方法: KEEPFIXED PLAN を使用してストアド プロシージャの再コンパイルを無効にするには

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 276220
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ストアド プロシージャが再コンパイルされます、状況によっては、再コンパイルのコストをこれから派生している利点を上回る可能性があります。SQL Server サービス Pack 2 (SP2) で、前のステートメント レベルの再コンパイルをサポートしていないためは、再コンパイルがトリガーされたとき、まったくストアド プロシージャがリコンパイルする必要があることを確認します。したがって、ストアド プロシージャの実行とストアド プロシージャの実行中に発生する再コンパイルの数が、ストアド プロシージャの実行の全体的な期間かかります。

開始 SQL Server 7.0 SP3 は、新しいクエリ ヒント、 KEEPFIXED PLAN、再コンパイルのコストは、既存のプランを使用してのコストを超える場合を支援するために導入されています。

は、 KEEPFIXED PLAN クエリ ヒント、クエリ オプティマイザーは統計またはインデックス列変更 (更新、削除、または挿入) のため、クエリをコンパイルする必要があります。 ストアド プロシージャの再コンパイルのトラブルシューティングを行う方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
243586INF: ストアド プロシージャの再コンパイルのトラブルシューティング

KEEPFIXED PLAN ヒントを使用するサンプル コード

このセクションのサンプル コードは、次のマイクロソフト サポート技術資料です。
243586 INF: ストアド プロシージャの再コンパイルのトラブルシューティング
   drop procedure RowModifications 
   go
   create procedure RowModifications as
   -- assume SomeTable exists with the same definition as #t, 
   -- and has over 1000 rows
   create table  #t (a int )
   select * from  #t
   insert  #t select * from retest
   select count(*) from #t  where a = 37
   --option (keepfixed plan)
   go
   exec RowModifications
   go
   exec RowModifications
   go 
 
				
2 つ目の実行では、 RowModifications 手順は、次のコードは、再コンパイルが発生します。
  select count(*) from #t where a = 37
				
このコードを使用する場合。
Option (keepfixed plan)
				
このクエリでは、クエリは、再コンパイルは発生しません。
select count(*) from #t  where a = 37 option (keepfixed plan) 
				
メモ このクエリ ヒントはステートメント レベルで適用され、全体のストアド プロシージャのスコープには影響しません。複数ステートメントのストアド プロシージャを変更するには、このオプションを使用する場合は、各ステートメント SQL Server は動作に適用されているヒントを実装しなければなりません。このヒントを SQL Server 7.0 Service Pack 2 (SP2) またはそれ以前は利用できません。

プロパティ

文書番号: 276220 - 最終更新日: 2011年7月13日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbinfo kbmt KB276220 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:276220
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com