出席者の予定表で会議が、会議の開催者の追跡を失った

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2768774 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

マイクロソフトでは、会議出席依頼に関連するインシデントの数の増加に注意してください。この増加は、アップルの iOS 6 デバイスのリリースに加え。これらのインシデントのユーザーは、会議の出席者の会議の開催者を誤ってなる可能性があります。

この問題が発生した場合は、Outlook および Outlook Web App (OWA) で項目を表示するときに、開催者の情報は変更されません。会議の出席者、アップルの iOS 6 デバイスを使用して、会議アイテムにアクションを実行して、Microsoft Exchange ActiveSync (EA) を使用して、Microsoft Exchange Server を同期し、出席者が会議の開催者になります。

さらに、アップルの iOS 6 デバイス正しくできますしないデバイスのユーザー (参加者) 法、会議の開催者として。たとえば、出席者は会議の更新やキャンセル、元のすべての会議出席者に送信できます。

この問題は、Microsoft Exchange Server 2013年、2010 の Microsoft Exchange Server、Microsoft Exchange Server 2007、および Microsoft Exchange Server 2003年のユーザーを影響ことができます。

メモ この問題は 2013年の累積的な更新 1 (CU1) に Microsoft Exchange Online Office 365 との Exchange Server で修正されました。

原因

この問題は、マイクロソフトとアップルを調査されました。アップル リリース 6.0.1 の iOS ソフトウェアの更新が顧客によって報告された問題に対処することを目的としました。

注:
  • この iOS の 6 の更新プログラムの詳細については、「解決方法」セクションを参照してください。
  • この資料は、情報が利用可能な追加情報で更新されます。
  • この問題は Exchange Server 2007 Service Pack 3 (SP3) の更新プログラムのロールアップ 4 (RU4) で修正されている問題が同じではありません。修正では、Exchange Server 2007 SP3 RU4 問題は、次の資料、マイクロソフト サポート技術に記載されています。
    2521063 正しく表示されません、会議の開催者として、Exchange Server 2007年環境では、モバイル デバイスを使用して、会議を同期しました後

解決方法

Exchange Server 2010年のサービス パック 3 をインストールします。
この問題を解決するには、Exchange Server 2010年のサービス パック 3 (SP3) をインストールします。Exchange Server 2010年の SP3 については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=36768
IOS の最新の更新プログラムをインストールします。
アップルは、iOS 6.0.1 を公開しているソフトウェアの更新。この更新プログラムは、いくつかの問題を修正するものです。2010 の Microsoft Exchange Server、Microsoft Exchange Server 2007、および Microsoft Exchange Server 2003年に適用されます Exchange 会議に影響するバグが含まれます。ただし、会議のための応答の問題デバイスのことをお勧め可能な最新の更新プログラムをインストールすることです。

回避策

Exchange Server 2010年のサービス パック 3 のインストールまたはデバイスは、最新の iOS のバージョンに更新できません、する場合は、次の方法のいずれかを使用します。
  • ユーザーが会議の開催者の名前が表示されないアラート通知に関するアクションにならないことをお勧めします。たとえば、[ユーザーをタップしないことをお勧め削除イベント 、新しい招待状には、次のいずれかが表示されたとき。
    • 特定の人からの招待状
    • 招待状 ユーザー名
    代わりに、ユーザーのアクションにならないこと、アラートを閉じることを勧めします。
  • 招待状の新しいアラートを設定するには、から 、iOS のデバイス上の予定表の設定で。
  • ユーザーは、受信トレイに表示される予定表アイテムで即時のアクションを実行しませんをお勧めします。たとえば、あるユーザーまで待って、承諾辞退オプションのおそらく予定表アイテムに表示をお勧めします。
  • ユーザー、Microsoft Outlook、Microsoft Office Outlook Web Access、または Microsoft Outlook Web App を使用して会議を辞退することをお勧めします。
  • あるユーザー更新しない iOS 6 を今すぐお勧めします。
  • IOS の 6 は、Exchange Server 2010年の許可とブロック検疫機能を使用してブロックします。Exchange Server 2010年の許可とブロック検疫機能の詳細については、次の Exchange チームのブログ投稿を参照してください。
    http://blogs.technet.com/b/exchange/archive/2010/11/15/3411539.aspx
    また、更新を許可/ブロック、または検疫機能の Exchange 管理シェルを使用して、次のマイクロソフト TechNet web サイトに移動する方法についての情報。
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd876923.aspx
  • 以前のバージョンの Exchange Server でホストされているメールボックスを持つ iOS デバイスをブロックします。以前のバージョンの Exchange Server でホストされているメールボックスを持つ、iOS のデバイスをブロックする方法の詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。
    http://blogs.technet.com/b/exchange/archive/2008/09/05/3406212.aspx
  • ブロックのユーザーが Exchange ActiveSync を使用してからデリゲート。
  • ユーザーが Exchange ActiveSync を使用して代理人アクセスをブロックします。
  • ユーザーを別の電子メール クライアントを使用して電子メール メッセージのデータを同期することをお勧めします。たとえば、ユーザー メール メッセージのデータを同期する Outlook Web Access またはサード パーティのソリューションを使用することをお勧めします。
  • POP プロトコルまたはデバイス上のデータの同期には、IMAP プロトコルをお勧めします。

詳細

Exchange Server ActiveSync に関する問題のトラブルシューティングを行う
Exchange Server のガイド付きのチュートリアルを ActiveSync をトラブルシューティングします。により、次の問題のトラブルシューティングを行います。
  • デバイスのプロファイルを作成することができません。
  • サーバーに接続できません。
  • メールの問題
  • 予定表の問題
  • デバイスと CA のパフォーマンス上の遅延

Exchange Server 2007年と Exchange Server 2010年のベスト プラクティス

次の手順は、一部のシナリオで役立つ場合があることをお勧めします。
  • Microsoft Office Outlook 2007年のサービス パック 2 またはそれ以降のバージョンに、代理人とマネージャーのペアでは、マネージャーと代理人を更新します。

    メモ 同じバージョンの Outlook を代理人とマネージャーの両方を更新します。
  • カレンダーの次のサポート技術情報の記事に従って、サーバーの処理を有効にします。
    http://support.microsoft.com/kb/309185
  • マネージャー代理のマネージャーとペアで、代理人だけが、会議出席依頼と応答を受信するになっていることを確認します。
メモ 最初の 2 つの手順は、全般的な推奨事項の Microsoft Exchange Server と Microsoft Outlook を使用するすべての組織です。3 番目の手順では、アップルをお勧めします。すべてではなく、一部のシナリオでは、3 番目の手順ができました。
Exchange Server 2010年の他の手順
一般的なベスト プラクティスとして、Exchange 予定表修復アシスタント (ExCRA) を有効にすることお勧めします。詳細については、ExCRA、次のマイクロソフト TechNet web サイトから、次のトピックを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/ee424432.aspx
ExCRA を構成する方法については、次の TechNet web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/ee633469.aspx
ExCRA はすべてのユーザーに対して有効でない場合、1 人のユーザーの ExCRA を構成する方法については、次の TechNet web サイトを参照してください。

メモ 1 人のユーザーをテストするため ExCRA を有効にすることができます。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/ee633473.aspx

Exchange Server 2003年のため

マネージャー代理のマネージャーとペアで、代理人だけが、会議出席依頼と応答を受信するになっていることを確認します。

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの詳細については、iOS の 6.0.1 の次の Apple web サイトを参照してください。

http://support.apple.com/kb/DL1606

Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

多くの情報が利用可能なシナリオ 1.2 の見出し、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報の要約が。
2563324 Microsoft Exchange ActiveSync とサードパーティ製のデバイスの現在の問題

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

プロパティ

文書番号: 2768774 - 最終更新日: 2014年7月16日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2013 Standard
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
  • Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Online
  • Microsoft Office 365 for government
  • Microsoft Business Productivity Online Dedicated
  • Microsoft Business Productivity Online Suite Federal
キーワード:?
kbsurveynew kbsmbportal o365 o365022013 kbmt KB2768774 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2768774
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com