Visual Studio 2010年のツール Office 実行時の 4.0 の更新プログラムのロールアップを利用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2764593 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料では、Visual Studio 2010年のツール Microsoft Office 4.0 のランタイムは、更新プログラムのロールアップについて説明します。この更新プログラムのリリース日は、2012 年 11 月 13日です。

I更新プログラムのロールアップで修正される ssues:
  • 問題 1

    Word 文書の埋め込みオブジェクトがあることを前提としています。Windows フォーム コントロールをドキュメントから削除するときに、次のようなエラー メッセージが表示されます。

    Object is not connected to server (Exception from HRESULT: 0x800401FD (CO_E_OBJNOTCONNECTED))at Microsoft.Office.Interop.Word.OLEFormat.get_Object()at Microsoft.Office.Tools.Word.Adapter.ShapeHelpers.GetOLEFormatObject(OLEFormat oleFormat)at Microsoft.Office.Tools.Word.Adapter.DocumentControlCollectionAdapter.Microsoft.Office.Tools.Word.Contract.IDocumentControlCollectionContract.DestroyWrapper(String cookie)at Microsoft.VisualStudio.Tools.Office.Word.Internal.IDocumentControlCollectionProxy.DestroyWrapper(String cookie)at Microsoft.Office.Tools.Word.ControlCollection.InternalRemove(Int32 index, Boolean deleteContent)at Microsoft.Office.Tools.Word.ControlCollection.Remove(Object control)
  • 問題 2

    Web 分散オーサリングとバージョン管理 (WebDAV) 共有にアクセスするのには、SSL ベースの汎用名前付け規則 (UNC) パスを使用しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

    無効な URI: ホスト名を解析できませんでした。System.UriFormatException: 無効な URI: ホスト名 parsed.at System.Uri.CreateThis (uri の文字列、ブール dontEscape、UriKind uriKind) 時は、System.Uri にできませんでした。ctor (文字列 uriString) Microsoft.VisualStudio.Tools.Office.Runtime.OfficeAddInDeploymentManager.OnAddInInstalling (AddInInstallingArgs 引数、ブール値 & [キャンセル) に Microsoft.VisualStudio.Tools.Applications.Deployment.ClickOnceAddInDeploymentManager.InstallAddIn() Microsoft.VisualStudio.Tools.Applications.Deployment.ClickOnceAddInDeploymentManager.RaiseOnAddInInstallingEvent (IClickOnceAddInInstaller addInInstaller、Uri の deploymentManifestUri、AddInInstallationStatus addinSolutionState、商品名の文字列、ブール値の一覧) には
  • 問題 3

    保護されたドキュメントでは、Microsoft.NET Framework 4.0 ベースのアプリケーションではキャッシュされたデータ アイランドにデータを保存できません。
  • 問題 4

    次のシナリオを検討してください。
    • インクを使用して、Microsoft Word 2010 文書のカスタマイズを確認するには、 ServerDocument.IsCustomized関数を呼び出します。
    • インクを使用する Word 2010 ドキュメントをカスタマイズするには、 ServerDocument.AddCustomization関数を呼び出します。

    シナリオの 1 つが true の場合、次のようなエラー メッセージが表示されます。

    Office オープン XML 形式のドキュメントは有効ではありません。 要求された種類のマニフェストが含まれていません。ソース: Microsoft.VisualStudio.Tools.Applications.ServerDocument.v10.0Stack:at Microsoft.Office.Tools.OfficeOpenXmlAppInfoDocument.ServerAppInfo.GetPartId (パッケージのパッケージ、PackagePart 部分) で Microsoft.Office.Tools.OfficeOpenXmlAppInfoDocument.ServerAppInfo (Microsoft.Office.Tools.OfficeOpenXmlAppInfoDocument.ServerAppInfo.EnsureMaps).ctor (パッケージ パッケージ) (Microsoft.Office.Tools.OfficeOpenXmlAppInfoDocument.EnsureAppInfo) Microsoft.Office.Tools.OfficeOpenXmlAppInfoDocument.Microsoft.VisualStudio.Tools.Applications.Runtime.IAppInfoDocument.SetDocument (文字列のファイル名、バイト データ、FileAccess fileAccess) (バイト バイト、文字列 documentPathOrFileType、FileAccess アクセス、ブール値の throwOnPreviousVersion) の Microsoft.VisualStudio.Tools.Applications.ServerDocument.Initialize Microsoft.VisualStudio.Tools.Applications.ServerDocument で Microsoft.VisualStudio.Tools.Applications.ServerDocument.Initialize (バイト バイト、文字列 documentPathOrFileType、FileAccess アクセス) には Microsoft.VisualStudio.Tools.Applications.AppInfoDocumentFactory.GetAppInfoDocument (文字列 documentPath、バイト バイト、FileAccess アクセス) には.Microsoft.VisualStudio.Tools.Applications.ServerDocument.IsCustomized (文字列 documentPath) に ctor (文字列 documentPath、FileAccess アクセス)

  • 問題 5

    Visual Studio ツールの実行時の Office 2010 のビルド 31125 をインストールすると Microsoft Visual Studio ツールの 2005 Second Edition の Office アドインでは機能しません。

    Microsoft Visual Studio 2012 または 2013 の Microsoft Office をインストールするとバージョンの Visual Studio ツールで問題が発生する Office 実行時の両方の製品をインストールするようにこの問題が発生します。

詳細情報

この更新プログラムのロールアップは、次のマイクロソフト web サイトから利用可能です。
Windows の更新プログラム
更新プログラムのロールアップは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。 以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロード可能です。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Vstor_redist パッケージします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

前提条件

この更新プログラムのロールアップを適用するには、Visual Studio 2010年のツール Office ランタイム 4.0 のインストールが必要です。

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されているかロックされている場合は、コンピューターを再起動する必要があります。この更新プログラムをインストールする前に再起動の可能性を減らすために、すべてのアプリケーションを閉じる必要があります。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2764593 - 最終更新日: 2012年11月19日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 2010 Premium with MSDN
  • Microsoft Visual Studio 2010 Professional
  • Microsoft Visual Studio 2010 Ultimate
  • Microsoft Visual Studio 2010 Service Pack 1
  • Visual Studio 2010 Tools for Microsoft Office Runtime
キーワード:?
kbqfe kbfix kbsurveynew atdownload kbexpertiseadvanced kbmt KB2764593 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2764593
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com