EDD0
レポート作成A1A61449-81E0-4C25-82DD-92B0A3CB4E77
Web コンソール ・ (amd64)20F530CC-FD73-43FE-ABD3-138D140A77A9
エージェント (amd64)5155DCF6-A1B5-4882-A670-60BF9FCFD688
エージェント (86)D14AAC0 ・ B9A1 ・ 4CEF ・ B507 ・ 23755C1EBE3A
エージェント (ia-64)16499EB-B3D8-4473-9EF4-AB72FDDECD4B
ゲートウェイ7032CF7-3861-4150-8EDD-4DE2540C6E7B
さらに、「PatchCodeGuid」のいずれかの次の Guid のプレース ホルダーです。

元に戻す全体を表示する
PatchCodeコンポーネントCPUローカル
{0E462957-11E5-4DDF-BFD3-6CFC078BE889}コンソールx64EN
{02FD60C5-8F86-40FD-9087-6A4F6C00E050}コンソールx86EN
{8E01A9BA-32FC-4190-B3C5-4B65E3D3B36E}ACSx64EN
{8A4C38E5-0E66-419C-B2BC-6B760ECF6B66}エージェントx64EN
{8BAD850D-B599-4648-A308-8247E6F949B3}エージェントx86EN
{DDFA7B4D-699A-4E02-8B80-9419C0658061}エージェントia64EN
{EAF939C4-D44E-4090-9110-0A26DB65B3E9}ゲートウェイx64EN
{FE31A940-1113-440F-9AD2-9FF46ED8A79E}レポート作成x64EN
{23862D3C-1125-4817-BBBB-33F89A9A069C}サーバーx64EN
{AE457DBF-4EDE-4445-A0F2-D72C7643E712}Web コンソール ・x64EN
{C5E5FA5F-0045-4D7E-AB08-C332A8317627}コンソールx64CN
{8FEB07A8-B29D-4733-8D54-7F803452F5A6}コンソールx86CN
{221C7B8A-B972-4833-AA3B-22D843E3C277}レポート作成x64CN
{1D642E2A-7420-45B2-8235-4A36BB74623D}Web コンソール ・x64CN
{4344E34C-B4EE-4E06-98AE-3DF1CCBFDF4A}コンソールx64FR
{CDC54FC8-6FD1-416D-B000-424F39FD47EE}コンソールx86FR
{FDB5ECB1-B2DA-4495-8959-6AC8517CB313}レポート作成x64FR
{71C6B8F8-5FAA-47F0-B8E6-022C61E1C37B}Web コンソール ・x64FR
{2E73562F-C8D9-4053-8127-D48FEAD0FFF1}コンソールx64
{F1BEE7C9-227B-4747-8A79-C936379ABA7A}コンソールx86
{72F92464-B05C-45E3-AA75-9ECC7BB7A698}レポート作成x64
{EC7DC969-7E6E-4B26-A237-3E5F91CDD730}Web コンソール ・x64
{98A1E699-D7BF-46CE-BB76-A694E46581D8}コンソールx64その
{7377D59B-29C7-4486-BC91-D000BD785966}コンソールx86その
{D607B267-96D1-4101-A2CE-36AD419A6479}レポート作成x64その
{579B0362-C110-483A-8039-88E487899A9A}Web コンソール ・x64その
{8EC5C3D5-6CBF-47E6-A47F-91586847DD35}コンソールx64ES
{4E85E639-9A92-4871-9FC7-0954AB552322}コンソールx86ES
{E4EC6538-E7AC-4963-98B3-F2B0749F90D9}レポート作成x64ES
{CFF82771-060E-4BE1-8657-8BA1CBC2A267}Web コンソール ・x64ES
{5A7641B0-56AD-4C8E-B241-030449AD7357}コンソールx64日本
{38CBB065-A07F-48B8-A7F7-104A44557B41}コンソールx86日本
{0F8AB118-C737-4B06-B5C2-990E906D85D5}レポート作成x64日本
{EBC48E32-CC1E-4488-9F6D-09C59FDD7551}Web コンソール ・x64日本
{6A0F1B3C-E4E4-4BC9-8634-5D7DB05A86D3}コンソールx64PT
{4565C8C7-2C85-4D65-A879-7487BAE14215}コンソールx86PT
{211E720E-6DEC-418E-918D-EC0310D929CF}レポート作成x64PT
{3ABE5536-2608-483B-A0CD-EBDCE20580F8}Web コンソール ・x64PT
{C82F394E-84A7-4201-B16A-A091F3C7BC38}コンソールx64RU
{C95148C9-6A0F-4C7A-864F-78B7F1B3FC2D}コンソールx86RU
{A7F94F62-C43C-407D-96E7-2C8C02FCF0A1}レポート作成x64RU
{82E1C7A4-F603-46C0-8DC5-5D59E835690C}Web コンソール ・x64RU

更新プログラムのロールアップ 3 のインストール手順をシステム センター サービス マネージャー 2012

システム センター サービス マネージャー 2012 の更新プログラムのロールアップ 3 をインストールするには、次の手順を実行します。
  1. システム センター サービス マネージャー 2012年に関連するすべてのアプリケーションを閉じます。たとえば、システム センター サービス マネージャー 2012年コンソール、セルフ サービス ポータルのリンク、およびオーサリング ツールを閉じます。
  2. 更新プログラムのロールアップ パッケージをダウンロードして、ターゲット フォルダーに保存します。

    システム センター サービス マネージャー 2012 の x86 と x64 の両方のバージョンの更新プログラムのロールアップ 3 のこの更新プログラムのロールアップ パッケージを含みます。実行しているシステムの適切なバージョンをダウンロードします。
  3. 移動先のフォルダーを開きます。
  4. SCSM2012_CU_KB2750615_AMD64_7.5.1561.116.exe ファイルまたは SCSM2012_CU_KB2750615_i386_7.5.1561.116.exe ファイルを右クリックしをクリックしてください管理者として実行します。.
  5. これを行うし、インストール ウィザードの手順を確認するメッセージが表示されたら、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。
  6. インストールが完了すると、Console.mpb、管理サーバー上のインストール フォルダーからインポートしてインポートが完了したら、コンソールを再起動します。

更新プログラムのロールアップ 3 をシステム センター 2012年をインストールすると、更新されるファイル

System Center Data Protection Manager 2012 (KB2751230) 用の更新プログラム ロールアップ 3

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Utils.dll11,36,9044.0.1920.0
AMTE.dll2,89,0324.0.1920.0
CPWrapper.dll7,82,0884.0.1920.0
DPMRA.exe61,97,0004.0.1920.0
DPMac.exe20,04,2324.0.1920.0
inspect.dll1,66,1524.0.1920.0
SQLWriterHelperPlugin.dll10,76,4884.0.1920.0
DsmFs.dll9,47,4644.0.1920.0
ManagedContainer.dll16,07,9444.0.1920.0
MonitoringPage.dll7,68,2644.0.1920.0
ObjectModel.dll11,28,7124.0.1920.0
ObjectModelCmdlet.dll3,66,8564.0.1920.0
ConfigurationPage.dll8,78,8564.0.1920.0
WSSCmdlets.dll1,49,7684.0.1920.0
WSS4Cmdlets.dll1,29,2884.0.1920.0
Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.MediaManager.dll9,23,9124.0.1920.0
EngineUICommon.dll5,51,1764.0.1920.0
msdpmdll.dll5,32,2324.0.1920.0
Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.PrmCatalog.dll6,82,2484.0.1920.0
DataProtectionManager.psd19,2844.0.1920.0
DataProtectionManager.psm114,9714.0.1920.0
ObjectModelCmdlet.dll Help.xml10,65,4644.0.1920.0

システム センター操作マネージャー 2012 (KB2750631) 用の更新プログラムのロールアップ 3

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Microsoft.EnterpriseManagement.Modules.SingleUrlTemplate.dll88,7207.0.8560.1036
Microsoft.EnterpriseManagement.Presentation.Controls.dll 1,639,0567.0.8560.1036
MonitoringPortal.xap4,193,309該当なし
DashboardViewer.xap4,124,076該当なし
MonitoringHost.exe.config3,940 7.0.8560.1036

システム センター サービス マネージャー 2012 (KB2750615) 用の更新プログラム ロールアップ 3

元に戻す全体を表示する
変更されるファイルファイル サイズバージョン
Microsoft.EnterpriseManagement.InboundEmail.Workflow.dll64,1207.0.1561.112
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.OpsMgrConnector.dll182,9047.0.1561.112
Microsoft.EnterpriseManagement.Notifications.Workflows.dll84,6007.0.1561.112
BaseSilverlightModule.zip27,707該当なし
ServiceCatalogSilverlightModule.xap659,302該当なし
WPFToolkit.dll7.0.1561.112
Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.UI.Console.exe7.0.1561.112
Microsoft.EnterpriseManagement.Forms.CustomizationLibrary.dll7.0.1561.112

プロパティ

文書番号: 2756127 - 最終更新日: 2012年12月30日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center 2012
キーワード:?
kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB2756127 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2756127
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com