SharePoint Server 2013 では、製品準備ツールが過去の「構成するアプリケーション サーバーの役割、Web サーバー (IIS) の役割」の進行ない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2765260 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows Server 2012 の構成によって、Microsoft SharePoint Server 2013 をインストールしようとするときに、製品準備ツール可能性がありますを正しく構成し、SharePoint の必要な Windows の機能をインストールするにはできません。この場合、ツールは継続的に構成と必要な機能をインストールし再起動してください。

メモ 既定では、製品の準備ツールは、一般的な構成で操作中に数回を再起動します。

この問題が発生した場合は、製品の準備ツールは、構成するアプリケーション サーバーの役割、Web サーバー (IIS) の役割の段階まで進まない。

回避策

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

マイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料 2771431 に記載されている修正プログラムをインストールします。2771431 の修正プログラムに関する詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。

2771431 Windows 8 と Windows Server 2012 は、サービス スタック更新プログラムです。

メモ KB 2771431 の状態には、修正プログラムを適用するのには、コンピューターを再起動する必要はありません、ただし、この修正プログラムを適用した後、インストール プロセスの一環として、SharePoint サーバーを再起動するあります。

方法 2

説明されているように、修正プログラム 2771431 をインストールできない場合にのみ、このメソッドを使用して、「「方法 1」。
  1. サーバーが SharePoint Server 2013 のハードウェアの最小要件を満たしているかどうかを確認します。SharePoint Server 2013 の最小ハードウェア要件の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照します。
    SharePoint 2013 のハードウェアおよびソフトウェアの要件
  2. Windows Server 2012 の役割と SharePoint 2013 で必要とされる機能を手動でインストールします。これを行うには、SharePoint サーバーがインターネットに接続されているかがオフラインかどうかに応じて、次の方法のいずれかを使用します。

    オンライン方法: サーバーがインターネットに接続されています。

    (管理者として実行するが、) を SharePoint サーバー上の管理者特権の Windows PowerShell プロンプトを開くし、次のコマンドを実行します。
    インポート モジュール ServerManager


    追加 WindowsFeature NET-WCF-HTTP-Activation45,NET-WCF-TCP-Activation45,NET-WCF-Pipe-Activation45


    Add-WindowsFeature Net-Framework-Features,Web-Server,Web-WebServer,Web-Common-Http,Web-Static-Content,Web-Default-Doc,Web-Dir-Browsing,Web-Http-Errors,Web-App-Dev,Web-Asp-Net,Web-Net-Ext,Web-ISAPI-Ext,Web-ISAPI-Filter,Web-Health,Web-Http-Logging,Web-Log-Libraries,Web-Request-Monitor,Web-Http-Tracing,Web-Security,Web-Basic-Auth,Web-Windows-Auth,Web-Filtering,Web-Digest-Auth,Web-Performance,Web-Stat-Compression,Web-Dyn-Compression,Web-Mgmt-Tools,Web-Mgmt-Console,Web-Mgmt-Compat,Web-Metabase,Application-Server,AS-Web-Support,AS-TCP-Port-Sharing,AS-WAS-Support, AS-HTTP-Activation,AS-TCP-Activation,AS-Named-Pipes,AS-Net-Framework,WAS,WAS-Process-Model,WAS-NET-Environment,WAS-Config-APIs,Web-Lgcy-Scripting,Windows-Identity-Foundation,Server-Media-Foundation,Xps-Viewer

    この Windows PowerShell のコードを実行した後、サーバーは再起動を必要は。

    PrerequisiteInstaller.exe を使用して、必要な役割と機能を SharePoint 2013 用の Windows Server 2012 の構成をインストールするにはこの Windows PowerShell のコード実行されます。Windows PowerShell のコードを追加 WindowsFeature のインストールの一部、Windows NET フレームワーク コア機能は、Microsoft.NET Framework 3.5 をインストールします。この機能のインストールには、バイナリ、およびその他のファイルが既定の Windows Server 2012 のインストールに含まれていない必要があります。このメソッドを使用して、インストールを続行する、これらのバイナリ ファイルとその他のファイルは、PrerequisiteInstaller.exe アプリケーションを Windows Update からオンライン接続経由でダウンロードされます。

    注:
    • 過去の「構成するアプリケーション サーバーの役割、Web サーバー (IIS ロール)」PrerequisiteInstaller.exe を続行できません、サーバーがインターネット接続を持たない場合フェーズとする次のエラー メッセージが表示される可能性があります。

      追加-WindowsFeature: を追加または削除、指定したサーバー上の機能は、要求が失敗しました。
      1 つ以上の役割、役割サービス、または機能のインストールに失敗しました。ソース ファイルをダウンロードできませんでした。
      「ソース」オプションを使用して、機能復元するために必要なファイル場所を指定します。ソースの場所を指定する方法の詳細についてを参照してください。 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=243077.エラー: 0x800f0906

      0X800F0906 のエラー コードは、コンピューターが、必要なファイルを Windows Update からダウンロードできないことを示します。

    • なぜこのエラーが表示されるのでしょうか。

      Windows Server 2012 と Windows 8 では、.NET Framework 3.5 は、オンデマンド機能です。オンデマンド機能のメタデータでは、Windows 8 では、Windows Server 2012 に含まれています。ただし、バイナリ、およびその他の機能に関連付けられているファイルは含まれません。この機能を有効にする Windows 機能をインストールするには、不足している情報をダウンロードする Windows Update に連絡しようとします。

      その環境でのネットワーク構成および更新プログラムをインストールするのにコンピューターがどのように構成されているかは、このプロセスに影響する場合があります。したがって、このような機能を最初にインストールするときにエラーが発生する可能性があります。

      Windows 8 または Windows Server 2012 では、.NET Framework 3.5 をインストールしようとしたときに発生する可能性のあるエラー コードの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

      2734782 Windows 8 または Windows Server 2012 に .NET Framework 3.5 をインストールしようとする際のエラー コード

    オフライン: サーバーがインターネットに接続されていません。

    役割と Windows Server 2012 で、SharePoint 2013 で、オフライン環境で必要とされる機能をインストールするには、Windows Server 2012 のインストール メディアへのアクセスが必要です。Windows PowerShell コマンドを使用する必要がある方法 2 を使用して、実行することができますし、 -ソース、インストール メディアには、必要なファイルの場所を指定するパラメーター。

    たとえば、サーバーのドライブ D に、Windows Server 2012 のインストール メディア (ISO) をマウントすることを想定しています。パスを提供し、 -ソースのパラメーターは次のとおりです。
    D:\sources\sxs

    メモ あるファイルをローカルにコピーしたり、インストール ファイルが格納される UNC パスを指定するには注意してください。

    (管理者として実行するが、) を SharePoint サーバー上の管理者特権の Windows PowerShell プロンプトを開くし、次のコマンドを実行します。
    インポート モジュール ServerManager


    追加 WindowsFeature NET-WCF-HTTP-Activation45,NET-WCF-TCP-Activation45,NET-WCF-Pipe-Activation45・ ソース D:\Sources\sxs


    Add-WindowsFeature Net-Framework-Features,Web-Server,Web-WebServer,Web-Common-Http,Web-Static-Content,Web-Default-Doc,Web-Dir-Browsing,Web-Http-Errors,Web-App-Dev,Web-Asp-Net,Web-Net-Ext,Web-ISAPI-Ext,Web-ISAPI-Filter,Web-Health,Web-Http-Logging,Web-Log-Libraries,Web-Request-Monitor,Web-Http-Tracing,Web-Security,Web-Basic-Auth,Web-Windows-Auth,Web-Filtering,Web-Digest-Auth,Web-Performance,Web-Stat-Compression,Web-Dyn-Compression,Web-Mgmt-Tools,Web-Mgmt-Console,Web-Mgmt-Compat,Web-Metabase,Application-Server,AS-Web-Support,AS-TCP-Port-Sharing,AS-WAS-Support, AS-HTTP-Activation,AS-TCP-Activation,AS-Named-Pipes,AS-Net-Framework,WAS,WAS-Process-Model,WAS-NET-Environment,WAS-Config-APIs,Web-Lgcy-Scripting,Windows-Identity-Foundation,Server-Media-Foundation,Xps-Viewer ・ ソース D:\Sources\sxs

    この Windows PowerShell のコードを実行した後、サーバーは再起動を必要は。
  3. SharePoint 2013 で必要とされるその他の前提条件をインストールします。
  4. 製品の準備ツールの PrerequisiteInstaller.exe もう一度を実行します。

オフラインのインストールの前提条件をダウンロードします。

場所の前提条件をインストールする、インターネットから直接ことはできません特定のシナリオでの前提条件をダウンロードし、ネットワーク共有、または UNC パスからインストールできます。詳細については、次の資料を参照してください。

Windows Server 2012 で、SharePoint Server 2013 のインストールに必要なソフトウェアの前提条件の適切な場所とダウンロードのリンクは、次のとおりです。Web サーバー (IIS) の役割とアプリケーション サーバーの役割のサーバー マネージャーでを有効にできることに注意してください。前提条件の完全なリストを検索します。 ここでは.

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Windows Server 2012 - 包括的なガイドのオフラインまたは手動で SharePoint 2013 の必須コンポーネントのインストールします。

PowerShell では、Windows Server 2012 で SharePoint 2013 の必須コンポーネントをダウンロード

メモ これらのスクリプトは、Windows Server 2012 にのみ適用されます。SP1 の Windows Server 2008 R2 を実行しているサーバーでは使用しないでください。

プロパティ

文書番号: 2765260 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SharePoint Server 2013
キーワード:?
kbexpertiseinter kbprb kbsurveynew kbmt KB2765260 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2765260
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com