Visual Basic 6.0 のグラフ (mschart) コントロールを使用して ChrtSmpl.exe サンプル: を示します

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 275649
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ChrtSmpl.exe サンプル ビジュアルを使用する方法を示しています。画面上で数値を表示するのには、グラフ (mschart) コントロールの基本のバージョンが 6.0情報です。グラフ (mschart) コントロール データをグラフにプロットすることができます。ユーザーが指定します。グラフを作成するには、コントロールにデータを設定できます。プロパティ ページ、または、取得できるデータは、外部ソースからなど、Microsoft Excel ワークシート。Excel のブックへのパスを参照するのにはワークシート使用にはが含まれています、 GetObject メソッドです。

グラフ (mschart) コントロールに多くの表示部分がすべてプログラムすることができます。できます、グラフ (mschart) コントロールの 3 次元(3-D) グラフ機能を使用して、レポートの外観を強化します。これらを表示するのには機能、設定、 グラフの種類 プロパティは、3 D の有効な型またはセットには、 Chart3D プロパティ True を指定します。.3D 円グラフを作成することできませんので注意してください、グラフ (mschart)コントロールを含まない、 グラフの種類 3 次元の円グラフのプロパティ。

詳細

は、次のファイルは、マイクロソフト ・ ダウンロードからダウンロード利用します。センター:
ChrtSmpl.exe
リリース日: 8 月24, 2001

詳細についてはマイクロソフトをダウンロードする方法ファイルのサポートは、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。Microsoft は、最も使用されます。日付が現在のウイルス検出ソフトウェア、ファイル送信されました。ファイルにするのに役立つセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。ファイルに許可されていない変更を防ぐ。 ChrtSmpl.exe ファイルには、次のファイルが含まれます。

元に戻す全体を表示する
ファイル名サイズ
Project1.vbp2 Kb
Form1.frm13 Kb
Form1.frx9 Kb
Gas.xls17 Kb
Modchart.bas8 Kb
Mschart.hlp296 Kb
Readme.txt2 Kb

注: は、 グラフの種類 プロパティ (VtChChartType) だけの定数は、次の必要があります。

元に戻す全体を表示する
定数説明
VtChChartType3dBar3D バー
VtChChartType2dBar2 次元バー
VtChChartType3dLine3D の線
VtChChartType2dLine2 次元の行
VtChChartType3dArea3 D エリア
VtChChartType2dArea2 次元面
VtChChartType3dStep3 次元階段
VtChChartType2dStep2 次元階段
VtChChartType3dCombination3 次元組み合わせ
VtChChartType2dCombination2 次元組み合わせ
VtChChartType2dPie2 次元パイ
VtChChartType2dXY2 次元 XY

関連情報

のグラフ (mschart) コントロールの詳細については、文書番号をクリックしてください。次は、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには。
175212 例: CHRTSAMP。EXE Visual Basic 5.0 グラフ サンプル
177997 [Howto]: MS グラフ コントロールに実行時に、塗りつぶしの色を設定します。
このサンプルの詳細については、してください。付属のヘルプ ファイル (Mschart.hlp) を参照してください。

プロパティ

文書番号: 275649 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbdownload kbchart kbfile kbsample kbmt KB275649 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:275649
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com