Service Pack 1 (ビルド 4.1.3114.0) がユーザー マネージャーの Forefront 2010 R2 で利用可能です。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2772429 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフト最前線アイデンティティ マネージャー (FIM) 2010 R2 の Service Pack 1 (ビルド4.1.3114.0) が利用できます。この service pack には、「関連情報」に記載されている問題が解決されます。また、この service pack には、FIM 2010 R2 のリリース以降にリリースされたすべてのサービス修正プログラムが含まれます。

サービス パックの情報

修正プログラムの置き換えに関する情報

KB 2772429 に以前含まれていたすべての修正プログラムが含まれている、修正プログラム KB 2814853 KB の 2772429 に対応する修正プログラムが置き換えられました。KB 2772429 に記載されている問題を解決するのには、修正プログラム KB 2814853 を使用します。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2814853Forefront ユーザー マネージャー 2010 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド 4.1.3419.0) が可能します。

詳細

FIM 2010 R2 Service Pack 1 の新機能します。

Forefront ユーザー マネージャー 2010 R2 用の Service Pack 1 の詳細については、以下のトピックを参照してください、 Forefront ユーザー マネージャー 2010 R2 製品マニュアル:
  • 「Forefront ユーザー マネージャー 2010 R2 SP1 の新機能」
  • 「FIM 2010 R2 sp1 のリリース ・ ノート」

この更新プログラムの既知の問題

同期サービス

この更新プログラムをインストールした後、ルール拡張し、拡張 MA (ECMA1 または ECMA 2.0) に基づくカスタム管理エージェント (Ma) を実行可能性があり。、「停止-拡張-dll 読み込み」の実行状態が生じることがあります。この問題は、MIISServer.exe、Mmsscrpt.exe.config、または Dllhost.exe.config の構成ファイルを変更すると、このようなルールの拡張機能またはカスタム Ma を実行するときに発生します。たとえば、FIM サービスの MA は同期エントリを処理するため、デフォルトのバッチ サイズを変更するのには、MIISServer.exe.config ファイルを編集します。

ここでは、同期エンジン インストーラーはこの更新プログラムは、以前の変更内容を削除しないようにするのには、構成ファイルを意図的に置き換えられません。構成ファイルが置き換えられませんので、この更新プログラムで必要なエントリは、ファイルでは、表示されません、フル インポートまたはデルタ同期がプロファイルの実行エンジンを実行すると、同期エンジンは規則の拡張 Dll は読み込まれません。

この問題を解決するのには、次の手順を実行します。
  1. MIIServer.exe.config ファイルのバックアップ コピーを作成します。
  2. MIIServer.exe.config ファイルは、テキスト エディターまたは Microsoft Visual Studio で開きます。
    • 使用して、テキスト エディターを開くかどうかを確認します。管理者として実行します。 オプション ウィンドウで、変更を保存することができますようにします。
    • テキスト エディターを使用して開かないかどうかは、管理者として実行します。 オプションは、場合、 UserAccountControl オプションを有効に、Windows ファイルの \bin フォルダーに保存することができません。
  3. 検索、 <runtime></runtime> 、MIIServer.exe.config ファイル内のセクションしの内容を置き換えます、<dependentAssembly></dependentAssembly>セクションで、次の。

    <dependentAssembly>
    <assemblyIdentity name="Microsoft.MetadirectoryServicesEx" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" />
            <bindingRedirect oldVersion="3.3.0.0" newVersion="4.1.0.0" />
            <bindingRedirect oldVersion="4.0.0.0" newVersion="4.1.0.0" />
            <bindingRedirect oldVersion="4.0.1.0" newVersion="4.1.0.0" />
            <bindingRedirect oldVersion="4.0.2.0" newVersion="4.1.0.0" />
            <bindingRedirect oldVersion="4.0.3.0" newVersion="4.1.0.0" />
    </dependentAssembly>

  4. 変更をファイルに保存します。
  5. Mmsscrpt.exe.config ファイルと同じディレクトリおよび親ディレクトリで Dllhost.exe.config が見つかりません。これら 2 つのファイルに対して手順 1 〜 4 を繰り返します。
  6. Forefront ユーザー マネージャーの同期サービス (FIMSynchronizationService) を再起動します。
  7. 規則の拡張機能およびカスタム管理エージェントが期待どおりに動作することを確認します。

メモ この更新プログラムに含まれる Microsoft.MetadirectoryServicesEx.dll ファイル (別名、インタ フェース DLL の新しいバージョンです。この新しいバージョンは、 4.1.0.0です。ECMA1/XMA、ECMA 2.0 またはルール拡張は、MA の拡張機能がある場合は、作業を続行するのには、これらの拡張の他のアクションを実行する必要があります。これは、DLL を参照するには、以前のバージョン (4.0。 済むことです。x.0).バインディングのリダイレクト情報を含む 3 つのファイルがあります。それらは次のとおり使用されます。
  • MIIServer.exe.config: ECMA1 と ECMA2.0 のすべての管理エージェントとは、プロセス内で実行されているすべてのルール拡張
  • Mmsscrpt.exe.config: すべてのルールのプロセス外で実行されている拡張機能
  • Dllhost.exe.config: アウト プロセス実行中すべて ECMA1 と ECMA2.0 管理エージェント

アイデンティティ管理ポータル

インターネット エクスプ ローラーの 10 のサポートを有効にするのには、FIM 2010 R2 のポータル サーバー上の ASP.NET ブラウザー定義ファイルは、以下の修正プログラムをインストールしなければなりません。
  • 2600100 .NET Framework 2.0 SP2 と .NET Framework 3.5 SP1 で ASP.NET ブラウザー定義ファイルの修正プログラムが利用可能です。
  • 2608565 修正プログラム、ASP.NET ブラウザー定義ファイルで、.NET Framework の 3.5.1 利用します。

この更新プログラムで修正される問題

この更新プログラムは、マイクロソフト サポート技術情報にこれまで記載されていない以下の問題が修正されます。

FIM の同期サービス

問題 1
インポートした変更は、管理エージェントをアップグレードする前に同期されない場合は、FIM 2010 R2 へのアップグレードは、以前のバージョンから特定のシナリオで失敗します。

問題 2
Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス (AD の SSL を有効にすると LDS) への接続が失敗します。

問題 3
コネクタ un-synced コネクタは、同じコネクタ領域を持つ、メタバース オブジェクトを同期する場合は、sync オブジェクトを停止したサーバーとは失敗します。ここでは、同期エンジンが正しくこれは無効な状態として考慮されません。

問題 4
ECMA の 2.0 の複数の問題が修正されます。


FIM を報告

問題 1
レポート コンポーネントの再インストール、システム レジストリの中央値、FIMService のレジストリ キー (HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\services\FIMService) は更新されません。


関連情報

ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2772429 - 最終更新日: 2013年2月19日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Forefront Identity Manager 2010 R2
キーワード:?
kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbbug atdownload kbmt KB2772429 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2772429
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com